ゴキブログ

ゴキブログ一覧

2008 .10.16

標本加害される その2 被害と犯人

カテゴリー:

この箱には,日本国内に産する多足類(特に大型種)を入れていたのであるが,
クモ類は大丈夫であったが,ヤスデ類がかなりやられた.
%E3%83%A4%E3%82%B9%E3%83%87%E8%A2%AB%E5%AE%B3.jpg
ヤスデ類は食害ではなく,腹部と台紙の隙間に入り込んで繭を作られ,
歩肢が繭で絡め取られてしまった.
ムカデもこの通り.
脚の間に白く見えるのは幼虫.
%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%83%87.jpg
犯人は箱の各所に成虫の死骸が転がっており,
一目でタバコシバンムシと判断できたが,
子供の頃,標本を食べるのはいつもヒメマルカツオブシムシであったので,
シバンムシによる被害には少し驚いた.
長野と東京で地域差のようなものがあるのだろうか.
%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%82%B7.jpg
一応拡大して同定をした.
触角の形状が違うのでタバコシバンムシLasioderma serricorneと確定.

詳細はこちら

archive-blog