« オレンジヘッドローチ Eublaberus distantii (Kirby)   |   メイン   |   キチャバネゴキブリ »

2017年09月12日

キスジゴキブリ若齢幼虫

Young instar of the Symploce striata striata

8月末にM君の自宅庭にて採れたてのモリチャバネ+キスジゴキブリを頂いた.
聞いたところでは,キスジの成虫がめっきり減り,モリチャバネ一色になってきているとのこと.

P9030047.JPG

頂いたケースを見ても,モリチャバネ幼虫ばかり.

P9030049.JPG

飼育室に持って帰り,しばらく眺めているとモリチャと違う幼虫がいることに気がついた.

P9030054.JPG

左がキスジゴキブリ,右がモリチャバネゴキブリ若齢幼虫.

これでキスジ累代飼育の道が少し開けた.

2017年07月20日

キスジゴキブリとモリチャバネゴキブリ

Symploce Striata striata & Blattella nipponica

P7180325.JPG

P7180326.JPG

M君からもらいました.
庭にいっぱいいるそうです.
なんとすばらしいご自宅でしょう.

P7180323.JPG

私が小笠原に行っていたので,しばらくキープしてもらっていたのですが,モリチャは元気ですが,キスジは半数ほど死亡していました.

この辺が,Blattella属と違いSymploceの難しいところだと思います.

2016年05月24日

キスジゴキブリ羽化

Emergence of a Symploce striata striata

eter85%20%282%29.JPG

昨年幼虫にて採集された個体群.

eter85%20%284%29.JPG

eter85%20%283%29.JPG

気が付けばほとんど羽化して卵鞘まで産んでいた.

eter85%20%281%29.JPG

こちらは新成虫.

2016年03月09日

キスジゴキブリ羽化

Emergence of Symploce striata Striata

6fd45g%2B6eg%20%281%29.JPG

キチャバネ同様,本種も室内でも寒い下段に置いていたが,羽化していた.

6fd45g%2B6eg%20%282%29.JPG

前胸背板の黄色いラインが綺麗です.
♂.

まだ,他は幼虫で沢山いるので,繁殖はできると思う.
関東で採取した個体は,冬寒くしたほうが調子良さそうだ.

そういえば,先週末は啓蟄だったんですね.
さあ,これからゴキブリシーズンがまた始まります.

2015年06月03日

横須賀のキスジゴキブリ

The Symploce striata Striata which was collected in Yokosuka

RIMG0528%20%28314x236%29.jpg

♂成虫.
栗色の綺麗なゴキブリです.
K田君が採って来てくれました.
一度行きたいと思っていたのですが,先を越されました.

hjhgh.jpg

幼虫.
大中小の幼虫が混ざっています.
越冬形態は鹿児島では幼虫しか見られませんでした.
こちらも同様だと思われます.

2010年01月25日

キスジゴキブリ 卵鞘

奈良県で採集されたキスジゴキブリ 卵鞘.

kisuzirann.JPG

これも,オオモリゴキブリと同時期に産卵されたが,孵化せず今日に至った.

すでに孵化の見込みなく,標本とすることにした.
残念である.

本種の卵鞘は厚みが無く,薄っぺらい.

2007年07月05日

森の住人 キスジゴキブリ

今年の冬に鹿児島へ仕事で行った際,山に入り土中より掘り当てたのが本種の幼虫であった.同時にツチゴキブリ属の一種(未同定)他数種捕獲した.
採集時期が冬だったため動きも鈍く,夏であればおそらく捕獲出来なかったと思う.

キスジゴキブリ(Symploce Striata striata (Shiraki))

%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AASymploce%20Striata%20striata%201.JPG

飼育はまだ成功していない.成虫は卵鞘は付けたものの,孵化せず.短命に終わった.現在同時期に捕獲した幼虫が頼みの綱である.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.