« クロゴキブリ   |   メイン   |   グリーンバナナローチ Panchlora sp."Giant" »

2016年12月26日

グリーンバナナダニ駆除2

Mite extermination completion of the green banana cockroach 2

PC250029.JPG

こちらはコスタリカ産のケージ.

PC250031.JPG

しばらく観察していても,ダニは出てこない.

PC250032.JPG

小プラ2個を中プラ1個にまとめ.

2016年04月01日

春らしいゴキブリ

Springlike cockroach.

4月ですね.
浅草も桜満開です.

日本のゴキブリではないですが,桜のように綺麗と紹介出来るのは本種ぐらいでしょうか?
Panchlora nivea.

%E3%81%89%E3%81%98%E3%82%85%EF%BC%95%EF%BD%84%20%281%29.JPG

%E3%81%89%E3%81%98%E3%82%85%EF%BC%95%EF%BD%84%20%283%29.JPG

当社にも数名ゴキブリマニアの新入社員が入社しました.
まずは,現場.
基礎固めの後,ゴキブリ(害虫)道を引き継いでほしいものです.

2015年08月28日

Panchlora sp. "Costa Rica "


Panchlora sp
. "Costa Rica "

itr.JPG

黄色い個体が出る種.

このケージも,今年の3月からケージ交換していなかった.

RIMG0861%20%28314x236%29.jpg

ラベルは役に立ちます.

2014年07月17日

コスタリカ持ち直し


Recovery of Panchlora sp.Costa Rica.


ゴキブリの飼育失敗による,個体数の減少後の復活に関して.
減っても個体は健全で,1ペアさえ残れば,何でもなかったかのように増える種と,体長を崩し,複数いても持ち直さない種との2パターンあるような気がする.

RIMG1899.JPG

基本は丈夫な種なのだろう.

RIkjMG1900.JPG

美しい.

2014年04月04日

Panchlora sp 復活

Panchlora sp revival


hfgjghfjkhkhjljk%20%283%29.JPG

コスタリカ産のグリーンバナナ.
黄色い個体が良く出る種ですが,前回水を切らし,壊滅寸前まで行ってしまった.
餌皿をどけると,初齢幼虫が.

多分1卵鞘分だと思うが,本種の卵鞘は,卵数が異常に多いので上手く生まれると,一気にそれなりの数になる.

hfgjghfjkhkhjljk%20%281%29.JPG

小さいのと,動きが早く,シャッターが下りたときはすべて潜ってしまった.

一時は,沢山流通していたが,今ではなかなか入手し難い状況になっているようなので,大事な種は可愛がりましょう.

2014年02月26日

縞々バナナローチ


Striped Panchlora nivea

RIMG1548.JPG

ljgh.JPG

羽化不全で稀に古い外皮が残って縞模様になる個体が見つかる.

過去に,オガサワラゴキブリで確認した.

%5B%40pihy.JPG


相変わらず綺麗なゴキブリだ.

2014年01月21日

コスタリカ産 Panchlora sp. 危うし


The crisis of extinction of Costa Rican Panchlora sp.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93.JPG

水が切れているのに気がつかなかった.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%281%29.JPG

「カラッカラ」
冬はすぐにこの様な常態となる.
ミズゴケを上に置いているのも,乾燥を速める原因となっていると考えられるが,外す気に離れない.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%282%29.JPG

幼虫はマットに潜っているので,大丈夫と思ったが,2匹だけ.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%284%29.JPG

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%285%29.JPG

雌成虫がまだ数匹いるので何とか立て直し,黄色いバナナを再生したい.

2013年01月24日

グリーンバナナの凄い卵鞘

Uncanny ootheca of Panchlora nivea.


RIMG0495.JPG

相変わらず凄い卵鞘を産む種ですね.

RIMG0496.JPG


こんなに反り返るのは他には見た事ありません.

2012年02月03日

グリーンバナナローチ 放置結果

Breeding of the Panchlora nivea is carelessness is our greatest enemy.


現在の飼育方法(ケージ全体をマット充填せず)に換えてから,飼育の危機はなかった.

今回,少し減ったと思っていたら,数える程しか生き残っていなかった.

で,この際死骸から古いミズゴケやマットなど全て新品と入れ替えた.

baasjdsa.JPG

さっぱりとし,見た目が綺麗.
これでまた,小規模メンテで5年ほど大丈夫であろう.

RIMG0291.JPG


ペットローチの中では,普通種になったが,近年流通している本属3種の中で最も緑の発色が良く,綺麗な種だと思う.

2011年10月12日

Panchlora nivea

mifd%20%281%29.JPG


この写真だけ見たら,マツムシか何かの飼育写真と思うかもしれない.

mifd.JPG


青や赤も見たいですね.

2011年02月21日

グリーンバナナ飼育その後

bann.JPG

2年ほど前の方法と変わらない.

小型タッパー内で幼虫が育ち,外のシェルターに成虫や終齢幼虫が潜む.

水容器にミズゴケをのせているので,タッパー内マットが乾燥しても,全滅は防げる.

この方法にしてから,今のところ失敗は無い.

2010年05月07日

グリーンバナナローチ床換え

family Blaberidae
subfamily Panchlorinae
genus Panchlora Burmeister, 1838

Panchlora nivea (Linnaeus, 1758)

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5.JPG

ゴキブリのケージとは思えない光景.

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%281%29.JPG

活動が活発なため短期間で炭カルがこんな状態になる.

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%282%29.JPG

後.
なんか余り変わって無いようだが,変わってます.

%E3%83%8B%E3%83%99%E3%82%A2%E3%81%A8%E4%BB%94%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%286%29.JPG

大きくなる種もあるが,本種の方が緑が濃く,非常に綺麗だ.

2008年07月30日

グリーンバナナローチ 卵鞘

グリーンバナナローチ Panchlora nivea (Linnaeus)
が卵鞘を排出していた.

%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%EF%BC%91.JPG

卵鞘を腹端に保持する種の,短い卵鞘を見慣れていたので,
はたして,こんな長い物が再び保育嚢に収納されるのか?
疑問に思い観察した.

%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%EF%BC%91%20%281%29.JPG

腹面より.
目視にて確認できる卵数だけでも片面30個,
2列有るので60匹は産まれてくることになる.

%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%EF%BC%91%20%282%29.JPG

約40分後.
その後なかなか卵鞘が入っていかず.丸1日たってもこの状態.(下)

%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%EF%BC%91%20%283%29.JPG

完全に卵鞘が見えなくなったのを確認したのは,
観察を始めて約36時間後であった.
この状態を確認したのが朝7時頃のため,もう少し早く収納は終わっていたと思うが,
この個体の産卵は,実に30時間近く要していたと思われた.
しかし,一ヶ月後残念ながら死亡したため,実際の産仔数,抱卵日数は確認できなかった.

2008年01月23日

葉上のグリーンバナナ

メンテをしていたら,葉の上にいた.
%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%EF%BC%91.JPG
この植物は「ハカラメ」と言い,ベンケイソウ科の熱帯地方に見られる植物.
葉のくびれているところから,芽を出し簡単に増える.
小笠原では至る所に自生しており,これもそこが出身.
2匹とも雌である.
雄は殆どが死滅し,今雌が一生懸命子供を生んでいる.
%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A.JPG
元の色がカラフルなので,どちらも映える.
コオロギなどより綺麗でかわいい昆虫に見えるのだが,
ゴキブリというと,皆嫌うのであろう.

2008年01月17日

グリーンバナナ飼育法

飼育温度は20℃を割らないように心がける(最低温度はチャレンジしていない).
生息地であるテキサスからメキシコあたりの気温はモントレーで最低気温8℃らしい.
とするとかなりの低温にも耐えると考えるが,
ペットローチにそんな仕打ちをしてもしょうがないので,高めに設定しよう.
先にも書いたが,幼虫は乾燥を嫌うので湿潤な環境を作ってやる.
飼育している過程(風景)を楽しむのであれば,
昨日のトカゲを飼育するような形が良い.
しかし,マット交換をする際,1齢幼虫を探し出すのは大変である.
そこで,今回のセットとなる.
banana.JPG
右からシェルター.水容器の上に水苔をのせ,広葉樹の樹皮をかぶせた物.
ヤシ殻マットを半分ほど入れ,その上に水苔をかぶせた物.左下も同じ.
植物は特に必要ないと思う.
banana%20%281%29.JPG
現在1齢幼虫はこの様に水苔の中や樹皮の裏,ヤシ殻マットと水苔の隙間に潜んでいる.
見た目は悪いが利点として,
①死亡した個体の回収や,大掛かりなマット交換をしなくて済み,餌もカビる事無く,管理し易い.
②プリンカップ内はケースにマットを敷き詰めるより表面積が狭く乾燥しにくい.
③まだ生態がよく判らない面もあり,万が一多様な環境を好む場合,
選択肢が広がり絶滅は免れる可能性が高い.
④コバエ(クロバネキノコバエ類)が発生しにくく,発生しても処理しやすい.

なお,以上の事は全て私見であり,実行して,死滅しても責任は負えません.
そこをご理解の上,参考程度に活用下さるようお願い申し上げます.

2008年01月16日

グリーンバナナ飼育 言い訳

幼虫と成虫の好む環境が違うらしい事はすでに述べた.
飼育に関してもその様な環境を作って維持していけば,
飼育はそれほど難しくはないと思えるようになった.
一番手っ取り早いのは,クワガタ成虫やトカゲ類の飼育するセットで良いと思う.
GB%E9%A3%BC%E8%82%B2.JPG
上はトカゲ用.
しかし,前回その様なセットで全滅させた.
原因はマット全体が加湿してあるので餌がカビやすくなる.
そこで適度な湿潤状態で維持しようとする.
維持出来れば良いのだが,うまく行き始めると手を抜き初める.
成虫は乾燥しても元気なのでケージを外見で眺めて成虫が沢山元気でいる.
うまくいってると思いこんでしまう.
ある時中を覗くと,実は乾燥のため幼虫は全滅.
そうこうしているうちに成虫も産仔せずに死に絶え,終わり.
となる訳である.

2008年01月15日

グリーンバナナ 形態

頭胸部腹面.
%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E4%B8%AD%E8%83%B8%E8%85%B9%E9%9D%A2.JPG
頭部は,左右の複眼が触角で分離されて見えるため,
小さな眼に黒い毛があるように見える.

雄の腹端部腹面.
%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E8%85%B9%E7%AB%AF%E9%83%A8%E8%85%B9%E9%9D%A2.JPG
腹面の体色,気門も綺麗な薄緑である.
写真では判りにくいが,尾肢や脚の棘の先端が茶褐色に色づく.
尾肢の形状は太短く,先端も円く終わる.

2008年01月11日

グリーンバナナローチ 色彩

本種の大きな特徴は体色が淡い緑色をしている事であろう.
ゴキブリ類の中ではあまり見かけない色である.
%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E5%89%8D%E8%83%B8%E8%83%8C%E9%9D%A2.JPG
このサイズになると,これを見てゴキブリと判る人はマニアだけであろう.
黄白色のラインは頭頂をかすめ,
前胸背板と胸部の接合部よりわずかに外側を通り,
前翅の中脈にそって色づいている.
白い脂肪に緑の体液が重なり合って黄白色の色を出しているように見える.

成虫は乾燥した場所に出てくるため,
植物の葉上を生活の拠点にしているのではないだろうか.
死亡して間もない個体を観察すると,
体液が溜まった箇所が濃い緑になっているのが判る.
反面体液の抜けた箇所は無色透明に近くなっている.
%E8%85%B9%E9%83%A8%E8%85%B9%E9%9D%A2.JPG
このため,乾燥標本にすると色が抜けた,ぼけた色彩となってしまう.

2008年01月10日

グリーンバナナローチ 1齢幼虫

本ブログを開始してから早いもので半年が経ちました.
%E6%88%90%E8%99%AB.JPG
第1回目に登場したグリーンバナナ Panchlora nivea (Linnaeus)
その時産まれた仔が現在成虫となり,出産真っ盛り.
%EF%BC%91%E9%BD%A2%E5%B9%BC%E8%99%AB.JPG
1齢幼虫の体長約3㎜内外.
体色は薄茶色.
湿ったマットの中にもぐり生活をしている.
野外のジャングルで本種の幼虫採集する場合,
土壌や朽ち木内部を探さないと発見出来ないのではないだろうか.
この写真を撮影する際,蛍光灯を近づけると成虫が集まってきた.
時間は午後9:00過ぎ.
現地採集するなら灯火採集で成虫が捕れそうである.

2007年11月16日

グリーンバナナ交尾

グリーンバナナゴキブリPanchlora nivea (Linnaeus)
何年か前に簡単に飼育できるゴキブリと思いこみ,全滅に追いやってしまった本種.
今年に入りやっと2ペア確保し,その子達が交尾するまでになった.
よく雌が成虫になった頃雄がいなくなって滅んだと聞きます.
確かに雄の方が半月ほど早く成虫になり始めました.
%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A.JPG
上が雌,顔が人の顔のように見えませんか?
さていつ頃子供を産み始めるでしょうか.

2007年07月02日

初めまして。「グリーンバナナローチ」

初めまして。小松と申します。私の昆虫人生は蝶から始まり,外来甲虫類に進化し,ついにゴキブリに到達してしまいました.
ゴキブリ以外にも商売柄 吸血昆虫 貯穀害虫 多足類など,普通に生きていれば相手にしない生き物を愛するようになった私の仕事?のトピックスをご紹介しながら,皆様のゴキブリに対する見方を少しでも変えて貰えることを目的として公開していきたいと思います.

グリーンバナナローチPanchlora nivea
%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A.jpg
体長♂15㎜内外♀20㎜内外.
黄緑をベースに前胸背側縁に白いラインが入る大変きれいなゴキブリである.
卵胎生で乾燥には弱く,良く飛翔するので飼育は難しいグループに入る。
死亡するとこの色は汚れた黄緑色となり、生存しているカラーを維持する事は難しい。

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.