« バットローチ   |   メイン   |   ヒメチャバネゴキブリ »

2016年05月12日

ヒメクロゴキブリ羽化開始

Emergence start of the Chorisoneura nigra

354grtg%20%281%29.JPG

冬の間,一番温度の低い場所に保管していたが,早々と羽化が始まっていた.

354grtg%20%282%29.JPG

354grtg%20%283%29.JPG

チャバネの様な勢いはないが,何とかつなげられている.

2016年04月20日

ヒメクロゴキブリ無事越冬

Chorisoneura nigra wintered safely

5465ds4fdgfd6%20%284%29.JPG

飼育を始めて,2度目の越冬.
閑散としている.

5465ds4fdgfd6%20%282%29.JPG

しかし,すでに成虫になる個体も出てきた.
数はそれほど多くないが,数匹より多いため,「無事」とする.

5465ds4fdgfd6%20%283%29.JPG

ついでに,ケースの交換をした.

2016年03月11日

ヒメクロゴキブリも活動開始

The Chorisoneura nigra starts activity, too

冬の間,いつ見ても表面に出ている虫体はいなかった.
潜んでいる個体を探しても,多い感じはしなかった.

やはり,暦は良く作られています.

RIMG1511%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

昨日のキスジやキチャバネ同様,本種も活動開始したようだ.

RIMG1512%5D.JPG

ヒメクロをこんなに長い期間飼育出来たのは始めてである.

2015年12月28日

飼育動物の年末

The end of the year of the breeding animal

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%283%29.JPG

飼育室の一番温度の低い場所で管理しているヒメクロゴキブリ.

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%282%29.JPG

低いといっても17℃程度はあるためか成虫がまだいる.

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%285%29.JPG

クマネズミたち.
この2匹は仲のよいペア.
左♂.右♀.

%EF%BD%87%EF%BD%92%EF%BD%87%EF%BD%8B%EF%BD%8C%20%286%29.JPG

面白いもので,クマネズミは臆病な割には,このように近寄ってきて観察を始めます.
いつでも逃げられるという,自信の現れでしょう.

さて,本年も今日で更新は終了します.
あっという間の2015年でした.
1年間ありがとうございました.
また来年もよろしくお願いします.

最後に,私事ですが,この歳にて学位を取得することが出来ました.
これもひとえに皆様の励ましやご教示あったからこそだと思います.
皆様,ありがとうございました.
今後も,ご指導よろしくお願いします.

よいお年をお迎えください.

2015年10月02日

ヒメクロゴキブリ雌雄

Male and female of Chorisoneura nigra 

RIMG1020.JPG

上が♀.
下が♂.

幸いダニの発生はなし.
このような小型の種で出たら,排除は大変面倒な作業になる.


2015年09月10日

ヒメクロゴキブリ♀多数

A lot of Chorisoneura nigra female imagos outbreak.

sdkfjsd%20%281%29.JPG

sdkfjsd%20%282%29.JPG

sdkfjsd%20%283%29.JPG

雄が見当たらないのですが,シェルター内にも潜んでいるので,交尾できていると思っています.
にしても,この種は,本当にゴキブリという気がしないです.
何でしょう?
不思議です.

2015年08月27日

ヒメクロゴキブリ累代

Eon breeding of Chorisoneura nigra

fdgjg.JPG

羽化ラッシュ.

fdgjg%20%281%29.JPG

小プラケでは次期世代が発生した時,ケージ交換が大変になるため,早めに移行.

fdgjg%20%282%29.JPG

あまり変化ないが,中プラケです.
小型種のケージ交換は,タイミングが難しいですね.

2015年08月12日

ヒメクロゴキブリ新成虫誕生

The adult which just emerged of the Chorisoneura nigra

RIMG0945.JPG

今年孵化した個体が早くも成虫となった.

屋外では年1回,室内では年2回の発生以上はしそうだ.

2015年06月15日

ヒメクロゴキブリその後1

The later state of the Chorisoneura nigra 1.

RIMG0610.JPG

今回は,まだ失敗していない.

RIMG0611.JPG

ポイントは,餌のカビ発生阻止.
それと,合わせてE藤君より沢山の個体を頂いたので,餌がカビている暇がないと思われる.

RIMG0612.JPG

RIMG06134.JPG

幼虫は,水容器脇に集合することは少なく,乾燥した樹材隙間にいる.
成虫の寿命がもう少し長ければ,鑑賞も楽しめるのだが.

2015年04月30日

ヒメクロゴキブリ卵鞘孵化

An ootheca of the Chorisoneura nigra hatched

昨年は,冬に幼虫採集した個体が,室内の暖房で3月に初齢幼虫が出て,その後,餌の管理が悪く全滅させてしまった.
今年は,♂成虫が早く出て短命に終わり,♀との交尾がうまく行えていない心配があった.
が,昨日見るとこんな状態.

RIMG0492%20%282%29%20%28314x236%29.jpg

まだ卵鞘も生んでいないと思っていたので,びっくり.

昨年の教訓を生かし,F2目指したいと思います.

2015年03月11日

ヒメクロゴキブリ羽化

Emergence of the Chorisoneura nigra

RIMG0241-1%20%28314x232%29.jpg

雌成虫です.

野外ではまだ幼虫で越冬中でしょうか.

2015年02月17日

ヒメクロゴキブリ様子


The present state of the Chorisoneura nigra


RIMG0045%20%28314x236%29.jpg

まだ,1匹も死骸が出ていない.

RIMG0050%20%28314x236%29.jpg

加温した室内(17℃前後)に置いているが,動きは夏季に比べると遅く感じる.

今のところ,今シーズンの注目種は,本種とサツマツチゴキブリといったところ.

2015年01月27日

ヒメクロゴキブリ入荷


Arrival of Chorisoneura nigra.

qwed.m%20%281%29.JPG

E藤君から京都土産に頂きました.

樹皮下に沢山いたとの事で,沢山頂きました.
最近,自力採集が無いので頑張らねばと思います.

さて,今回で3度目のチャレンジでしょうか.
初冬に採集された前回の個体より今回のような,春直前の個体の方が,越冬から目覚めさせるにはちょうど良いかもしれません.

qwed.m.JPG

大体失敗するポイントはつかめているので,頑張らねばなりません.

2014年07月22日

ヒメクロゴキブリその後


The situation of the after that of Chorisoneura nigra

RIMG2037.JPG

幼虫が多数得られた事で安心して,少し観察を怠ったらこの始末.
カビにより餓死した模様.

RIMG2041.JPG

残ったのは幼虫2匹のみ.
ペアであれば良いが,なんとも・・・・.
おそらく生き残れば羽化は8月頃と思われる.
その頃のブログをお楽しみに.

2014年04月14日

ヒメクロゴキブリ幼虫多数

The larva of much Chorisoneura nigra


dsghj%20%281%29.JPG

成虫の寿命が1ヶ月と異常に短かった為,幼虫も上手く成長しない可能性を考えていたが,今のところ卵鞘も順調に孵化し,幼虫も死なずに今に至っている.

dsghj.JPG

しかし,大きくなっていない気がする.

野外で,この大きさであると,見つけるのは至難の技だろう.

2014年04月03日

ヒメクロゴキブリまだ生きてます


Chorisoneura nigra – living.


dghyuk%20%283%29.jpg

1齢幼虫.
矢印の白い粒は,ケナガコナダニ.
小さいです.

成虫の寿命が予想外に短かったので,その原因が環境にあるのだとしたら,幼虫も長生きしないだろうと考えていたが,何とか生き残っている.

dghyuk.JPG

同じく1齢幼虫のシルエット.
触角の節数が14節.

dghyuk%20%282%29.JPG

左の黒い粒が卵鞘.

2014年03月19日

ヒメクロゴキブリ1齢幼虫

First instar of Chorisoneura nigra

RIMG1633.JPG

1齢幼虫.

RIMG1638.JPG

卵鞘と2齢幼虫.

2014年03月07日

ヒメクロゴキブリ成虫の寿命

The life of the imago of Chorisoneura nigra

ヒメクロゴキブリの羽化がピークとなったのが2月中旬.

rjgkwm%20%281%29.JPG

現在,半数が死亡している.

こんなに短命なのか.
冬に目覚めさせた結果なのか.

rjgkwm.JPG


とりあえず卵鞘は産んでいる.

こんな短命な種は初めてなので,原因があると思うが,誰も本種の寿命に関して調べていないと思うので,本当にそうなのかも知れない.

2014年02月20日

ヒメクロゴキブリ続々羽化


The larva of Chorisoneura nigra is growing wings one after another.


hikhygt%20%281%29.JPG

加温していたら成虫となっていた.

当り前と言えば当り前だが.

hikhygt.JPG

とりあえず今回は,成虫が沢山いる.

羽化時期が一緒.

事から,なんとなく期待している.

2014年01月10日

ヒメクロゴキブリ2014年越冬幼虫

The larva of the Chorisoneura nigra which is passing the winter of 2014.


%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%86%20%281%29.JPG

E藤君よりヒメクロゴキブリ幼虫を頂いた.

採集地である奈良県には,結構普通に見られるらしく,この個体もケヤキの樹皮下より採集された.

%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%86.JPG

一緒に入っていた樹皮に付着した黒い粒.

%EF%BD%84%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%86%EF%BD%8A%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%281%29.JPG


良く見るとササラダと思われるダニの集団.
越冬している所を起こされたのだろう.

%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%BE%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7.JPG

アカアシノミゾウムシらしき甲虫も同居.

自然界では,様々な生き物が肌を寄せ合い,辛い冬をやり過ごそうとしている.
ほほえましい光景です.


飼育セット.
ヒメクロゴキブリは,過去にも失敗しているので,今回は何とかコツを見極めようと思う.

2012年01月04日

ヒメクロゴキブリ卵鞘

Ootheca of the Chorisoneura nigra

越冬していたものを,室温で管理した為,雌雄各1匹が成虫となってしまった.

RIMG0205.JPG

さらに卵鞘がケース下面に転がっている.
3mm無い大きさ.
マットに産卵されたら見つけるのは大変そうだ.
こんな生み方では,孵化率は低そうだが,孵化するでしょう.

もひとつ,♂が早々と絶命していた.

雌成虫の動きも緩慢.

2008.4.7%20%283%29.JPG

まだ加齢しない幼虫もいるので,こいつらに夢を繋ごう.


今年も頑張ろう.

2012年01月01日

明けましておめでとうございます.

A Happy New Year..

チャバネゴキブリ科 Family Blattellidae
ヒメゴキブリ亜科 Sabfamily plectopterinae
ヒメクロゴキブリ属 Genus Chorisoneura Brunner v.W.
ヒメクロゴキブリChorisoneura nigra

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA.JPG

♂成虫.

RIMG0207.JPG

♀成虫.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.