« ジャイアントウッドローチ   |   メイン   |   スカンクローチ »

2016年08月31日

Archiblatta hoevenii 終了

End of the breeding of the Archiblatta hoevenii 

fgsd4556%20%281%29.JPG

fgsd4556%20%282%29.JPG

4月に卵鞘を掘り起こし,こうして管理しているが,もはや孵化は無理だろう.

fgsd4556%20%283%29.JPG

かなりの数があるが,取り出すと全てスカスカになっている.
これにてArchiblatta hoevenii の飼育は終了.

2016年08月03日

最後の雌

Last one of female Archiblatta hoevenii

RIMG1663.JPG

雌がこの個体で最後となった.

卵鞘も全く孵化しない.

これは難しい.

2016年06月27日

そろそろ寿命

Life span

ff668g%20%281%29.JPG

Archiblatta hoevenii
触覚が切れ切れ.

ff668g%20%282%29.JPG

雌も同様.
産卵はするが,全く孵化しない.

2016年04月14日

Archiblatta hoevenii 後無し

Last chance of Archiblatta hoevenii

p%40hjh56%20%282%29.JPG

卵鞘孵化しないまま,成虫の寿命も尽きてきた.

p%40hjh56%20%284%29.JPG

1ケース目から回収した卵鞘.

p%40hjh56%20%285%29.JPG

2ケース目.

p%40hjh56%20%287%29.JPG

回収卵鞘.
数は少ないが,程度は前ケージより良い雰囲気.

p%40hjh56%20%283%29.JPG

2ケース統合し,雌が元気なうちに土マットで再スタートする.

p%40hjh56%20%281%29.JPG

卵鞘は別管理.
最終的な結果が出るのは秋ごろだろうか.

2016年04月08日

キノコの後に発生したカビ

The mold which spread after the outbreak of the mushroom

rgre68478ret%20%284%29.JPG

例のキノコの出た孵化マットですが,カビが酷い.
他の種では,あまり記憶にないですが,ヤシガラ+Archiblatta hoeveniiは相性がよくないのか.

rgre68478ret%20%285%29.JPG

拡大.

rgre68478ret%20%286%29.JPG

ケース側面の胞子?

rgre68478ret%20%281%29.JPG

掘り出すと,皆中は空.

rgre68478ret%20%283%29.JPG

最近,成虫1ケージ飼育が終了したので卵鞘掘り出したが,これも程度が良くない.

しかし,F3までは同様に,ヤシガラで孵化しているので,全てがこの原因とは思えないが.

rgre68478ret%20%282%29.JPG

しかし,そうも言っていられないので,良さそうな卵鞘は土へ入れる事にした.

来週,体制の立て直しをする.

2016年03月31日

Archiblatta hoevenii 孵化しない2

The oothecal of the Archiblatta hoevenii does not hatch. Part2

全数数えた訳ではないが,産卵鞘数は,50個を超えていると思う.

しかし!
全く幼虫が出てこない.

%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%283%29.JPG

何となく,キノコ疲弊していたのだが,まだ,こんな良い感じの卵鞘産んでいる.
そこで,別の容器に入れ替えることにした.

選ばれたのは,ホラアナゴキブリ.

%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%281%29.JPG

ホラアナマットは土のみを使用しているため,キノコやマットの菌まみれになる事は無い.

%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%282%29.JPG

孵化して欲しいものだ.

2016年03月03日

Archiblatta hoevenii 孵化しない

The oothecal of the Archiblatta hoevenii does not hatch.

1月はじめに取り出した卵鞘ですが,全く孵化しないですね.

wef4j%20%281%29.JPG

出てくるのはキノコばかり.

wef4j%20%283%29.JPG

wef4j%20%284%29.JPG

放置すると黒い胞子を落とすので,すぐに抜くのだが.
卵鞘の栄養を吸って生長しているキノコもあるだろう.

他のケージも孵化せず,これはここで累代止まりそうな気配濃厚.

2016年01月05日

Archiblatta hoevenii成虫ケージの交換

Cleaning of the breeding case of the Archiblatta hoevenii

RIMG1472.JPG

マット内が黄色いカビに侵されつつある.
これは,ケース横から中の様子.

RIMG1486.JPG

水容器の下.
どう見ても,卵鞘に悪そうだ.
卵鞘の孵化は,自然に任せようと思っていたが,交換することにした.

RIMG1484.JPG

シェルターを除き,成虫を移動させた後の状態.

RIMG1491.JPG

露出していた卵鞘(左).
埋め込まれていた卵鞘(右).
どちらも状態がかなり悪い.
成虫の数も,昨年の10/8ではこの容器に♀20,♂12いたのだが,この時点で♀17,♂9.
これを見るに,孵化しそうな卵鞘などひとつも無い.
これはもしかすると,累代がストップするかもしれない.
油断大敵である.
原因はやはり餌の可能性が高いと思う.
キノコ以外にも,必須栄養源が何かあるかもしれない.

RIMG1492.JPG

望みは捨てずに別容器に保管して,観察します.

2015年12月04日

触覚の再生

Antenna reproduction.

gftyiyu%20%282%29.JPG

触覚がかなり短い.
どの程度再生するか,興味があった.

gftyiyu%20%283%29.JPG

3~4倍は伸びている.
そして驚きのY字.

gftyiyu%20%284%29.JPG

gftyiyu%20%285%29.JPG

翌日.
かなり格好が良い.

2015年12月03日

Archiblatta hoevenii羽化


Emergence of the Archiblatta hoevenii

RIMG1265.JPG

22:40頃より始まり.

RIMG1268.JPG

RIMG1277.JPG

RIMG1283.JPG

RIMG1294.JPG

RIMG1309.JPG

この時点で24:15ころ.
とりあえず寝ました.

2015年12月01日

Archiblatta hoeveniiの羽化に必要な足場の高さ


The height of the scaffold necessary for emergence of the Archiblatta hoevenii

%E3%81%82%EF%BD%8C%EF%BD%8B%EF%BD%86%E3%81%B5%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%87%20%281%29.JPG

♀幼虫の羽化.

%E3%81%82%EF%BD%8C%EF%BD%8B%EF%BD%86%E3%81%B5%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%87%20%282%29.JPG

2本の脚で全体重を支えている.

%E3%81%82%EF%BD%8C%EF%BD%8B%EF%BD%86%E3%81%B5%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%87%20%283%29.JPG

高さはここでは約12cmだが,+2cmはほしいところ.

2015年11月30日

外傷なし

There is no injury

RIMG1203.JPG

RIMG12041.JPG

♀,終齢幼虫.
触覚も切れておらず,異常が見られない.

2015年11月16日

産卵ラッシュ

The peak egg production of the Archiblatta hoevenii

RIMG1205.JPG

現在このような状態.
小さな容器で広々飼うと,容器の数が多くなる.
中プラケでこの数を収納すると4匹入れても5個では足りない.
広い容器で密度高くするほうが,それぞれ好きな場所に散らばり,くつろいでいるようだし,産卵もしている.

RIMG1209-1%20%281%29.JPG

RIMG1209-1%20%282%29.JPG

RIMG1209-1%20%284%29.JPG

ただこうなると,♂は雌と同じ数必要ないかもしれない.


昨日,とんぶり市にいきました.
こういったイベントは,数年前にアクアリウムバスに行ったきりだったので,爬虫類系ははじめて.
すごい人だかりで,驚きました.
蟲類は少なかったが,スズキゴキブリを見つけることができました.

お会い出来た方々,有難うございました.

2015年11月06日

串刺しコーン良好

Skewering corn great success

RIMG0996.JPG

これが.

RIMG0998.JPG

こうなり.

RIMG1024.JPG

こうなります.
見事!無駄にカビさせることなく,完食させました.

2015年10月29日

Archiblatta hoeveniiの卵鞘


Ootheca of the Archiblatta hoevenii.

bgthynuji%20%281%29.JPG

立派な卵鞘だが色が薄すぎる.

bgthynuji.JPG

小さいが,しっかりと色づき健康そうな卵鞘.

孵化すればどちらでも構わないが,どうなんでしょう.
後,1ヶ月もすると孵化が始まる予定.

2015年10月22日

Archiblatta hoevenii近況

The present situation of the Archiblatta hoevenii

polkmnyb.JPG

脱皮後少し色づいた♀成虫.

RIMG0967.JPG

いつものキノコ.
たまに食べられているので放置.

RIMG1036.JPG

交尾中.

2015年10月19日

Archiblatta hoeveniiの脱皮 ♂編

About ecdysis of male of the Archiblatta hoevenii

%3Blkj.JPG

♂の脱皮.

2015年10月16日

Archiblatta hoeveniiの脱皮について

About ecdysis of the Archiblatta hoevenii

RIMG0993.JPG

羽化直後の♀成虫.
初めて飼育したとき,脱皮の失敗が多かったが,最近やっとコツが分かった気がする.
垂直な足場にぶら下がり脱出.
その後,こうして上向いて固まるのを待つ.
上向くのは,翅があった頃の名残だろう.
♂は長い翅があるので,当然上を向いて翅を伸ばす必要がある.
しかし,翅がなくなった♀でも同じなのは,翅を伸ばす以外にも上を向く必要が何かあるのか,それとも,この行為の遺伝子が翅と共に退化(進化?)しなかったのか.
多分前者かな.

脱皮の成功は,足場がしっかりしている事.
個体密度を高くしない事.
これでだいぶ成功の確立が上がるようだ.

2015年10月09日

Archiblatta hoevenii♀完品

Perfect of Archiblatta hoevenii

RIMG1113%20%28314x236%29.jpg

すばらしい.

2015年10月01日

Archiblatta hoevenii産卵

Laying eggs of the Archiblatta hoevenii F4


RIMG0983.JPG

ついに孵化すればF4となる産卵が確認された.
この状態はちょっと「まずい」産み方だが.
現在♀成虫は20匹以上いるので,1匹が5個しか産まなくても100個の卵鞘が取れるはず.
1個くらいは孵化するだろう(少し余裕).

幸いな事に,本種のケージは全て例のダニの発生はなし.

2015年09月17日

Archiblatta hoevenii羽化ラッシュ

Emergence rush of the Archiblatta hoevenii

幼虫の時期は,まだ生長途中なので,窮屈な状態を我慢してもらっている.
しかし,成虫はこれから次世代を産んでもらわなければならない.

aqwehf%20%282%29.JPG

aqwehf%20%284%29.JPG

中プラケでは狭すぎ.

aqwehf%20%281%29.JPG

特大に移動.
これだけのスペースを確保したのだから,健康な卵鞘を産んでほしい.

2015年09月11日

Archiblatta hoevenii餌の与え方変更

Change of how to give bait of the Archiblatta hoevenii

この餌は,唯一保存の出来る餌なのだが,半生状である事から,カビが生えやすい.

iwru%20%281%29.JPG

カップに入れると,表面のみを齧る.
食べ難いのだろう.
で,キノコを見て思いついた.

iwru%20%282%29.JPG

串刺しコーン.
土台にはオアシスを埋め込み固定した.
今のところ,カビは生え難そうである.


2015年08月19日

Archiblatta hoevenii F3新成虫の誕生

Emergence of F3 of the Archiblatta hoevenii

reghtty.JPG

続々羽化が始まっている.
少しの刺激で,例の体液を分泌するため,多頭飼育は出来そうにない.
そこで,中プラケに成虫を移動.

reghtty%20%283%29.JPG

ヤシガラと,腐葉土を混ぜ合わせ,水とシェルターを設置.

reghtty%20%284%29.JPG

餌を設置して完了.
まとめ飼育が出来ないと,ケージばかり増えて大変なことになりますね.
何か考えないといけません.

そういえば,100均のヤシガラ圧縮用土が絶版になったと聞きました.
入手難しそうです.
見つけたらとりあえず,入手したほうが良いかもしれません.

2015年07月31日

Archiblatta hoevenii野生キノコ食い2

Eat a wild mushroom 2.

dsgerwshg.JPG

都内某所よりまたまた採集してきました.
都会のど真ん中でもこれだけのキノコが採集できるとは驚いた.

dsgerwshg%20%281%29.JPG

試しに少量ずつ投入.

dsgerwshg%20%282%29.JPG

翌日.
いい感じで食べられているが,右上のいかにも美味しそうなキノコは全く手をつけていない.
もしかしたら猛毒?.

dsgerwshg%20%284%29.JPG

全部投入.

dsgerwshg%20%285%29.JPG

食いつきは良い.

dsgerwshg%20%286%29.JPG

が,日持ちしないようだ.
萎れてしまった.

2015年07月22日

野生キノコ食うか?

Eat a wild mushroom?

rytr%3B%20%281%29.JPG

現場から採集してきました.
美味しそうなキノコです.

が,人が食べるには危険なので,Archiblatta hoeveniiに.

rytr%3B%20%282%29.JPG

エリンギにと合わせて配置.

rytr%3B%20%283%29.JPG

翌日.
結構食べてます.

rytr%3B%20%284%29.JPG

その翌日.
1個は跡形も無くなくなり,もう1つもこんな感じ.
人食用の販売されているキノコで,エリンギ以外はあまり食わないが,もしかしたら野生のシイタケやエノキは食べるのかもしれない.

2015年07月08日

Archiblatta hoevenii孵化卵鞘

Ootheca of the Archiblatta hoevenii which hatched

RIMG0649%20%28314x236%29.jpg

飼育ケージの交換を行った結果,かなりの卵鞘が出てきた.
左は孵化したと思われる卵鞘.
右はまだ.

RIMG0650%20%28314x236%29.jpg

平均的な大きさの卵鞘内の様子.
片側約11卵.
合計約20~22卵.
この卵鞘は孵化率100%のようだ.

2015年07月02日

Archiblatta hoevenii幼虫雌雄

The larval sex of the Archiblatta hoevenii

njyfo.jpg

虫齢幼虫であるが,このサイズになると,雌雄が背面からの形態でわかり易くなる.
上が♂.
中胸の翅芽が腹部に伸びている.

下2匹が♀.
♂の様にならず,すでに♀成虫の形態をしてきている.

2015年06月16日

Archiblatta hoeveniiの優秀な個体

Excellent individual of the Archiblatta hoevenii

RIMG0558.JPG

今いる幼虫の親の1匹.

現在も,全く孵化しない卵鞘を生んでいる雌がいる.
何が違うのだろうか.
雄は同居させているので,交尾が成功していない事は無いと思うが.

孵化しない親が死亡したら,受精嚢でも確認してみようと思う.

2015年06月10日

Archiblatta hoevenii幼虫死亡?


Has a larva of the Archiblatta hoevenii begun to die?

RIMG0553.JPG

幼虫が死んでいる!?

過去の飼育では,本種の幼虫は,他の種に比べ死亡率が高かった.
しかし,今回は1匹も死んでいないと思う.

ついにきたかと思い,メガネをずらして顔を近づけると 安堵.

RIMG0554.JPG

脱皮殻でした.
いや~順調順調.

2015年05月29日

Archiblatta hoevenii幼虫


Larva of Archiblatta hoevenii

RIMG0523%20%28314x236%29.jpg

おかげさまで幼虫の死亡も殆どないままどんどん増えています.

まだまだ分からない所ありますが,一山越えた気がします.

2015年05月13日

Archiblatta hoevenii幼虫脱皮 側面

State of the larval ecdysis of the Archiblatta hoevenii (side view).

昨日の側面より.

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%281%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%282%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%283%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%284%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%285%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%286%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%287%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%288%29.jpg

Archiblatta hoevenii幼虫脱皮 側面

State of the larval ecdysis of the Archiblatta hoevenii (side view).

昨日の側面より.

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%281%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%282%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%283%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%284%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%285%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%286%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%287%29.jpg

RIMG0491%20%28314x236%29-1%20%288%29.jpg

2015年05月12日

Archiblatta hoevenii幼虫脱皮

State of the larval ecdysis of the Archiblatta hoevenii (dorsal view).

背面に亀裂が入り,触角・6脚が抜けるまで要した時間,27分.

RIMG0485%20%28314x236%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%281%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%282%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%283%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%284%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%285%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%286%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%287%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%288%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%289%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%2810%29.jpg

RIMG0486%20%28314x236%29-1%20%2811%29.jpg

2015年04月17日

Archiblatta hoevenii孵化しない雌の住居

The house where is full of the eggs which the Archiblatta hoevenii does not incubate

孵化卵は,卵鞘の数ではなく,雌の能力に依存している.

yutty.jpg

全く孵化しない雌のマット.
変形した卵鞘や,卵が単独で産卵されている.

この雌は孵化する卵鞘は生まないと思いつつ,飼育してしまう.

2015年04月09日

Archiblatta hoevenii 雄

Male of Archiblatta hoevenii.

RIMG0383%20%28314x236%29.jpg


飼育密度は,この飼育方法では中プラケで4匹程度が限界と思われる.

もう2匹増やすと,触角が切れ切れになる.

2015年04月02日

Archiblatta hoevenii 幼虫の餌


Nymph food of the Archiblatta hoevenii

RIMG0269%20%28314x232%29.jpg

エリンギに変えて今までの苦労が何処にといった感じ.
しかし,生餌は保管できず,日持ちが悪く,使い難い.
理想は固形飼料などを使いたいところ.

RIMG0369%20%28314x236%29.jpg

野外では,こうやってキノコを食べているのだろうか.
実際に行って観察したい.

RIMG0266%20%28314x236%29.jpg

調子の良い雌.

Archiblatta hoevenii 卵鞘の卵数

The number of eggs in the ootheca of the Archiblatta hoevenii

RIMG0373%20%28314x236%29.jpg

片側12~13卵.
合計24~26卵程度が標準のようだ.
孵化率も悪くない.

2015年03月26日

Archiblatta hoevenii幼虫の潜み場所

Nymph hiding place of the Archiblatta hoevenii

RIMG0293%20%28314x236%29.jpg

このゴキブリの体型は一般的なゴキブリの体型と違うことから,昨日のワモンゴキブリの潜むような狭い隙間ではなく,暗いジメッとした場所と思い込んでいたが,少なくとも幼虫の間は,同じような狭い隙間を好むのかもしれない.

RIMG0292%20%28314x236%29.jpg

シェルター内には幼虫はほとんどいない.

RIMG0291%20%28314x236%29.jpg

ことのほか沢山幼虫が生まれてきたので成虫とは別飼育とする.
この数は,F1のときと同じくらいだろうか.

5つ成虫飼育ケージがあるが,今のところ孵化するのは2ケージだけ.

卵鞘はどの個体も生んでいるので,交尾の具合や適正な個体数などが影響しているのかもしれない.


2015年03月12日

Archiblatta hoevenii F3孵化.Part2

Birth of the F3 of the Archiblatta hoevenii. Part2

RIMG0243%20%28314x236%29.jpg

孵化が続いています.

RIMG0245%20%28314x236%29.jpg

今回は10匹ほど.
何とかペット化したいですね.
あと餌を変えて,飼育し易くする事ですね.

2015年02月27日

Archiblatta hoevenii F3孵化

Birth of the F3 of the Archiblatta hoevenii.

RIMG0223%20%28314x236%29.jpg

やっと誕生しました.
初です.
現在4個体.

RIMG0224%20%28314x236%29.jpg

親.

2014年12月15日

Archiblatta hoevenii F2の産卵

Ootheca of F3 of Archiblatta hoevenii.

RIMG0489.JPG

ついにArchiblatta hoevenii 累代飼育難関のF2が産卵を開始した.
ちょっと変な場所に産卵しているが,結構孵化する卵鞘は生まれた幼虫が餌に困らないように餌の側に産み落としたりする.
色,艶,張り申し分ない卵鞘である.

ついに,数年の時を経て,再チャレンジの時がきました.

これを乗り越えると,世界でも多くは達し得ない,ペットローチ化したArchiblatta hoeveniiが出来るかもしれない(少し大げさ?).

2014年11月26日

Archiblatta hoevenii とエリンギ


Archiblatta hoevenii and a king oyster mushroom

RIMG0460.JPG

現地ジャングルでもこんな感じでキノコを食べているのだろうか.

捕りに行きたい(キノコじゃないよ).

2014年11月20日

Archiblatta hoeveniiの分泌液


The liquid which Archiblatta hoevenii secretes.

klnjhvgfftrcdrxe.jpg

床換えの時,移動させようと持ち上げたら見事にくらいました.
が,この液体.
透明とばかり思っていたが,白いことが発覚.

khtfdrdede.JPG

本人は平気のようだが,どこから分泌されるのかいまだに不明.

klnjhvgfftrcdrxe%20%281%29.jpg

早めに手洗いで落とさないと最低1日は,臭いが落ちないのだが,写真とっていたら透明になった.

で,臭いも残った.

2014年10月24日

Archiblatta hoevenii F2成虫続々羽化


F2 of Archiblatta hoevenii began emergence.

eqwewerwererw%20%281%29.JPG

続々と羽化始めた.
雄の方が身軽なせいか羽化成功率は雌より良さそうに見える.
が,雄は羽ボロ多い.

eqwewerwererw%20%282%29.JPG

このように綺麗にむけるためには,広いスペースと足場が必要だと思われる.

eqwewerwererw.JPG

成虫集合の繁殖ケージ.
前回の累代と比べ,良く食べる餌も見つける事が出来,手ごたえはあるが.

インブリ系統を作らないと,累代は難しいのかもしれない.

2014年09月18日

Archiblatta hoevenii F2羽化始まり


Emergence begins of Archiblatta hoevenii of F2.

RIMG0052.JPG

F2の羽化が始まりました.
が,この個体は失敗.

いい色しています.

何匹無事成虫になるか?
前回は,F2は成虫まで育ち,卵鞘も得ることが出来たのですが,1個も孵化しませんでした.
今回は,餌の変更で,手ごたえはあるのですが.

乞うご期待.

2014年08月20日

成虫の状態


State of the imago.

tuhgdsa.JPG

これらの成虫は,全く孵化しない卵ばかりを産んでいる.

tuhgdsa%20%281%29.JPG

孵化する卵も,同じ親から産み落とされた物であった.
見た目では,重量もあり形の良いものも幾つかあるのだが,全く孵化しない.

原因は?
未交尾=雄とは複数同居させていたので,交尾環境が特殊.
これは,ダメ卵鞘を壊せばわかりそうだが,孵化の期待を最後までするので,諦めた時はボロボロとなっている.

栄養不足.

いろいろ考えると,F3で試すしか無さそうだ.

2014年08月19日

Archiblatta hoeveniiF2幼虫の状態


The state of F2 larva of Archiblatta hoevenii.

今回のF2は,孵化率は良くなかった.
しかし,死亡率は前回死骸の山が出来上がったのに比べ,今回幼虫で死亡した個体は数匹.

gyuertwop.JPG

餌を換えた影響と考えたい.

gyuertwop%20%281%29.JPG

良く食べている.
エノキより持ちも良い.

F3誕生に少し期待が持てそう.

2014年06月27日

Archiblatta hoevenii F2

F2 of Archiblatta hoevenii

RIMG1847.JPG

最近床換えしたのに,ケース垂直面に汚れが目に付く.

RIMG1848.JPG

この状況は,前から気づいていたが,本種幼虫は,平面の隙間よりも,垂直方向の場所を好むような傾向にあるようだ.

kjhoh.JPG

が,こんな場所にも沢山もぐりこんでいるのも観察できる.

RIMG1850.JPG


餌は,エリンギ・やわらかコーンは好むようなので,この栄養で次世代を残すエネルギーが蓄えられると良いのだが.
昆虫ゼリーは,累代すると少し食べるような感じ.

RIMG1854.JPG

ゴキブリの飼育ケースには見えないですね.
それに,手間もむちゃくちゃかかります.
現在,F2,45匹.
次の山場はこの個体が成虫になり始める秋頃だろう.

2014年06月17日

Archiblatta hoevenii と エリンギ


Pleurotus eryngii and Archiblatta hoevenii 

sawerrytyutu.JPG

sawerrytyutu%20%281%29.JPG

sawerrytyutu%20%282%29.JPG


エノキからエリンギに変えて結構経つが,未だに幼虫から成虫までよく食べてくれる.

さらに,キノコの日持ちも良い.

これなら,F3も少しは期待できそうである.

2014年05月21日

Archiblatta hoevenii 5月の孵化

Ootheca of the Archiblatta hoevenii which hatched in May

RIMG1936.JPG

相変わらず孵化率が悪い状態が続いている.

産下される卵鞘自体も,状態が悪い(形の歪み等)ものが多いので,正確には,孵化率というより,正常卵の産卵率といった方が良いかもしれないが.

10数匹雌成虫になったが,孵化する卵鞘を産んだのは2,3個体のみ.

RIMG1937.JPG

これは,調子の良い成虫のケージ.
何とか累代系統を作りたいのだが,この中のどれだけが成虫になるだろうか.

2014年04月01日

良さそうな卵鞘


Merit – an ootheca with that right of Archiblatta hoevenii

4月になりました.
歳をとると,あっという間に季節が変わります.
虫の季節ももうそこに来ています.
悔いの無い夏を送りたいと思います.

trrrrrruytujt.JPG


なかなかまともな卵鞘を産んでくれないが,これは少し期待できそう.

trrrrrruytujt%20%281%29.JPG

うん.いい感じ.

2014年03月26日

Archiblatta hoevenii 交尾


Mating of Archiblatta hoevenii

sfsdfrh.JPG

sfsdfrh%20%281%29.JPG

繁殖勢いの落ちるこのごろ.

久しぶりに光が見えた気がした.

餌の食いがエノキと違い良くなっているので,F3以降も希望が見えた.

2014年02月25日

Archiblatta hoevenii孵化


Archiblatta hoevenii
hatching

%3Bl%3B.JPG

少しづつではあるが,孵化している.

1月に1個程度だろうか.

最近,よく食べるキノコを発見.

次回お楽しみに.

2014年02月06日

Archiblatta hoevenii調子の良いケージ

The breeding cage of Archiblatta hoevenii in good condition.

dghj.JPG


このケージの雌の産む卵鞘は,比較的孵化率が高い.
また,孵化幼虫の死亡も今の所少ない.

2014年02月05日

Archiblatta hoevenii F3が鬼門


F3 of Archiblatta hoevenii is an omen.

F2の孵化率が相当悪い.
性格に数えていないが,1割未満のようだ.

%E9%AC%BC%E9%96%80%20%281%29.JPG

5個目の孵化.
F3を乗り切ると,先が見えそうな感じだが.


2014年01月16日

Archiblatta hoeveniiF2孵化


Hatching of F2 Oothecaof Archiblatta hoevenii

%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BC%9B%E3%81%86.JPG

孵化率はやはり悪い.

雌成虫らは,卵鞘を産み続けているが,形が歪んでいるものが多い.

孵化した卵鞘は5個目.

前回と同じ様な軌跡を辿り始めている.

%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BC%9B%E3%81%86%20%281%29.JPG

卵鞘内の未成熟卵.

%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BC%9B%E3%81%86%20%283%29.JPG

このままの状態で成長してくれると良いのだが, なかなか・・・.

2014年01月01日

2014年 新年


We look forward to working with you this year.

RIMG1540.JPG

明けましておめでとうございます.

fgjkkk.JPG

本年もよろしくお願いします.

2013年12月24日

Archiblatta hoeveniiの餌


Food of Archiblatta hoevenii.

ゴキブリの餌といえばネズミ固型飼料がどの種も,食べてくれるが,本種は昔試しても全くといっていいほど食わなかった.
その為,この系統には与えたことがなかったが,あまりに卵鞘の出来が悪いので,久しぶりに与えた.

RIMG1536%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

結果は,表面を軽く齧っている程度.

横のやわらかコーンは,毎回良く食べられている.

まあ,全く食わないわけでは無さそうだが,飼育結果を左右するほど重要では無さそうだ.

2013年12月17日

Archiblatta hoevenii 標本

The specimen of Archiblatta hoevenii

明らかにワイルド個体よりも短命で終わっている.

例により,F2以降どうなるか分からないので,たまにはライブ標本的なものに挑戦.

RIMG1525.JPG

RIMG1527.JPG

今は綺麗に見えるが,乾燥するとどうなるか.
乞うご期待.

2013年12月12日

Archiblatta hoevenii雄の求愛行動

Acts of courtship of the male of Archiblatta hoevenii.

RIMG1546.JPG

本種の雄の腹板背面には,分泌腺の開口部があり,ここからメスを誘う物質を出しているようである.

RIMG1549.JPG

その気になったかのように見えたメス.
オスも必死に頑張る.

RIMG1532.JPG

が.
オスはまだやる気満々だが,交尾は成立しなかったようだ.

2013年11月18日

Archiblatta hoevenii F2交尾


Copulation of Archiblatta hoevenii F2

RIMG1421.JPG


良い卵鞘が少ない中,交尾は久しぶりに確認.

期待して待つことにする.

2013年11月05日

Archiblatta hoevenii F2羽化


Emergence of Archiblatta hoevenii F2


RIMG1471.JPG

何とか上手くいったようだ.

体重が重くなるせいか,成長するほど脱皮の失敗が多くなる.

広いスペースで,様々なシェルターを設置し,個体各々が良好を選択出来る様にしないと,羽化不全は一向に減る気配がない.

RIMG1473.JPG

このように,平面で綺麗に脱皮する個体もいることはいる.

2013年10月31日

 Archiblatta hoevenii W産卵

Laying W eggs of Archiblatta hoevenii.


RIMG1357.JPG

ありがたい光景だが,左の卵鞘はちょっとあやしい.


ところで,10月も今日で終わりとなります.
皆様のゴキブリたちは,冬篭りの準備はお済でしょうか.
と言っても,やることは加温の準備ぐらいですが.

こちらは,低い位置にある棚の中に,適温系を入れ,加温をはじめています.
害虫系で,近々に使用する予定のない種は,低めの方が増えなくて楽ですが.

2013年10月18日

Archiblatta hoevenii F2 再び

F2 of Archiblatta hoevenii occurred again.

過去のブログを見ると,F2を初めて確認したのが,2010年4月となっている.

5年ぶりの再会となった.

sdfsgfhjgj.JPG

孵化数は,ここに写っていないが蓋に2匹.
合わせて13匹.

sdfsgfhjgj%20%281%29.JPG

卵鞘内には16卵あり,1個はカビ発生.2個は孵化直前まできていたが,これで成長はストップしたようだ.

さて,これからが本種の未知の世界.

F3を目指して困難な道のりの始まりの予感.

2013年10月03日

Archiblatta hoevenii F2卵鞘


The ootheca of F2 of Archiblatta hoevenii

前回の累代飼育の時もそうであったが,飼育下でのF1の生存率は低く,また,卵鞘も不完全の率が高い.

RIMG1233.JPG

これは,現在は期待できそうな卵鞘.

正確に記録していないが,このような出来の良い卵鞘の確立は,10%程度に思える.

やはり,Wの飼育下では,孵化率が高いので,成虫になる過程での栄養条件が影響しているものと思われる.

2013年09月20日

Archiblatta hoevenii ついに逝く

It dies to Archiblatta hoevenii.

RIMG1246.JPG

ついに★となりました.

次は,F1に頑張ってもらわなければいけない.

2013年09月11日

Archiblatta hoevenii 終焉


The end of Archiblatta hoevenii


昨年の11月に入手して以来,合計26個の卵鞘を生んでくれた.

RIMG1195.JPG


後半の数個は,形もおかしくなり,孵化していないが,自然環境化では孵化していたかもしれない.

1卵鞘22の卵があったとすると,572匹の幼虫が孵化した事になる.

自然界では,600匹以上の幼虫が,1匹の雌より生まれた事になる.

しかし,現地では多くは見かけないらしいので,捕食者や病気などが数をコントロールしているのかもしれない.

RIMG1212.JPG

RIMG1211.JPG

この雌は,腹端部が変形してきており,これ以上の産卵は望めそうに無い.

ワモンゴキブリも,成虫になってから1年以上生きるが,産卵は1年以内に衰えてくる.
老後の時期を迎えているのだろう.

2013年08月27日

Archiblatta hoevenii♂新成虫


The new imago of the male of Archiblatta hoevenii

RIMG0981.JPG

右にけつを向けている個体のように,翅が伸びきらない個体が5割以上出る.
野生では,高い場所で単独で羽化するのだろう.


これは綺麗な伸び方をした個体.

2013年08月07日

Archiblatta hoevenii 羽化


Emergence of Archiblatta hoevenii


sfdgsdghj.JPG

続々と羽化が始まっているが,狭い容器に入れていると,地面すれすれの羽化が多くなる.

これは雌なので,羽バカは起こらないが,雄は結構多くなる.

2013年07月31日

Archiblatta hoevenii F2産卵


Laying eggs of Archiblatta hoevenii of F2.


RIMG0976.JPG

F2が産卵を始めた.

この後の累代に繋げるのは当然この世代だが,最初から歪な卵鞘に少し不安がよぎる.

2013年06月18日

親ゴキの上に仔ゴキ


The child cockroach on a parent cockroach.

RIMG0775.JPG

親と1齢幼虫.


RIMG0777.JPG


ほほえましい.

2013年06月06日

Archiblatta hoevenii幼虫脱皮と餌

A self-renewal of the larva of Archiblatta hoevenii, and the food of a larva.

gjfhljarchii.JPG

3,4齢の脱皮は,平地でも問題なし.

gjfhljarchii%20%283%29.JPG


餌は,たまに自然発生する小型のキノコは見向きもしない.

過去に,乾燥しいたけ,キクラゲ乾燥戻しなど,保存がきくものを試したが,全く食わなかった.
今のところエノキが№1.
次にシメジ.

2013年05月10日

まだ産むArchiblatta hoevenii

Archiblatta hoevenii which is continuing laying an Ootheca.


RIMG0491.JPG

しつこいですが・・・.

この個体は当りでした.


RIMG0492.JPG

いまだに,孵化も続いています.

2013年04月17日

まだ産むArchiblatta hoevenii

Archiblatta hoevenii which still lays Ootheca.

DFGHFTRJU.JPG

日本に来て,約半年.

DFGHFTRJU%20%281%29.JPG

いまだに現役で見た目も綺麗な卵鞘を産み続けている.
餌はエノキとやわらかコーン.
思いだした時にシメジ.
成虫は枯れ木はあまり齧っていない様に見える.

DFGHFTRJU%20%282%29.JPG


撮りまくっていたら,シェルターに逃げ込んだ.

2013年04月05日

Archiblatta hoeveniiの意外な餌

Unexpected food of Archiblatta hoevenii

kiguisdgdf.JPG


エノキを食べているのではありません.

kiguisdgdf%20%281%29.JPG

良くみると,シェルターで入れた木を齧っていました.

その木を良く観察すると,全体の角が取れ,日常的に食べていた事がわかります.
朽木なら何でも食べるのか.
樹種があるのか.
現在,この朽木の樹種を過去の写真から探しています.

2013年03月28日

Archiblatta hoevenii来て半年


Archiblatta hoevenii
was bred and half a year passed.

afsdfgdsgdfh.JPG

引き続き Archiblatta hoeveniiネタを.

すでに手元に来てから半年が経とうとしている.
だが,いまだに卵鞘を産んでいる.

afsdfgdsgdfh%20%281%29.JPG

これも,いい感じの産み方.

2013年03月27日

Archiblatta hoevenii孵化幼虫

The larva immediately after hatching of Archiblatta hoevenii.

RIMG0857.JPG


体長は11mm前後.

RIMG0862.JPG

数時間後.
2期の孵化幼虫が混ざっているようだ.
シェルターが入れてあっても,こうしてケージの隅に群れている群れがある.
身を潜めることより,風通しの良い場所を好むのかもしれない.

2013年03月08日

Archiblatta hoevenii 初齢幼虫


Instar of Archiblatta hoevenii

RIMG0847.JPG

動かなくなっていた幼虫.

雌雄を確認しようと,腹面腹端部を見たが,良く分からず,断念.

RIMG0849.JPG

しかし,背面を見る限り雌のようにも見える.
標本にしたので,もう少しサンプルが取れたら,再比較します.

こうして撮影すると,小さく見えないが,

RIMG0851.JPG

実はこのサイズ.

2013年03月06日

Archiblatta hoevenii の餌

Feed of Archiblatta hoevenii

gfjgy.JPG

例のハムスター用ベビーコーンを食べる初齢幼虫.

gfjgy%20%281%29.JPG


エノキに齧り付く成虫.
新鮮でないと食いつきが悪い.
頭部の目のように見えるのは触角の付け根.
こちらをにらんでいる様に見えて面白い.

2013年02月25日

Archiblatta hoevenii幼虫の餌


Food of the larva of Archiblatta hoevenii


RIMG0695.JPG

順調に孵化が始まった.

餌は,成虫同様キノコ類を好むようだ.

RIMG0677.JPG

エノキ,ブナシメジは良く食べている.
しかし,やはり古くなると摂食は落ちるようで,新鮮な物を与えると食べる光景を良く見かけるようになる.
そのほかは,煮干をたまにと,柔らかコーンが穴場だろうか.

2013年02月07日

ジャイアントローチ卵鞘の埋め込み

Laying eggs of Archiblatta hoevenii


gfjhk%20%281%29.JPG


gfjhk%20%282%29.JPG


gfjhk%20%283%29.JPG


gfjhk%20%285%29.JPG


2013年02月01日

ジャイアントローチの餌


Food of Archiblatta hoevenii.

fgyd%2Clty%20%281%29.JPG

fgyd%2Clty%20%282%29.JPG

以前飼育した際は,エノキ,シメジを与えても,シメジはあまり食べず,エノキが多かったと思う.
今回は,半々だろうか.

fgyd%2Clty%20%283%29.JPG

しかし,キノコであればなんでも良い訳でも無さそうで,この自然発生したキノコは全く手を付けていなかった.

キノコ以外では,煮干が齧った後を確認した.

2013年01月04日

ゴキブリの運


Droppings of a cockroach.

皆様.
新年はいかがでしたでしょうか.
こちらは,ゴキブリの越冬も無事出来ました.
ムカデ,ヘビ,クモ良い年を迎えたようです.

といった訳で,ゴキブリの運くらべ.
どのゴキブリが大きな糞をするか.
主要な大型のゴキブリと,有名どころを比較しました.

RIMG0357%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E4%BD%8E%E7%94%BB%E7%B4%A0.jpg

結果は,以下のようになりました.
第1位 Macropanesthia rhinoceros ヨロイモグラゴキブリ
第2位 Archiblatta hoevenii ジャイアントローチ 
第3位 Morphna sp.
第4位 Archimandrita tesselata ジャイアントウッドローチ
第5位 Gromphadorhina oblongonota マダゴキ
第6位 Rhabdoblatta yayeyamana ヤエヤママダラゴキブリ
第7位 Periplaneta fuliginosa クロゴキブリ

種や食性で体長に関係なく糞の大きさは変わるようです.

運でいえばMacropanesthia rhinoceros.
クロゴキに比べれば,大事にされると思われます.

2013年01月01日

明けましておめでとうございます.2013年

I wish you a very happy new year. 


Archiblatta hoevenii


RIMG0353.JPG


RIMG0349.JPG

今年もよろしくお願いいたします.

2012年11月19日

ヤスデムカデ

The centipede which did the figure of the millipede,Yasudemukade.

土日で開催された「昆虫大学」に行ってきました.

AntRoomさんで見かけた噂のムカデ.

RIMG0409.JPG


こりゃ凄い.
胴部はヤスデ,歩肢はヤスデ色したムカデ.
しかし,頭部には立派な顎肢があり,触角もムカデですが,やはりヤスデにしか見えない.
動きは間違いなくヤスデ.
雌のような感じであったが,不明とのこと.

ちなみに写真の手はS田さん.
この大きさでハンドリング可能なムカデ(まあ,島田さんは何でもOKそうだが)とは.
土壌生物は,まだまだ知らない生物が沢山いますね.

R0012103.JPG

Archiblatta hoevenii

R0012108.JPG

Pseudophoraspis sp.

これらは今回お持ち帰りしたゴキたち.
沢山サービスしていただき有難うございました.

また,様々な人たちとお会い出来,早めに帰る予定でしたが,思わぬ長居をしてしまいました.
私のような変人と話をして頂き,皆さん有難うございました.

2012年03月19日

Archiblatta hoevenii end.

Archiblatta hoevenii end..


主のいないプラケを放置していても,邪魔なので中の卵鞘を調べて見た.

ghlu.JPG

ghlu%20%281%29.JPG


形は申し分ない.
しかし,皆スカスカであった.

これにて本種は終り.

2012年03月13日

Archiblatta hoevenii 残された卵鞘


Ootheca to which Archiblatta hoevenii was left behind.


%E6%AE%8B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%8D%B5%E9%9E%98.JPG

この写真では,4個卵鞘が分かる.

いかにも孵化しそうな卵鞘だが,たたくと乾燥した音が響く.

他にもあるだろうが,孵化する気配が無い.

2012年03月12日

Archiblatta hoevenii 最後の時


At the time of the last of Archiblatta hoevenii.

sasiajfod.JPG

過去のブログによると,昨年の7月以前に羽化した♀.

いくつも卵鞘を生んでくれたが,未だに孵化しない.

sasiajfod%20%281%29.JPG


そしてついに,生きてはいるが,動けない状態になっていた.

本当に良い経験をさせてもらった.

2011年12月22日

2011年末のArchiblatta hoevenii

The situation of the Archiblatta hoevenii of the end of 2011

gf%20%282%29.JPG


現在も元気に活動しています.
しかし,卵鞘は孵化せず.

gf.JPG

来年は奇跡が起きるか.
期待しないで期待したい.

2011年10月04日

Archiblatta hoevenii メスと卵鞘


saikdsi%20%282%29.JPG

jiosdf%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

その後,卵鞘は良さそうなのを産み続けているが,一向に孵化しない.

矢印が卵鞘.
本当に良さそうな状態に見えるが・・・・.

年内には答えが出るであろう.


関係ないが,先日紹介したゴキパッチンは,○急ハン○に売っているそうです.

「ドッキリガム」で検索するとネット上でも結構ヒットします.

2011年08月01日

Archiblatta hoevenii 最後の♀

早くも8月.

皆様いかがお過ごしでしょう.

インド出張の空白の時間を埋めるべく,飛び回っています.

今日より日常的な話題に戻ろうと思います.


%E3%81%95%EF%BD%87%EF%BD%87%E3%81%98%E3%82%85.JPG


とうとうこの個体のみとなった.
そして,ちょうど産卵していた.
形は良さそうだが,色が白すぎる気がする.

後は待つのみである.

2011年07月13日

Archiblatta hoevenii 最後のペア

悪戦苦闘であった.

saigopeaq.JPG


ついに最後のペアとなり,特大ケースから中プラケに移動.

なんともなぞ多きゴキブリである.

累代はF2で終了する気配が濃厚となった.

以上.

2011年05月11日

Archiblatta hoevenii 多頭飼育

全く卵が孵化しないので,全部同一ケージに投入.

RIMG0147.JPG

壮観であるが,増えなければしょうがない.
雄の翅もボロボロになり,だんだん心細くなるばかり.
さて,この続きはどうなる事やら.

2011年03月23日

Archiblatta hoevenii インブリ

F2にて滅びるのか.
全くまともの卵を産まなくなった.

damama%20%282%29.JPG


形が短かったり,潰れていたり.
色が薄かったり(白色系).

インブリはダメなのでしょうか.
カマキリ,タランチュラ類はダメと聞いていますが.
ゴキブリではたして起こるのか.
分かりません.
どなたか他系統飼育の方,トレードしませんか.

2011年02月09日

Archiblatta hoevenii  羽化 4

dappii.JPG

♀成虫への脱皮.
ただでせさえ大きい種だが,脱皮直後の白い体色は,実物より余計に大きく見える.
横たわっていたので,失敗かと思ったが無事であった.

本種に限った事ではないが.
自然界ではどういった場所で脱皮するのだろうか.

2011年01月18日

Archiblatta hoeveni 産卵?

数日前,とほほな産卵を紹介したが,今度は少し期待できそうな卵鞘を産んでいた.

mareayasi.JPG

幾分,昨日の不完全白卵鞘が入っていそうだが,状況は改善されてきたと喜びたい.

mareayasi%20%281%29.JPG

2011年01月11日

Archiblatta hoevenii 想定外

前にも書いたが,F2の成長は,脱皮不全にならず,順調に成虫になっている.

dameaam.JPG

唯一,同卵鞘内で成長不良だった幼虫が,やはりダメだった.

後一つ.ずっと気になっていたのだが,雌が卵鞘を付けているのを今回は見た事が無い.

♀成虫♂成虫共に複数おり,F3は「うはうは」と高を括っていたが・・・.

やっと確認できた卵鞘はごらんの通り.

これはやばいかも.
原因を究明中.
というか全く解らない.

2010年11月19日

Archiblatta hoevenii 成長差他

羽化する個体の横で,初齢に近いような個体が同居している.

RIMG0444.JPG

これは,同じ卵鞘より孵化した個体.
この違いはなぜ起きるのか.
発育不全の可能性もあるが,異常個体であれば長くは生きていないだろう..
同世代との成長をずらす事により近親を避けるためか.
このペースでは成虫まで,まだ半年は必要だろう.
はたして,成虫となるか.楽しみである.


そうこうしていると,別の卵鞘個体群の中の1雌が脱皮しそうな気配.

zikuko%20%281%29.JPG

今度は前回失敗の連続だった垂直面での脱皮.

深夜だったので,そのまま就寝.
今年は,脱皮失敗が無いのでそれほど心配はない.

zikuko.JPG

翌朝.
期待通り無事完了していた.

2010年11月18日

Archiblatta hoevenii 羽化 3

脱皮が失敗しない訳?

%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%88%86%E5%BE%8C-1.JPG

結構重そうな体を支えるしっかりとした脚.
昨年は,垂直面での脱皮に,足場が安定せず失敗をしていたと思ったが,
平面でも脱皮は成功する事から,設備的な失敗ではなく,生理的・体力的な失敗だったのだろうか.
以前もぴょんきちほいくえんさんより同じような事をアドバイスされたが.
前回の飼育と違う点は人工的な足場はやめた.
餌は固型飼料に偏らず,キノコ類もまめに与える.
多頭飼育をやめた.
土壌維持生物としてトビムシのみを投入.
F2になった.
そんな所だろうか.

2010年11月17日

Archiblatta hoevenii 羽化 2

%EF%BC%95%EF%BC%96%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

56分後.
腹端が抜けるまで30分近く要した.
この状態で40分近く静止していた.

%EF%BC%96%EF%BC%98%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

68分後.
やっと向きを変え,脱皮殻を食べに動き出す.
この間,別の幼虫が近くに寄ってきたが,何事も起きず脱皮殻も横取りされなかった.

%EF%BC%98%E6%99%82%E9%96%93%E5%BE%8C.JPG

明けて6時間後.
やっと色づいてきたがまだ骨格は固まっていない.

%EF%BC%98%E6%99%82%E9%96%93%E5%BE%8C%20%281%29.JPG

脱皮殻は途中で摂食の邪魔をしたせいか半分ほど食い残している.

とりあえず無事完了.
今年の個体達は,脱皮不全をほとんど起こさない.

2010年11月16日

Archiblatta hoevenii 羽化 1

F2成虫への脱皮

suta-to.JPG

%EF%BC%94%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

4分後.

%EF%BC%98%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

8分後.

%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

14分後.

%EF%BC%91%EF%BC%94%E5%88%86%E5%BE%8C%20%281%29.JPG

横から.

%EF%BC%92%EF%BC%96%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

26分後.

2010年10月27日

Archiblatta hoevenii 成長差

06.08%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%281%29.JPG

昨日羽化した個体と同じ日に同じ卵鞘から孵化した幼虫.
中にはまだ2齢幼虫ほどのサイズがいる.

06.08%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%282%29.JPG

成長不良なのか,この種の特徴か分からないが,これだけ成長がばらつくゴキブリは聞いた事がない.

2010年10月22日

Archiblatta hoevenii F2羽化

F2♀が羽化した.

05.04%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%282%29.JPG

孵化から約5ヶ月.
大型のゴキブリにしては成長が早い.

05.04%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%283%29.JPG

半日後.

05.04%E5%AD%B5%E5%8C%96%20%284%29.JPG

♂は1ヶ月早く羽化している.

2010年08月18日

最後の卵鞘 孵化

Archiblatta hoevenii F1が最後に産んだ卵鞘が孵化した.

saigo.JPG

今度は16匹とW卵鞘とほぼ同数の孵化数であった.

2010年08月10日

Archiblatta hoevenii F2 孵化

4個目の卵鞘が孵化した.

4ti%20%281%29.JPG

相変わらず大きい幼虫である.
そして,一目でArchiblatta hoevenii の幼虫だと分かる.

4ti.JPG

よく考えると,1齢幼虫と成虫で形態的変化が少ないのは,知る中では本種ぐらいではないだろうか?

いいゴキブリだ.
W個体の卵鞘より孵化率が悪い.
孵化数もWの時は16頭とか出たが,この卵鞘も11頭であった.

2010年06月04日

 「ムシの日」

「6月4日」 ムシの日です.
言われて気が付きました.
虫の日は自慢のゴキブリ(虫)を・・・.
らしいので,自慢ではないですが,あまり見ることの出来ないショットを.

3osu.JPG

♂成虫3頭.
結局,最終的に成虫になったのは,♀1,♂4.
大失敗である.

2010年04月28日

Archiblatta hoevenii ♂の交尾行動

Archiblatta hoevenii ♂成虫が♀終齢を挑発している.

mare.JPG

他の種でも良く見かける,翅上げ行動.

mare%20%281%29.JPG

上から見ると良く分からなかった.

2010年04月20日

Archiblatta hoevenii F2孵化

efutu.JPG

ついに孵化しました.
(あわてて撮ったのでぶれていた)

efutu%20%281%29.JPG

10匹確認.

F1の結果は,まだ全て成虫になっていないが,
幼虫約100匹中♀2匹(終齢1,成虫1)♂4匹(成虫).
生存率6%である.
こりゃ参った.

2010年04月09日

Archiblatta hoevenii と キノコ

昨日まで元気だった♀中齢幼虫.

外に出てシェルターにいる事が多かったので,脱皮が近いとは思っていたが・・.

kinoko.JPG

この個体は中脚が左右とも無く,今度の脱皮で少し改善されると期待していた.

kinoko%20%281%29.JPG

しかし,キノコに力を吸い取られたのだろうか.
なんとも言葉が無い.
何れにせよ,この齢数の♂幼虫も残っていないので,この個体が無事成虫になった頃は,今いる♂成虫も絶え交尾不能になっていたかも知れぬが.

そういえば昨晩,本種の成虫が数十匹ケージの中にいる夢を見た.
正夢になればよいが.

2010年04月05日

Archiblatta hoevenii 交尾

成虫になって4ヶ月.

そろそろ寿命かと思っていたが,まだいけそうだ.

a-kikoubi.JPG

ケース越で見え難いがちゃんとしている.

a-kikoubi%20%281%29.JPG

上より.
分かっていると思うが,右が♂,左が♀.

a-kikoubi%20%284%29.JPG

横からのアングルで綺麗に撮りたかったが,♂にソッポを向かれた.
これならまだ元気な卵鞘を産んでくれそうだ.

頑張れ!!

2010年03月25日

Archiblatta hoevenii F2卵鞘

F2が卵鞘を産んでいる.

damerann.JPG

窪みがある卵鞘.

damerann%20%281%29.JPG

短い???.

はたして,孵化するだろうか?
海外でも飼育している人はいるようだが,うまく行っていないと聞く.

2010年02月15日

Archiblatta hoevenii羽化

♂の羽化.

mareuka%20%281%29.JPG

頭を下に向け,背中(中・後胸)より亀裂が入り脱皮がスタートする.

久しぶりの脱皮シリーズである.

とここで電話が入り,終わって見てみると脱皮途中で下に落ちていた.

mareuka%20%282%29.JPG

一応,全て脱げているようなので,また元に戻した図.

mareuka%20%283%29.JPG

次第に羽が伸びてくる.
セミの羽化のようだ.

mareuka%20%284%29.JPG

大分骨格が固まり色が付いてきた.
ここまで要した時間は,約7時間.
完全に固まるまではまだ数時間かかりそうだ.

それにしても,電話さえなければ途中も見れたのに,残念である.

2010年02月08日

Archiblatta hoevenii 産卵

そろそろ産むかと思っていたが,転がし産卵されてしまった.

sannrann.JPG

もしかしたらいくつかすでにマット内に産卵されているかも知れないが.

これが孵化すればF2が取れる.

もう少し累代を重ねれば,維持しやすい個体群が出来るかもしれない.

sannrann%20%281%29.JPG

産卵とは関係ないが,右がたぶん終齢の♀.
左がその一つ前の♀幼虫.

2010年01月19日

Archiblatta hoevenii ペア

ジャイアントローチのペア揃っての写真.


mare-pea1.7.JPG


昨年末に,♀成虫かと思っていた個体は,どうも終齢幼虫であったようで,
脱皮殻と共に巨大な赤黒い♀がいた.
腹部だけを比較しても,雌雄の大きさの違いがわかる.
やはり♂の方が早く成虫になる.

結局ペアが揃うまで,産卵されてから8ヶ月近くを要した.

さあ,F2は取れるであろうか?
結果は春頃になるであろう.

2010年01月14日

Archiblatta hoevenii ♂ 寿命

F1個体の中で最初に成虫になった♂が死亡した.

%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%82%B9%20%284%29.JPG

翅はぼろぼろなので,展翅する事にする.

記録を見るとこの個体の寿命は35日.
たぶん本来の寿命ではないと思うが,同じような♂のみが長翅のDeropeltis属も♂は意外と短命を経験しているので,短いのか弱いのかどちらかであろう.

翅を開くと第一腹節に分泌線の毛叢が目に付く.

%E5%88%86%E6%B3%8C%E8%85%BA%E3%81%AE%E6%AF%9B%E5%8F%A2.JPG

拡大.

%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%82%B9%20%282%29.JPG

後方より.
見慣れた薄型のゴキブリ腹部と比べ,厚く丸みを帯び,改めて特殊なゴキブリだと思う.

2009年12月09日

Archimandrita tesselata 食事

本種のように大型で良く増える種は,食欲もパワフルである.
腹が減っていると人目もはばからずバリバリ食べる.

nodokawaita%20%282%29.JPG

これはニンジンを食べているところ.
入れたらすぐに数匹集まり食べ始めた.
ひとくち毎に見る見る減っていく様は圧巻である.
ホラアナゴキブリなどは,何十匹いようが何を食べているのかサッパリ判らない.

nodokawaita%20%281%29.JPG

給水も同じ.
水を大きな顎でワサワサ飲んでいく.

2009年12月08日

Archiblatta hoevenii 失敗

やっと少し成虫が羽化してきたが,その影には脱皮不全が続出した.

gise.JPG

上左の♀は突然死.
しかし,後脚腿節が不自然に長く曲がっているのが判るだろうか.
上右の♀幼虫は,外見は殆ど異常がなかったが,息絶えていた.

左下3匹と,上右2番目は♂の羽化失敗か加齢時の脱皮失敗.
この他にも,脱皮不全を齧られて捨てたものや,相当数の死虫が出ている.

これを見ていたら,エイリアン4のリプリー(シガーニー・ウィーヴァー)をクローンで甦らせる際に失敗した,サンプルがストックされている研究室のシーンを思い出した.

2009年12月07日

Archiblatta hoevenii ♂ 無事羽化

mare-tora%20%281%29.JPG

翅が伸びた完品がやっと出た.
左の♂の上方にいる赤い無翅の個体は♀成虫ではないかと思うが,翅が出ないので判りにくい.

mare-tora.JPG

大きさは頭部から翅端まで約55㎜.

mare-tora%20%282%29.JPG

動きは大きさのわりに意外と素早く,改めてゴキブリだと認識する.
下手に触ると臭い液を出すので,あまり触りたくないゴキブリだ.
見て楽しむ種ではないだろうか.

mare-tora%20%283%29.JPG

翅は腹端を越え,Deropeltis属の♂のようだ.

2009年11月25日

Archiblatta hoevenii ♂

ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii ♂成虫.

seityuu.JPG

7月に孵化してまだ4ヶ月ほどである.

seityuu%20%281%29.JPG

翅も曲がってしまっている.
大きさが小さいような気がするが,始めて見るので判らない.
何はともあれ,見たいと思っていたので感動である.

Blaberus giganteus も高率で翅バカが出る.
羽化場所を特設してやると少しは改善されるが,
本種も早急に対策を考えないと,皆これでは情けない.

2009年11月17日

ジャイアントローチ 脱皮


dappisippaoi%20%281%29.JPG

この状態で止まっているのはほとんど失敗する.

成長するにしたがい,脱皮失敗が多くなってきている.
簡単にはいかないようだ.

2009年11月06日

ジャイアントローチ 幼虫 雌雄

中齢幼虫になって,雌雄がハッキリしてきた.

a-kisiyuu.JPG

上の個体が♂.
下が♀.

a-kisiyuu%20%281%29.JPG

突然死した♂個体.

体長は30㎜を優に超える.
4ヶ月ほどでこのサイズまで育てば,あと4ヶ月あれば成虫になりそうである.

a-kisiyuu%20%282%29.JPG

横より.
翅芽がハッキリ確認できる.

a-kisiyuu%20%283%29.JPG

腹端部も♂の特徴が出ている.

急ですが,これから出張となり,そのまま来週のペストロジー学会参加となる為,来週の更新が止まります.

2009年10月22日

ジャイアントローチ脱皮不全

 Archiblatta hoevenii 脱皮不全.

maredappi%20%281%29.JPG

どうやら脱皮の途中で食べられたようです.
本種は他の種に比べると密度は低くして飼育しているが,
自然界のようには行かないようだ.

maredappi.JPG

体長は20㎜を越え,存在感も出てきた大きさ.
このサイズになると,後脚腿節がオレンジに発色してくる.

2009年10月13日

Archiblatta hoevenii幼虫脱皮

Archiblatta hoevenii 幼虫の脱皮.

mare-%20dappi.JPG

普段はシェルター内に潜んでいるが,脱皮の時には外に出て行なう.
飼育密度の問題もあるでしょうが・・.

2009年09月29日

ジャイアントローチ 孵化

孵化に要する期間は約3ヶ月.
90日ほど要した.

9.12%20%2810%29.JPG

1卵鞘の孵化数は18匹~.

mare-1rei.JPG

1齢幼虫の大きさ8ミリ内外.

mare-1rei%20%281%29.JPG

卵鞘がBIGなので幼虫もBIGである.

9.12%20%282%29.JPG

形態は成虫をそのままスケールダウンした形.
通常成虫と幼虫は少しは見た目で分かる違いがあるものだが,
本種は良く似ている.

くさい臭いを出すところも親そっくり.
手に付くと風呂に入ろうが,一晩寝た位では臭いが取れない.

2009年09月28日

ジャイアントローチ 産卵

Archiblatta hoevenii の産卵

2009年4月1日に♀成虫を入手.
産卵日(確認できた産卵)
4/3
5/1
5/11
6/5
7/6
の合計5回.
産卵開始から産み落とすまで24時間以上要した.

9.12%20%285%29.JPG

2009/9/12にケース掃除で出てきた卵鞘は8個.
幼虫数96匹 死亡確認4匹 合計100匹.
1卵鞘からの孵化数は平均14匹.

親が死亡したのが7/11なので残る3個の産卵日はその間に産卵されていた事になる.
すると,産卵間隔は10日から20日.

卵鞘の大きさは20mm内外.

うち孵化は7個,1個は未孵化.
★になる直前に産んだ卵鞘は孵化していたので,残る一つは望み薄.

卵鞘の埋め込みはマット内に行い,マット表面より5mm以内に産み付けられていた.

9.12%20%284%29.JPG

写真真中に見える.

2009年07月21日

Archiblatta hoevenii

ついに標本になる日が来ました.

%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%AD%BB%E4%BA%A1%20%282%29.JPG

手元に着てから約4ヶ月.
この大きさのゴキブリであれば,他属の例から推測するに,
半年以上は楽に生きそうである.

%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%AD%BB%E4%BA%A1%20%281%29.JPG

頭部拡大.
改めて手にとり,細部を観察すると,昆虫の素晴らしさが実感できます.
多くのゴキブリの場合,この頭部は前胸の下面に隠れ,
上から見え難くなっています.
それが,本種がゴキブリらしくない(私だけ?)理由です.

%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%AD%BB%E4%BA%A1.JPG

後方より.

世界のジャングルには同属でもっと巨大な種や,色彩が派手な種が生息しているかもしれません.
いつか,アマゾンのジャングルの中でゴキブリ採集をしてみたいです.

2009年05月07日

ジャイアントローチ Archiblatta hoevenii

Archiblatta hoevenii (Giant Roaches)

Archiblatta%E3%80%80hoevenii.JPG

マレーシアに生息するといわれる大型のゴキブリ.
手許に来てから飼育環境に少し馴染んだ様なのでご紹介します.

Archiblatta%E3%80%80hoevenii%20%281%29.JPG

当時結構注目を集めていたようなので,ご存知の方も多いと思う.
飼育に関して調べてみたが,国内はもとより海外でもさっぱり情報が見つからない.
国内でも知る限り1名飼育されているようだが不明な点が多い種のようだ.

体長は70㎜内外.
体に厚みがありカマドウマやキリギリスといった外観を持ち,
刺激を与えると「ギギイ」と鳴く.
やはりゴキブリではなく無翅のキリギリスでは?
なんてことは やはり無い.
ちゃんとゴキブリの卵鞘を産んだ.

Archiblatta%E3%80%80hoevenii%20%282%29.JPG

巨大な卵鞘で産み始めてから産み落とすまで丸2日要した.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.