« ブラベルスクラニファー   |   メイン   |   ブラベルスディスコイダリス »

2014年09月08日

Blaberus colloseus


Blaberus colloseus

sdagtryt.JPG

Blaberus giganteus は,高密度飼育をすると,小型化する傾向にあるが,コロセウスは,大きさを維持し,いつ見てもバランスの取れたフォルムをしている.

sdagtryt%20%281%29.JPG

好きな種のひとつ.

2012年10月18日

コロセウス幼虫の擬死

Sham death of the larva of Blaberus colloseus


R0011799.JPG

擬死と気軽に書いたが,ウィキペディアを見るだけでも様々なタイプがあることに驚いた.目的は外敵に遭遇した時に自分のみを守る事.
昆虫以外にもヤスデやヘビなどにも見られる行動らしい.

Lucihormetica verrucosa のグループの幼虫もよく固まる.


ちなみにタヌキ寝入りも擬死とは知らなかった.

ゴキブリを通して,少し知識が広がった.

2011年04月04日

ブラベルスコロセウス飼育

koerk%20%284%29.JPG


ブラベルスの中では飼育しやすい(丈夫)種だと思う.
ただ,大きくなる為狭い容器で過密飼育すると,翅が伸びない個体が増えるので,現在は大プラケで飼育中.
そして,運動・脱皮用に鉢底ネットを入れている.
餌はいつもの固型飼料.
そして水.

2010年06月17日

コロセウスとギガンテウス

gigakoro.JPG

左がBlaberus colloseus.右がBlaberus giganteus.
ブラベルス属をいろいろ見てきたが,この辺が落ち着きどころではないだろうか.
コロセウスは翅に黒斑が出てこない.
ギガンテウスは翅中ほどから先端にかけて黒斑が発現する.

もう少し見ていくと,アトロポスあたりも見えてきそうだ.

2010年01月20日

ブラベルス コロセウス Blaberus colosseus (Illiger, 1801)

ゴキブリの標本を整理している時に気が付いた.

korohyouhonn%20%282%29.JPG


この上の2体.
2005年にフスカとして飼育していた種だとラベルにあった.
現在の情報や,Blaberus属を色々見てきた現在の認識によると,
この標本はBlaberus colloseusではないかと唖然となった.

インボイスのいい加減さが分かる.

koroseusu%20%281%29.JPG

koroseusu%20%282%29.JPG


これがBlaberus colloseus.雑味の無いクリアーな形態だと勝手に考えている.

まだ記載論文は見つけていない,というか探す予定も今のところ無いが,形態的特長は,
1.前胸背の黒班は後方に向かって末広がりでなく,Blaberus giganteus の様に狭まる.
2.翔翅に出る黒班は薄いか消失する.
3.体長は様々あるようだが,大きくても頭頂から腹端までが60mm内外.

本ブログの過去のコロセウスは,その当時の情報や,購入先からの情報を元にしたもので,いずれは訂正を考えているが,今の時点ではまた違う情報もあることも考えられる為,正確な情報が得られた時に訂正いたします.

2008年09月03日

ブラベルスコロセウス産仔

いつも卵胎生ゴキブリの子供が生まれるのを産仔と書いているが,
ブラベルス属やマダゴキなどを見ていると,
やはり産卵で卵鞘を体外に出すと同時に,
各卵から1齢幼虫が脱出してくるのである.
小形の種はどうか判らないが,マダゴキ類やブラベルス類の,
大型で観察しやすい種はそんな感じである.

2008.8.4%20%EF%BC%93%EF%BC%94%E5%8C%B9.JPG

というわけで,生まれた幼虫の数は34匹.
多いか少ないかは,もっとデータをためないと何ともいえない.

2008.8.4%20%282%29.JPG

1齢幼虫の生まれたてのサイズ.
9㎜内外.

2008年09月01日

ブラベルスコロセウスの卵鞘

今年の5/29に卵鞘を排出させた個体がいたので,別容器で飼育していた.

%E5%8D%B5%E9%9E%98.JPG

卵鞘の外皮は非常に薄く,内部が透けて見える.
このまま出して,今度は横にして保育嚢に収納.
その状態で孵化するまでの期間,卵を保護する.
卵胎生で,繁殖が上手くいかない種は,
このときに全て卵鞘が脱落してしまうようだ.
原因は良く判らないが,飼育環境に大分影響されるのであろう.
試行錯誤の毎日である.

2008.8.4.JPG

67日後の8月4日に子供を産んでいた.

2008年06月10日

ブラベルス コロセウス幼虫

本種の幼虫はブラベルス属の中でも色彩が少し違う.
前胸背板の模様が明瞭に現れず,黒褐色の霧にに包まれたようである.
終齢とおぼしき個体を抽出.

coro%20%EF%BC%93%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG

本種も個体変異はあまり無さそうである.

%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%82%A6%E3%82%B9%EF%BC%91%20%281%29.JPG

そしてこちらが初齢幼虫.

coro%EF%BC%91%E9%BD%A2.JPG

2008年06月09日

ブラベルス コロセウス成虫

Blaberus colloseus 体長50-75㎜(Allpet Roaches引用)
分布:西インド諸島・エクアドル,トリニダードを含む中央アメリカ・

corose.JPG

上が♀.下が♂.
本個体はバルバドロス島ワイルド採集個体として入手した物である.
サイズは前種,Blaberus discoidalisより若干小さい.
Allpet Roachesに記載の大きさとは全くかけ離れている.
雄の5匹平均体長は46.0㎜.最小44.5㎜.最大47.5㎜.
本種も前種同様,前胸背板の黒紋が後縁に接しているか否かを確認した.

上2匹が♂.
下2匹が♀.

corose%E8%83%8C%E6%9D%BF.jpg

雌雄各5匹確認したが,
前胸背後縁に達する個体は♂4/5  ♀5/5
トータルすると9/10で9割の個体が達する.
♂に比べ,雌の黒紋が非常に発達しており,
この部分だけで雌雄の区別が可能である.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.