« ヒメチャバネゴキブリ   |   メイン   |   ヒメモリゴキブリ »

2016年08月17日

ハチの仔?

Bee larva?

gh258%20%281%29.JPG

一瞬ハチの仔?
と思ったが,そんな事ある分けない.

gh258%20%282%29.JPG

成虫に脱皮したばかりの♀個体であった.

gh258%20%283%29.JPG

見事な白さだ.

2016年06月29日

ヒメマル!?

Trichoblatta pygmaea !?

%3B85.JPG

顕微鏡標本入れに張り付くヒメマル.
逃がした覚えはないが,いた.

室内は,常時ハエトリパトロールが回っているが,このサイズと硬さは歯が立たないであろう.

ヤモリパトロールも雇わなければダメかな?

2015年02月24日

卓上ヒメマルゴキブリ

The Trichoblatta pygmaea which is bred on a desk

RIMG0135%20%28314x236%29.jpg

約8cm四方のケージ.

RIMG0136%20%28314x236%29.jpg

小さな水容器と餌皿,コルクのシェルター.

RIMG0137%20%28314x236%29.jpg

最初に飼育した時は,あれこれ考えてレイアウトし,結局滅んだが,この状態は何でしょう.


平均的なスキルが上がった事もあるのでしょうが,こんなに飼育しやすい種はないと思ってしまう.

RIMG0141%20%28314x231%29.jpg

RIMG0142%20%28314x236%29.jpg

床換えもあっという間に終わる.

2014年11月13日

卓上Zooのヒメマルゴキブリ成虫の羽化


Emergence of the imago of the Trichoblatta pygmaea of desk Zoo

ghshgr%20%281%29.JPG

この小型ケージで飼育を始めて1年以上経過したが,問題なく飼育できている.

ghshgr.JPG

雄羽化直後.

本種は激しく飛ぶこともなく,動きも早くない.

臭いもなく,餌はマウス飼料のみ.
これほど飼い易い昆虫も珍しいのではないだろうか.

2014年08月07日

ヒメマルゴキブリ雌雄


The sex of Trichoblatta pygmaea

maruamksdo.JPG

成虫ペア.

maruamksdo%20%281%29.JPG

もちろん,左が♀.右が♂.

昔の人は,1個体の標本(しかも場合によっては幼虫)だけで新種記載していました.
これなど,どう見ても違う生き物ですね.

昔は良かった?

2014年07月04日

ヒメマルパニック


Trichoblatta pygmaea large breeding


kfjdogfsd.JPG

えらい事になっていました.

5月ごろその兆しはあったものの,こんなになっていたとは・・・.

kfjdogfsd%20%281%29.JPG

昔,なかなか繁殖せずに悩んでいたのが嘘のようです.

kfjdogfsd%20%282%29.JPG

床換え中でもプラケをバンバン登ってくるので,ガムテで阻止.
写真は,まだ隙間が残っていますが,ちゃんと貼ると,一時的に脱走は防げます.

kfjdogfsd%20%283%29.JPG

腹も減っていたようです.

2014年05月22日

ヒメマルゴキブリ大繁殖


Large breeding of Trichoblatta pygmaea

fgfkdhig%20%281%29.JPG

気がつけば,炭カル壁を踏破していた.

fgfkdhig.JPG

この状態は,チャバネゴキブリのようだ.

fgfkdhig%20%283%29.JPG

シェルターには雄成虫が沢山育っている.

fgfkdhig%20%287%29.JPG

死骸と脱皮殻の山.
本種は脱皮殻を食さない為,殻山が出来る.
野外では,別の生物が食べているのだろう.

fgfkdhig%20%286%29.JPG

清掃後.
シェルターが多いので,餌を置く場所が無い.
その為,こんなレイアウトになっています.

2014年05月13日

ヒメマルゴキブリ雄達

The males of Trichoblatta pygmaea


hjierert.JPG

以前から思っていたが,ヒメマルゴキブリの雄は茶が強い気がする.
フラッシュをたいているので,赤茶くなると思っていたが.

hjierert%20%281%29.JPG

水を飲む雄.

hjierert%20%282%29.JPG

昆虫ゼリーを食す雌雄.

2014年02月24日

ヒメマルゴキブリの飼育


Breeding of Trichoblatta pygmaea

ゴキブリを飼育し始めの頃は,ヒメマルゴキと言えば,超ビップ待遇で飼育していた.

RIMG1545.JPG

dfdg.JPG

現在は,このような水,餌,コルク破片,落ち葉2枚の簡単セットで飼育も出来ている.
これで約半年経過.

dfdg%20%281%29.JPG

dfdg%20%282%29.JPG

脱皮も順調で,そろそろWF1が成虫になると思う.
飼育室に置いているとなかなか日常の風景は見れないが,卓上にあると,常時観察できる.

2013年11月20日

ヒメマルゴキブリの床換えの特長


The feature of a cleaning of the breeding case of a Trichoblatta pygmaea
ヒメマルゴキブリは脱皮殻を食べない.

RIMG1506.JPG

その為,こんな状態になる.

RIMG1507.JPG

除去後.
野外では,この殻も餌にするような生物が存在するのだろう.
しかし,この中にはいない.

RIMG1508.JPG

も1つシェルターの底部.

RIMG1509.JPG

除去後.

2013年10月22日

ヒメマルゴキブリ幼虫脱皮


A molt of the larva of Trichoblatta pygmaea.


RIMG1348.JPG

ダンゴムシはこんな脱皮はしない.

最近,普通に殖える種は,じっくり観察している暇が無く,思わず見入ってしまった脱皮.

アルビノダンゴムシではありません.

2013年10月01日

卓上ZOOのヒメマルゴキブリたち


Trichoblatta pygmaea and others which inhabits the small zoo on a desk

tasdjkssdhf%20%281%29.JPG

8cm四方のケース内で,ヒメマルゴキブリとアミメヒラタゴキブリのw雌を飼育をしているが,両種とも仔を産んでいる.

tasdjkssdhf.JPG

コルクシェルター内に穴を掘って穿孔している.

tasdjkssdhf%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

これでは野外では,見つからないだろう.

tasdjkssdhf%20%282%29.JPG

アミメヒラタの卵鞘.
これも,知らなければ気がつかない.
野外種の採集は,ポイントと地を這うような努力が必要だろう.

2013年07月11日

ヒメマルゴキブリ予想外の減少

Unexpected reduction of Trichoblatta pygmaea

最後に床かえを行ってから半年以上過ぎていた.

RIMG0911.JPG

一時期のような,沢山いる状態ではなくなっていた.

餌もなく,水も切れ,気づくのが後1週間遅れていたら,壊滅していたかもしれない.

RIMG0912.JPG

シェルター下面も死骸や脱皮殻が詰まり,カビが発生している.

飼育者失格ですね.

RIMG0913.JPG

ケースに残った残骸.

RIMG0915.JPG

とりあえず完了.

2010年09月13日

ヒメマルゴキブリ交尾 2

himeeeeekou.JPG


himeeeeekou%20%281%29.JPG

知らなければ別種のような雌雄.

2010年06月29日

ヒメマルゴキブリ飼育

hi9mwemarusiiku.JPG

現在,こんな感じで普通に増えている.
手入れは1~2ヶ月に一度ほど(これは中のゴキブリ数により前後すると思う).
増えてくると,餌の消費が早く餌だけはもう少し短い間隔であげている.

密度が高くなるほど飼育が安定するようだ.

2010年04月19日

ヒメマルゴキブリ脱走

飼育室の床の上に見覚えのある生き物が.

dasosu.JPG

dasosu%20%281%29.JPG

先週末掃除をした際,逃げ出したようだ.

東京の屋外では繁殖できないであろうが,逃がしてはいけない.

dasosu%20%282%29.JPG

一応,室内には数十個のトラップを置いて逃亡虫の早期捕獲に努めてはいる.
コオロギが一番捕まる.

2010年04月16日

ヒメマルゴキブリ卵鞘

hiememrurann%20%281%29.JPG

掃除をしようとしたら発見.

hiememrurann-1.jpg

数を数えると約30個の卵がある.

この後,経過を観察しようとしたら,20分ほど目を放した隙に収納していた

2010年03月04日

ヒメマルゴキブリ 床換え

飼育法が分かると良く増える.
野外採集の親から何代を経過したか分からなくなっている.

himemaru%20toko%20%281%29.JPG

複数の齢数がひしめき合っている.

himemaru%20toko.JPG

換える前の状況.
見た目は汚れているように見えないが,湿度を維持する為の部分的なマットもすでに乾燥し,その上に糞が堆積し,そこにカビが生えている.
果たして湿度がどれほど必要なのか分からなくなって来たが,個体密度が増えると,死亡した無数の個体が乾燥する際に出す水分が,飼育環境内の水分調整を上手くコントロールするのかもしれない.

himemaru%20toko%20%282%29.JPG

色々除けた後の状態.

himemaru%20toko%20%283%29.JPG


床換え後.
あまり変化無いが交換後である.

2010年01月27日

ヒメマルゴキブリ♀

先日,ヒメマルゴキブリTrichoblatta pygmaea (Karny)のケージメンテをした際,
捨てようとしたケースの中に沢山の♀個体が集合していたのでとりあえず一時避難させて時の写真.

himer%20%284%29.JPG

とてもゴキブリの集団とは思えないですね.

himer%20%283%29.JPG

丸まった姿はタマヤスデのようです.

本種は飼育(繁殖)は難しそうですが,マルゴキブリなどに比べると,
全然簡単な種であると思えてきました.

特に大型である訳でなく,一般的には小型の種ではありますが,
形態や,雌の行動(しぐさ)は観察するだけでも面白い面を見ることが出来ます.

2009年07月16日

ヒメマルゴキブリ 幼虫雌雄

ヒメマルゴキブリ成虫の形態は,雌雄が別種と思えるほど違う.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%B9%BC%E8%99%AB%E9%9B%8C%E9%9B%84.JPG

真ん中の一番大きなダンゴ虫様のが♀成虫.
右斜めに付き添っているのが♂成虫.
体長も体幅も体重も全く違う.
では終齢幼虫の形態はどう違うか.
疑問に思いつつも生きているのはどれが終齢幼虫なのか分からない.
そこで,床換えの際に出る脱皮殻で調べてみた.
脱皮殻を食べる種では使えない方法だが,
本種は全くといって良いほど食べない.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%B9%BC%E8%99%AB%E9%9B%8C%E9%9B%84%20%283%29.JPG

左が♂.
右が♀.
大きい順に脱皮殻を調べたが,右のサイズは皆♀.
左のサイズになって♂が出てくる.
という事は,雄の終齢幼虫も♀に比べ小さい事がわかる.
予想はしていたが,これで納得できた.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%B9%BC%E8%99%AB%E9%9B%8C%E9%9B%84%20%281%29.JPG

♂幼虫腹面腹端部.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%B9%BC%E8%99%AB%E9%9B%8C%E9%9B%84%20%282%29.JPG

♀幼虫腹面腹端部.
♂の腹節2節分が♀は1節に見える.

2009年06月12日

ダンゴ系3兄弟

身近にいる丸くなる生き物3種並比較.

3kyou.JPG

すぐに丸くなり,なかなか緊張を解かないのはタマヤスデ.
次にダンゴムシ.
そして,このヒメマルゴキブリ中齢はほとんど丸くなることは無かった.

3kyou%20%282%29.JPG


ちなみにダンゴムシとタマヤスデはよく似ているが,
分類的には違う仲間でタマヤスデは皆が嫌う長いヤスデの仲間.
ダンゴムシは甲殻類に入り海老やカニの仲間となります.

2009年06月04日

ヒメマルゴキブリ 保育嚢

腹端部より卵胎生ゴキブリ特有の白いものが出た個体がいた.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6.JPG

触ってみるとすでに★となっていた.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A6%20%281%29.JPG

取り出すとこんな状態.
大型のゴキブリではいくつか観察していたが,
小型のゴキブリでもこのトラブルが発生するようだ.

2009年06月03日

ヒメマルゴキブリ ダンゴ虫?

ヒメマルゴキブリが丸くなるのは有名な話であるが,
幼虫も丸くなるのかは,小さいので試した事が無かった.

%E3%83%92mr%E4%B8%B8%E5%9B%A3%E5%AD%90.JPG

中齢幼虫.
ゴキブリで丸くなると言うのはやはり他に類を見ない.

%E3%83%92mr%E4%B8%B8%E5%9B%A3%E5%AD%90%20%282%29.JPG

ついでに脱皮直後の幼虫.

%E3%83%92mr%E4%B8%B8%E5%9B%A3%E5%AD%90%20%281%29.JPG

こちらは時間の経過した終齢♀幼虫.
鮮やかなオレンジ色である.

2009年03月06日

ヒメマルゴキブリ脱皮

ヒメマルゴキブリは普段シェルターに潜り込んでいる事が多いため,
脱皮も他の種に比べると見かける機会が少なかった.

RIMG0095.JPG

大きさ的には成虫への脱皮と思われる.
体形的に♀かと思ったが,前胸が雄っぽい.
この後忙しくてその後どうなったか観察できなかった.
それにしても真っ白で実に綺麗だ.

2009年03月03日

ゴキブリの餌

たまに聞かれるのが,
「屋外性の特に小型ゴキブリは何を食べるのか良く判らない」
といった事.
要するに 様々な餌を与えてみても食べた痕跡が見られない.
餌が減っていない.
そんな事象がこういった疑問に繋がるようだ.
実際,私も新しい種を導入した際は,餌に何が良いか少しは検討する.
この時導入した個体数が沢山いればいいのだが,
大概は数個体がいいところ.
そんな数個体が喫食する量なんて高が知れた物である.
まして小型の種や,幼虫ともなればその喫食量は微々たる量である.
ちなみにワモンゴキブリの成虫の1日の喫食量は約130㎎といわれる.
それしか食べないのに,マットを入れ2,3種類の餌を置いたら,
彼らは雑食が基本であるので.マットの中の物や,
何種類も置かれたものを少ししか食べない.
まして,気になるから毎日観察する.
恐らく食べていてもそれに気が付く前に餌が腐敗して交換したりしているのだと思う.
ヒメマルゴキブリを例にとると,
私も導入直後は何を食べるか判らず,キノコが良いとか,青海苔だとか.
いろいろ与えてみたが食べている痕跡はあまり判らなかった.
個体数が増えてわかったが,沢山いると餌の消費はちゃんと判る事.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E9%A4%8C.JPG

このように固形飼料が見る見る無くなっていく.

2009年01月06日

ヒメマルゴキブリ交尾

ヒメマルゴキブリの交尾.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E4%BA%A4%E5%B0%BE.JPG

♂成虫は成虫になってからの寿命が非常に短く,
セミよりも短命の気がする.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E4%BA%A4%E5%B0%BE%20%281%29.JPG

雌雄異形であっても,通常大きさはあまり差が無いものなのだが.
母は力強い.
なんか自分を見ているようである.

2008年09月24日

ヒメマルゴキブリ ペア

この個体群の元親を飼育始めて約1年が過ぎた.
最初に失敗したときは3ヶ月ほどで全滅したが,
今回は何とか環境が整ったようだ.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%82%A2.JPG

ペアで列んでいると大きさや形の違いが良く判る.
♂成虫の寿命は♀に比べてかなり短い気がする.
この♂を見るといつも不思議に思うのだが,
終齢幼虫は雌雄どちらも同じ形態と思われるので,
どうすれば,あんな厚ぼったいダンゴムシからこの雄が出てくるのか?
観察してみたい. 

マルゴキブリ幼虫もこれに近いが,
ダンゴ虫というよりも,シデムシの幼虫に似ていると思う.

2008年07月04日

ヒメマルゴキブリその後の経過

小笠原ネタは休憩.
昨年8月に手元に来た本種は,おかげさまで順調に増えているように見える.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E8%BF%91%E6%B3%81.JPG

少なかったときは,このように壁面にまで出てくることは無かったのだが,
いくつも出てきている.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E8%BF%91%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

拡大

これを見て簡易飼育セットにして大きな問題はないと思っていたが,
あるとき初齢幼虫がケージ底面のプラスチック上に,
いくつも死亡しているのを見つけた.
原因として形態上ひっくり返るとなかなか起き上がることができないようだ.
そのため,プラケ底面には乾燥したミズゴケを入れ,足場となるようにした.

増えてくるとまたそのときの個体密度により,いろいろ問題が出る.

2008年03月21日

ヒメマルゴキブリ♂

昨年8月に生まれたヒメマルゴキブリの子供が成虫となった.
♀は成虫と終齢幼虫の形態が確認し難いが,
♂はこのように翅が生えるから判りやすい.
RIMG0029.JPG
♂体長11㎜内外.
やはりゴキブリはこの様に細長い形態が見ていて落ち着く.
はたして何匹いるだろうか,殖えはじめてからの管理が難しそうである.
RIMG0031.JPG
同じような写真で申し訳ない.
翅は艶がなく,屋外でも目立ち難いと思われる.
動きも意外とすばやくこんなのが樹皮下などに隠れたら,
捕まえるのは大変そうである.

2008年01月24日

ヒメマルゴキブリ近況

第1回目の失敗をバネに,何とかここまできた.
順調に育っている.
ネズミ固形飼料を無心で食す幼虫.
%E6%8C%87%E9%A4%8C.JPG
持ち上げてもあまり動かない,と思ったら結構素早い動きをする.
ダンゴムシのような動きとはやはり違う,ゴキブリの片鱗が伺える.
体長約12㎜,1回目の子である.
%E8%84%B1%E7%9A%AE.JPG
脱皮殻.
多数潜んでいる場所は脱皮殻がまとまって落ちている.
初め気づいたときは大量死か?
とどきっとしたが,脱皮であった.
9月に産仔を確認してから約4ヶ月でこの大きさである.
ちなみに飼育温度は20~25℃である.

2007年11月14日

ヒメマルゴキブリ2回目の産仔

8/14に続き2度目の産仔が確認できた.
初産の子達も順調に育っている.
%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%EF%BC%92%E5%BA%A6%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%94%A3%E4%BB%94.JPG
一番大きいのが母親,中くらいのが長男,小さく赤が強いのが次男である.
この状態だと,ダンゴムシと似ている.

2007年10月26日

ヒメマルゴキブリその後(幼虫食事中)

ヒメマルゴキブリが何を食べているか?
結構話題になる.私は特別なものが見つからない限り,ネズミの固形飼料を与えるのであるが,食べていてくれているようである.
テトラミンは同居しているトビムシ類が瞬く間に食べてしまい,結果は現状判断できない.
%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%B9%BC%E8%99%AB%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E4%B8%AD.jpg

2007年09月03日

ヒメマルゴキブリTrichoblatta pygmaea(Karny) 産仔

ヒメマルゴキブリ子連れである.
%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA%E7%94%A3%E4%BB%94.JPG
本種は初齢幼虫を保護する行動をとる事が観察されているが,確かに一箇所で群れていた.生まれた数や性別はまだ確認していない.
以前,飼育したとき産仔までは行ったのであるが,結局滅ぼした事があり,今回はワイルド♀を入手,万全の体制でセットしていたのだが,昨日ついに子供を連れているのを発見.
生態等を解明したい.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.