« クマネズミの「グー」   |   メイン   |   クロゴキブリの交尾 »

2015年09月02日

Deropeltis paulinoiのシェルター

Shelter of the Deropeltis paulinoi.

trtyi%20%282%29.JPG

Deropeltis属を数種飼育したが,全てが刺激すると茶色の体液を放出する.
野生下では,個体密度が高くないので,多分外敵などの刺激により出すと思うのだが,飼育下の過密状態では,お互いの刺激で結構出しているのだろう.

trtyi%20%281%29.JPG

左が元の色だが,見事に変色しているのが分かる.
しかし,変な死亡個体は出ないので,自家中毒はしないのだろう.

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cic-net.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2033

コメントする

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.