« Eucorydia sp.   |   メイン   |   Eurycotis sp.( Saint Martin) »

2018年10月02日

Eurycotis opacaの繁殖

Breeding of the Eurycotis opaca

ここのところ,累代飼育には成功しているが,どうも手放しで放置ができる状態ではないようだ.

孵化時期は過ぎ,幼虫が出てしまえば,難なく成虫まで飼育できる.

毎回,躓くのが産卵から孵化までの期間.
今回も,十分な成虫が出ているので,産卵床は追加せずにそのままにしておいた.

P9290493%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

すると,やはり孵化がうまくいかないのか初齢幼虫が少ない.

P9290492.JPG

仕方がないので,ここの所実行して成功している湿らせたオアシスを入れる.
これでどれだけ孵化率が上がるか.

2017年12月11日

Eurycotis opaca

Breeding case cleaning of the Eurycotis opaca

PC090239.JPG

順調に累代出来てはいるが,観察は怠っていない.

PC090241.JPG

特に卵鞘の孵化具合.
初齢幼虫の発生状況.
卵鞘の中には変形した物が多く見られる.

PC090240.JPG

ちょうど成虫が産卵終わり,幼虫に代替の時期となっている.
本当は全ての齢が交じり合うと良いのだが,まだそうなっていない.
この,種苗シェルターは,ダンボールシェルターに入れない大型種には重宝している.

PC090242.JPG

本種には大プラケがちょうど良いようです.

2017年03月08日

Eurycotis opacaの翅バカ

Eurycotis opaca on the hand

P2240011.JPG

床換えついでに.
この属の上翅は,累代飼育の影響なのか,いくぶん広がる個体が発生する.

P2240009.JPG

P2240008.JPG

この個体はあまり目立たないが,↓のEurycotis floridanaは,大きく横に張り出している.

P3120053.JPG

もっとひどいのもたまに出る.

野生個体でも発生しているのだろうか?
やはり発生地で採集してみたい.

2017年01月12日

オパカ繁殖

Breeding of Eurycotis opaca

PC270045.JPG

今ではこのような状態まで増えてきた.

PC270046.JPG

何が良かったのだろう.
このように,復調する種もいれば,人知れず消えている種も実はある.

2016年10月14日

Eurycotis opaca 幼虫

Nymph of the Eurycotis opaca

htd877.JPG

続々と孵化し様々な齢の幼虫が育ってきました.
良い感じ.

しかし,写真左に薄茶色の卵鞘が写っている.
このような卵鞘は孵化しないので,まだ何か問題があるのかもしれない.

2016年08月29日

Eurycotis opaca孵化

Hatch of the ootheca of the Eurycotis opaca

dsghghkyrt.JPG

卵鞘を湿らせたのが良かったのか,たまたまか.
1卵鞘程度の数の初齢幼虫が徘徊していた.

コモンネーム: Opaque stinking cockroach
直訳は不透明な悪臭を放つゴキブリ??
わかりにくいですね.

有名なEurycotis floridana のコモンネームは
skunk cockroach; Florida stinkroach; stinking cockroach; stinkroach; Florida cockroach; Florida woods roach; palmetto bug
など沢山あるが,ポピュラーなのはAllpet Roachesに記述されているFlorida Skunk roach .

これに習うとCuba Skunk roach か.

和名も考えると難しい.

2016年02月10日

Eurycotis opaca 復調

Recovery of the Eurycotis opaca

df47k%20%281%29.JPG

最後の1ペアから何とか幼虫が出て成長してきました.

%3Bjlkl5l.JPG

どうやらこれがEurycotis opaca のようです.

2015年09月29日

Eurycotis sp. 奇跡の復活

Miraculous revival of the Eurycotis sp.

コモンネーム:オパカ2.

過去には数十匹以上に増えていたが,国外のペットローチの傾向として,少しレアな種は,突然幼虫が発生しなくなり,途絶えてしまう事がある.
これもそうなり,数ヶ月前に,幼虫2匹となった.
幸いにして雌雄そろっていたので,気に掛けて見ていたが,無事,2匹とも成虫となった.
次は産卵と首を長くして待っていたが,これが中々産卵しない.
ワモンなら羽化して10日もすれば,産卵が始まるのだが,1ヶ月しても産まない.

oapgfs%20%281%29.jpg

そのうち雄は触覚が短くなり,2匹しかいない密度で触覚が切れるのはどう考えても連れ添っている雌の仕業.
相性が悪いのかとゴキブリの事ながら心配になる.

oapgfs%20%282%29.jpg

その後,交尾は確認できなかったが,卵鞘をシェルターにいい感じで産み付けていたので少し希望の光が見えていた.

%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%AB3%E5%A5%87%E8%B7%A1%E3%81%AE%E5%BE%A9%E6%B4%BB%20%283%29.JPG

で,昨日,やっと1齢幼虫発見.
9割がた諦めていたので,とりあえず良かった.
で,ふと思い出した.
E.floridanaの生態なら,Cornwell(1968)に書いてあった.
そこには,成虫になって卵鞘を産むまで55日.
孵化まで48日も要するとある.
多分,本種も同じ様に時間が掛かるのだろう.


2011年11月07日

オパカ 脱皮

Emergence of the Eurycotis opaca sp.

odfksa.JPG


Eurycotis属は大型の種が多いようだが,脱皮直後はさらに一回り大きく見える.

odfksa%20%281%29.JPG


55mmほどあるだろうか.

2010年04月15日

Eurycotis opaca

family Blattidae
subfamily Polyzosteriinae
genus Eurycotis Stål, 1874
Eurycotis opaca (Brunner von Wattenwyl, 1865)

生息地:キューバ

opaka.JPG

体長は50mmを超える.
スカンクローチfloridanaと同属であるがこちらの方がはるかに大きい.
頭頂より胸部腹部背面側縁に黄褐色のバンドがはいる.

opaka%20%281%29.JPG

はたして臭いも同じであろうか.

opaka%20%282%29.JPG

幼虫.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.