« オガサワラゴキブリ   |   メイン   |   オリンローチ »

2008年09月30日

オキナワチャバネゴキブリ 肛下板

もう一つの外見的な判り易い?相違点.
♂腹面腹端部の肛下板の形状,
これはオキナワチャバネゴキブリ.
%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E8%82%9B%E4%B8%8B%E6%9D%BF%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

こちらがヒメチャバネゴキブリ.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%A3%E8%82%9B%E4%B8%8B%E6%9D%BF%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

両種の違いは他にも体長,複眼間の黒条紋の太さの違いや,
複眼間の距離,触角の長さなどあるが,
検体数が少ないと,ちょっと手が出せない箇所である.
と思って肛下板を比較したが,これも数見ないと???のところが多い.
殖えたらもう一度比較したいと思う.

2008年09月29日

オキナワチャバネゴキブリ 前胸背

チャバネゴキブリ科 Family Blattellidae
チャバネゴキブリ亜科 Subfamily Blattellinae
チャバネゴキブリ属 Genus Blattella Caudell
オキナワチャバネゴキブリ Blattella asahinai mizukubo

%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg

最近,やっと少しずつ私のゴキブリ趣味が浸透してきたのか,
あちこちに旅行に行った人から,ゴキブリのお土産をもらう事が多くなってきた.
今回も,沖縄に旅行に行った虫キチ社員よりお土産で頂いた.
ありがたい事である.
お礼に何でも好きなゴキブリあげるよとと言うのであるが,
ほしいという人はそんなに多くない.
ついでに野外のゴキ写真を撮ってきてくれたので,そちらも今後紹介したい.

本種は何とペアで捕獲してきてもらった.
ヒメチャバネゴキブリに非常に良く似ている.
「日本産ゴキブリ類」により同定すると,確かにそのようである.
まず,前胸背.こちらはヒメチャバネゴキブリ.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%89%8D%E8%83%B8%E8%83%8C.jpg

「黒条紋の後端はやや尖って内方を向いて終わり,両側縁の輪郭はよりスムースで,かつ黒紋の前端もやや内側を向いて少し尖って終る.」
両側縁の輪郭が,よりスムースかどうかはこの個体だけではよく判らない.

こちらがオキナワチャバネゴキブリ.

%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%89%8D%E8%83%B8%E8%83%8C.jpg

「前胸背の1対の太い黒条はそれぞれ後方部で太くなっており,両側の縁の輪郭は凸凹の多い不規則な線をなす.また黒条の前端は細まって終る.」
という事である.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.