« ダニ類   |   メイン   |   マダガスカルゴキブリElliptorhina laevigata »

2016年12月28日

追い詰められたクマネズミ

Roof rat in the wall

PC270022.JPG

ビルのネズミ調査で見つけたクマネズミ.
昼間から走り回っていたので,追っかけたらこうなった.
会社帰って写真を見たら「あら可愛い」.

PC270023.JPG

今回は,駆除前の調査であったので,深追いはしなかった.
数分後にこの場所を探したが,すでにいなくなっていた.
とりあえず,今年は年越し出来るだろう.


さて,今年も後わずかとなりました.

本ブログを見ていただけている皆様はどのような年でしたでしょう?

新しいゴキブリを入手して,Happyな年だった方.
管理が出来なく滅ぼしUnluckyだった方.
私は両方でしたが,それはそれで経験値として積み重ね,新たな楽しみを見つけたいと思います.

皆様,
可愛いいゴキブリと共に,良いお年をお迎えください.

2016年12月02日

ドブネズミ生存


Norway rat are alive.

54%E3%81%8A%EF%BD%8A.JPG

1週間前に殺鼠剤まみれで捕獲されたドブネズミだが,納豆の効果があったのかまだ生きている.

食べてくれないと思った納豆も,2度ほど与えたが完食.
その後,抹茶にもビタミンKが多く含まれることから,別の事務所よりもらって来て,粉餌に混ぜて与えました.

事務所到着翌日は,納豆は食べていたようだが,具合悪そうにしており,突いてもあまり動くことなく,うずくまっていた.

1週間経過して,噛み付こうとする元気が出たのでもう大丈夫でしょう.

2016年11月25日

解毒

Detoxification

694oij%20%281%29.JPG

納豆.
私の夜食である.

本日,夜遅く,現場で捕獲されたドブネズミをもらった.
しかし,この現場は殺鼠剤を使用しており,過去に同じ現場で捕獲された2匹のドブネズミは,2~3日の内に死亡している.

これもダメだろうと思ったが,クマリン系殺鼠剤の解毒には,ビタミンKを投与する.
毎度同じ事をしていても進歩がない.
どうせ死ぬのなら,夜食の納豆と,たまたま冷蔵庫にあったサラダ油をダメもとで与えることとした.

694oij%20%282%29.JPG

だが,はたして納豆やサラダ油のようなべたつく物を食べるだろうか?

2016年11月14日

ネズミネクタイ

Mouse patterned necktie

fiugra%20%281%29.JPG

昨日のペストロジー学会でS生さんより頂きました.
ありがとうございました.

fiugra%20%282%29.JPG

次回のネズミ駆除協議会に締めて行きたいと思います.

2016年09月08日

小笠原初日

The first day of Ogasawara Islands

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2822%29.JPG

翌日は台風圏外となりよい天気となりました.
昨日は早々にデッキへ出ることが禁止されたのですが,今日は雨と波に洗われ綺麗なデッキになってます.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2824%29.JPG

日中は仕事でしたのでお見せできるのはこんな写真.
クマネズミの干物.

夜は,大神山公園へ散歩.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2833%29.JPG

定番のワモンゴキブリ.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2836%29.JPG

コワモンゴキブリ幼虫.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2846%29.JPG

樹上で目が合ったクマネズミ.
今回一緒に来た若集は,目と勘が鋭いようで,クマネズミの良い写真が撮れました.
この一連の写真はこれから様々な場所で使えそうです.

2016年08月26日

注目

Attention

kjhyd.JPG

この前のとは別の子供たち.
興味津々.

2016年08月18日

祝!クマネズミ出産

Celebration! Roof rat gave birth

rd765%20%282%29.JPG

都内で捕獲したクマネズミがようやく出産.
バリバリのクマリン系殺鼠剤抵抗性個体.

クマネズミは,少しの刺激でも育児放棄をするため観察も容易ではない.
現在は3日経過しているので,超デリケートではないが,まだまだ安心できません.

rd765%20%281%29.JPG

確認できた仔の数は3匹.
野外では6匹ほど産むが,人が管理し,狭いケージなどのストレスのためか,最後まで成長するのはこの程度が多い.

2016年06月24日

ネズミの睡眠

Sleep of the rat

foijiierhg%20%281%29.JPG

ラットは昼でも夜でも,私が近寄っても,いつも目を閉じて熟睡している.

しかし,クマネズミは,中々目を閉じているところを見せてくれない.

foijiierhg%20%282%29.JPG

遠目で見て,寝ているので「ソッ」と近寄っても,すぐに目を開ける.
これも,もう少しという所で目を開けてしまった.

foijiierhg%20%283%29.JPG

何とか撮れたと思ったが,

foijiierhg%20%284%29.JPG

すぐにこの状態.
警戒心の強さが良く分かる.

2016年06月22日

NB

Non-agouti brown

uitrgjl%3B%20%281%29.JPG

ラットのNB.

一般的なラットのように大型にならず,色もブラウン単色.

uitrgjl%3B%20%282%29.JPG

性格もおとなしく,この種は可愛いと思う.

uitrgjl%3B%20%283%29.JPG

親は,何をされてもお構いなし.
初めて繁殖させたが,4匹しか生まなかった.
しかし,雌雄は揃ったので次世代にはつなげそうだ.

2016年05月31日

マウス

Mice

thh.JPG

数えたら36匹いた.
1雄2雌なので,2雌が同時に産んだのだろう.
にしてもすごい数.
何かハエの幼虫に見えました.

2016年05月18日

クマネズミ

Rattus rattus

htli.JPG

小型ケージで飼育している個体は,毎日観察している.

昼は寝ている個体が多いが,起きる個体もいる.
また目が合った.
本当に目をそらさない.
私が何か悪意のある行動をしたら,すぐに逃げる体勢をとっている.
そんなことはしないので,結局根負けして私が目をそらす事になるのだが.

2016年05月06日

野鼠

Field rodent

fb85j85%20%281%29.JPG

入間で捕獲された野鼠.

まだ幼獣で,ビンに入れられて輸送されたので,少しやつれている?

fb85j85%20%283%29.JPG

むくんでいて,幼獣だとヒメネズミに見えるが,尾の長さからハツカネズミと思われる.

野外のハツカは繁殖できていないので,追加を期待したいのだが,捕ろうと思うとそう簡単に行かない.

2016年03月23日

ねずみ駆除協議会

Japanese Association of Commensal Rodent Control.

KKRホテルにて,ね協研究会が開催されました.
開会の挨拶をする谷川委員長.

私も,今回は発表者として話しをしました.
内容は,殺鼠剤を使った場合,ネズミはどこで死ぬのかを,調べた内容です.

hdhgktai%20%281%29.JPG

行政含め,100名以上の方が参加していただき,大盛況に終わりました.
都市のネズミ問題は,ビルから高齢者住宅にシフトしています.
関係者一丸となって取り組まないと解決しない問題です.
ね協としても,その中心となれるよう,活動しなければいけないでしょう.

hdhgktai%20%282%29.JPG

そして,先日娘からもらったネズミタイピンのデビュ~.

2016年03月10日

カナダ経由シアトル土産

Souvenirs of Seattle

%3Blh5%20%285%29.JPG

娘の土産.
こんなに沢山.
うれしいです.
左はゴムのネズミ.
クマネズミだと思うが,日本のものに比べ目の出来が良い.

%3Blh5%20%284%29.JPG

%3Blh5%20%281%29.JPG

ゴキブリは,裏に吸盤があり,このように貼る事が出来る.
分離できるので,パッケージを壊さずに外す事が出来ていい.
どれも日本では買えないだろう.

%3Blh5%20%283%29.JPG

ネズミのタイピン.
今月,ねずみ駆除協議会の研究会が開催され,私も壇上に立つ予定なので,このタイピンをして行きたいと思う.
有難う!

2016年03月01日

クマネズミの睡眠

Sleep of the roof rat

gj5ujy%20%282%29.JPG

可愛い寝顔である.
が,ラベルのテープが邪魔.

gj5ujy%20%283%29.JPG

ゆっくりと剥がすといい感じ.

gj5ujy%20%284%29.JPG

あっ起きた.

gj5ujy%20%281%29.JPG

あああ....

2016年02月17日

BN


BN

dojijhanadf%20%282%29.JPG

ビデオの撮影でドブネズミ役を演じてもらいました.

dojijhanadf%20%283%29.JPG

はじめてみる下界に遁走するかと警戒しましたが,何のことはないラットでした.

dojijhanadf%20%284%29.JPG

しかし,中々の演技力だと思います.

dojijhanadf%20%281%29.JPG

おっと.
逃げたフリ.

2016年02月15日

脱毛ネズミのその後

The hair less roof rat afterwards

粘着シートからの生還の道は長い.

%E5%8D%8A%E6%9C%88%E5%BE%8C.JPG

約半月後.

RIMG1480.JPG

約一月後.
こちらは,後は毛が生えてくるのを待つだけ.
雌だったので,妊娠していれば一気に子供が取れたのだが,その様子はなかった.

2016年02月03日

ネズミ剝がし

Tear off a rat

RIMG1426.JPG

久しぶりに再開した.
粘着シートに捕獲されるクマネズミは生後1ヶ月以内の幼獣が圧倒的に多い.
この個体もそう.

lk%5Dkl%3B%20%282%29.JPG

剥がして1週間ほどでこのように毛が抜けてくる.
ポリブデンの絡まった毛を指で除去しているところ.

lk%5Dkl%3B%20%281%29.JPG

この時期,この姿は寒そうである.

2015年12月28日

飼育動物の年末

The end of the year of the breeding animal

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%283%29.JPG

飼育室の一番温度の低い場所で管理しているヒメクロゴキブリ.

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%282%29.JPG

低いといっても17℃程度はあるためか成虫がまだいる.

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%285%29.JPG

クマネズミたち.
この2匹は仲のよいペア.
左♂.右♀.

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%286%29.JPG

面白いもので,クマネズミは臆病な割には,このように近寄ってきて観察を始めます.
いつでも逃げられるという,自信の現れでしょう.

さて,本年も今日で更新は終了します.
あっという間の2015年でした.
1年間ありがとうございました.
また来年もよろしくお願いします.

最後に,私事ですが,この歳にて学位を取得することが出来ました.
これもひとえに皆様の励ましやご教示あったからこそだと思います.
皆様,ありがとうございました.
今後も,ご指導よろしくお願いします.

よいお年をお迎えください.

2015年12月17日

ネズミ 2種

Two kinds of Rats.

dfsdfwert%20%281%29.JPG

娘からもらいました.
ネズミグッズを見つけると,いつも買ってきてくれます.
うれしいですね.

左はドブかな.

dfsdfwert%20%282%29.JPG

右は大きさはハツカネズミですが,外見ではドブ?白いからラット?
目の大きさと尻尾の長さからはクマ?

メーカーよく見ると,先日S木さんからもらったハエ袋と同じ.

dfsdfwert%20%283%29.JPG

仲良く収まってもらいましたが,違和感ありませんね.

2015年12月11日

机上コーナー

Corner on the desk

年末だからと言う訳ではないが,キーボードの回りを掃除した.
ついでに,周りに転がっている害虫たちを整理してみた.

RIMG1391.JPG

よく考えたらすべてもらい物であった.
どれも大切なもので,誰から頂いたかすべて覚えている.

特に手前の黒くて,足が6本ある動物はお気に入りの物.
だいぶ以前紹介したかもしれないが,インドに行った際,私が所かまわず虫を探していたのを見かねた同行者が,行った先の博物館で販売されて本種を見つけ,プレゼントしてくれた.
これを見るたびに思い出す.

2015年12月09日

目が合った

Eye matched

クマネズミです.

RIMG1404.JPG

「元気かな」と覗いたら目が合い硬直した.

飼い慣らされたラットやマウス,ハムスターではこういった仕草は見られない.
と思う.

彼らには無い,知能?表情?がクマネズミにはある.
かわいい.

2015年09月01日

クマネズミの「グー」

Rock of Roof rat.

RIMG0859.JPG

クマネズミが活動せずに,うずくまっている時の手(前足)

RIMG0859j.jpg

アップ.
ちなみにクマネズミの手の指は見かけ上は4本.

2015年08月10日

クマネズミの壮絶排除

Fierce struggle of the roof rat.

RIMG0746%20%28314x236%29.jpg

繁殖を開始しない雄2,雌1の大型飼育ケージに,現状打破の為,雄1を入れたのだが,3時間後に見に行ったら死亡していた.

攻撃される場所は下半身に集中する.
新参者が受けいれられる確立は低い.

2015年07月30日

クマネズミ幼獣ケージの床換え

Cleaning of the breeding cage of the puppy roof rat.

RIMG0796.JPG

RIMG0797.JPG

生後50日のクマネズミ.
まだピンセットで移動が出来る.

2015年06月26日

クマネズミケージ内育児

The pup that a roof rat takes care of its baby in a cage

%E7%94%9F%E5%BE%8C17%E6%97%A5%20%281%29%20%28314x236%29.jpg

生後17日.
目が開いて,可愛さ全開.
しかし,この親は殺鼠剤抵抗性系統.
当然,仔もその血が受け継がれているはず.
とわいえ,外見ではそんなことは全く分からない.

この頃からハンドリングすると,成獣になっても人を恐れない個体が出るが,動きのすばやさは天性の物なので,ケージから出して遊んでいても,何かに驚くとどこかにすっ飛んで行き,行方不明となる.

%E7%94%9F%E5%BE%8C17%E6%97%A5%20%282%29%20%28314x236%29.jpg

写真を撮っていると,親が心配顔でこちらを注視している.
これまた可愛い.

2015年02月05日

クマネズミ

Rattus rattus.

ghjkf.jpg

巣をのぞいたらいた.
2週齢程だろう.
目が開いたばかりだ.

2014年12月16日

忍び寄るクマネズミ


The black rat which steals near.

%E9%A3%BC%E8%82%B2%E6%A3%9F%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E3%82%AF%E3%83%9E.JPG

飼育棟外階段に再びクマネズミ参上.

%E9%A3%BC%E8%82%B2%E6%A3%9F%E9%9A%8E%E6%AE%B5%E3%82%AF%E3%83%9E-1.jpg

眼と眼が合った.

しかし,手の届かない所にいると分かっている個体は,様子を伺うだけで,立ち去ろうとはしない.
何が危険で,どこなら安全かよく分かって行動している.

2014年11月14日

保護されたハツカネズミ幼獣

Protected mouse cubs

fkdfgjkdfjkjd%20%282%29.JPG

現場から届いた衰弱したハツカネズミの幼獣2匹.
都内では,ハツカネズミの生息はほとんど確認されておらず,この個体は物に紛れて持ち込まれたと考えられます.
眼は落ち窪み.毛が逆立ち,1匹は餌を自力で摂る力が無い状態であった.

fkdfgjkdfjkjd%20%281%29.JPG

現在やっと自力で餌を摂れるまで回復した.

fkdfgjkdfjkjd.JPG

可愛いですね.
雌雄を確認したらちょうどペアだったので繁殖させて実験に使う予定.
殺す実験ではありません.念のため.

2014年10月03日

石鹸齧り


Soap which suffered the damage of the rat

gne%20%281%29.JPG

現場でもあまり見る事がなかったが,自分の所でやられた.

しばらく使ってなかった流しにクマネズミが侵入し,当然食い物は置いてないので古典的な石鹸被害を起こした.

周りを一周まんべんなく齧っている.

gne.JPG

素晴らしい!

2014年07月25日

粘着はがしクマネズミ出産

It gives birth the black rat captured by the adhesion trap and immediately after removing.

剥した時,外観で妊娠していると思われた.
触診でも胎児が幾つか確認できるほどの状態であった.
少しでも安定してから生まれると良いと思っていたが,思うようには行かない.

RIMG2170.JPG

出産最中.

その後,1日は保育しているのを確認したが,消えた.

2014年07月09日

クマネズミ小笠原系統久しぶりの出産


The delivery of a black rat Ogasawara strain long time


ビルなどでは難防除といわれているクマネズミだが,人工的に繁殖させるのは結構大変.

lukhf.JPG

この系統も,一度崩壊しかけたが,何とか6匹の仔を得ることが出来た.

この後も,気は抜けないが,何とかなるだろう.


2014年07月01日

事務所に出没したクマネズミ

The black rat which haunted the office.

kjhjgfsdrtuii.JPG

この建物にもクマネズミがやって来ました.

kjhjgfsdrtuii%20%281%29.JPG

駆除会社の建屋に侵入するとは大した度胸.

kjhjgfsdrtuii%20%282%29.JPG

それに免じて,また,幼獣であることも鑑み,釈放した.

次に来たら研究材料としてやろう.

2014年06月26日

ドブネズミ幼獣


Pap of a brown rat.

RIMG1868.JPG

現場で採集されたドブネズミの幼獣.

生後3~6日と思われる.

都内のビルに生息するイエネズミは,そのほとんどがクマネズミと思われる.
私が知る限り,ビル内でドブネズミが生息しているのは,手を振れば消えるくらいしかない.

殺鼠剤を良く食べ,罠にも良く捕獲されるドブネズミは,人の捕獲圧が加わる場所には生き残っていけないのであろう.

現在良く見かけるのは,屋外の土がある場所くらいでは無いだろうか..

2014年06月05日

ドブネズミのプラグ


Vaginal plug of Rattus norvegicus

RIMG1853.JPG


交尾が完了した際に,雄が他の雄の交尾を阻止する為に出す膣栓.

交配を始めたケージの床を観察していると,落ちている.

これがあれば,普通は焼く20日後に出産する.
稀に食べてしまうので,交尾確認の方法としては確実ではないが,目安になる.

2014年04月23日

ドブネズミのヒゲと牙


The mustache and fang of a brown rat.

gyjlk.JPG

実験中のひとコマ.

こうして見ると,ヒゲが想像より長く太く沢山生えているのがわかる.

これで,劣る視力のカバーをしているといわれる.

gyjlk%20%281%29.JPG

可愛い顔をしているが,ドブはクマに比べか無知からが強いので,油断するとすぐ血だらけとなる.

ご注意あれ.

2014年04月17日

クマネズミ発生

The black rat appeared.

sdg%20%283%29.JPG
貯穀害虫を採集しようと,ヒマワリを置いておいたらクマネズミが食いに来た.

sdg.JPG

ここは4階の屋根裏.
こんな場所の食糧を探知するのだからクマネズミが,ビル内に住み着くのもよく理解できる.

sdg%20%282%29.JPG

典型的なクマネズミの糞.
この大きさは成獣であろう.

sdg%20%281%29.JPG

周りをよく調べたら,別のグループが放置してあった,ドックフードも穴を開けられ,からになっている.

しばらく,餌付けをし,捕獲を試みることとする.

2014年04月08日

ハツカネズミの代理飼育


Substitute breeding of a mouse.


fhe.JPG

野生種の親が育児放棄した仔を育てるパンダマウス.

たまたま,自分の仔を産んだ時だったので上手く行った.

fhe%20%281%29.JPG

全部で10匹.
雌親は,毛がパサパサにやつれて見える.
ご苦労様.

2013年12月25日

ドブネズミ変身中


A brown rat is the midst of transformation.

RIMG1530.JPG

粘着シートから剥して10日後の様子.
普段は獰猛なドブネズミだが,1匹でジッとうずくまっている姿を見ると,何とも可愛そうだ.
毛が無くなり,寒いのだろうか?

gffjerdtt.JPG

つついて刺激しても,心なしか反応が少ない.
もう少しすると,産毛が生えてくるのだが.
今が一番辛い時期だろう.

2013年12月03日

ドブネズミの体毛の再生


Reproduction of the body hair of a brown rat.


RIMG1536.JPG


粘着シートから剥してちょうど2週間.

ポリブデンでくしゃくしゃになった体毛は全て抜け落ち,爽やかな体毛が生え始めている.

あと1週間もすると,綺麗な身体になることだろう.

2013年11月19日

パンダマウス


Mus musclus mollosinus

RIMG1447.JPG

RIMG1520.JPG


一般的なハツカネズミに比べ,ふた回りほど小さい種.
江戸時代からペットとして飼われていたが,いつの間にか滅んでしまった.

しかし,昭和に入り,遺伝研の森脇博士がヨーロッパに旅行した際,夜店で売られているのを日本に持ち帰り,現在のパンダマウスが固定されたと言われている.

RIMG1524.JPG

ハツカネズミはみな同じだと思っていたが,この種を見てから考えが変わりました.

2013年10月28日

手乗りクマネズミ永眠


The hand riding black rat died.


RIMG0322.JPG

昨年12月の元気だった頃の写真.
520日齢頃.


RIMG1401.JPG

先週,金曜日夜の状態.

すでに走り回る元気もなく,手の中でぐったりしている.

RIMG1435.JPG


先週土曜,22時45分.
それまで,静かに呼吸をしていたが,突然前肢を動かし,後肢を伸ばすような仕草をしたのが最後,動かなくなった.

少し泣けた.

2013年10月25日

クマネズミの咬みあわせ


Engage of the tooth of a black rat is bad.

まだ100gいかない幼獣が,衰弱していたので,良く見ると歯が咬み合っていない.

dfdgfghfgjsdfgd.JPG

こうなるのは,年老いた個体に多いのだが.
若い個体では,はじめて見た.

dfdgfghfgjsdfgd%20%281%29.JPG

口を開けようとしたが,歯が肉に食い込んでいるのか開ける事は出来なかった.

頭骨にして状態を確認する予定.

2013年10月23日

秋の深まりと手乗りクマネズミ


Deepening and the hand riding black rat of autumn

昨日のクマネズミ.
今日もまだよたよた動き回っているが,どう見ても後1週間といったところか.

trtkoertkokr.JPG

元気なうちに,スキンシップを沢山記録した.

trtkoertkokr%20%281%29.JPG

trtkoertkokr%20%283%29.JPG


trtkoertkokr%20%284%29.JPG

可愛いですね.

2013年10月21日

年老いたクマネズミと活発なクロゴキブリ

The old black rat and active Periplaneta fuliginosa

RIMG1335.JPG

今日の体重101g.

健康な時は,125g前後であったが,ここ一ヶ月で急に体重が減ってしまった.

RIMG1336.JPG

生後2年と100日.

長生きしたほうだと思うが,少し寂しい.

と思いきや,扉の外にはまだクロゴキが元気に徘徊している.

RIMG1363.JPG


RIMG1364.JPG

どうも雌のようだ.


2013年10月07日

長い付き合いのクマネズミA


The black rat A of long association.

RIMG1467.JPG

RIMG1468.JPG


最近,体重も減り,歩き方もヨタヨタしてきてしまった.
元気な頃は,こうして,腕でおとなしく写真を撮らせてもらえなかった.

RIMG1470.JPG

写真も撮り易くなったので,これから少しの間,仲良し写真を撮り貯めておこうと思う.

2013年09月27日

ドブネズミ24日齢


24 days old of Brown rat.

RIMG1241.JPG

離乳直前で雌親が死亡し,生命力の強い2匹が生き残った.
性別は1:1.

RIMG1242.JPG

このペアを元手に,繁殖させ実験を再開する予定.

RIMG1237.JPG

いずれにせよ,可愛い.

2013年09月17日

クマネズミAなんとなく元気なし,心配.


The black rat of hand riding is depressed.
It is anxious.

RIMG1200.JPG

生後803日.

唯一,人間に慣れ,素手で触っても,お互いの痛みを理解してくれているかのような行動をする♀成獣.

RIMG1201.JPG

最近体重が減ってきている.

RIMG1197.JPG


血尿も出ており,少し心配している.

2013年09月10日

ドブネズミの発育経過


Growth progress of a brown rat.


20130828.JPG

8月28日に生まれたてのドブネズミの子供.
毛は生えていない.
約11匹確認できる.

20130903%20%283%29.JPG

生後6日後.
うっすら毛が生え始めている.

20130905.JPG

生後8日後
全身毛が生え,ピンクから鼠色になってきている.

20130910%20%282%29.JPG

生後13日後.
今日の様子.
走り出しそうなまで成長した.
ドブネズミは,この時期多少いじっても,育児放棄等しないが,クマネズミは簡単にはいかない事が多い.

2013年09月05日

クマネズミの身体能力

Physical strength of a black rat.

RIMG1150.JPG

RIMG1151.JPG


クマネズミの殺鼠剤抵抗性個体たち.

1ヶ月殺鼠剤のみを食べさせても,全く動じない者たちである.

RIMG1153.JPG

2013年07月25日

クマネズミ社会の1つの出来事


One occurrence of black rat society.


クマネズミを飼育していると,たまに群れから追われる個体を見かける.

そのきっかけが,何にあるのか分かっていないが,追われる対象は雄が多いと思っていた.

しかし,今回は雌雄各1匹が確認できた.

fhyikguou.JPG

♂.
追われて起きる症状は,この尾.

齧られて短くなったり曲がったりしている.

fhyikguou%20%281%29.JPG

♀.
むごいですね.
拡大の写真も撮りましたが,酷過ぎて使いませんでした.
この後どうなったかは,ご想像に任せます.

2013年07月23日

ドブネズミ

Rattus norvegicus.


gdfj.JPG


ドブネズミも,こうして「じっ」としていると可愛.

ラットの原形だけあって,飼育していると人間の手から餌を食べるようになる.
そういった面から見ると,クマネズミよりも飼育し易いのかもしれない.

しかし,ドブネズミはクマネズミに比べ,寄生虫や感染症を保有している可能性が高く,素人が扱えるほど安全ではない.

ご注意下さい.

gdfj%20%281%29.JPG

2013年07月08日

ドブ?クマ?


A brown rat or a black rat


外部寄生虫を採取した後の状態.

どちらが何ネズミかわかりますか?

答えはこちら.

↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓


両方ともドブネズミ.
どちらも,同じ場所で採集された個体ですが,上はクマネズミに見えます.

しかし,形態的特長はドブネズミ.


2013年07月05日

老衰クマネズミ


A natural death of a black rat.


RIMG0756.JPG


生後830日.
♀.
MAX体重は120gほどになったが,死亡時は75gまで痩せていた.

2013年06月17日

ネズミ剥がし

Rescue of a black rat.


実験で使うクマネズミを採集してきました.

都内で捕獲された,殺鼠剤抵抗性個体と考えられる個体群から.

egh%20%283%29.JPG

egh%20%284%29.JPG

粘着についた状態.
毛が抜けている個体は,過去に粘着から逃れた名残だと思われる.

egh%20%289%29.JPG

剥がす時はこんな感じ.

egh%20%285%29.JPG

幼獣とはいえ,噛み付いてくる.

egh%20%2812%29.JPG


その後に小麦粉まぶしにして,ポリブデンを無効化する.
感覚は,てんぷらに衣をつけている感じ.

egh%20%2814%29.JPG

その後は,玉になるので除去したり,水を飲ませたり.

大変面倒な作業だが,この粉まみれは,大概の外部寄生虫を落とすようで,毛が生えかえると,イエダニも落ちている.


こう書くと簡単のようですが,実は大変な作業です.

くれぐれも,良識のある方は真似しないで下さい.
これは,駆除に役立てる為の特殊な作業です.
咬まれます.

2013年05月16日

ネズミの天敵

The natural enemy of a rat.


mugjkdf.JPG

大型のムカデやクモの餌にネズミの幼獣を与えるが,これを見て,ムカデを放逐して駆除の可能性を考えた.
ビル内で,ゴキブリ等の餌がなければ積極的に捕食するかもしれない.

あくまで考えただけです.
ネズミがムカデを好んで食べるかは検証してません.
食べない想定です.

2013年05月13日

ドブネズミの侵入場所

The invasion place of a brown rat(Rattus norvegicus).


ウィキペディアでドブネズミを検索したら,別称としてシチロウネズミ(七郎鼠),ミゾネズミ(溝鼠),ハトバネズミ(波止場鼠),チャイロネズミ(茶色鼠)があることを知った.

知らなかった.

さて,ドブネズミの家屋内侵入場所としては,排水口がしばしば問題となる.

風呂場の排水から顔を出したり,便器から逆流したり.

今回は決定的な証拠写真を某T営業所の所長より頂いた.

東京では事例的に,あることはあるが,あまり聞かず,なおさら写真などほとんど見たことない.

%E7%A7%8B%E8%91%89%E3%83%89%E3%83%96%E4%BE%BF%E5%99%A8.JPG

やらせではありません.

2013年05月07日

ねずみたち

Rats.

G.W.いかがでしたか?

私はほとんど外出せず論文書いとりました.
歳とると,時間ばかりが過ぎて,一向にはかどらないですね.

で,お土産として娘からもらったねずみ達.

%E3%82%93%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%93%EF%BD%8A%EF%BD%8B%EF%BD%87%E3%82%93%EF%BD%8A%EF%BD%8B%EF%BD%84%EF%BD%86.JPG

ぬいぐるみはスカイツリー発.

%E3%82%93%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%93%EF%BD%8A%EF%BD%8B%EF%BD%87%E3%82%93%EF%BD%8A%EF%BD%8B%EF%BD%84%EF%BD%86%20%281%29.JPG


良く観察すると,耳は目まで届き,尾は頭胴より長い.
まるでクマネズミ説明モデルのような出来.

しおりは,以前紹介した物の完成品.

良いG.W.でした.

2013年04月25日

アルビノドブネズミ


Albino of a brown rat.

仙台発.

retrytjl.JPG

ドブネズミのアルビノ雌である.

retrytjl%20%281%29.JPG


ドブネズミのアルビノは,クマネズミと違い比較的良く発見される.

もともと,実験動物のラットは,ドブネズミのアルビノを固定した物であり,ラットの観点から見ると,本個体が珍しいかと言うとそうでもない.
しかし,野生では多くなく,生きた個体を見たのは,錦糸町で発見された個体に次ぎ2度目.
PCO歴20数年で2度なので,やはり珍品といえるだろう.

実はこの個体の後,同所で捕獲されたアルビノ雄も届いた.

聞いたところでは,この採集場所では数個体白いネズミが確認されているらしい.

そういえば,アルビノクマネズミを捕獲した場所も,複数の白いネズミが確認されている.

続く.

2013年04月08日

アルビノクマネズミ大小


Size of Albino's black rat.

sifuweiofgjio.JPG

sifuweiofgjio%20%281%29.JPG

親子ではないが,親子のようだ.

2013年03月26日

久しぶりの白クマネズミ出産


The albino of the roof rat was born after a long absence.


クマネズミは,ドブネズミやハツカネズミと違い,近交系やクローズドコロニーはできないらしい可能性が高いようだ.

とすると,このコロニーも近いうちに崩壊する可能性がある.

sfdy.JPG


そんな状況の中,この一匹は励みになる.
成長する事を祈らないではいられない.

2013年03月15日

地下鉄のネズミ


The rat seen by subway.


dgfhjdghj.JPG


久しぶりに地下鉄でネズミを見た.


dgfhjdghj%20%281%29.jpg

拡大.
幼獣が2匹ほどじゃれ合う感じで排水口の中を覗いているようでした.

地下鉄の線路で見かける種は何でしょうか.
クマネズミ,ドブネズミどちらの説もあるようですが.
地下鉄につながるビルを建てると,クマネズミが出ることが多いです.
であれば,クマなんでしょうが,この写真はドブのようですね.

今度は成獣の写真を狙います.

2013年02月18日


The picture of a rat and a cockroach.


娘に書いてもらいました.

私は絵のセンスも無いので,こういったデザインは苦手です.

で,第一弾.
ネズミ.

werttrytrutyiyu%20%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC_edited-1%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

これは結構気に入っているので,このまま使う予定.

werttrytrutyiyu%20%281%29%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

第二弾.
ゴキブリ.
これもこれで良いが,触角が短すぎるので手を加えようと思います.

何れにせよ,気に入っています.

2013年01月28日

ネズミの栓抜き made in Myanmar

The cap opener with which the rat purchased in Myanmar was carved.

社長からミャンマー土産をもらいました.
ネズミ付き栓抜きです.
うれしいですね.
またネズミコレクションが増えました.

RIMG0548.JPG

木の棒にボルトを刺しただけであるが,ここに引っ掛けて栓を抜く仕組み.

さて問題.
今回もらった動物の種類は,ネズミ1,ウサギ2,リス1の3種4本.

%EF%BD%93%E3%82%8C%EF%BD%97%EF%BD%92%E3%82%93%EF%BD%8A%EF%BD%8B%EF%BD%87%EF%BD%86.JPG

これは正面から見た図ですが,ネズミはどれでしょう.

正解は下↓.
















%EF%BD%93%E3%82%8C%EF%BD%97%EF%BD%92%E3%82%93%EF%BD%8A%EF%BD%8B%EF%BD%87%EF%BD%86%20%281%29.JPG


左端の栓抜きが正解.
当たっても何もありません.
あしからず.

2012年12月19日

半透明のクマネズミ

A translucent black rat.

toumwekigf%20%282%29.JPG


例の片足を失った個体だが,まだまだ元気いっぱい.
生後27ヶ月.
体重120g.

toumwekigf%20%281%29.JPG


どうした事か,今日は透き通っている.
後ろの金網が見えている.

toumwekigf.JPG


腰の手拭上で遊ぶ図.
もう透けてはいない.

遅くなりましたが,昨日開かれたAQUARIUM BUSに少し顔を出しました.
アクアホリックのA岡さん,ヴァンケット動物病院M原さん,BRIGADOONのB東さん,久しぶりに話が出来て楽しかったです.
神田のときもそうだったのですが,このほか,何人かお会いした事なき有名な方もニアミスしていたようで,またどこかで機会があれば誰かにご紹介願おうかと思います.

私,インセクトフェア以外はこういったイベント行った事はなく,多ジャンルの生き物がいて,あきませんでしたが,時間が無く早々に引き上げねばなりませんでした.
次回は,時間をかけて見物したいと考えています.
皆様今後ともよろしくお願いします.

2012年08月17日

肩のりクマネズミ その後


The situation of the after that of a shoulder riding roof rat.


kajdfsdjf.JPG


生後間もない時期に,事故で後脚の片方を失った仔です.
今日で生後400日齢.


kajdfsdjf%20%281%29.JPG


人の存在を気にしない「慣れた」個体です.
しかし,以前,別の部屋で写真を撮ろうとして,移動させた際,急に駆け出して取り押さえたら思いっきり噛まれ大流血.

やはり,クマネズミは,慣れた環境で自由に振舞うのであって,初めて入る空間には相当神経質になるようです.

この性格もあり,トラップには捕まらない困った動物になっている訳です.

2012年08月14日


The finger of a roof rat.


RIMG0283.JPG

群れからはじかれた個体  かな?

普通はシェルター内に雌雄仲良く重なっているが,たまに1匹金網にぶら下がる様に張り付いている.

そのときの前足手の甲.
金網越しに握手すると,嫌がってか逃げていく.
当り前か・・・.

2012年07月10日

仲良しクマネズミ 2

Good friend roof rat 2.

RIMG0073.JPG


クマネズミも地球に生きる生物のひとつ.

2012年06月07日

クマネズミの能力「噛む」


Capability which a black rat bites.


kdfrnerkgfd.JPG

これはアルミの針金であるが,やわらかく曲げやすいので,ネズミのケージのちょっとした開口部の留めに使っていた.

kdfrnerkgfd%20%281%29.JPG

ところが,こんな状態に.

クマネズミはアルミであれば穴を開けることは知られている.
しかし,木やプラスチックのように日常的に見られる事は無い.

kdfrnerkgfd%20%282%29.JPG


と思っていたが,この通り.

お見事.

2012年05月11日

イエダニの大きさ

Size of Ornithonyssus bacoti.

クマネズミの外部寄生虫をしらべていたら,巨大なイエダニ発見.

血を吸って丸々としている.

ieyrh%20%281%29.jpg


矢印二つがイエダニ大と小.

ieyrh%20%282%29.JPG


1mm超えている.

以前の飼育室はこのイエダニが大発生していて,こんなのがごろごろ.
作業すると,手に登ってくる虫体が目視で確認でき,パンツゴム下,など下半身をよく刺されました.

現在は根絶し,快適な飼育室になってます.

2012年05月01日

都内のドブネズミ


A brown rat in the city of Tokyo.

鳥対策GのI井部長より頂き.

dogfdjig.JPG


都内某公園内で日中に活動していたらしい.

dogfdjig%20%281%29.JPG


顔つきはクマネズミのようだが,耳や周りの糞を見るとやはりドブのようだ.

dogfdjig%20%282%29.JPG


ドブということで水浴.
本当に水に入る写真は始めてだ.
水浴の目的は,流れてくる何かを狙っていたとのこと.

2012年04月09日

ジネズミ

Crocidura dsinezumi.

哺乳綱
トガリネズミ目
トガリネズミ科に分類される.
ネズミと付いているが,クマネズミなどはネズミ目に属し,モグラに近い.

zxdewt.JPG

茨城の現場にて,O木所長が拾ったものを譲っていただいた.
既に死亡していた個体.
良く見ると,腹部に傷があり,少し腹が膨らんでいた.

zxdewt%20%281%29.JPG

目が小さい.
かわいい顔をしていますね.

2012年04月02日

クマネズミ 頭骨に見る門歯異常


The abnormalities of a incisor seen to skull.


先日の門歯異常を書いていて思い出した.

数年前に,新宿の雑居ビル内飲食店舗天井裏で見つけた頭骨.

ith.JPG

こちらから見ると,象の牙のように見える.

ith%20%281%29.JPG

4本のうち,1本でも噛み合わせが狂うと,とんでもない複雑な伸び方となる例.

ith%20%282%29.JPG

こうなるまで生きていたというのもスゴイ.

2012年03月26日

門歯の異常


The abnormalities of a incisor.

mofrgjsd%20%281%29.JPG


mofrgjsd.JPG


下顎の門歯が1本無いと思ったら,上顎の門歯も可笑しな伸び方をしている.


元気そうなので,しばらく様子を見る.

2012年02月28日

2011/9/13のその後


After that of the black rat on September 13, 2011

RIMG0406.JPG

毎日2~3分外に出して自由に走らせている.

RIMG0420.JPG

手で触って,掴む,握るをしても咬む事はない.
甘咬みは少しあるが.

動きが少しは遅くなるかと思ったが,普通のクマネズミと素早さは変わらない.

dfgd.JPG

しかし,私からは逃げることなく,合図をすると出てくる.

可愛いが,動きは素早く,ケーブルを齧る能力は野生と同じであると思われ,事務室で放す気にはなれない.

2012年02月27日

仲良し


Husband and wife of a black rat?

gdf.JPG


雌雄は確認していないが,ペアだと思う.

雄同士も有かもしれないが・ ・ ・ ・ .

gdf%20%281%29.JPG

驚いて1匹逃げた.

2012年02月10日

ネズミ

Roof Rat.

fadskjf.JPG


ゲテモノ好きの父にと作ってくれた.
ありがたや.

しかし,さすがにゴキブリは無理のようだ.

2012年02月01日

アルビノクマネズミ5兄弟

Albino roof rat 5 brothers.

sifgfrjk3vfjd.JPG


壮観.

何度この血が滅ぶ覚悟をしただろう.

まだ,不確定要素は沢山あるが,とりあえずここまで増えてきた.

たぶん左から♀,♂,♂,♀,不明.

2011年12月13日

耳がないクマネズミ

Roof rat without an ear.

集団飼育をしていると,喧嘩は耐えないが,流血沙汰は殆んど起こらない.
小さなケージではなおさら起き難いのだが,このケージ内の3匹中2匹が耳介を失っている.

mimimgfids%20%281%29.JPG

その被害鼠.
写真を撮ろうとするとレンズにより過ぎ.

mimimgfids%20%282%29.JPG

小笠原の個体群は人懐こい個体が多い.
都会でこんな個体がいれば,直ちに罠にかかり淘汰されてしまうだろう.

mimimgfids.JPG

右の個体のみ耳が正常.
恐らくこいつに齧られたのではないかと想像するが,もしかしたら互いにかみ合いをして,こいつだけ逃げるのが上手いだけかもしれない.

2011年11月29日

クマネズミ0日齢

0 days age of the Rattus rattus

1tinitirei.JPG


生まれて24時間以内のクマネズミ.

体重は5g内外.
小さい個体だと4gに満たない個体もいる.
頭胴長は50mm内外.

1tinitirei%20%281%29.JPG


当然体毛は生えておらず,眼も開いていない.

ここから約半月で眼が開き,動き回るようになる.

クマネズミとドブネズミの形態的違いとして,クマネズミは頭胴長より尾長の方が長いと言われるが,幼獣は頭胴の方が長い.

2011年11月14日

アルビノクマネズミ餌付け

Feeding of the albino roof rat

tenorosiero%20%281%29.JPG

このクマネズミ.一頭だけ群れから外され,死にかけていた.

tenorosiero%20%282%29.JPG

救出してから2週間.
実験の間だけ外に出して遊ばせているのだが,私から離れようとしない.
指を甘咬みする図.

sirogimg.JPG

ひまわりを与えると手の上で食べるまでになった.
ペットネズミでは普通でも,クマネズミではこれは凄い事です.

2011年10月11日

クマネズミ交尾

夜中に実験をしていたら どたばたと始まりました.

gf%20%285%29.jpg

gf%20%282%29.jpg


まず,1匹の雌(白)の後を複数の雄が付いて大運動会.

gf%20%281%29.jpg

2,3周して雌が立ち止まったところを1匹の雄が後ろから交尾を仕掛けます.

gf.jpg

瞬間的に交尾はおわり.

gf%20%283%29.jpg


これを何度も繰り返す.

雌は白いので分かるが,雄がいつも同じ個体なのか,目を凝らして見ていたのだが,良く分からない.

ハツカネズミの交尾は良く観察さるが,クマネズミの交尾は初めて見た.

2011年09月28日

今日の三色


ktorgod%20%281%29.JPG

三色.
白,黒,茶.

ktorgod.JPG

こちらは2色.
白,黒.

2011年09月13日

頑張れクマネズミ

asaisdji.JPG

生まれた時から右足が無く,尾も付け根から無かった個体.

10日はもたないと思っていたが,今では兄弟の仲でも大きめのお姉さんとなった.

asaisdji%20%282%29.JPG

今までの幼獣からすると,怪我を負った特に雌個体は,気が荒いのだが,この個体は咬む事もせず,ハムスターのようなオットリさがある.

asaisdji%20%281%29.JPG

2011年08月16日

早朝見つけたドブネズミ

rogfifdj.JPG


会社建屋前の路上に仔ネズミ発見.

rogfifdj%20%281%29.JPG

逃げないので近づいて撮影.

様子が少しおかしいので,捕まえてみるとイエダニが強烈についていた.
軍手をしていて良かった.

その後,どうしたかはご想像に任せます.

2011年08月11日

クマネズミ乱心

野生動物の子育ては難しい.

ムカデの産卵などは特に気を使う.

ネズミも同じ.

mufod.JPG

たまたま,飼育設備のメンテ中に開けてしまった生まれたて幼獣.
やばいかなと思ったが,

mufod%20%281%29.JPG

翌日,やはりダメだった.
他のペットネズミの繁殖はした事がないので良く分からないが,クマネズミはこういった刺激に弱い親が多い.

2011年08月04日

クマネズミ子供

kahsdfui.JPG

見た目は普通の可愛い幼獣.

kahsdfui%20%281%29.JPG

動きも他の個体に比べ遅く,性格もおっとりしている感じ.

kahsdfui%20%282%29.JPG

この個体は,生まれた時に親にやられたのか,生まれながらか分からないが,尾と左後脚が欠損していた.

ここまで成長しないだろうと思っていたが,元気に育っている.
体重は兄弟の仲で最も軽いが,頑張って成長して欲しい.

ピンボケなのは,ネズミの体色にカメラが付いていけずこうなってしまった.

本日のエントリーで何と1,000回目となりました.
1,000回目がゴキネタでないのは特に意味はありませんが.
ここまで出来たのも皆さんの応援と,沢山のゴキブリ他の協力があったからだと思います.

これからもどうぞよろしくお願いいたします.

2011年08月02日

クマネズミの喧嘩

狭い容器内で集団飼育をしていると発生することが多い.
それは,親,兄弟関係ない.
雌雄で見ると♂が良くやられるようだ.

そして攻撃する箇所も大体同じ.

kegasd.JPG

尾の付け根.

kegasd%20%281%29.JPG

後肢.

kegasd%20%282%29.JPG

今回は頭部も.

kegasd%20%284%29.JPG

治療は赤チン(死語?).

治療をしても隔離しないと,すぐにやられるため,隔離も同時に行なう必要がある.
ちなみにこの怪我は,一晩でやられた.

2011年07月29日

インドデリー近郊生物まとめ

今回の出張で見たゴキブリは2匹.
チャバネ幼虫1匹.
ワモンゴキブリ♀成虫1匹.

恐らく,害虫種は普通にいると思うが,野外種は全く発見できなかった.
草刈の腐葉土下とかも探したが,直翅類が少しいただけ.

インドで昆虫を探すなら,もっと南の方が良いのだろう.

infnjj2%20%289%29.JPG

最後に,街のインド雑貨の店で見つけたネズミの置物.
最初カエルかと思ったが,目が飛び出た風のネズミであった.

600ルピー.
ゴキブリは捕れなかったが,これで少し満足できた.

ここインドには4種の家ネズミがいるそうである.
ネズミはスーパーの中を店員に蹴られて逃げ回っているクマネズミっぽい種を1度だけ目撃した.

インドシリーズは今日でおしまい.

2011年06月13日

アルビノ


sieijeij%20%281%29.JPG

ピンク2匹がアルビノ.
生後約7日.
このぐらいでも体毛の色違いがわかる.

2011年06月08日

肩乗りクマネズミ

最近コンスタントに生まれ始めたアルビノクマネズミ.

クマネズミの性格も千差万別.
この仔の様に,人を恐れない性格もあり,野外では即粘着シートの餌食になってしまい,この性格は受け継がれないであろう.

siojko.JPG

可愛いですね.
当然イエダニも根絶してあるので,糞尿の汚さはあるかも知れませんが,綺麗です.
(私の汚い皮膚はこの際勘弁してください).

2011年04月28日

クマネズミ三色

sannsyoku.JPG

クロ2,茶1,白1.
まるで遺伝実験の見本のような毛色.

詳しくは調べていないが,聞いた話によるとクマネズミはクロ毛が遺伝的に優性らしい.
小笠原で採集した個体群は2~3割でクロが出るし,東京・上野を中心としたエリアで捕獲されるクマネズミも,クロを多く目撃する.
そのうちクロ毛しか捕れないビルも出てくるかもしれない.

2011年04月25日

クマネズミ綱渡り

tunawatari.JPG

逆さ渡りを特意とする個体がいる.
ネズミも性格がはっきり分かれていて面白い.

tunawatari%20%281%29.JPG


意外と素早く移動でき,写真を撮ろうとするとどこかに行ってしまうのが常であったが,こいつは撮らしてくれた.

tunawatari%20%283%29.JPG


止まってポーズもとってくれる.
脚元を見ると,良くあんな掴み方で,ぶら下がって移動できる物だと思う.
人懐こいのかと突いたらとたんに逃げた.

tunawatari%20%284%29.JPG

2011年04月22日

赤目のネズミ

皆様,やっと対策完了しました.

本日よりコメント等,できる様になりました.
引き続きよろしくお願いします.


neum%20%282%29.JPG

いつ頃,どこで売られていたか全く分からない.
昔から某営業所においてあった物を貰った.
と言うか,引越しのドサクサに紛れ,頂戴した.

手元に来た時は,マジックで落書きされ,悲惨な状況であった.
エタノールやシンナーを駆使し,少し綺麗になった.

190%2C300.JPG

頭胴長190mm.
尾長300mm.
クマネズミ的体形だが,尾が異常に長い.

neum%20%281%29.JPG

眼が赤い.
しかし,アルビノではなかろう.
咽の辺りに1mm程度の穴が開いており,腹部を強く押すとそこから「ビー」と音を出す.

2011年04月07日

クマネズミ体重測定

生後半月の幼獣.

taizyuusokutei.JPG

まだ眼が開いたばかりで動きも活発でない.

taizyuusokutei%20%281%29.JPG

あと2,3日もすればこんなにおとなしく計量器に乗っていない.

粘着シートに捕獲され始めるのもちょうどその頃.

2011年03月29日

ネズミの手ぬぐい

机を整理していたら出てきた.

nezumitaorui.JPG


薬剤メーカーのバイエルは,毎年の干支を手ぬぐいにデザインして年賀で配っている.
これは鼠年の手ぬぐい.
鼠関係なので大事に保管していたもの.

nezumitaorui%20%281%29.JPG


絵からするとクマネズミのようだ.
私がどのネズミかというと,多分酒を飲んでいるかたわれでしょう.

2011年03月08日

手乗りクマネズミ

クマネズミは,ラットやマウスと違い,実験動物として固定できていない.

なぜ出来ないかと云うと,生まれ持った臆病さからくる逃走技術にある.
少し驚かすと,子供の頃より毎日ハンドリングした個体も,脱兎のごとくいなくなる.

また,狭所での繁殖が難しい事.
たまにハムスターを飼育する様な狭いケージで交尾・産仔までする個体もいるが,人の気配を感じると,食ってしまったり,育児放棄したりする.
また,今となってラットやマウスで事足りている事もあると思う.

そんな中,まれに,触られても動じない個体が存在する.

tenoerho%20%282%29.JPG

体重は100g越えており,立派な成獣.
しかも,ハンドリング等の慣らしは全くしていない.
名前こそ付けていないが,おとなしい.だからかわいい.
他の同腹の個体は,手で持とう物なら当然噛み付いてくる.

tenoerho%20%281%29.JPG

手の上では居心地悪そうにして入るが,こんな感じ.

ksjdo.JPG

首を掴んでも無抵抗.されるがまま.

ksjdo%20%281%29.JPG

どんな状態かと言うと,こんな感じ.
これを固定していけば,たぶんラットのようにおとなしい個体ができると思われる.

2011年02月01日

都会のネズミ事情

都市部で多く見かけるのはクマネズミ.
その為,クマネズミは生きたサンプルを必要とするときは簡単に手に入る.

意外と欲しいと思ったときに,なかなか入手できないのかこのドブネズミ.

ドブネズミの捕獲はカゴ罠で比較的簡単に捕まえる事が出来る.
しかも,殺鼠剤を使用すると良く食べるのでクマネズミに比べると駆除は優しい.
その為,ドブネズミを飼育する事はほとんど無かった.

今回,実験の為飼育を始めたが,クマネズミに比較すると,想像以上に良く増える.

dobuoya.JPG


親子.
白が♂.
ドブネズミのアルビノは皆さんよく知っている「ラット」と呼ばれる白鼠.
この白は野外で採集した天然アルビノ.

dobuoya%20%281%29.JPG

ドブネズミも,親子は仲がよい.
一つ問題は,クマネズミに比べ臭いはキツイ.

2011年01月24日

仔を思う母クマネズミ

クマネズミの繁殖は難しい.
ドブネズミのように,狭いケージの中では中々繁殖をしない.

そんな中,この夫婦はケージの中で3回目の出産をした.

今回は6匹生まれ,4匹残った.

kowoomouhaha.JPG

生後3週齢の子供.
すでに目が開き,走り回るが母の懐が居心地良いようだ.
しかし,腹下に収まっていない.
腕を伸ばし,仔をかばう様にこちらを警戒している.

2010年12月20日

クマネズミの仲良いペア

クマネズミの繁殖は難しい.
基本的には広いケージで行なう.

nakayoyo.JPG

これは,狭いケージでも繁殖する数少ないペア.
いかにも仲が良さそうである.

相性が合わないと,雄はとんでもない目にあう.

2010年12月16日

粘着クマネズミ

約10日ほど前に粘着シートにて捕獲したクマネズミ.
飼育する為,粘着シートよりはがしたのち現在の状況.

haekawa.JPG

ネズミの体表(毛等)に付着したポリブデン(粘着剤)は,毛ごとはがれこのような毛の無い状態に一時的になります.

人間の髪の毛ではこうはならず,伸びて切るまで付いているでしょう.
同じ毛のようなイメージでしたが,長さが決まっている体毛と,伸び続ける髪の毛とはメカニズムが違うようです.

これで,半月もしないうちに小奇麗な出で立ちとなります.
この間に,体表中のイエダニ類の駆除をフェノトリン等のパウダーで行なっておきます.
ちなみに,この個体は生後1ヶ月以内の幼獣です.

2010年12月13日

白鼠の子供

クマネズミのアルビノ系統が,絶滅の危機に瀕していた.
全然繁殖しない.
私の家よりも良い環境を与えているのに.
残ったのは白♀,茶♂各1匹.

そこで,繁殖しやすい小笠原系の♂に白♀をかけた.

ko.JPG

結果,やっと生まれました.
とりあえず黒と茶ですが,この仔達に繋ぎます.

2010年10月21日

五百羅漢のネズミ

昨日,M浦先生の案内で,埼玉県川越市にある喜多院に行ってきました.
神社仏閣には全く興味はないのですが,「ネズミを抱いた石像がある」との言葉に誘引され見てきました.

rakannne%20%284%29.JPG

これが正規の入り口.
しかし,入場料を徴収するため土産物屋の中に入り口はある.

rakannne%20%283%29.JPG

中には無数(たぶん500体あると思う)の阿羅漢が並んでいる.
奥に移っている人がM浦先生.
ちなみに五百羅漢とは,釈迦没後,その教えを広めるために集まった阿羅漢の事だそうです.ついでに阿羅漢とは,修行を積んで悟りに達した人たちの称号だそうです.
他にも16や18といった羅漢もあり,五百羅漢は全国に20箇所以上存在するようです.
苦手な歴史でも,たまに接すると良く頭に入る.

rakannne.JPG

これがネズミを抱いた阿羅漢.
穏やかな表情をしている.
悟りを開いた高僧はネズミにも咬まれないのであろう.

rakannne%20%281%29.JPG

ネズミの種は良く分からないが,ドブネズミなのだろうか.

rakannne%20%282%29.jpg


別の角度から,やはりドブでしょうか.

どこの阿羅漢もネズミを抱いた像があるなら全国行って見たい気もします.
M浦先生忙しい中ご案内いただき有難うございました.

2010年10月06日

ドブネズミ幼獣

普段実験に使用するネズミはクマネズミがほとんど.
ドブネズミは使用しないため,飼育はしていない.
しかし,必要となったため捕獲しようとしたのだが都内はクマネズミばかり.
意外と入手に苦労する種なのである.

そこで,いろいろ手を回し捕獲したのだが子供ばかり.

dobuyou%20%281%29.JPG

生後2週間ほどだろうか.
仕方ないので飼育することに.
子供とはいえドブネズミだけあり盛んに咬もうと向かってくる.
大したものだ.

dobuyou.JPG

可愛いのだが,臭いはクマネズミより臭う.

ゴキブローチの元になったゴキブリですが,クロゴキブリでした.
マニアな皆さんの事ですから,気が付いていた事と思いますが.

2010年09月17日

ネズミトゲダニとヒメトゲダニ

ネズミ類の外部に寄生しているダニ2種.

gaibudadnio.JPG

大きい方がネズミトゲダニ Laelaps echidninus
小さい方がヒメトゲダニ Laelaps nuttalli

ネズミトゲダニは体長1mm内外(♀成虫)とダニとしては大きく,肉眼でも動いているのが見ることが出来る.
ヒメトゲダニも0.6mm内外と比較的大きい.

gaibudadnio%20%283%29.JPG

2種の成虫をこの様に並べて比較すれば一目瞭然だが,1匹しかない場合は腹面の生殖腹板と肛板の形態が分かりやすい.
若虫はややこしいのでこの場ではパス.

2010年02月18日

ファニーマウス

ねずみグッズをもらった.
有り難い事です.

omo%20%281%29.JPG

この種は私も以前購入していたのですが,時と共に体毛が変化しているようです.

右が数年前に私が購入したもの.
中央が昨年,某営業所の所長より頂いたもの.
そして左が最近,本社の人より頂きました.

omo.JPG

3個揃えるまで,バージョン違いが発生しているとは思いもよらなかった.

これから目が放せないグッズとなりそうだ.

2010年02月05日

シロクマネズミ

白くても Rattus rattus (Linnaeus, 1758)

都内で捕獲した累代個体.

kumasiro.JPG

完全なアルビノで,毛の色は雪のように白く,目はルビーのように輝く.

2009年11月30日

クマネズミの黒化個体

小笠原父島産のクマネズミ群より体毛が黒くなる個体が出現した.

kurokuma%20%281%29.JPG

この黒化個体は東京上野界隈が起源と聞いた事があるが,
現在は中央区で多く見かける.

kurokuma%20%282%29.JPG

小笠原産のクマネズミの体毛色は,現地では茶色しかもライトブラウン系の個体が多く,
黒色は見たことがなかった.

kurokuma.JPG

同じく父島産の茶色との比較.
色は違っても喧嘩する事はない.

2009年09月08日

クマネズミ幼獣

クマネズミは子育てしているところを,こうして覗くと,育児放棄する事がある.
ここまで育っていると安心だが,毛の生えていない生後3日ほどの時は,
翌日いなくなったり(他の場所に移していない事もある)する.

kawaii.JPG

この仔達は開眼する直前.

kawaii%20%281%29.JPG

3匹ずつ別々のシェルターに別れていた.
合計6兄弟である.

kawaii%20%283%29.JPG

まあ可愛い!!

2009年07月14日

クマネズミいろいろ

前回の幼獣であるが,余りにも逃げないので悪戯して見た.

%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%20%284%29.JPG

指を近づけると興味を持ったのか追って来る.

%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%20%283%29.JPG

%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%20%282%29.JPG

そんな事をしていたら肩に載って来る仔まで現れた.

%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%20%289%29.JPG

全く人間に近寄らない警戒心の強い個体もいるが,
このように警戒心の無い(好奇心の強い?)個体もいる.
ふと足元を見ると,この状態.

%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%20%281%29.JPG

ここは飼育施設内だから良いが,
駆除が行われている建築物内であれば,真っ先に捕獲されるネズミたちであろう.

こうして,都会の野生クマネズミは臆病な警戒心の強い個体だけが残り,
我々,PCOを苦しめる個体群が繁栄するのだと考える.

2009年07月13日

クマネズミのグルーミング

体重100g未満(目測)の♂幼獣.
全然逃げないのでしばらく観察していた.

%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%20%287%29.JPG

さかんにグルーミング(毛づくろい)をしている.

%E6%85%A3%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%20%288%29.JPG

今では余り使わなくなったが,粉状の殺鼠剤がある.
これは,ネズミの良く通る経路に散粉し使用する.
ネズミは狭い穴や細い通路などを,鬚や体を接しさせながら移動する.
その際に体(鬚・足の裏や体毛等)に,この殺鼠剤を付着させる訳である.
そして,このようなグルーミングにより殺鼠剤を体内に取り込ませて効果を発揮する.

2009年06月26日

壷にはまったクマネズミ

飼育頭数の増えたケージには,
給水に陶器で出来た給水瓶を追加して使っているが,
たまに,その中に仔ネズミが入る.
通常はすぐに出られるのだが,この仔は出られなくなったようだ.

%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F.JPG

いない様だが,

%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%20%281%29.JPG

いた!

%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%20%282%29.JPG

自力では出ることが出来ないようなので,出やすいようにと傾けてみた.

%E3%81%A4%E3%81%BC%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%20%284%29.JPG

かなり頑張っていたが,自力では結局出ることが出来ず.
この後,手で引っ張って出してあげた.
頑張って生きろ!

2009年06月16日

小笠原より クマネズミ

3日間トラップをかけて合計5匹捕獲した.

RIMG0176.JPG

小笠原のクマネズミは今まで捕獲された個体は,
明るい茶色が多かったが,今回黒っぽい個体も混ざっていた.

RIMG0173.JPG

左から♀,♂,♀.

2009年05月28日

クマネズミ子供

そんな訳で,クマネズミ飼育ケージ内にイエダニが大発生した為,駆除を行った.
その時に出て来た子供クマネズミ.

%E5%B9%BC%E7%8D%A3.JPG

成獣は素手で触ると突如噛んで来るので手袋をするが,
幼獣は多分大丈夫ということで手袋はしない.
スキンシップをとるのもクマネズミの生態を知る上で重要である.と思う.

%E5%B9%BC%E7%8D%A3%20%281%29.JPG

では,定期的にイエダニ駆除を行っていてなぜ発生するのか?

DSCF0010.JPG

昔は写真の様に粘着シートに捕獲されたクマネズミを,
粘着シートからはぎ取り,体に付いた粘着(ポリブデン)を落とす為,
小麦粉や粉末飼料をふりかけ,静養飼育を行った.
すると,ポリブデンが付いた箇所はいったん毛が全て抜け,
禿げた状態になり,綺麗な毛が生えてくると元の外見に再生する.

%E3%83%8F%E3%82%B2.JPG

たとえばこんな感じ.
そのような状態ではさすがにイエダニも駆除されるらしく,
飼育ケージ内のイエダニ発生はあまり無かった.

しかし,現在は箱罠にて捕獲する個体が多くなり,
野外に生息していた状態のまま持ち込むため,
体に付着したイエダニも同時に施設内に持ち込み大発生してしまった.

2009年02月23日

クマネズミ子供

今,都市で問題となっているクマネズミ.
その性格は非常に臆病で警戒心が強い.
その為,人間が仕掛けた罠や毒餌になかなか引っ掛かってくれない.
従って,ドブネズミに比べ駆除し難いと言われている.
そんなクマネズミであるが,子供はどこの世界も同じで,好奇心旺盛.
「人間て何だろう」と比較的こんな私とも少し遊んでくれる.

%E6%89%8B%E4%B9%97%E3%82%8A%E3%82%AF%E3%83%9E.JPG

しかし,不安なんだろう.
隠れ場所を探しているのか,肩から首,腕をうろうろしている.

%E6%89%8B%E4%B9%97%E3%82%8A%E3%82%AF%E3%83%9E%20%281%29.JPG

%E6%89%8B%E4%B9%97%E3%82%8A%E3%82%AF%E3%83%9E%20%282%29.JPG

このぐらいだと無理に掴まない限り咬まれた事は無い.

%E6%89%8B%E4%B9%97%E3%82%8A%E3%82%AF%E3%83%9E%20%283%29.JPG

2009年02月20日

クマネズミの赤ちゃん

昨日から横浜にてペストコントロールフォーラムが開催され,
めずらしく終日勉強していた.
下の写真は会場の模様.

PCO%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0.JPG
 
都市鳥,ナンキンムシ,ヒトジラミ,ネズミから,人畜感染症といった,
私が大好きな生き物の話題を中心に,
だからこそ注意をしなければいけない疾病の話題など,
大変有意義な1日であった.

終わり次第会社に戻り,雑用の中の一こま.

RIMG0050.JPG

このぐらいの大きさのクマネズミは本当にかわいい.
ホッとする一瞬である.

2008年12月27日

クマネズミも年越し

今年はネズミ年であった事から,
クマネズミ達も新年早々テレビで紹介された.
その内容はクマネズミの特殊能力であったり,
我々人間に与える危害であったり.
しかし,どちらかというと危害ばかりがクローズアップされすぎ,
これが干支の主役の扱い?と思わせる内容もありました.

%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E3%82%AF%E3%83%9E%20%281%29.JPG

こんなにかわいいのに.
しかし,良くも悪くも注目をあびる事が出来た年でした.

%E5%A4%A7%E5%A1%9A%E3%82%AF%E3%83%9E.JPG

そのクマネズミ達も無事年を越す事が出来そうです.

新年は2本ほど,ネズミ以外で協力した番組が放送される予定です.
どこかで私か,当社で飼育している昆虫等を目にする事があるかもしれません.

それでは皆様良いお年をお迎えください.

2008年11月25日

イエネズミ2種の頭骨の違い

年を取ると一年が「あっ」という間に過ぎ去っていきます.
気づけばいつの間にかゴキブリのシーズンは終わり,かなり寒くなってきました.
寒くなると毎年問い合わせが増えるのがネズミの侵入である.
そこで,ネズミ関連を一つ.

現場に行ったり,飼育していると死骸を発見する事は良くあることである.
死んで間もない個体は,外見でネズミの種が判るが,
時間のたった個体は,その場では判断し難いものもある.
今回,夏に腐敗させて昆虫類に食べさせた骨を整理した.

hone%204.JPG

いくつも手がけたが,最終的に残ったのは4つとなってしまった.

toukotu%20%284%29.JPG

その内の2つ左がドブネズミ,右がクマネズミ.

ご存知のように,頭骨は動物の脳を保護する重要な役割を果たしている.
この頭骨の形態は,種類により違いがあり,分類する指標となる.
ドブネズミとクマネズミの頭骨の違い.

%E9%A0%AD%E9%AA%A8%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E4%BB%98%E3%81%8D.jpg

頭頂骨の左右の側頭稜はよく発達し,この形で判別がし易い.
ドブネズミは左右の側頭稜は平行しているが,クマネズミは外側に膨らむ.

2008年10月10日

クマネズミの異常門歯

数ヶ月前に,都内で捕獲したクマネズミの中に,調子の悪そうな個体がいたので調べてみると,門歯がおかしな伸び方をしている事に気づいた,

%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%82%AC%E3%83%81%E3%83%A3%E6%AD%AF.JPG

下の門歯の間が広がっている個体はよく見るが,
本個体は上顎の門歯が斜めに伸び始めたため外側の歯が磨耗せず,伸びてしまったようだ.
クマネズミの門歯は1日に0.4㎜伸びるとされる.
すると,この伸び方は伸びていない方との長さの違いから考えると,1ヶ月ほど前に何かのトラブルで顎がゆがみこのような状態になったのではないかと考えられる.
頭部を中心に首などにも外傷があり,調子の悪いのは仲間から攻撃にあった傷が直接的な原因ではないかと考えられる.

2008年09月25日

残暑の中のお茶目なクマネズミ

クマネズミの飼育室は,ビル内の環境に近づけている為,
室温は一年を通して25℃~28℃を維持するようにしている.
しかし,様々な作業をすると夏場は臭い・痒い等,結構きつい状況になる.
そんな中クマネズミの意外な一面を見る事が出来るのは楽しい事である.

%E3%81%8A%E8%8C%B6%E7%9B%AE%E3%81%AA%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F.jpg

両手で針金を持ち,片足を上げたままのこの姿勢でこちらを伺っていた.
恐らく本人は,たまたまこの様なポーズのまま静止していただけだろうが.
しかし,何とも可愛らしいと思う.
はたして,ビル内でもこの様な仕草を見せているのであろうか?

2008年08月04日

鼠の置物

%EF%BC%91%E3%81%AD%E5%8D%94.JPG

なかなか良いものがあった.

2008年08月01日

鼠塚

昨日,ねずみ駆除協議会 総会が行われた.
場所は東京 広尾.
今年は子年ゆえ,普段PCO業務に深く関わっているねずみの供養を目的とし,
ここ祥雲寺で開催された.
ここには,明治32年にペストが流行した際,
予防のために殺された,鼠の霊を供養して建てられた動物慰霊碑がある.

%EF%BC%91%E3%81%AD%E5%8D%94%20%281%29.JPG

石碑には鼠塚と書かれている.
供養の前に住職の説明があり,裏にはこう記されているそうである.

数知れぬ 鼠もさぞや
うかぶらむ この石塚の
重き恵みに

%EF%BC%91%E3%81%AD%E5%8D%94%20%282%29.JPG

興味のある方は,日比谷線広尾駅からすぐの距離にあるので,
行かれてはどうでしょう.
なんとなく肩の重みがとれたような.

2008年05月14日

小笠原の生き物 クマネズミの餌

小笠原諸島はタコノキが非常に多く,
この実がクマネズミの重要な食料となっている.

%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%82%AD.JPG

路上に落ちていたタコノキの実.
見事にクマネズミの歯型が付いており,
当然中の種子が食べられて入っていない.
この実,そんなに好きなら中はどうなっているか確かめたく,
取り出そうとしたことがある.
しかし,種子を保護している実の部分があまりにも硬く,
その時手許にあった工具(カッター・ニッパーごときでは全く歯が立たない)
では取り出せなかった記憶がある.
それを齧ってしまうのだから,その噛む能力は対したものである.
その近くで,茂みに眼をやるとなんとクマネズミが!

%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F.JPG

2008年05月07日

小笠原の生き物 クマネズミ捕獲

離島では,クマネズミ駆除研究事業が進められている,
毎回小笠原に来るごとに,「今回こそは持って帰りたい」と願い,トラップを仕掛ける.
しかし,毎回,めんどくさくなりやめてしまうのだが・・・.
今回は気合いを入れいつものごとくカゴを数台持ち込みセットした.
内地では数台では殆ど捕まえらないのであるが,

%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E6%8D%95%E7%8D%B2.JPG

成果は6台仕掛け一晩に2匹捕獲.
性別は雌雄各1匹.

%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E8%BF%91%E5%BD%B1.JPG

都会では,屋外の自然光の下で見る機会が無い為か,家ネズミというよりも,
野ネズミといった風貌である.

ちなみに,この写真のカゴ内に入っている松葉のような物は,
モクマオウという種類の外来植物の葉っぱで,
オーストラリアのヨロイモグラ生息地域では餌にされていると聞き,
採ってきて今与えているが,食べているかは??

2008年02月25日

「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」にでました.

昨日,テレビ朝日で放送された「近未来×予測テレビ ジキル&ハイド」に,
クマネズミとツーショットで出演しました.
クビの後にいる黒いのがクマネズミです.
%E3%82%B8%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%931.bmp
カーテン上部に潜んでいるクマネズミを,
あらかじめ床に敷いた粘着シート上に誘導しようとしていたら,
左腕から首筋に移動してきた瞬間です.
普通ここで逃げられると,さすがスーパーラットとなったのですが,
何とか捕獲完了.
会社でも高く評価?されたと勝手に思っております.
この番組全国放送であったようで,
ありがたい事に弘前の怪人・床屋のS氏と様々な方から電話や,メールを頂きました.
この場を借りて御礼申し上げます.
下はネズミが通行している箇所を説明しているところ.
zikiru.BMP
クマネズミは臆病ではあるのですが,
一度安全を確認すると同じ所を何度も通るので,
ラットサインと呼ばれる汚れの獣道がハッキリ残ります.

2008年01月09日

ネズミの置物

正月,実家に帰った際床の間を何気なく眺めていると・・・
ネズミがいました.
%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%81%AE%E7%BD%AE%E7%89%A9.JPG
古い置物です.
親父が昔,骨董店で購入した物です.
ある事は知っていましたが,よく見るとかわいい出来である.
しかも,ネズミを生業としている今となっては,貴重??なコレクションとなる.
頭からシッポの先まで約5㎝.
耳の大きさからクマネズミかと勝手に想像している.

2008年01月08日

「所さんの目がテン」に出演

先週日曜日朝7:00からの「所さんの目がテン」に少しだけ私とクマネズミが出演しました.
今年の干支にちなんで「ネズミの秘密」と題して,
今問題となっているクマネズミに関係するスーパー能力の取材に協力しました.
オープニングで当社のネズミの剥製.
PDVD_001.BMP
続いて私の頭と手.
PDVD_007.BMP
顔も出たのですが,はずかしいのでNG.
クマネズミくんには結構辛い仕打ちだったのですが,
嫌がらずに撮影協力してくれました.
ヒゲを使えなくすると,本当に途方に暮れた様子が見られ,
面白い実験をさせてもらいました.

2008年01月07日

ネズミグッズ

ネズミグッズについて.
ネクタイである.
%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4.JPG
何がすごいかというと,絵柄にネズミが登場している.
%E6%8B%A1%E5%A4%A7.JPG
このネズミネクタイ,なかなか売っていない,というか普通の店にはない.
私もさがしてやっと1本見つけた.
宝物である.
ゴキブリのネクタイも見たことがない.
探しているが,無い.
これに関してはおそらく存在していないと思う.

2008年01月04日

ネズミのおもちゃ

明けましておめでとうございます.

皆さまのゴキブリ達は無事年を越したでしょうか?
私どものゴキブリ達は年を越したようです.

さて,今年は子年.ネズミです.
会社でも研究のためクマネズミ,ドブネズミ等を飼育しています.
このネズミ達も私共の貴重な財産となっております.
そこでクマネズミ達の華麗な新年の姿をとおもったのですが,
正月ですからソフトにおもちゃで.
ゴキブリに続きネズミのおもちゃも意外と少ない.
とはいえ,ミッキーやトムとジェリーなど,ネズミをキャラクター化した物は多数あるので,
それは除きリアルな物を対象とします.
%E3%81%AD%E3%81%9A%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%83.JPG
後列手前の二品は以前知人がインドネシアに行ったとき,
おみやげで貰ったスライムみたいな手触りのおもちゃ.
いまだにすごい臭いの油がしみ出てくる.
一番奥はトイザらスで買った物,社内で人気があり再度探したが,
いまだに見つからない.
こうゆう変な物は必要なときに探しても見つからない.
従って,ゴキブリ同様見つけたら,ソク買うようにしている.
RIMG0010.JPG
これは先日アメリカに行った社員から貰ったおみやげ.
おもちゃではなく,ネズミの形をしたお菓子(グミ).
非常にすばらしい.こんな物日本では絶対つくらない.
しかし,これが売れるとはさすがアメリカ.
ペットローチはもともとドイツやアメリカが最初と聞いた事があり,
いずれはこのセンスが日本でも受けいられる日が来るのかも知れない.

2007年11月15日

都会育ちのハツカネズ

都内の営業所より,珍しい物が捕獲できたと持ってきてくれた.
銀座,丸の内界隈ではお目にかかれない,かわいいネズミ.
ハツカネズミMus musculusである.
本種は汎世界的に分布し,日本国内でもほぼ全域に生息している.
都市部では港湾地帯に多く,ドブネズミ,クマネズミと同一地域に生息する事もある.
%E3%83%8F%E3%83%84%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F.JPG
英名 House Mouse
頭胴長60㎜程度の非常にかわいいネズミだと思う.
しかし,動きは非常に俊敏で,小さな隙間から脱出するため,ペットとして飼うには,勇気が必要であろう.
この子は残念ながら雄なので,子孫は残せないが,研究の為しばらく飼育しようと思う.

2007年10月11日

クマネズミ剥製

エネズミ類の剥製を作ってもらった.目的は研修と展示用.ナマのネズミをお客に見て貰うのはなかなか難しい.これがあると持っていく事も出来るし,見ながら説明もし易い.新入社員等の研修にも利用を考えている.
%E3%82%AF%E3%83%9E.JPG
上がクマネズミ,下がドブネズミ.
クマネズミの方が,耳が大きくスリムな感じ.ドブは耳が目立たず,大きい.
%E3%83%89%E3%83%96.JPG

2007年10月04日

ペットとしてのクマネズミ

日夜衛生害虫等を駆除しているわけだが,クマネズミの巣の撤去等を行うと,そこで出会ってしまうのがこれである.
%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E3%81%AE%E5%AD%90%20%282%29.JPG
子供は何でもかわいいものである.
そこで,クマネズミは人に馴れるか?何回か飼育してみたりするのだが.
目が開き行動が活発になると,掴んでも噛んだりはしないのであるが,
少しの刺激でも驚きどこか彼方に飛んでいってしまう.
従って,ハムスターの様にケージの外に出してハンドリングなどは不可能である.
注:野生のクマネズミは鼠咬症やレプトスピラ等の怖い病気を保菌している場合があり,一般の人は飼育などしない方が良いでしょう.

2007年10月03日

クマネズミ達

今更生態だの駆除方法だのは,他にも沢山あるのでそちらに任せるとして,
当社で飼育しているクマネズミ達である.
%E3%82%AF%E3%83%9E%E5%A4%A7%E9%87%8F.JPG
皆兄弟である.クマネズミの特徴として愛らしいまん丸の眼.
ドブネズミの様に意味もなく喧嘩を売る事はせず,こんなに近づいても逃げない.
もう一つの特徴として,大きな耳.折りたたむと眼を隠すほどである.
ドブネズミはもっと小さい.
クマネズミ全形.
%E9%BC%A0%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
雌である.
最近までパソコンのデスクトップに鎮座していた子である.

2007年10月02日

ネズミ情報 その2

外部からの侵入口はまだまだあります.
これは雨戸を収納する戸袋の引き出し口.
%E9%9B%A8%E6%88%B8%E5%8F%8E%E7%B4%8D%E5%8F%A3.jpg
ラットサイン(足跡)が白く付いている.
この中は外壁が無い事が多く,ネズミの他にもコウモリが生息していたりする.
また,クロゴキブリの潜み場所や,家屋内侵入箇所になったりする.
建物の下部だけでなく,電線や庭木の枝を伝い屋根などの上部に辿り着き,屋根の隙間などから侵入している事もある.
%E7%A9%B4%E5%9F%8B%E3%82%81%E7%AE%87%E6%89%801.jpg
いずれにせよ,ネズミが侵入しても,直ちに手を打てば意外と簡単に出ていく事もあります.

2007年10月01日

ネズミ情報 その1

「ねずみ情報」と言う出版物があるのをご存じだろうか.
ねずみ駆除協議会で出版しているのだが,弊社も会員として所属している.
それと本文は直接は関係ないので,カタカナの「ネズミ情報」とした.

今年も早いものですでに10月となりました.
関東ではそろそろ野外でゴキブリを見なくなる時期ではないでしょうか.
代わりに寒くなると,
毎年の事ですがクマネズミの家屋侵入が多くなってくる季節となります.

侵入しやすい場所として床下通気口の破損穴.
%E9%BC%A0%E9%87%8E%E3%81%AF%E3%81%84%E3%82%8B%E9%80%9A%E6%B0%97%E5%8F%A3%20%281%29.jpg
この写真は床下から見た図であるが意外と隙間があるのが判ると思う.
今年,エアコンやその他配管の工事をした記憶のある方は,工事箇所の周りに穴がないか確認し,穴があれば早急に塞ぐ事をお勧めします.
%E5%B0%8F%E7%8E%89%E9%82%B8%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F%E7%A9%B4.JPG
室外の風呂釜と接続している配管周り.
こうなると意外と気が付かない.
これらの箇所は,家のまわりを一周すれば簡単に確認できます.

2007年08月01日

マウスとクマネズミ子供

ネズミ駆除は,侵入対策,粘着シート・捕獲箱による捕獲や,巣の撤去等の複合的な作業により行われる.
すると巣を暴いたときに生後間もない幼獣が良く捕獲される.
%E3%82%AF%E3%83%9E%E5%AD%90.JPG

クマネズミ飼育ケージ内で,子育てをしているケージがあるときはそちらに入れるのだが,今回良い状況のクマネズミ夫婦がいなかった為,たまたまハツカネズミが子供を育てていたので,そのケージに入れてみた.

%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%84%E3%82%AB.JPG
白い中に茶色が2匹仲良くお乳を飲んでいる.
ネコが子犬を育てる等,科が違っても育てるぐらいだから,大して珍しくもないのであろうが,この様な状態を間近に見るとやはり感動してしまう.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.