« ツチゴキブリ Margattea kumamotonis kumamotonis (Shiraki)   |   メイン   |   トビイロゴキブリ »

2014年04月25日

害虫種トウヨウゴキブリ

Blatta orientalis is a harmful insect species.

米国では,地下室から屋根裏,下水溝,ゴミ集積所など暖かく湿度が高い場所に生息している普通種だそうだ.

日本で言えば,クロゴキブリのようなものかもしれない.

nbomjgfts%20%284%29.JPG

床換えのタイミングとしては,このように,シェルターの下部に糞や死骸が堆積し,潜むスペースが少なくなったら変える事にしている.

nbomjgfts%20%286%29.JPG

シェルター裏面もこのように糞で隙間がふさがっている.
これをピンセットで掻き出して掃除する.

nbomjgfts%20%283%29.JPG

ケース内も全体的に死骸や卵鞘カスが堆積している.

nbomjgfts%20%287%29.JPG

左のように綺麗になるが,また1~2ヵ月後には,今日のようになる.

クロゴキブリは,すでに米国に侵入しており,本種もそのうち日本で見つかる日が来るかもしれない.

2014年02月27日

炭カル登攀


The cockroach which climbs calcium carbonate.


炭カルも,薄くムラなく塗るのが理想だが,そうも行かない時もある.

sfqw%20%281%29.JPG

sfqw.JPG


するとこうなる.

sfqw%20%281%29-1.jpg


拡大すると,厚く塗られた凸に足をかけて登っているのがわかる.

2012年06月01日

トウヨウゴキブリ完全復活

Full revival of the Blatta orientalis


lotertgreg.JPG


もはやこの状態.

lotertgreg%20%281%29.JPG

床換え中.

lotertgreg%20%282%29.JPG

右は死骸等のゴミ.

意外と根性ある.

2012年04月06日

トウヨウゴキブリ復活


Revival of the Blatta orientalis.

おかしなクラッシュをすると,復活し難いことが多いが,これは比較的簡単に復活した.

fgkdigo%20%282%29.JPG

これで一安心.

2011年08月31日

恐怖のノミバエ再来(後)

さて結果はどうかというと,ご覧の通り.

njfsdf.JPG

ざっと数えて30匹ほどが特大プラケ底面で転がっています.
水分の無い所では意外と短命のようです.

が生きた個体もかなりの数が飛んでいる.
一晩に50匹ほどがこのケースから脱走していた事になる.

njfsdf%20%281%29.JPG

防虫紙意外と役立たず.
もしくは,ノミバエ天晴れ.
どちらにせよ,このまま外に持ち出し成虫は大気開放.

さらに,中に入れたプラケも大気開放.
すごい数のノミバエが飛んでいったが,中の状態もすごい事に.

njfsdf%20%283%29.JPG

njfsdf%20%282%29.JPG

シェルターにも.
生きたゴキブリに喰い付いているとか,卵鞘に喰いいっているのは確認できなかったが,おぞましすぎる.
この後,再び捕虫紙を交換し様子見ます.

2011年08月30日

恐怖のノミバエ再来(前)

nosfj%20%283%29.JPG

昨日,タイ産のPeriplaneta属のノミバエを駆除し,その際捕虫器の捕虫紙も交換したが,あっという間にこの有様.

これは絶対おかしいと思っていたが,忙しく全てを見渡す時間が無かった.

しかし,やっと発見.
トウヨウゴキブリBlatta orientalisが発生源であった.

nosfj%20%281%29.JPG

丸々と太った成虫が無数に飛び回っている.

nosfj.JPG

ウジも外から確認できるだけで数十匹.

????.
しかし,防虫紙も結構しっかり挟まっているようだし.
ケージからあれほど多く脱出できるわけは無い.
と思ったが念のためそのままの状態で特大プラケに入れて様子を見ることに.

nosfj%20%282%29.JPG

特大プラケからも脱出しては困るので,養生テープできっちり遮断.

2010年10月28日

トウヨウゴキブリの飼育

RIMG0163.JPG

写真には虫体が何も写っていないが,シェルター内に潜んでいます.
成長のサイクルが混ざらず,今は成虫と卵鞘と初齢幼虫の状態.

見て分かるとおり,簡単なセットで飼育できている.

2009年09月07日

トウヨウゴキブリ 幼虫・卵鞘

幼虫はトルキスタンゴキブリに良く似ている.

touyou%20%283%29.JPG

混ざったら成虫になるまで気が付かないだろう.
トルキスタンと同属とはいえ,本種は少し壁面を登れるようで,
炭カルがすれて減っている.
しかし,能力的に劣るようである.

%E3%82%AA%E3%83%AA-%E3%83%88%E3%83%AB-%E3%83%AF%E3%83%A2.JPG

卵鞘は左からトウヨウゴキブリ・トルキスタンゴキブリ・ワモンゴキブリ.

左2種は良く似ている.

2009年09月04日

トウヨウゴキブリ 

Blatta orientalis
トルキスタンゴキブリと同属.

海外では古くからペットや実験材料として飼育されている古典的なゴキブリ.

しかし,日本では本種を使った研究はあまりない.
飼育方法も,特別難しいわけでもないのだが.

生息地では,下水道や地下室などに生息するとあり,
ワモンゴキブリと似たような環境を好むようである.

touyou%20%284%29.JPG

♂♀成虫 体長25mm内外.
ヤマトゴキブリを少し小型にした感じ.

touyou%20%285%29.JPG

♂の前胸背はヤマトゴキブリのようにゴツゴツした隆起がある.

touyou%20%286%29.JPG

♂は短翅と長翅の中間.
「腹部が成熟のために膨張して,翅端を超えた」みたいな中途半端な長さ.
♀は書籍により無翅と書かれた物もあるが,短翅と表現した方が正しいかもしれない.

touyou%20%287%29.JPG

腹面より.
色彩はクロゴキブリに良く似ている.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.