« ブラベルス アトロポス Blaberus atropus   |   メイン   |   ブラベルスコロセウス »

2015年04月14日

Blaberus craniifer „ Black Wing“

Death's Head

嫌われ者のゴキブリにさらにデス・ヘッドの呼び名はすごい.

RIMG0394%20%28314x236%29.jpg

改めてこうして見ると,これほど特徴がある種も少ないと思う.

RIMG0398%20%28314x236%29.jpg

なんとなくハロウィンのカボチャに見えてしまう.
しかし,本人はいつものように下を向いてじっとしているだけ.
前胸背の模様が主張しすぎだろう.

2013年03月22日

最近見なくなった種 2

Species which no longer attracts attention 2


RIMG0896.JPG

Gromphadorhina oblongonota.

RIMG0898.JPG

Eublaberus distantii


RIMG0899.JPG

Blaberus craniifer


RIMG0901.JPG

Byrsotria fumigata

どれも丈夫で飼いやすい種である.

2012年09月11日

Blaberus craniifer „ Black Wing“ Ⅱ

Blaberus craniifer „ Black Wing“ Ⅱ


dfhgjgjuio%3Bp%3Biou.JPG

最近話題にも上らなくなった感のある本種.

国内デビューした時は,結構人気を博していたと思ったが.

ブラベルス属全般に言えることだが,非常に丈夫で増えやすいため,皆飽きてきたのだろう.
やはり珍しい物に目が行くのは仕方ないかもしれない.

dfhgjgjuio%3Bp%3Biou%20%281%29.JPG

裏面.
現在は,飼育している人も少なくなっているかもしれない.

dfhgjgjuio%3Bp%3Biou%20%282%29.JPG

きれいなゴキブリです.

2010年10月19日

Blaberus craniifer „ Black Wing“

デスヘッド.

前胸背の模様は個体により様々.

kaoiroiro.JPG

kaoiroiro%20%281%29.JPG

kaoiroiro%20%282%29.JPG

デスヘッドの最大の特徴は何と言っても前胸背に出現する顔のような模様.
そして,黒く染まる翅.

2008年12月04日

ブラベルスクラニファー 羽化

ブラベルスクラニファーBlaberus craniifer ??
今年の6月に1齢幼虫を別飼育はじめ,昨日その中の1匹に成虫が出た.
約半年で成虫になった事になる.
やはり熱帯産のゴキブリは,大型であろうが環境さえ良ければ,どんどん成長する.

%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E7%BE%BD%E5%8C%96.JPG

羽化間もない状態.

%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E7%BE%BD%E5%8C%96%20%281%29.JPG

1日後.
まだ,完全に骨格は固まっていない.
この大きさのブラベルスになると,後翅が上翅の中に収まらず,
燕尾服状に飛び出してくるのがわかるだろうか.
デスヘッドといわれるブラベルスの体長は45㎜~55㎜と意外と小型であるようだ.
本個体群は60㎜を軽く越える個体が多く,
やはりBlaberus craniifer かは疑問が残る.

2008年06月16日

ブラベルスクラニファー?幼虫

終齢と思われる幼虫たちである.

%E3%82%AF%E3%83%A9%E8%A6%81%E5%BC%95%E3%81%8D.JPG

特に個体間の違いは見られない.

%E3%82%AF%E3%83%A9%E5%B9%BC%EF%BC%91%E5%8C%B9.JPG

前胸背はクワガタ♀成虫の頭胸部シルエットのような,暗褐色斑が入る.
フスカによく似ているが,翅芽に色がこちらの方が赤色が強い.

%E3%82%AF%E3%83%A9%E5%88%9D%E9%BD%A2.JPG

そしてこちらが初齢に近い幼虫.2から3齢と思われる.

2008年06月13日

ブラベルスクラニファー?成虫

Blaberus craniifer 40-55㎜ (Allpet Roaches引用)
分布:メキシコ・中央アメリカ・キーウエスト島・アメリカ全土

別名デスヘッド.
ブラベルス属の中でも最も人気が高い種ではないだろうか.
特徴は成虫の前胸背板にはっきり浮き出るドクロのような人面模様.
そして成虫の翅は黒色部が広いなど他のブラベルスと比較して,突出した特徴がある.
本種に関する情報は海外のサイトに詳しく出ているらしく,
(この辺の情報は語学堪能な我が社のS部員が調べてくれている)
それによると,
本種は他の種に比べ採集は困難である事.
ペットルートにはかなりの偽者が出回っている事.
と言うわけで,この個体たちは日本国内で“craniifer”として入手したが,
やはり違うようである.
しかし,同定できていないのでとりあえずBlaberus craniifer として紹介したいと思う.

%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E6%88%90%E8%99%AB.JPG

右が♀.左が♂.
上翅の黒化が他種に比べ強いように見える.
雄の5匹平均体長は55.7㎜.最小52㎜.最大60㎜.
フスカを抜き最大の個体がでた.
本種も前胸背板の黒紋の様子を雌雄並べてみた.

%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E9%9B%86%E5%90%88.jpg

上2匹が♂.
下2匹が♀.
雌の黒紋には黄褐色の小斑が入り,デスヘッドほどではないが,
人の顔状に見える模様が浮き上がる.
♂はその限りでない.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.