« ウスヒラタゴキブリ   |   メイン   |   エサキクチキゴキブリ »

2013年09月24日

ウルシゴキブリ復活の兆しに翳り

It darkens in a sign of Periplaneta japanna revival.


RIMG1252.JPG

幼虫はとれたが,状況はあまり改善されていないようだ.

RIMG1253.JPG

フレッシュな死骸.

・・・・・・・.

ちなみに,ウルシゴキブリを翻訳機にかけると「Lacquer tree cockroach」となった.
逆引きするとちゃんと「ウルシゴキブリ」となる.

2013年07月24日

ウルシゴキブリ復活

The reproductive success of Periplaneta japanna.

sdsgtjuhkio.JPG

産卵しても孵化せず,成虫もどう見ても短い寿命で終わっていく.
幼虫も,成虫になれずに死んでいく.

残り数匹まで減り,諦めていたが,孵化していた.

sdsgtjuhkio%20%281%29.JPG


この水容器にコルク材は,野外種には人気のようで,良く産卵し,
また,卵鞘にも良いらしく孵化することが多いようだ.

ダメになったイエゴキブリもこれで復活した.


差し替えました.

2013年04月10日

ウルシゴキブリ崩壊気配


The sign of collapse of the individual group of Periplaneta japanna

RIMG0397.JPG

RIMG0398.JPG

イエゴキブリのような幼虫死亡個体が増え,卵鞘が孵化しなくなって来た.

jklp.JPG

小さなケースに雌と雄を数匹別居させ,様子を見ることに.

2011年05月30日

ウルシゴキブリ脱皮


urururusi.JPG

脱皮直後に落下し,仰向けの個体が眼に留まった.

urururusi%20%281%29.JPG

ワモンやクロゴキなら放置しても大丈夫と思うが,最近ウルシも愛情をかけていなかったので,救出し本当に翅が綺麗に伸びるか隔離した.

翌日.

urururusi%20%282%29.JPG

まだ,翅の色はウルシ色になっていないが,綺麗に翅は伸びている.

urururusi%20%283%29.JPG

と,ここで気がついたが,脚先(ふ節)などの末端が薄茶になっている.
クロゴキはこんなではなかったはず.
次回,気がついたら違いを比べます.

2011年03月09日

ウルシゴキブリ中齢幼虫

成虫は地味な外見であるが,幼虫は意外とカラフル.

urusiituu.JPG

背面に前胸よりオレンジ色の斑が入る.

urusiituu%20%281%29.JPG

他のPeriplaneta属に比べ意外と印象に薄く,ケージのラベルを見ずに幼虫だけ見ると,種名が浮いてこない.

2010年11月04日

ウルシゴキブリ飼育

屋外種,ウルシゴキブリ.

ururu.JPG

しかし,その飼育は簡易で他のゴキブリ属と同様に飼育できる.

餌は固形飼料のみ.

野外種なので,床材や天然素材のシェルターを入れてもいいが,管理が大変になるのと,それがゴキブリのために快適かは別のような気がする.

2009年02月16日

ウルシゴキブリ床換え

ウルシゴキブリ床換え.
本種は以前ご紹介したように,クロゴキブリに外見が良く似ている.
しかし,生息域は熱帯の林床.
屋内に自らの意思で侵入し,問題となった事例は聞いた事が無い.
本種の生息地域に住んでいると,
場合によっては家屋内に入るかもしれないが(そんな所に住んでみたい),
住み着く事はなさそうである.
床換えサイクルは年2,3回と言ったところ.
爆発的に増えるイメージは無い.

urusi%E5%BA%8A%20%281%29.JPG

左が交換前,右が移動先.

urusi%E5%BA%8A%20%283%29.JPG

urusi%E5%BA%8A%20%282%29.JPG

今回はシェルターもひどく汚れているので,半分交換.

urusi%E5%BA%8A%20%284%29.JPG

ケース底には死骸の山が.

urusi%E5%BA%8A%20%285%29.JPG
終了.
綺麗.

2007年11月09日

ウルシゴキブリ 幼虫比較

幼虫の形態は,1齢幼虫ではよく似ている.
分布地が違うのでそれで判断するしかない.
しかし,成長と共にそれぞれ違いがハッキリしてくる.
%E3%82%AF%E3%83%AD%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG
クロである.非常に明るい色合いをしている.
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7%E7%B5%82%E9%BD%A2.JPG
黒色が強く表れている.

2007年11月08日

ウルシゴキブリ成虫比較 3

上の写真がウルシゴキブリ♂成虫腹端部背面,肛上板である.
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7.JPG
下がクロゴキブリ.
%E3%82%AF%E3%83%AD%E8%82%9B%E4%B8%8A%E6%9D%BF.JPG
ウルシは角が丸味を帯び,クロは角張っているのがわかる.

2007年11月07日

ウルシゴキブリ成虫比較2

翅を切ったついでにあまり見る事のない箇所を.
腹部背面の第1腹節にある分泌線の毛叢.
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7%E5%88%86%E6%B3%8C%E7%B7%9A.JPG
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7%E5%88%86%E6%B3%8C%E7%B7%9A%20%281%29.JPG
これはウルシゴキブリの分泌線.
下が拡大.
ここよりフェロモンを出し,雌を誘うらしい.
%E3%82%AF%E3%83%AD%E5%88%86%E6%B3%8C%E7%B7%9A%20%281%29.JPG
クロゴキブリの分泌線.
ただの開口部よりこの様な構造の方が臭いを出すには効率が良さそうである.
違いは各自判断して欲しい.

2007年11月06日

ウルシゴキブリ成虫比較1

成虫の腹部腹面である.左がクロゴキブリ,右がウルシゴキブリ.
最近ウルシが勢いが無くなっており,瀕死の個体を使用したためふ節が無いのは勘弁頂きたい.
%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7%E8%85%B9%E9%9D%A2%E6%AF%94%E8%BC%83.JPG
ウルシ腹部の色合いは,クロというよりウルシ色である.
クロは黄色が強く感じられる.
%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7%E8%83%8C%E9%9D%A2%E6%AF%94%E8%BC%83.JPG
背面である.
クロは淡い色合いであるのに対して,ウルシは黒く見える.

2007年11月05日

ウルシゴキブリ

ウルシゴキブリ Periplaneta japanna Asahinaはクロゴキブリの項で少し紹介しましたが,ここではもう少し掘り下げてご紹介.
まず分布地域.朝比奈正二郎著「日本産ゴキブリ類」には以下の記載がある.
平戸島近傍阿値賀島,男女群島女島,鹿児島県(阿久根,佐多岬),トカラ(中之島,宝島),伊豆式根島,八丈島,御蔵島,対馬豆酘(今の対馬市厳原町),屋久島,奄美大島,沖縄本島,石垣島,西表島,和歌山県鹿柴とある.
ネットで調べると,愛媛県,瀬戸内海鹿島,長崎県無人島,高知県あたりが自然分布.
北海道で温室内に発見された記録がある.
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA%20%E2%99%82.JPG
♂である.クロゴキブリによく似ている.
%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA%E2%99%80.JPG
こちらは♀.この角度から見ると前胸背板が大きいのがわかると思う.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.