ゴキブログ

2015 .2.16

サツマツチゴキブリ採集

カテゴリー:サツマツチゴキブリ

Collection of the Margattea satsumana
RIMG0126-314x236.jpg
早速作製したシフター(篩かな)を使い採集してきた.
RIMG0128-314x236.jpg
本種の関東での越冬状態は,このように落ち葉に付着して過ごしていると思われる.
今日は朝から冷え込んでいたため,この状態のまま全く動く気配がない.
RIMG0123-1-314x236.jpg
で,シフター下部に落下した雌成虫.
幼虫.
RIMG0124-314x236.jpg
採れます.
過去に同じ場所で冬季に数回採集しましたが,過去の実績は1時間で数匹.
今回は,40分ほどで20匹.
実に効率がいい.
最後に,篩った物をビニールに入れ持ち帰り,事務所でも採集して合計30匹捕獲.
現地作業1時間以内でこれだけ採れれば大成功でしょう.
結果は,雌成虫5匹.幼虫25匹.
雄成虫は捕獲されず.
その考察は別の機会にしたいと思う.

小松 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  
  

  
      
  1. 匿名 より:

    こんにちわ.以前のペストロジー学会でシフターの紹介をした人です.
    お手製で作られたんですね.凄いです.
    最終効率が良くなったみたいで,なんだか嬉しいです.

  2. 小松 より:

    その節はありがとうございました.
    気持ちはシフターですが,見た目は篩となってしまいました.
    しかし,ばっちり採集が出来,これならいたる所で地表性ゴキブリが採集できそうです.
    次のターゲットも考えており楽しみです.
    いろいろありがとうございました.
    何か一緒に研究できると思い白いですね.

  3.