« Blaberus boliviensis   |   メイン   |   Blaberus sp.Pantanal »

2017年03月17日

Blaberus giganteusのシェルター

Blaberus giganteus shelter

P2160061.JPG

羽が長い種は,セミのように羽化時に高い場所や広くて邪魔が入らない場所で羽化させるのが良いと思うのだが,飼育スペースの関係で中々思うようにいかない.
特に,Blaberus属の翅は,腹端を超えるので翅バカが出やすい.

トリカルネットと,種苗ポットの腰の高いのを入れると,少しは良くなる.

P2160062.JPG

ポットの中は幼虫の隠れ家にもなる.

P2160063.JPG

P2160071.JPG

2014年10月01日

Blaberus giganteus のノミバエ発生事例


Megaselia sp. generated in the breeding cage of Blaberus giganteus

awegbnmtyu%20%286%29.JPG

夏から気にはなっていたノミバエの捕獲.
しかし,徘徊する個体などは見無い事から,外部侵入と思うようにしていたが,最近になり,洗い場周りや,たまに作業台で見かけることが多くなっていた.

今年になり,ムカデのケージ,コオロギのケージで少発生は確認し,都度駆除していたが,決め手が見つかっていなかった.

awegbnmtyu%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

やっと(「新たに」の方が正しいかもしれない)発見したのがこのケージだった.

今まで,発生した事のある種は,死亡個体が腐り易い種だった.
Blaberus属は,身体は大きいが,意外と乾燥が速く,臭いも出ないので,ノミバエが発生するとは思いもよらなかった.

awegbnmtyu%20%281%29.JPG

原因はこの穴.
今までに侵入された原因はこれ.
2mm程度の穴なのだが,よく見つけて侵入するものだ.

awegbnmtyu%20%282%29.JPG

コルクのシェルターマット際に並んだ蛹.
こんな乾燥した場所で何を食ったのか良く分からないが10個以上付着していた.

awegbnmtyu%20%283%29.JPG

再利用したいので熱湯にて殺虫.

awegbnmtyu%20%284%29.JPG

ちょうど,幼虫が生まれた直後で,回収が大変でした.

適当に淘汰し,飼育密度を低くしたので,名に恥じない個体が出るかもしれません.

awegbnmtyu%20%285%29.JPG

その後の状況.

2014年03月05日

ブラベルスギガンテウスの床換え

Cleaning of the breeding case of a Blaberus giganteus 

大きく成長するようにと,特大プラケに入れているが,個体密度が高くなれば意味がなくなる.

そんな訳で,掃除しました.

kghifgdf%20%281%29.JPG

脱皮殻がゴロゴロ残っている.

kghifgdf.JPG

kghifgdf%20%282%29.JPG

翅が綺麗に伸びるように入れたコルクシェルター裏側.

kghifgdf%20%285%29.JPG

すでに一般化した種ではありますが,大型になる種は,見ごたえがありますね.

初齢幼虫も大きいので,篩いで拾うことが出来ます.

kghifgdf%20%284%29.JPG

床換え終了.

2013年11月13日

Blaberus giganteus


Blaberus giganteus 

最近,Blaberus属の話題を見かけることが少なくなりました.
皆様飼育しているのでしょうか?

RIMG1513.JPG

あらためてよく見ると良い形をしています.
丈夫で飼い易い.
よく増える.

RIMG1515.JPG

これを野外で捕獲することを考えると,ぞくぞくします.
熱帯のジャングルに行って見たいですね.

2013年03月14日

最近忘れ去られた種少し 1

Several sorts of cockroaches that of popularity lost recently.


RIMG0888.JPG

Blaberus sp. Pantanal.
幼虫.

RIMG0889.JPG

♀成虫.

RIMG0892.JPG

Princisia vanwerebecki.

RIMG0893.JPG

Blaberus giganteus.

RIMG0894.JPG

憧れの種でしたが,今では騒がれなくなりました.
続く.

2011年10月05日

Blaberus giganteus 飼育

ブラベルス ギガンテウス飼育.


gigasiku.JPG

大きいだけで,特別癖があるようには見えない.

ただ大きいので,羽化時に翅バカが生じる.
そこで,コルクマットを丸め入れてある.

幼虫から成虫まで,コルクの内側に張り付いている.

他の土中性に見える種も,こうしたレイアウトをすると,張り付く状態を好む種がいくつもいると思う.
順次,導入していければと思う.

2010年09月07日

Blaberus giganteus 前胸背変異

giga.JPG

ブラベルス属は,沢山飼育しているが,このような黒班が出るパターンははじめて見た.

giga%20%281%29.JPG


中々カッコウが良い.
出現率は5%ほどだろうか.
少ないうちは見かけなかったが,増えてくるにしたがい,出現してきた.

2010年08月12日

かぼちゃの嗜好性

ゴキブリの実験材料に「かぼちゃ」をもらった.

kabotyagui%20%281%29.JPG

余ったので,大型種のケージに入れて見た.

kabotyagui%20%285%29.JPG

Archimandrita tesselata.

kabotyagui%20%286%29.JPG

よく食べてくれる.
数時間後見ると,潜って食べている.
野外でも様々な果実を食べているのであろう.
大型種なだけにかぼちゃが良く似合う.

kabotyagui%20%282%29.JPG

Blaberus giganteus .

kabotyagui.JPG

Aeluropoda insignis.

kabotyagui%20%283%29.JPG

Princisia vanwerebecki.

kabotyagui%20%284%29.JPG

Gromphadorhina oblongonota.

どの種も,皮まで残さず無くなっていた.
家庭から出る生ゴミも少量であれば処理してくれそうだ.

ただし,一つ気になった事は,種によって糞が黄色くなり,人の糞の様相を呈することが分かった.

2010年07月13日

Blaberus giganteus 飼育

このギガンテウスは翅端まで80mmほどの大きさになる.

羽化に際し,翅が伸びきらない翅バカになりやすかったが,コルクボードを入れたら綺麗に羽化するようになった.

%E9%A3%BC%E8%82%B2%20%282%29.JPG

餌は固型飼料のみ.
マットはヤシガラ乾燥で初齢幼虫も元気に育っているようだ.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.