« Cosmozosteria属   |   メイン   |   Deropeltis paulinoi »

2017年04月06日

Deropeltis erythrocephala危機

Crisis of the Deropeltis erythrocephala

P4080014.JPG

2009年から飼育しているが,初めての危機.
卵鞘が孵化していない.

P4080011.JPG

P4080020.JPG

気が付くと♂1,♀1,卵鞘数個.

湿り気を与えただ見守るのみ.

2016年08月24日

Deropeltis erythrocephala

Deropeltis erythrocephala

%5B57%20%283%29.JPG

久しぶりの登場.
♂.

%5B57%20%281%29.JPG

♀と幼虫達.

英名はBlack Velvet roach.
同属のDeropeltis paulinoi は Ornate Velvet Cockroach.

2015年03月16日

Deropeltis erythrocephala初齢幼虫の集合性

Aggregation of the first age larva of the Deropeltis erythrocephala

RIMG0227%20%28314x236%29.jpg

RIMG0228%20%28314x236%29.jpg

ゴキブリの初齢幼虫は,通常身を隠し,狭い隙間に潜り込むのだが,本種を含むこの属は,このように平面に集合している.

そういえば,Archiblatta hoeveniiの初齢も壁面に好んで付着している.

両属とも同じ科なので納得は出来るが,なぜこのような行動を取るのかは???

2015年01月05日

太陽の様なDeropeltis erythrocephala

Deropeltis erythrocephala larva such as the morning sun


dfgerww.JPG

めでたい景色.

脱皮直後の幼虫は白色から有色(大体は黒褐色)に変化する時,中間色になるが,本種は形態が丸いので余計赤丸に見える.


2012年05月08日

手に残るシミの正体

The cause of the spot attached to the palm.

tergfskg%20%284%29.JPG

ゴキブリの世話をしていて,たまに気が付くと付いているこのシミ.

大型のヤスデを触ると,付くシミと良く似ている.

しかし,今はヤスデは殆んどいないし,触ってもいない日でも付く.

最初はEurycotis 属を触った際,あの臭い液が変色させていると思っていたが,その後,数種のEurycotiで試したが,臭いだけで色まで付かない.

その後,心当たりをいくつか当たり,やっと正体がわかった.

tergfskg%20%283%29.JPG

答えはDeropeltis属の一種.
エチオピアに生息する種のようだが,他のDeropeltis属でも試してみたら似たような液を出して色付きますね.

分泌される箇所は,腹部の気門辺りが怪しいがいまひとつ分からなかった.

tergfskg%20%281%29.JPG

この辺.

さらに,エチオピア産は,ヤスデのように目にも沁みる強烈な刺激臭を出す事に気がついた.

皆様ご注意あれ.

2012年02月23日

卵鞘から毛?

Hair has come out from ootheca?


deropetredf.JPG

Deropeltis erythrocephalaの孵化の終わった卵鞘.

何か毛のようなものが動いている.

deropetredf%20%281%29.JPG


想像の通り,1齢幼虫が入っていた.

昨日のワモンと違い,普通に孵化していて,割ると元気に逃げ迷っていた.

deropetredf%20%282%29.JPG

大人になると♂はこんな感じ.

2011年07月06日

Deropeltis erythrocephala 孵化

uka.JPG

孵化してきました.
Deropeltis属は,中齢幼虫以降になると輸送等で体調が不安定になりやすいようで,心配したが,初齢幼虫は意外としぶとさを持っているようだ.

頭部が黄色でメマトイのような厚みを持っている.

2011年06月24日

緊急事態

引越しの混乱と,小笠原業務5日間の不在が重なり,ゴキたちがますますすごい事になってしまった.

Deropeltis erythrocephala

derodani.JPG

ダニの仕業か?ただ単に死骸にダニが出たのか?
分からないがあまりこういった状況にはならない.

derodani%20%284%29.JPG


虫体に白く点状に見えるのがダニ.
今回は時間がなくダニの拡大はしていません.
再度,問題が発生したら,解明したいと思います.

derodani%20%283%29.JPG


脱皮直前の雌についている画.
多分ダメであろう.

derodani%20%282%29.JPG

セット後.
まだ生存は複数いるが,はたしてどうなるか?

derodani%20%286%29.JPG

一応.
孵化しそうな卵鞘を別枠でキープ.

しかし,いつもこんな無駄なかわいそうな事をしてしまう.
反省はしています.

2010年09月22日

Deropeltis erythrocephala 卵鞘2

卵鞘孵化が始まったのだが,死骸に付くダニが発生した事と,ひ弱?な1齢幼虫がまとまって落ちていたので床換えを行うこととした.

ranssss.JPG


卵鞘を産み付ける場所はヤシガラカップに集中して行われていた.
相変わらずはサイズバラバラ.

これはダメだろうと思われる異常な卵鞘を割ってみると,意外や意外.
茶色い未分化の卵に混ざり,眼が出来ている卵もあり,外見でダメ卵判断が出来無い事がわかった.

2010年05月06日

Deropeltis erythrocephala 卵鞘

GWはどうでしたでしょう.
外出して普段捕れない様なゴキブリを採集した人もいたことと思います.
私はさっぱりでしたが,Archiblatta hoeveniiの2個目の卵鞘が孵化したので,まあまあの出来ではなかったかと思います.

family Blattidae
subfamily Blattinae
genus Deropeltis Burmeister, 1838

Deropeltis erythrocephala (Fabricius, 1781)

ケージの掃除をしたらいろいろ出てきた.

Deropeltislp.JPG

本種も卵鞘の長さに幅がある.
しかし,短いからといって孵化しない訳ではなく,この卵鞘は全て孵化している.

2010年01月29日

Deropeltis erythrocephala 1齢幼虫

Deropeltis属♂の特徴であるバットマンのような長翅の成虫.
♂とは似ても似つかぬ無翅のずんぐりとした♀.
あこがれて幾度となくDeropeltis属を入手し,飼育したがことごとく失敗していた.
私が入手する個体たちは,昨日まで元気であったのに,突然糸の切れた人形のようなクタクタな状態になり,★となっていった.

が,やっと,念願の1齢幼虫が孵化してきた.

Deropeltis%20eryt.JPG

ケージの外より1齢幼虫腹面.
体長は3~4mm.
頭部がオレンジで特徴がある.

Deropeltis%20eryt%20%286%29.JPG

シェルター内の背面より.

Deropeltis%20eryt%20%283%29.JPG

これがたぶん孵化した卵鞘.
これは親が産み始めた初期に産下された卵.
孵化まで,約50日.
ワモンゴキブリが通常47日前後なので,標準的な卵期間と言えよう.

孵化した幼虫数は確認できなかったが,あの長い卵鞘からすると,40以上は孵化すると思われる.

2009年12月17日

Deropeltis erythrocephala

約5ヶ月で成虫となった.
♀の体長35mm内外.
♂の体長(翅端まで)50mm弱.
Deropeltis erythrocephalaArchiblatta hoeveniiのように,♀は無翅で♂はマントのような長い翅を持つ.

同属のようにも見えるが全く違うようだ.

Deropeltis%20erythrocephala%20%281%29.JPG

Deropeltis%20erythrocephala%20%282%29.JPG

♀は非常に長い卵鞘を産む.
自分の体長ほどある.

これほど長い卵鞘であれば40近い幼虫が孵化し,殖えやすいと思うのだが,
Deropeltis属は皆苦戦していると聞く.
何が要因であろう.
現に私も中齢以上で入手した個体(成虫含む)たちは全て滅びた.
私の知り合いも同様だった

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.