« Paratemnopteryx couloniana   |   メイン   |   Periplaneta sp »

2017年06月23日

Periplaneta banksi大プラケに交換

Exchange for large caged Periplaneta banksi cases

P6210020.JPG

P6210021.JPG

すぐにこの状態となる.

P6210023.JPG

網を挟み始めてから脱走はなくなったが,紙はこの状態.

体型が大きいことと動きが活発なため,本種飼育は物理的な脱走防止策が必要だと思う.

P6210022.JPG

ケージのサイズアップとともに,ネットも新調した.
ネットはトリカルネットを使っているが,この大きさはあまり売ってなく,切り売りで購入した.
ムカデの飼育などもこれを挟んでおくと脱出防止になる.

P6210024.JPG

移し変え終わり.

2016年06月13日

またまたやられた

Attacked once again

Periplaneta banksi

fh786kaw%20%281%29.JPG

またまたやられた.

fh786kaw%20%282%29.JPG

ゴキブリも,私が覗くと自ら開けた穴からケージ内に戻っていく.
一応,「まずい」と思っているのだろうか?

しかし,このような短期間で,防虫シートを破壊される分けには行かない.

fh786kaw%20%285%29.JPG

fh786kaw%20%286%29.JPG

紙はセロテープで穴を塞ぎ,紙の下にはElliptorhina laevigataにも使ったネットをはさむ事にした.

まあ,ゴキブリはこの位たくましさが有っても良いのだが・・・.

2016年06月06日

またやられた

In addition, it was made a hole

%3Bkpvu%20%282%29.JPG

Periplaneta banksi
前回穴を開けられ,紙を換えて15日後.
早すぎる!

%3Bkpvu%20%281%29.JPG

このように,前回いつ交換したか記録をとっておくと,何かと役に立つ.
と同時にちょっとイラっとする.

この付箋は,3MのPost-it Super Sticky.
20回以上はがして貼ってを繰り返してもまだくっついている.
飼育生物のラベル貼りには欠かせない物となっている.

2015年05月01日

Periplaneta banksi 脱走一歩手前

The Periplaneta banksi which was escape one step this side

RIMG0387%20%28314x236%29.jpg

確か以前もあった記憶があります.
今回は,初齢幼虫が少ない時期だったので,フタの格子隙間から逃げる個体はいなかったようです.

RIMG0388%20%28314x236%29.jpg

紙シートを食い破れる種は,それほど多くないですが,こうなると使えないのでへこみます.

RIMG0389%20%28314x236%291.jpg

ケージ内の様子.
何事も無いかのように,知らん振りをしている.

2015年04月03日

Periplaneta banksi 羽化

Emergence of the Periplaneta banksi

RIMG0337%20%28314x236%29.jpg

RIMG0339%20%28314x236%29.jpg

脱出.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.