« グリーンバナナローチ   |   メイン   |   コマダラゴキブリ »

2015年08月31日

グリーンバナナ Giant 床換え

Panchlora sp."Giant"

これはPanchlora nivea よりふた回りほど大きくなる.
Panchlora属は南米を中心に49種記録され,前胸背板に斑紋が出る種もあるようです.

RIMG0865.JPG

ラベルを見ると6月に実施している.
2ヶ月間隔は平均的な間隔ですね.

RIMG0866.JPG

順調に飼育できているとこのような感じです.

RIMG0867.JPG

緑が映えます.

今後,Sp.はすっきりしないので.
こういった不明な種は,同定を始めたいと思います.

2015年08月28日

Panchlora sp. "Costa Rica "


Panchlora sp
. "Costa Rica "

itr.JPG

黄色い個体が出る種.

このケージも,今年の3月からケージ交換していなかった.

RIMG0861%20%28314x236%29.jpg

ラベルは役に立ちます.

2012年11月13日

Panchlora sp."Giant"幼虫集合


A larva set of Panchlora sp."Giant"

マットに水を切らしていた.

dfjhkhjk.JPG

霧吹きで給水したら,突如姿を現した幼虫.

dfjhkhjk%20%281%29.JPG


また幼虫.

2011年12月12日

イエローバナナローチ

Panchlora sp.” Yellow“

コスタリカ産のバナナローチ.

nibwefkii.JPG

本種の雌はこのように黄色い.
最初は何かの加減で色落ちしていると思ったが,どの個体も黄色かった.

雌はと書いたが,雄は何色か.

nibwefkii%20%281%29.JPG


残念ながら普通.
他のPanchlora属のように緑色をしています.
増え方は他の2種に比較して緩やかな感じがします.

2011年05月06日

Panchlora sp."Giant" 飼育

皆様,連休は如何でしたか?
あ,まだ休みの方もいらっしゃるかも知れませんね.
この陽気では,ゴキブリシーズン開幕です.
頑張って採集しましょう.

私はというと,全日会社で仕事をしていました.
おかげで,論文の検索や取り寄せが一気に片付きました.


さて,本題 Panchlora sp."Giant"の飼育.

banasii.JPG

通常のPanchlora nivea と全く同じで問題は起きていない.
タッパーの中はヤシガラと腐葉土のハーフ&ハーフ.
全マットの時は,マット乾燥が致命的になったと記憶しているが,この飼育に変わってからは,タッパー内マットが結構乾燥していても,深さがあるせいか危うい状態になった事は無い.
しかし,乾燥させない事に越した事はない.

餌は固型飼料.
たまに昆虫ゼリーを与えると,瞬く間に食べきるので,無理して与える必要は無いと思う.ただし,水場を常設していての事である.

2010年03月12日

Panchlora sp."Giant"床換え

family Blaberidae
subfamily Panchlorinae
genus Panchlora Burmeister, 1838

本属は50種弱が記載されている.
この種もたぶん記載されているとは思うが,文献を探すのが大変である.

big%E5%BA%8A.JPG

交換前.

big%E5%BA%8A%20%286%29.JPG

登攀防止炭カルももう少しで突破される所であった.

big%E5%BA%8A%20%281%29.JPG

これもまた水容器のガーゼが溶けて落下し,水無し状態になっていた.
しかし,初期の全マットでなく,タッパーマットしてからは,乾燥が急激に進むことは無く,危機的状態ではない.
本来であれば,中央の△部分にはガーゼが通り,容器上部で広がっていなければならない.

big%E5%BA%8A%20%283%29.JPG

タッパーの中は幼虫だらけ.
初齢から終齢まで入り乱れている.

big%E5%BA%8A%20%285%29.JPG

交換終了.
この位の数を飼育していると,交換サイクルは約40日ほど.

2009年08月12日

グリーンバナナローチ Giant 続き

「大きさしか違わない」では情けない.
そこで,各腹端部とその他簡単に違いを探してみた.

%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB%E2%99%82.JPG

ノーマル♂の腹面腹端部.

giant%E2%99%82.JPG

Giant♂の腹面腹端部.
はっきり行って大差ない.
細かいところでは尾突起の幅や形.
肛下板の形が少し違う.

%E5%B0%8F%E2%99%80.JPG

ノーマル♀の腹面腹端部.

%E5%A4%A7%E2%99%80.JPG

Giant♀の腹面腹端部.
♀の場合♂より変化がある.
雌雄共通の大きな違いは,腹面にある気門が,
ノーマルはハッキリ確認できるが, Giantは確認できない.

%E5%B0%8F.JPG

もう一つ,頭部複眼間の色がノーマルは褐色になり,
複眼が繋がって見えるが,

%E5%A4%A7.JPG

Giantは体色と同じ色のため,複眼が離れて見えるところ.

う~ん・・.
いずれにせよ,大きさ以外は大差ないか.

2009年08月11日

グリーンバナナローチ Giant 

Panchlora sp."Giant"

Panchlora 属でペットルートに乗っている種は,
Panchlora nivea
本種Panchlora sp."Giant"
そして,Panchlora spec. " Northern Costa Rica " の3種.
写真で見る限りどれも薄緑色の体色で違いが良く解らない.

%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%20%281%29.JPG

これは."Giant"の種.
やはり大きな違いはサイズなので,これでは何が違うのか解らない.

%E5%8F%B3giant%20%281%29.JPG

♂比較.
右が."Giant".
若干大きく見えるが,♂の場合個体差の範疇を出ない.

%E5%8F%B3giant.JPG

♀比較.
同じく右が."Giant".
♀は明らかに大きい.

%E5%8F%B3giant%20%282%29.JPG

終齢♀幼虫比較.
当然右が."Giant".
大きいが細部まで見ないと形態の違いはわかりにくい.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.