« Pseudomops septentrionalis   |   メイン   |   Pycnoscelus sp. »

2015年01月20日

Pseudophoraspis sp.完全復活.


Full revival of Pseudophoraspis sp

昨年12/17のその後の状況.

ksjdjdjer%20%281%29.JPG

とりあえず,1回目の産卵は成功した.
初齢幼虫が沢山居る.

ksjdjdjer.JPG

水中に潜る幼虫.
水中にも死骸はなし.

雌も異常なし.
2回目の産卵も期待できそうだ.

2014年12月17日

10月9日のPseudophoraspis sp 続報


The follow-up on October 9.Pseudophoraspis sp.

RIMG0520.JPG

生まれていました.
雌が1匹だけでしたが,復活しそうです.
強いですな.

2014年08月26日

国外産マダラゴキブリ類の強さ

Strength of the vitality of Pseudophoraspis sp. from a foreign country


RIMG0162.JPG

今月初旬に大潰滅をさせたPseudophoraspis sp.(Epilamprinae sp.)だが,残った僅かな幼虫達は,見事に生き残っていた.

国内種だと,普通に飼育していても幼虫が減っていくが,国外のマダラゴキブリ類は,丈夫だと思っていた.

が,もともと属が違うので,当り前なのかもしれないと気づく.

マダラゴキブリ類=幼虫は水中を好み,幼虫形態も似ている.
で判断してはダメということか.

しかし,それだけだろうか.
奥が深いですね.

2014年08月01日

Pseudophoraspis sp.失敗


Breeding failure of Pseudophoraspis sp

RIMG2020.JPG

放置したつもりはなかったが,見てみたらこんな状態.
原因は,餌切れ.

RIMG2021.JPG

この中から,生き虫を探すと幼虫が5匹.

国内のマダラゴキブリ類だと,立て直しは不可能だろう.
しかし,この種は見ていて繊細さがあまり無い.

RIMG2024.JPG

まだいけそうな気がする.

2014年03月31日

Pseudophoraspis nebulosa 意外と難しい


Breeding of Pseudophoraspis nebulosa is difficult in it being unexpected.

WからFIの採仔はすんなり行なえたが,F1からF2はなかなか思うようにいかない.

RIMG1715.JPG

その原因がこれ.
卵鞘出しまくり.

掴んだだけで卵鞘排出するし,多分狭いケージ内では,個体同士の接触刺激でも排出するのだろう.

まあ.それでも10匹程度は幼虫が取れているので何とかつなげたいと思う.

2013年12月06日

Pseudophoraspis nebulosa 卵鞘孵化


Hatching of the Ootheca of Pseudophoraspis nebulosa


RIMG1554.JPG

給水器のミズゴケ上に群がる1齢幼虫.
雌は,ハッチ寸前の卵鞘を排出し,そこから幼虫が出てくるようだ.


L%40KOP.JPG

卵鞘の一部(奥部分)は孵化率が悪そうに見える.

2013年09月30日

Pseudopboraspis nebulosa 産仔

Pseudopboraspis nebulosa produced a larva.


特別,難しい感じはしていなかったが,ポコポコ産むタイプではないようだ.

RIMG1196.JPG

やばいかと思っていたら,幼虫発見.

%5Dl%5B%40.JPG

ケージをしまい,他のケージと思ったら脱走していた.
本種は良く飛び,掴み難い.
無理してつかむとメスは卵鞘吐き出すし,結構厄介なのが分かった.

2013年08月28日

Pseudophoraspis nebulosa 卵鞘出し逃げ

Discharge action of Ootheca which the female of Pseudophoraspis nebulosa was captured and was seen on the occasion.


sdfgtdfjpop%20%281%29.JPG

sdfgtdfjpop.JPG

床換えをしようと雌をつかんだ瞬間,突然卵鞘が排出された.

たまたま機嫌が悪かったためなのか.
勿体無いと思いつつ,大して気にせず2匹目の雌をつかんだ瞬間続けてホロン.

卵胎生でこんなに簡単に保育嚢の卵鞘を出す種は初めてだ.


ちなみに,左の卵鞘は78卵.
右は76卵.
すべて孵化するとなると,結構な数が生まれてくることになる.

まあ,それに懲りて,雌は身体を掴まず,手のひらで包むように拘束し,移す事にする.

それ以降,こんな状態は発生しなかった.

この行動は,何を意味するのだろうか.
逃げ易くする為,身軽になろうとするのか.
ヘビなどは,逃げる時に食べた物を吐き出すと聞いた事があるが,ゴキブリが同じ様な目的で起こした行動だろうか.

2013年06月25日

Pseudophoraspis sp 羽化&擬死


Emergence & Cataplexy of Pseudophoraspis sp.


gifdgjidfgfd%20%283%29.JPG

早い個体は羽化始めた.

gifdgjidfgfd%20%281%29.JPG

終齢に近い幼虫.

gifdgjidfgfd.JPG

幼虫の姿勢がこのようにそり気味になりながら,葉上などに張り付くように静止する.

gifdgjidfgfd%20%282%29.JPG

手の上に乗せるとこのように死んだ真似をし,動かなくなる.

gifdgjidfgfd%20%284%29.JPG


ついでに床換え完了.

Pseudophoraspis sp 羽化&擬死


Emergence & Cataplexy of Pseudophoraspis sp.


gifdgjidfgfd%20%283%29.JPG

早い個体は羽化始めた.

gifdgjidfgfd%20%281%29.JPG

終齢に近い幼虫.

gifdgjidfgfd.JPG

幼虫の姿勢がこのようにそり気味になりながら,葉上などに張り付くように静止する.

gifdgjidfgfd%20%282%29.JPG

手の上に乗せるとこのように死んだ真似をし,動かなくなる.

gifdgjidfgfd%20%284%29.JPG


ついでに床換え完了.

2013年03月05日

Pseudophoraspis sp 幼虫の成長


Nymph of Pseudophoraspis sp.

milu.JPG


やっと10mmを越えはじめた幼虫.
横に初齢幼虫が隠れている.

milu%20%281%29.JPG

2013年02月14日

Pseudophoraspis nebulosa幼虫とトビムシ

Nymph of Pseudophoraspis nebulosa and Collembola.

RIMG0623.JPG

3齢幼虫.
この系統のゴキブリは,水を好むようで,水面に没していた.

RIMG0625.JPG

その側で,跳ね回るトビムシ.

やはり,ゴキブリとの共生生物はトビムシが無難のようだ.

2012年12月27日

Pseudophoraspis sp. 幼虫擬態

The larva of the Pseudophoraspis sp. which carries out mimicry to fallen leaves

6hiki.JPG

そろそろ2齢幼虫あたりかと思う.

何匹いるか分かりますか.

6hiki2.JPG


拡大.
少し移動していますが,数は変わらず.

幼虫の形態は,扁平で不規則にめくれ上がったりして,いかにも乾いた植物系の破片に見せている.

野外で見つけるのは大変そうだが,落ち葉ごと採集してくれば,捕獲は出来そうだ.

hgfjhg.JPG

親です(♀).

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.