« デュビア 飼育   |   メイン   |   Macropanesthia rhinoceros »

2010年12月28日

フタテンコバネゴキブリ単為発生

tannji.JPG

本種は単為で卵が発生する.
上は単為発生した♀個体.

孵化率は悪いが単為でF1までは種を維持できる資質を持っている.
当然生まれてくる性は雌のみ.
しかし,F2はダメであった.
卵鞘は産むが,孵化しなかった.

さて,年内の本ブログの更新は今日で終りです.
一年間ありがとうございました.
来年は国内種のさらなる充実をめざし,努力したいと思います.

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://cic-net.co.jp/mt/mt-tb.cgi/888

コメント

こんばんは。単為生殖で増えるのは雌だけなのですか。なるほど一匹だけで
問題なく繁殖することは問屋がおろさないんですね、自然はうまくできています。

今年はどうもありがとうございました。来年も時々訪れたいと思っています。よろしくお願いいたします。

今のところ,ゴキブリ類で完全に単為生殖で繁殖しているのは,Pycnoscelus surinamensis だけでしょう.
昆虫全般では,アブラムシに始まりナナフシなども確認されていますね.
また来年のよろしくお願いします.

コメントする

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.