« トルキスタンゴキブリ   |   メイン   |   ドミノゴキブリ(Therea petiveriana) »

2015年06月08日

Hemiblabera tenebricosa

Mating of the Hemiblabera tenebricosa

当初,Hemiblabera brunneri だと思っていましたが,
Hemiblabera tenebricosa のようです.

RIMG0504%20%28314x236%29.jpg

交尾.
左♀.右♂.

2010年10月14日

ドミニカローチ 産卵

Hemiblabera brunneri

domirann.JPG

今産んでいる最中.

domirann%20%281%29.JPG

本種は卵胎生なので,このあと卵鞘を横に倒し,体内に収納する.
そして約40日間体内で保育し,仔ゴキブリが出てくる.

2009年05月01日

ドミニカローチ

Hemiblabera sp. ♀成虫.

420.JPG

脱腸個体発見.

420%20%281%29.JPG

拡大.
サツマゴキブリの時と同じ症状.
卵胎生種の宿命であろうか.
過去に以下の種で確認しており本種で5種目
ヤエヤママダラゴキブリ Opisthoplatia orientalis (Burmeister)
サツマゴキブリ Rhabdoblatta yayeyamana Asahina
ジャイアントウッドローチ Archimandrita tesselata
ブラベルス属
これからも分かるように大型種ばかりである.
はたして小型種でも発生しているのであろうか?
発生しても小さいので分かり難いと思う.

この個体1週間後も普通に生きており,即致命的な症状ではないと思われる.
しかし,こうなると交尾はもとより産卵は不可能であろう.
ヨロイモグラなどで発生したら目も当てられない.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.