« マデイラゴキブリ Rhypharobia maderae   |   メイン   |   マルバネゴキブリ »

2016年05月26日

マルゴキブリ大清掃

General cleaning of breeding case of the Trichoblatta nigra

546hgh6%20%282%29.JPG

2008年より飼育を開始して,ケージの清掃はしたが,シェルターは変えていなかった.

546hgh6%20%283%29.JPG

ユーカリの樹皮

546hgh6%20%285%29.JPG

糞が大量に付着して,樹皮を覆ってきている.

546hgh6%20%286%29.JPG

新規のケージには,清掃の簡単な樹皮状の素材を多くした.
念のため,古いものも少し混ぜておく.

546hgh6%20%288%29.JPG

幸いなのか,繁殖が止まっているのか初齢幼虫はほとんどいない.

546hgh6%20%281%29.JPG

これでうまく行けば,掃除の面倒な筒状シェルターは使わなくて良くなる.

2015年12月24日

マルバネゴキブリ床換え3

Cleaning of the breeding case of a Hebardina yayeyamana.3.

RIMG1423.JPG

半年交換しないとこんな状態.
逆言えば,半年しなくてもOK.

RIMG1424.JPG

これだけ汚くなると,カビやら何やらでおかしくなりそうだが強い種なんでしょう.

RIMG1429.JPG

こんな死骸の山がありました.

RIMG1430.JPG

完成.

2015年05月15日

マルゴキブリ床換え2

Cleaning of the breeding case of a Trichoblatta nigra]

madnhsjdfhje%20%281%29.jpg

madnhsjdfhje%20%282%29.jpg

見たところあまり汚れてないが,底辺は脱皮殻と死骸で埋め尽くされている.

madnhsjdfhje%20%283%29.jpg

シェルターを移し終えた後.
この中にはまだ虫体が残っているので,探しながら新ケースに移していく.

madnhsjdfhje%20%284%29.jpg

見た目変わらないが,綺麗になっています.
約一年前とあまり変わらない内容ですが,着実に増えています.

2014年08月18日

マルゴキブリの産卵数

The number of the laying eggs of the Trichoblatta nigra


%E3%81%A9%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%8216%E5%80%8B%20%281%29.JPG

少し崩れかけた卵鞘(卵塊?).

%E3%81%A9%E3%81%A1%E3%82%89%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%8216%E5%80%8B.JPG

左右どちらから数えても16卵.


合計32卵以上.

一度の産卵でこれだけ生めば,現地でも普通に見つかりそうだが.

ポイントが分かれば,結構捕獲できるのかもしれない.

2014年04月09日

マルゴキブリ床換え

Cleaning of the breeding case of Trichoblatta nigra

RIMG1673.JPG

床換えするほど増えてきた.
見た目では汚れは目立たない.

RIMG1675.JPG

RIMG1679.JPG

脱皮殻を食べないので,これが汚さを倍増している.

RIMG1677.JPG


幼虫は,結構湿度の高い場所を好むようで,ミズゴケにかなりの数が張り付いていた.


RIMG1682.JPG
あまり変わらない様だが,実は綺麗.

2014年02月17日

マルゴキブリ新成虫


A new imago of Trichoblatta nigra

fdmsdnytrhur.JPG

雄の新成虫.

fdmsdnytrhur%20%281%29.JPG

この次期でも成虫が羽化するようになり,齢数も様々な状態がそろっている.

2013年03月25日

マルゴキブリ♂終齢幼虫


The last instar larva of the male of Trichoblatta nigra


dfsfiefnmdas%20%281%29.JPG


中・後胸背板後側縁が,鋭角に尖って見える.
これが,成虫に加齢した際,翅として発達する.
雌幼虫はこんなに鋭角でない.

dfsfiefnmdas.JPG

腹面腹端部も,9節まで確認できる.

2012年08月22日

マルゴキブリ床換え


Cleaning of the breeding case of a Trichoblatta nigra

約10ヶ月ぶりの床換え.

gfdgfd.JPG

前.

gfdgfd%20%286%29.JPG

汚れている様に見えませんが,シェルターをどけるとこの通り.
本種は,脱皮殻を食べないらしく,また,厚みもあるようで分解されずに艶々と残っている.

gfdgfd%20%288%29.JPG

死骸からは黄色いカビが生え,おかしな状態になっている.

gfdgfd%20%283%29.JPG

シェルター内は大小さまざまな大きさの幼虫が詰まっている.
目だって見えるのは,メス.

gfdgfd%20%287%29.JPG

こちら雄.

gfdgfd%20%284%29.JPG

横から見ると薄っぺらいですね.

gfdgfd%20%289%29.JPG


完成.
あまり変わったようには見えない?

2012年02月09日

マルゴキブリ 4年目

Trichoblatta nigra . The 4th year.

maruehsdfm.JPG

やっと数えることが出来ない程度に増えてきた.

野外でもこんな増え方をしているとすると,なかなか捕獲できないのも分かる気がする.

maruehsdfm%20%281%29.JPG

雌成虫.

2011年10月28日

マルゴキブリ床換え


やっと数えるのが大変な程度に増えてきた.
飼育環境が合っているか別として,これだけゆっくりだとケージも汚れないので,床換えの間隔が異常に長くなっていた.

maruytr.JPG


換える前.
見た目は特別問題ない様に見える.

maruytr%20%281%29.JPG

上物を取り除くとこんな感じ.

maruytr%20%282%29.JPG

実はここに脱皮殻が沢山堆積していた.
どうも脱皮殻は好きではないようだ.

maruytr%20%283%29.JPG

終了.
これでまた1年以上床換えはしないだろう.

2011年05月16日

意外な餌

先週のなぞの餌ですが,ご質問が少しあったので改めて取上げました.

himituiutr.JPG


こちらがそれ.
ペットネズミのおやつ的な商品.
多分,どのゴキブリに与えても食べると思うが,常食として与えるには高価なので,固形飼料を食べてくれる種には与えたことが無い.

固形飼料を好まない種には与えてみたのだが,食いつきの良い種もある.
これのどこが良いのか?
もしかしたら,ベビーでなく生のコーンの方が良く食べるかもしれない.
シーズンになったら与えてみようかと考えている.

本製品.
一つ気がかりが.

himituiutr%20%281%29.JPG

何を食べるか分からん種には,煮干やら犬の餌やら雑多をミックスして与えているが,この写真のように,みなカビが発生する中で,元気にカビる事無くあり続ける姿.
頼もしいと言うか,恐ろしいと言うか.

マルゴキに関してはまだ変な影響は出ていない事だけお伝えしておきます.

2011年05月13日

マルゴキブリ 繁栄


marufue%20%281%29.JPG

順調に幼虫が成長している.
飼育を開始して3年と少し.
時間がかかりました.
時間がかかる場合は,上手く行かない事が多いが,着実に増えているところを見ると,大きな間違いは無かったとしよう.

成虫は複数回産仔しているようで,明らかに腹の違う個体たちが混ざり始めた.

marufue.JPG

餌にも絶えず複数の幼虫が餌を食いに来ている.
さて,ここに入っている餌は何でしょう.
本種には嗜好が合うようで,いつ見ても幼虫が張り付いている.
また,確実に減っている.

マルゴキブリ 繁栄


marufue%20%281%29.JPG

順調に幼虫が成長している.
飼育を開始して3年と少し.
時間がかかりました.
時間がかかる場合は,上手く行かない事が多いが,着実に増えているところを見ると,大きな間違いは無かったとしよう.

成虫は複数回産仔しているようで,明らかに腹の違う個体たちが混ざり始めた.

marufue.JPG

餌にも絶えず複数の幼虫が餌を食いに来ている.
さて,ここに入っている餌は何でしょう.
本種には嗜好が合うようで,いつ見ても幼虫が張り付いている.
また,確実に減っている.

2011年03月18日

マルゴキブリの親子

madnuasfh.JPG

なんとなく殖えてきた.
少し育った幼虫と♂成虫.
各ステージがそろってくると,維持が楽になると思う.

2,3齢幼虫だと思うが,通常は乾燥した場所を好むようで,乾いた木片隙間に入っているが,下の写真のように,ミズゴケの中にもぐりこむ個体もおり,どういった環境を好むのかいまだ良く分からない.

madnuasfh%20%281%29.JPG

2011年02月08日

マルゴキブリ増えた?

2007年11月より飼育はじめ,3年と少し.
やっと少し増えた?
といった状態になったような.

marufufu%20%281%29.JPG

なんとなく,どこでも見かけるようになった幼虫.

marufufu.JPG


この雌成虫たちが2回10匹程度産んでくれると,あっという間に幼虫200匹となるのだが.

2010年12月17日

マルゴキブリの餌

ブログを遡ると,2009/09/18にF2が生まれている.

marue.JPG


写真の幼虫はその時生まれたF2の仔.
すなわちF3.
やはり,約1年半近くかかっている.

これは殖えない.
というか,時間がかかる.

餌は固型飼料と,昆虫ゼリーを与えているが,特別よく食べているように見えない.

今回,家で飼っているハムスター用の「ベビーコーンおやつ」のような物が,時化って処分する事にしたので,たまたま偶然与えてみた.

幼虫が寄ってきて食べている様子.
表面は,確かに最初より削れて減っている.
固型飼料より嗜好性が高そうである.

2010年08月09日

タイ産マルゴキブリ 産仔

一時フワッと増えたが,上手く成長せず,殆んど死に絶え,そろそろケージを片付けようと思っていた.

taihime%20%282%29.JPG

カビの生えた成虫の死骸.
記録を見ると,前回の大掛かりな世話は昨年の12月末となっている.

taihime%20%281%29.JPG

しかし,奇跡の復活をしていた.
最後の1♀が産んでくれただけだが.


taihime.JPG


石垣のマルゴキブリが少しずつではあるが,増えているので放置してあったのだが.
少しやる気が出てきた.

それにしてもこの種は何食っているのか,どういった環境が好むのか全く分からない.

2010年03月23日

タイ産マルゴキブリ衰退

以前はワラジゴキブリとしましたが,どう見てもマルゴキブリなのでこちらにします.
もしかしたら同種かもしれません.

石垣産より繁殖スピードが速いと思っていたが,突然いなくなっていた.

taimaru.JPG

飼育スタイルは国産と変わらないのだが,今は国産の方が数的には多い.

taimaru%20%281%29.JPG

唯一,数匹残ったうちの2匹.
ついでにケージも総交換した.

taimaru%20%282%29.JPG

死骸が無残である.

2009年09月18日

マルゴキブリ出産

2007年11月末に生まれた子供たちがやっとF2を産んだ.

実に2年弱 要した事になる.
成虫になるのに1年半.
生むのに半年.

熱帯に産する種のくせに,何と成長の遅い種であろう.

ケージ内をわらわら走り回るようになるには,この後さらに2年必要なのだろう.

これは大変だ.

%E3%83%9E%E3%83%AB%E7%94%A3%20%285%29.JPG

%E3%83%9E%E3%83%AB%E7%94%A3%20%286%29-1.jpg

拡大.
横にいる白いのはシロワラジです.

2009年08月24日

マルゴキブリ 成長速度

maruosu.JPG

この♂成虫は2007年11月に生まれた個体.
最近やっと成虫になった.
まもなく2年目を迎えようとしている.
早い個体は今年1月に成虫となったが,
おそらく♀と成長が合わなかったのだろう.
いまだにF2が出てこない.

同じマルゴキブリ属のヒメマルゴキブリは,
大きさが小さいとはいえ,すでに大繁殖している.
もしかすると,熱帯に生息していながら,
越冬を行うような変な生態なのかもしてない.
現状では国内種で最も成長が遅い可能性がある.

しかし,同じ熱帯のタイ産Trichoblatta sp は,
すでに子供が10mmを超えており,これだけ似ている種であれば,
大きな生態の違いは無いと思うのだが.

taisann%5D.JPG

タイ産Trichoblatta sp 幼虫.

2009年03月24日

マルゴキブリ♂成虫

先日紹介した個体と同じ個体と思われる.
日中探すとどこにいるか見当たらない事が多い.

夜になるとこうして出てくる.

maruru.JPG

この写真で判るのは,雌雄全く形が違うが,脚の形は同じであること.
体の下から放射状に短い脚が伸び,踏ん張っている様子がかわいい.

2009年02月13日

マルゴキブリ雄成虫

先日羽化したマルゴキブリ♂成虫.
日中はシェルターの中に潜んでいるが,夜になると外に出てくる.

marusei.JPG

触れようとすると,すぐに逃げてしまうので体長は実際に測れていないが,
「朝比奈正二郎著 日本産ゴキブリ類」には,体長20~21㎜とあり,
ヒメマルゴキブリの♂成虫(10~12㎜)に比べても幅も含めて見ごたえがある.
また寿命もヒメマルゴキブリに比べて長いと思われる.

marusei%20%281%29.JPG

同じシェルターにいる♀成虫と思われる個体.
腹部が厚みを増しているように見える.
はたしてF2誕生の日は近いか.

2009年01月27日

マルゴキブリ やっと成虫

♂の成虫に羽化したての個体を発見.
脱皮不全を起こすといけないので,ケース外より撮影.

%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%82%AD%E6%88%90%E8%99%AB.JPG

F1誕生より約14ヶ月.
予想より早かった様な遅かったような.
ただ,飼育環境は真冬でも20℃を切る事のない温度であった為,
自然界では3月か4月頃成虫になるのかもしれない.

%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%82%AD%E6%88%90%E8%99%AB%20%281%29.JPG

3時間後の様子.
まだ体色はライトブラウンの初々しい♂個体である.

%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%82%AD%E6%88%90%E8%99%AB%20%284%29.JPG

脱皮殻は手つかずのまま.
ヒメマルもそうであるが,日本産マルゴキブリ属は脱皮殻を食べないようだ.

2009年01月16日

マルゴキブリ まだ幼虫

幼虫が生まれて1年以上経過したが,まだ幼虫である.

10.26%E3%81%AE%E4%BB%94.JPG

このペースで成長すると,成虫まで1年半.
ちょうど今年の夏に成虫となり繁殖期を迎えるようだ.

2008年08月05日

マルゴキブリの成長

昨年11月に生まれたマルゴキブリの幼虫は,少しずつ大きくなり,
中齢から終齢の段階だと思われる.
初齢の頃に比べ,日中はあまり外を出歩く事が無くなった.
また,以前は単独でシェルター内にいることもあったが,
最近は一つのシェルター内に,全ての個体が寄り添うように入っている.

%E3%83%9E%E3%83%AB%E8%BF%91%E6%B3%81kakudai.jpg

しかし,成長してきているのでシェルターより,
はみ出してきている個体の写真は撮れた.
ヒメマルゴキブリはすでにF2・F3が生まれているのに,
本種は成長が遅いのか,飼育法が悪いのか,まだまだ成虫にはなりそうに無い.
まだまだナゾ多き種である.

2008年02月28日

マルゴキブリ 経過

ケースの掃除ついでに数を確認した.
親成虫1匹.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E8%A6%AA.JPG
久しぶりの対面である.
仔19匹3~4齢ほどの大きさだろうか.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E4%BB%94.JPG
やはり産仔は最初の1回だけで,その後はなっかったと思われる.
雌は貯精しないのか,それとも間隔が長いだけなのであろうか.
同じマルゴキブリ属のヒメマルゴキブリはすでに複数回産仔しているのに.
生まれたては一緒であったが,今は親と仔は別々に生活をしている.

2008年01月28日

マルゴキブリ近況

ヒメマルゴキブリついでにマルゴキブリのその後.
昨年,11月末に産まれた仔達.
RIMG0017.JPG
本種はいまいち何を食しているのかよく判らないが,ちゃんと成長していた.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG
しかし,産仔は1回しかしていないようだ.
早く雄を見てみたい.

2007年11月26日

マルゴキブリ産仔

このところ卵胎生の種が一斉に子を産み始め,大変忙しい状態である.
(他のゴキブリ達も当然毎日沢山卵鞘を産み続けている.)
今度はマルゴキブリTrichoblatta nigra (Shiraki)が子を産んだ.
わかりにくいが,手前に見える2匹が初齢幼虫である.
ヒメマルと同じく母親(長いひげ状のものが母親の触角である)に寄り添っている.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
マルゴキブリは八重山諸島に生息しており,雌はヒメマルゴキブリを大きく扁平にした形をしている.
一見ゴキブリらしからぬ外見をしている昆虫である.
家屋内に侵入して家の中を這い回る事は殆どありえないであろう.
%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AATrichoblatta%20nigra%20%28Shiraki%29.JPG
黄色い尾肢がチャームポイントのかわいいゴキブリである.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.