« Eurycotis sp.( Saint Martin)   |   メイン   |   Gyna bisannulata 幼虫 »

2015年09月29日

Eurycotis sp. 奇跡の復活

Miraculous revival of the Eurycotis sp.

コモンネーム:オパカ2.

過去には数十匹以上に増えていたが,国外のペットローチの傾向として,少しレアな種は,突然幼虫が発生しなくなり,途絶えてしまう事がある.
これもそうなり,数ヶ月前に,幼虫2匹となった.
幸いにして雌雄そろっていたので,気に掛けて見ていたが,無事,2匹とも成虫となった.
次は産卵と首を長くして待っていたが,これが中々産卵しない.
ワモンなら羽化して10日もすれば,産卵が始まるのだが,1ヶ月しても産まない.

oapgfs%20%281%29.jpg

そのうち雄は触覚が短くなり,2匹しかいない密度で触覚が切れるのはどう考えても連れ添っている雌の仕業.
相性が悪いのかとゴキブリの事ながら心配になる.

oapgfs%20%282%29.jpg

その後,交尾は確認できなかったが,卵鞘をシェルターにいい感じで産み付けていたので少し希望の光が見えていた.

%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%AB3%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E5%BE%A9%E6%B4%BB%20%283%29.JPG

で,昨日,やっと1齢幼虫発見.
9割がた諦めていたので,とりあえず良かった.
で,ふと思い出した.
E.floridanaの生態なら,Cornwell(1968)に書いてあった.
そこには,成虫になって卵鞘を産むまで55日.
孵化まで48日も要するとある.
多分,本種も同じ様に時間が掛かるのだろう.


2015年01月13日

Eurycotis sp. コントラストが綺麗

The contrast of Eurycotis sp.

雌1,雄2まで減ってしまった.
原因不明だが,このグループではたまに体験する.
が,3個体は欠ける事無く成虫になったので,産卵さえしてくれるなら期待できる.

lljkhf.JPG

シェルターに頭から突っ込み,隠れたつもりの個体.
胸部側面の白帯の白と,体色の赤が綺麗に納まった.

2014年08月21日

Eurycotis sp.繁殖能力の低下


The individual group of Eurycotis sp. to which ability of reproduction fell.

ererqqq.JPG

飼育法が悪いのか,崩壊スイッチが入った為なのか.

卵鞘の孵化率が極めて悪い.

ererqqq%20%282%29.JPG

現在確認できる1齢幼虫は,数匹.

つまり,一卵鞘分.

ererqqq%20%284%29.JPG

卵鞘も凹みの物が目立つ.

これが,害虫種でも再現できれば,駆除の1つになる可能性もあるのだが.

ererqqq%20%285%29.JPG

とりあえず,乾燥から卵鞘を守る事と,1齢幼虫の生存に有利に働くよう少しだけ努力する.

2012年04月20日

Eurycotis sp.成長

Growth of Eurycotis sp.

生後3ヶ月でこんなに大きくなった.

fdgfdgfd.JPG


15~20mm.
ここまで来るともう安心サイズ.
今も卵鞘は孵化しており,何とか安定してくれそうだ.

2012年01月16日

Eurycotis sp. 孵化

Ootheca of Eurycotis sp hatched.

opadkasds%20%282%29.JPG

私のところでは,このグループの中でこの種だけ繁殖できないでいた.

opadkasds.JPG

そんな状態の中,やっと1卵鞘孵化した.
まだ,良さそうなプチプチの卵鞘があるのでもう少し孵化が増えそうである.

この他にも,まだ繁殖が軌道に乗っていない種が数種ある.
それらは高い確率で×になる.

本種も,半分あきらめの中での孵化は非常にうれしい.

2010年12月15日

Eurycotis spp.交尾

Eurycotis属の中でも以外と苦戦している種.

卵鞘を産まない.
幼虫がわけもなく死亡する.
しかし,他は全く元気.
Eurycotis floridanaは害虫.
本種はたぶん違う.
その違いだろうか.

oppaka%20%281%29.JPG

とりあえず交尾をしているので,後10日後ぐらいには生み出すのではないだろうか.

oppaka.JPG

大きくなる種なので,迫力がある.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.