« Deropeltis sp.   |   メイン   |   Drymaplaneta semivitta »

2014年12月22日

Deropeltis sp. の交尾


Copulation of the Deropeltis sp.

ugtyttf.JPG

翅が退化するのは飛ぶ必要が無いからだろう.
では,この雄が飛べるかと言うと.
飛べない.
となると,同じ種でここまで形態を変える必要があるのだろうか.

2013年05月02日

Deropeltis spec. "Masai Mara "羽化.


Emergence of Deropeltis spec. "Masai Mara ".

RIMG0455.JPG


白い.

RIMG0456.JPG


時間がたつと黒に.

2012年12月21日

Deropeltis spec. " Jinka "のクラッシュ


The colony of Deropeltis spec. " Jinka " crashes.

一時期,輸入されていたDeropeltis paulinoiの個体に,この兆候の見られたものがあった.

xjkfsigfr.JPG

幼虫で死ぬ.

xjkfsigfr%20%281%29.JPG

これもこの後,経過観察することになった.

ゴキブリ飼育も奥が深い.

2012年12月17日

Deropeltis spec. " Jinka "の崩壊


Collapse of the colony of Deropeltis spec. " Jinka "

R0012270.JPG

幼虫の死骸が転がり始めた.

R0012271.JPG

増えても数を少なめにコントロールするのは辛い.
しかし,全滅を避ける為には,クラッシュを抱える種は実行しないと後悔すると思う.

2009年06月25日

Deropeltis spec

Deropeltis属.
日本国内では本属のDeropeltis paulinoi がお馴染みと思う.
本種は幼虫期に黄色いバンドの発現は無く,ただ黒単色である.
しかし,♂成虫の特異な形態は魅力の一つであると思う.

Deropeltis%20spec%20%284%29.JPG

♂成虫.
頭部から翅端まで40㎜近くあり,実際の体調より大きさがある.

Deropeltis%20spec%20%282%29.JPG

♀成虫は翅が無く,典型的な雌雄異型のゴキブリ.

Deropeltis%20spec%20%285%29.JPG

♂幼虫.
頭部はオレンジ色をしており,綺麗な種である.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.