ゴキブログ

2008 .1.22

卵鞘カムフラージュに要する時間

カテゴリー:トビイロゴキブリ

トビイロゴキブリが卵鞘を産下した後,容器底面に貼り付け作業をしていた.
%E3%83%88%E3%83%93%E8%B2%BC%E3%82%8A%E4%BB%98%E3%81%91%E9%A2%A8%E6%99%AF.jpg
たまたま研究をサポートしてくれているS女史が観察していてくれ,所要時間を計れた.
要した時間は約90分.
意外と時間がかかるものだと感心した.
%E3%83%88%E3%83%93%E8%B2%BC%E3%82%8A%E4%BB%98%E3%81%91%E5%BE%8C.jpg
材料は口から分泌される液と,水場に使用している水苔をミックスした物のようだ.
また,この作業を終えると親は水飲み場に行き,しばらくの間水を飲んでいたらしい.
確かに,ゴキブリの体長の1/3近くもあるような卵鞘の,
周りを覆うほどの分泌物を出すのはかなりの水分を必要とするのだろう.

ゆき へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. ゆき より:

    こういうゴキブリには産卵床として園芸用オアシスを入れてます
    オアシスを掘って中に産んで埋め戻してるのはすごい手間だと思います

  2. 小松 より:

    さすがです.
    台湾の論文に卵鞘を産ますのに適した素材を調べた物があり,一番成績の良かったのがスタイロホームとなっていました.
    たぶん,今やればオアシスなども試験材料の対象になったでしょうね.
    私もやってみようと思っていました.
    でも,オアシスは適度な堅さと保湿性から,ゴキブリは好みそうですね.

  3.