« アルゼンチンフォレストローチ   |   メイン   |   イエローバナナローチ »

2017年10月12日

イエゴキブリ変死

Neostylopyga rhombifolia unnatural death

P9230180.JPG

元は1つの系統から別に分けたこのケース.
成虫が出た後,その幼虫の死亡が多発する.
しかし,全滅はしない.

P9230181.JPG

卵鞘も変形が多い.

もともとイエゴキブリは集団飼育には向かないのかもしれない.

2016年10月24日

イエゴキブリの繁栄と滅亡

Prosperity and extinction of Neostylopyga rhombifolia

654g5h49gf%20%281%29.JPG

このケージは両方とも同じ血統である.
特別,差をつけて維持もしていない.

以前,別系統を飼育していた時,突然繁殖が止まり,絶滅した経験があったので,予備として2ケージ分けていたのだが,予想どうり?1ケージが崩壊した.

654g5h49gf%20%283%29.JPG

左の滅亡情況.

654g5h49gf%20%282%29.JPG

右の繁栄状況.
原因不明.

1ケージだけで,左の状態になっていたらと思うとぞっとする.
大事なゴキブリはいくつかに分けて飼育しましょう.

これ,おもしろい研究テーマになるのだが・・・・.

2016年03月30日

床換え頻度が高い種

High frequency species of the cleaning of the breeding case

kh7565%20%281%29.JPG

イエゴキブリだが,ケージがすぐ汚くなる.
原因は,脱皮殻を食わない為だが,それだけでは無い気がしてきた.
今度,イエゴキの生態を書いた本(たぶんあったと思う)を読み直そうと思うが,脱皮間隔が短いとか,脱皮数が多いとかあるのではないだろうか.

kh7565%20%282%29.JPG

当面掃除するが,していて思うのは,殻(空)なので,掃除機の吸引口を近づけると,殻だけ吸えないかと思う.

kh7565%20%283%29.JPG

たぶん吸えるが,初令は間違いなく殻とともに吸われそうだ.
初令のいない時期なら出来かもしれない.

2015年12月18日

イエゴキブリ

Neostylopyga rhombifolia

RIMG1418.JPG

久しぶりに,少し,じっくり観察しました.

%E3%81%B2%EF%BD%99%EF%BD%86.JPG

様々なゴキブリがいますが,大きく,模様も鮮明で特徴がある種はそんなに多くありません.
いいゴキブリです.

最近急に寒くなりました.
ゴキブリの管理気をつけてください.

2014年11月17日

黄色いイエゴキブリ


Yellow Neostylopyga rhombifolia

kgirtre.JPG

脱皮直後の白い個体は良く見るが,黄色くなるのはイエゴキ特有?

kgirtre%20%281%29.JPG

綺麗な色ですね.

2014年06月11日

イエゴキブリの脱皮殻

An exuvium of Neostylopyga rhombifolia

ゴキブリ科の大型の害虫種は,大概自分の脱皮殻を脱皮後に食べるが,イエゴキブリはあまり好きでないらしい.

RIMG1884.JPG

その為,飼育ケージ内がすぐ汚くなる.

RIMG1885.JPG

この差はどこから来るのだろうか.

同じく,ムカデは喰うがクモは,タランチュラに見るに食わない.

不思議ですね.

2014年02月04日

イエゴキブリ弱体群

The weak group of Neostylopyga rhombifolia

sfjktyrwyt.JPG

毎年代を重ねているが,一向に危機的な状況は変わらない.

sfjktyrwyt%20%281%29.JPG

卵鞘も過去にお見せしたままの状態が続いている.

原因は未だ不明.

2014年01月24日

イエゴキブリ床換え途中


The middle of cleaning of the breeding case of Neostylopyga rhombifolia


fdsfh.JPG

途中.

fdsfh%20%281%29.JPG

同じ種とは思えない繁栄ぶり.

2013年10月04日

イエゴキブリ卵鞘の孵化環境


Environment where ootheca of Neostylopyga rhombifolia hatches.


RIMG1247.JPG

カップドーム.
ウルシゴキブリの時も,卵鞘をミズゴケ上に置いて,全滅を免れたが,イエゴキの卵鞘も,同様に成績は良くなるようだ.

ただし,卵鞘が水に包まれると,おそらく窒息すると思うので,加減が必要.

カビにも注意したほうが良さそうである.

RIMG1249%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

孵化個体は,初齢のうちは,このようにミズゴケ内に留まっている時間が長い.

飼育環境では,ゴキブリが求める生息環境の選択範囲は狭くなるため,体力の落ちた種を維持維持するのは難しくなるのだろう.

2013年08月15日

イエゴキブリの正常卵鞘


Ootheca of the normal state of Neostylopyga rhombifolia


RIMG0986.JPG

正常に戻った個体群が生んだ卵鞘.

一目でまともと分かる.

RIMG0051.JPG


以前クラッシュした個体群の卵鞘.

一目瞭然.
ダメっぽい.

RIMG0987.JPG

今日,一グループだめになった.

2013年02月26日

ダメイエゴキブリの孵化状況

The situation of hatching of ootheca of bad Neostylopyga rhombifolia

RIMG0681.JPG

クラッシュイエゴキブリの孵化卵鞘.
見た目は,「優」ですが,中はどうなっているか.

RIMG0683.JPG

孵化出来ずに死んでいる個体がいる.
また,中にはダニが侵入しています.
白い「点」はうごめくダニ.

RIMG0686.JPG

数えると22卵中11孵化.
これが普通なのか.
イエゴキブリの孵化率は不明なのだが,50%は自然界では無さそうに思う.


2013年01月30日

イエゴキブリ孵化


Hatching of Neostylopyga rhombifolia


%E3%81%88%EF%BD%94%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%86%20%281%29.JPG


最後の1雌が産んだ卵鞘,2個と思っていたが,どうもコルクシェルターにも生んでいたようで,複数の1齢幼虫が発生していた.


%E3%81%88%EF%BD%94%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%86.JPG

調子が良いと,転がし産みされた卵鞘でも孵化するが,おかしくなった個体群にはこのコルクはいいようだ.


2013年01月08日

イエゴキブリ復活?


Is Neostylopyga rhombifolia revitalized?

12月3日に8匹となった某系統のイエゴキブリ.

ついに3匹となってしまいました.

内訳は♀1,♂2.

ほぼ絶望的な布陣ですが,期待の星の最後の雌がgoodな卵鞘をつけていた.

RIMG0440.JPG


色,艶,大きさ,文句なしの卵鞘ですね.

2012年12月03日

イエゴキブリの復活と衰退


Prosperity and a decline of Neostylopyga rhombifolia


早いものでもう12月となりました.
寒さも例年に無く厳しい気がします.

R0012239.JPG

屋上から見たスカイツリー.
雪になりそうですね.

ゴキブリは,熱帯種でも,生命を維持するだけであれば,それほど高温にしなくても越冬できますが,産卵中や,幼虫が多い種は飼育室の中でも高所に移動しています.


dfmksdjfio.JPG


さて,以前に「風前の灯」状態のイエゴキの惨状を紹介したが,今はこのようにたくましくなり,増え始めた.
幼虫での死亡もほとんど無い.

dfmksdjfio%20%281%29.JPG

逆に,たくましかったもう一系統が,風前の灯.
幼虫での死亡が止まらず,ついに8匹.

これも爆発的に増え,クラッシュしたのが原因と思われる.
ここ1ヶ月は減数も止まり,雌雄の成虫が出てきたので,何とか乗り切ってほしい.

イエゴキブリ・ゼブラゴキブリ・トウヨウゴキブリなどは,この減少が起き易いので飼育している人は,早めの淘汰を心がけ,高密度での飼育は避けた方がよいと思います.

2011年10月17日

ゴキブリ写真 1

発表スライド用に撮ったが,いい加減な私の写真としては,綺麗に出来たと思うのでご紹介.


minami.JPG

ミナミヒラタゴキブリOnychostylus vilis


%E3%81%8A%E3%81%8C%E3%81%95%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%99%E3%80%80%EF%BD%87.JPG

オガサワラウスヒラタゴキブリOnychostylus pallidiolus boninensis


%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87.JPG

ヒメチャバネゴキブリBlattella lituricollis


%E3%81%84%EF%BD%92%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%96%EF%BD%87%EF%BD%86.JPG

イエゴキブリNeostylopyga rhombifolia
これだけはW採集品につき,いろいろ欠損がある.

2011年02月10日

イエゴキブリ 飼育

過去に全滅危機を乗り越えた系統.

ieiei.JPG

やはり何かの加減で卵鞘の孵化率が異常に低いケースがある.
今回,放置(餌・水は切らさないように)してみたらちゃんと幼虫がいるではないか.
ということで,飼育に関してはこれでよいのかと思う.

産卵場所として,コルクボードを入れておくと,好んで産卵する.

ひとつだけ注意として,高密度飼育はあまり良くない気がする.

2010年09月06日

イエゴキブリ 重ね産卵

ゴキブリが産卵する際,適した場所があるとそこに重ね産みする傾向にある.

kasana.JPG

しかし,これだけ積まれると下の卵鞘は孵化できるのだろうか.
それにしても良くよく生む.

2010年07月01日

イエゴキブリ産卵

野外採集品.

RIMG0053.JPG

♀1匹だけだが,成虫であれば交尾は殆んど終わっている.
なので当然産卵を始めた.
飼育品は1♀からの累代は難しそうだが,果たして野外品の産卵はどうであろうか.

この個体,両後脚と左尾肢が破損している.
採集前の写真では完品なので,採集時か輸送時に破損したと思われる.
ワモンゴキブリと同じ扱いをしたと思ったのだが,
レアな種のため思わず力が入ったか,それとももろいのか.

いずれにせよ楽しみである.

2010年03月18日

イエゴキブリ交尾

以前,Diploptera punctata の羽化直後の白♀状態での交尾にびっくりした訳だが,
その後,他にも卵胎生のゴキブリには見られる事を,皆さんに教えていただいた.

ie.JPG

が,これには驚いた.
どうなっているのでしょう.

2010年02月17日

イエゴキブリ 各齢幼虫

ゴキブリは1ペアで飼育を始めても,2~3年もすれば各齢数の幼虫が混在しだす.

iegokisaikou.JPG

イエゴキブリもやっとそんな状態になってきた.

良い傾向ではないだろうか.

害虫種として扱われているが,繁殖力から見るとどうかと思う.

iegokisaikou%20%282%29.JPG

飼育環境は湿度を高めたり色々やってみたが,今はこんな感じ.

2009年11月19日

今年のイエゴキブリ

夏ごろより始まった孵化が,そろそろ終りに近づいてきた.

kotosinoie.JPG

たぶん最後の孵化かもしれない.
古いシェルターも全てバラシ,卵鞘を調べた.

kotosinoie%20%281%29.JPG

厳密に調べていないが,前回307個の卵鞘中,孵化は9個.
今回は43個(ケースを3つに分けている内の小プラケ)中,孵化9個.
孵化率3%→21%.

さらに半年にわたって孵化しているため,幼虫サイズがばらけ,
齢数の片寄りが無くなってきた.

kotosinoie%20%282%29.JPG

孵化卵は平均20前後の卵を持っている.
長すぎるのも良くない様だ.

2009年07月02日

イエゴキブリ 孵化と卵鞘

イエゴキブリが孵化していた.

iegoki%20%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%284%29.JPG

2匹写っていますが判るでしょうか.
下の白いのは羽化個体です.

iegoki%20%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%283%29.JPG

こちらは産卵用に入れたコルク.
隙間に1齢幼虫が隠れていました.

それにしても,孵化が上手くいっていない.
3ケージに分けていた中の1つが孵化せず全滅したので,
卵鞘の中を確認した.

iegoki%20%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%282%29.JPG

ほとんどが乾燥している.

iegoki%20%E5%AD%B5%E5%8C%96.JPG

乾燥していない卵鞘もこんな感じ.

iegoki%20%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%281%29.JPG

中の卵を確認したら,卵鞘15個全ての卵が成長していない.
ワモンゴキブリやクロゴキブリの孵化しない単為生殖卵ですら,
卵の細胞分化ぐらいは観察できるのに,今回の卵鞘は全滅.

ということは,孵化しない原因として,
交尾が上手くいっていない可能性もある.
雌雄間違いなく混ざっているのに,交尾しない?
出来ない?
これはまた,面倒な課題を見つけた.

2009年06月09日

イエゴキブリ産卵場所

相変わらずイエゴキブリ卵鞘の孵化率が悪い.
卵鞘の産卵場所としてダンボールのシェルターでは問題があるかもしれないと思い,
もう少し保水性の良いと思われる,コルクの産卵シェルターを入れてみた.
すると,コルクを齧ってカムフラージュ産卵をしている卵鞘を発見.

%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%8D%B5%E9%9E%98.JPG

上手に埋め込んでいる.
こんな感じで産下されたら,屋外で発見する事は不可能だろう.

%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%8D%B5%E9%9E%98%20%281%29.jpg

拡大.
これは孵化しそうだ.

2009年02月04日

イエゴキブリ今年の卵鞘 その2

1つずつ拾って集めた.
その数307個.

%E7%B7%8F%E6%95%B0%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97%E5%80%8B.JPG

左上の9個は孵化していた卵鞘.
それにしても少ない.

%EF%BC%99%EF%BC%8F%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97.JPG

これが孵化卵鞘.
特徴として異常に長くなく,短くなく,反りもあまり無い,当然大きな凹みも無い.

%E5%AD%B5%E5%8C%96%E5%8D%B5%EF%BC%92%EF%BC%92%E5%8C%B9.JPG

この卵鞘の孵化数は22匹.
22×9=198匹 結構な数であるが,ケージ内はそんなに見当たらない.

これを参考に今後孵化しそうな卵鞘を右上に集めた.

%EF%BC%94%EF%BC%98%EF%BC%8F%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97.JPG

その数48/307.
そして,真ん中のグループ.

%EF%BC%92%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%8F%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97.JPG

潰れていたり,短かったり,孵化しそうも無い卵鞘.
250/307.

この卵鞘たちは,別ケージにいれ保管し,
この後どんな卵鞘が孵化するか観察する事とする.

イエゴキブリ今年の卵鞘 その2

1つずつ拾って集めた.
その数307個.

%E7%B7%8F%E6%95%B0%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97%E5%80%8B.JPG

左上の9個は孵化していた卵鞘.
それにしても少ない.

%EF%BC%99%EF%BC%8F%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97.JPG

これが孵化卵鞘.
特徴として異常に長くなく,短くなく,反りもあまり無い,当然大きな凹みも無い.

%E5%AD%B5%E5%8C%96%E5%8D%B5%EF%BC%92%EF%BC%92%E5%8C%B9.JPG

この卵鞘の孵化数は22匹.
22×9=198匹 結構な数であるが,ケージ内はそんなに見当たらない.

これを参考に今後孵化しそうな卵鞘を右上に集めた.

%EF%BC%94%EF%BC%98%EF%BC%8F%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97.JPG

その数48/307.
そして,真ん中のグループ.

%EF%BC%92%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%8F%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%97.JPG

潰れていたり,短かったり,孵化しそうも無い卵鞘.
250/307.

この卵鞘たちは,別ケージにいれ保管し,
この後どんな卵鞘が孵化するか観察する事とする.

2009年02月03日

イエゴキブリ今年の卵鞘 その1

約一年ぶりのイエゴキブリ卵鞘チェックである.
サイクルが混ざらない為,卵鞘が出るのは去年と同様,今時期となる.

%E7%8A%B6%E6%B3%81.JPG

しかし,少しずつではあるが齢数にバラつきが出はじめた.
2ケージの内の1つ.
すでに成虫はほとんど死に絶え,次世代が発生してきている.
そこで,掃除をかねて貼り付けられていない卵鞘をまた集めてみた.

%E7%8A%B6%E6%B3%81%20%282%29.JPG

ケースの底には,沢山の卵鞘が転がっている.

2008年12月02日

イエゴキブリの繁殖

今年の2月頃に孵化した幼虫たちが成虫になり,卵鞘産んでいる.
前回の高密度飼育の失敗から,2ケージに分け,
1つのケージは,生息数を少なくし飼育してきた.

%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E5%AF%86%E5%BA%A6%20%282%29.JPG

前回の状態と比較して,かなりスカスカである.

%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E5%AF%86%E5%BA%A6.JPG

1シェルター(シェルター面積6×10㎝ 60㎝2)内 4~5匹.
1匹の生息密度は3㎝2に1匹となる.
スペース的に見ると,お互いの触角が触れ合わない程度の間隔を保ている.
1齢幼虫は板ボールの波状の隙間に入っている.

%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E5%AF%86%E5%BA%A6%20%281%29.JPG

触角も根元で千切れている個体はなく,各肢・ふ節も付いている.
もう1つのケージはこの倍ほど入れたのだが,肢が取れている個体が多い.

2008年02月27日

イエゴキブリの衰退 卵鞘集合

卵鞘を並べてみた,
%E9%9B%86%E5%90%88.JPG
右の列の卵鞘は,半分ぐらいの長さしかない.
トルキスタンゴキブリBlatta (Shelfordella) lateralis (Walker)も変な飼育をしていると,
まん丸の卵鞘などを産む事があるが,
イエゴキもその様な傾向があるとは思わなかった.
約130個拾い集めた内,孵化しているのは1個であった.
%E5%AD%B5%E5%8C%96.JPG
この卵鞘もケージ底面に放置産卵されていた物であるが,
孵化する卵鞘はどんな環境でも孵化する様である.

2008年02月26日

イエゴキブリの衰退 新しい誕生

成虫は本当に少なくなった.
%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC.JPG
最盛期の1/100以下に減ったしまったのではないだろうか.
凹んだ卵鞘は孵化しないであろう.
そかし,いくつかの卵鞘は孵化しはじめた様で,
1齢幼虫が少し確認できるようになってきた.
%EF%BC%91%E9%BD%A2.JPG
数えても2,30匹ぐらいだろうか.
イエゴキブリが害虫として栄える事が出来なかった理由は,
どうもこのへんにありそうだ.

2008年02月22日

イエゴキブリの衰退 卵鞘編1

そんな状態でも一応生きているので,雌は卵鞘を沢山産んだ.
しかし,多くは食べられたり,
%E9%BD%A7%E3%82%89%E3%82%8C%E5%8D%B5%E9%9E%98.JPG
大きさが小さかったり,しぼんでいたり.
tubure.JPG
そして殆どが物影に付着されることなく,
プラケースの底面に転がして産下されている.
転がし産下された卵鞘は良い状態の物が少ない.

話は変わりますが,はずかしいのであまり宣伝はしたくなかったのですが,所の目がテンの時約束しましたので,お知らせ致します.
2月24日(日)「近未来予測,テレビジキルとハイド」にネズミ関連で少しでます.
どの様に写っているか判りませんが,興味のある方は笑ってやって下さい.

2008年02月21日

イエゴキブリの衰退 成虫編

数ヶ月前までシェルターから溢れるほど順調に増えていたイエゴキが,
成虫になると同時に,死に始めた.
これが去年の夏の状態.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E6%9C%80%E7%9B%9B%E6%9C%9F.JPG
この時は,イエゴキブリはワモンゴキブリの様に密集してどんどん増える害虫型のゴキブリだと思っていた.
それから約半年.
寿命で死んでいるのではない.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E8%A1%B0%E9%80%80.JPG
触角がちぎれ,脚はちぎれまともに歩けない個体が続出.
一見6本の足が有る様でも,ふ節がなく,
ダンボールのシェルターさえ登るのに支障が出る.
結局写真の様に仰向けとなり,もがく個体ばかりとなってきた.
最初は失敗したが,2度目のチャレンジで大成功と思っていたが,
とんでもない事態となってきた.

2007年12月26日

イエゴキブリ卵鞘

ゴキブリ科の私が所有している種の卵鞘を並べてみた.
%E5%8D%B5%E9%9E%98%E6%AF%94%E8%BC%83.JPG
一番上がイエゴキブリである.
サイズ的にはウルシやトビイロに似ており,
違いとしては,わずかに反り返っている所だろうか.
卵鞘の形態による種の同定は,データがあればかなりの精度で可能である事がわかる.

2007年12月25日

イエゴキブリ幼虫

イエゴキブリの幼虫は終齢に近くなると,親と同じ様な白と黒のハッキリとした模様になるが,中齢以前は赤茶色の単一色で,イエゴキの特徴はあまり現れていない.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG
現在飼育している群れには幼虫がいなくなってしまい,もう少し詳しくやろうと思ったが,これ以上出来なかった.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA%EF%BC%91%E9%BD%A2%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG
1齢幼虫.
クロゴキブリやトビイロゴキブリのような白いラインは入らない.
あまりにもピンボケのため,拡大しなかった.
幼虫が産まれたら,再度紹介する.

2007年12月21日

イエゴキブリ 翅

イエゴキブリの特徴として,成虫になっても雌雄両性とも翅が退化して目立たない事であろう.
%E7%BE%BD%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
昆虫の翅は中胸に前翅,後胸に後翅が発達する.
イエゴキブリは中胸に前翅のみ小さく付属し,後翅は肉眼では確認できない.
翅の小型化(退化?)ゴキブリでは普通に見られる形態であるが,
ゴキブリ科の中では異色な存在である.

2007年12月20日

イエゴキブリ背面の目玉模様

中胸背面の写真である.
%E7%9B%AE%E7%8E%89.jpg
眼があり,鼻があり,前髪があるように見えないだろうか.
黒と白のコントラスト.
実はこの白いところは外骨格が透明で,
中の体液や組織が透けて見えているのである.
白くミミズのような形の塊は脂肪らしい.
従って乾燥標本にしてしまうと,この部分の色がくすんできて,
生きていた頃の美しさを失ってしまう.

2007年12月19日

イエゴキブリ 腹端部雌雄の違い

雌雄の腹端部を拡大した.
上が雄の腹端部背面,下が♀腹端部背面.
%E2%99%82%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
%E2%99%80%E6%8B%A1%E5%A4%A7.jpg
雄成虫には尾突起があり,♀成虫にはない.
尾肢も他の同形のゴキブリに比べ小さい.
♀の肛上板はマダラ模様があり,雄には大半が透明感のある黄褐色.
%E8%85%B9%E9%9D%A2.jpg
腹面を見ると♂♀の見分けは簡単である.
左が♂,右が♀.
♂は腹節が9節有り,雌は7節(見かけ上).

2007年12月18日

イエゴキブリ成虫

イエゴキブリ Neostylopyga rhombifolia (Stoll)
ゴキブリ科イエゴキブリ属.
Family Blattidae
Genus Neostylopyga Shelford

日本にはイエゴキブリ属は本種しか生息していない.
海外を見渡すと・・・・やはり見あたらない.

だいぶ前に登場したが,もう少し詳細を見てみたい.
本種の分布は奄美大島,与論島,沖縄本島,宮古島,石垣島などの南の島の限られた場所での発見で,現在でも生息しているかはよく判らない.
現地でも非常に発見が困難な種と聞いている.
前回も書いたが,他の大型ゴキブリ(ワモンやクロ等)に比べると骨格がもろいようで,簡単に肢が取れてしまう.
また,フラッシュをたいて撮影した影響もあるが,大変色白で温室育ちのか弱きゴキブリに見える.
それ故,他の日焼けした屈強なワモンやコワモンにいじめられ,
害虫として定着しきれなかったのではないだろうか.
%E6%88%90%E8%99%AB%E8%83%8C%E9%9D%A2.JPG
左の大きい方が♀,右が♂.
%E6%88%90%E8%99%AB%E8%85%B9%E9%9D%A2.JPG
同じく左の大きい方が♀,右が♂.
本種も雌の腹部はふっくらとしており,外見だけでも区別が付く.

2007年08月03日

イエゴキブリ卵鞘

産み落とす方法はワモンゴキブリ等を代表するPeriplaneta属と同様に,物陰に唾液等により動かないように付着させる方法をとる.長さは12㎜内外.外見はトビイロゴキブリに大きさなどにている.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AANeostylopyga%20rhombifolia%20%28Stoll%292.JPG
写真中央のように付着させる.右端に見えるように産み捨てたものは殆ど孵化せず,仲間に食べられてしまう事が多い.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AANeostylopyga%20rhombifolia%20%28Stoll%291.JPG
産卵中の♀.

2007年08月02日

イエゴキブリ Neostylopyga rhombifolia (Stoll)

ゴキブリ駆け出しの頃は,何とも気色の悪い色彩だと思っていたが,ゴキブリを知ってくると,稀少な種だけあってきれいに見えてくるから不思議な物だ.
しかし,なかなか捕まえることは出来ない.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AANeostylopyga%20rhombifolia2%28Stoll%29.JPG

ゴキブリ研究家のI女史より親を頂き,やっと繁殖しだした.
軌道に乗るまでは,結構色々と苦心した.
飼育してみての感想は,ニオイがPeriplaneta属よりくさい.
体がもろい(簡単に脚が取れてしまう).
増え始めると,急激に増える.
%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%82%AD%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG

ワモンゴキブリの様にタフではなく,屋外種の様にどこかもろさがある気がする.
沖縄でも最近見かけなくなったと聞いており,見た目は強烈に不快害虫になるかも知れないが,このハデな黄色と黒のコントラストはどこか「色男,金と力はなかりけり」とでも言いたげな,実は弱い昆虫なのかもしれない.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.