ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2007 .8.15

脱皮殻を食べる

カテゴリー:ゴキブリ

脱皮は昆虫にとって生死をかけた一大イベントである.その為クワガタなどの甲虫類・ガ類等は,蛹になる際,繭状の安全地帯を作り,その中で蛹化,そして成虫になる.
しかし,今盛りの蝉やトンボなどは普段潜んでいる安全な泥中や土中より危険が一杯の地上で成虫へと変化を遂げる.それ故その時間帯は外敵が活発に行動していない明け方であったり夕方であったりするのではないかと思う.
ゴキブリはどうか?一般的にゴキブリは集団で生活をおこなう昆虫である.生息密度が低くなると成長が遅くなる生き物である.その為,脱皮も皆が周りにいる状況で行われる.時間帯もいつ見ても白いゴキブリがいるので,特に決まった時間はないと思われる(きちんと調べて報告したい).この時生息環境に十分な栄養と餌が足りないと,脱皮の瞬間をつき仲間に食べられる.共食いである.
ムカデやクモ類はまとめて飼育していると頻繁に行っているが,昆虫で共食いをする種を思い浮かべても余り思い出せない.私が飼育した昆虫ではカマキリ類とサシガメぐらいか.
と言うわけで,話が分からなくなってしまったが,大方の昆虫は脱皮殻など食べないような気がするがどうであろう.そんな中ゴキブリは結構食べている.
%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%9A%EF%BC%92%EF%BC%92.jpg
チャバネゴキブリは腹部と脚を残して後は食べてしまう.
%EF%BC%91%EF%BC%99%EF%BC%9A%EF%BC%93%EF%BC%91.jpg
トルキスタンゴキブリも同時期に脱皮したが同じ様な部位を食べ残している.

詳細はこちら

archive-blog