« ネズミ   |   メイン   |   ヤマビル »

2014年06月13日

Elliptorhina laevigataまたまた脱走


Elliptorhina laevigata -- moreover -- again -- desertion

hjur.JPG

hjur%20%281%29.JPG

Elliptorhina属の中で,唯一問題を起こす種.

他の,Elliptorhina chopardi,Elliptorhina davidiも同様に増えているが,このような状況にはなった事が無い.

hjur%20%282%29.JPG

この行為は,「邪魔だから穴を開けよう」の言った意志の表れか?
穴を開ければ逃げることが出来るという確信犯だろうか.
よく考えたら不思議な行為だと思う.
しかも1箇所だけしか開けていない.

hjur%20%285%29.JPG

意外と賢い?

2013年03月18日

Elliptorhina laevigata卵鞘内卵数


The number of the eggs in ootheca of Elliptorhina laevigata

rasgfl.JPG


雄成虫.

rasgfl%20%281%29.JPG


卵鞘.
片側27卵合計54卵.
卵鞘を産みつける種に比べ,3倍近い数が入っている.
産卵間隔はオガサワラゴキブリでは,50日前後.
卵鞘を産み落とす種は間隔はもっと短いので,総合すると同じぐらいの数になる.
良く出来ているものですね.

2011年08月26日

脱走

マダゴキ類の幼虫が棚周りを徘徊しているのに気がついた.

dasaofd.JPG


しばらく探すと防虫紙に穴が開いているケージ発見.

Elliptorhina laevigataのケージだった.

dasaofd%20%282%29.JPG

特別放置していた記憶はないが,体が大きいので,増えてくると炭カルの削りも激しくなるのだろう.
また,小型種であれば穴を開ける事はあまりないが,大型種は顎の力も結構大きいのでこんな穴が開く.
昔から,クロゴキブリなども,古書や和紙を使った絵などを加害する害虫として扱われており改めて害虫の面も持ち合わせている事を思い出した.
逃げた幼虫らは,早いうちに気がついたのでローチトラップと手により恐らく全て回収できたが,要注意である.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.