« 気になる物   |   メイン  

2015年07月28日

ミドリガメ

Trachemys scripta elegans

RIMG0786.JPG

上野公園不忍池.

RIMG0787-1.jpg

巨大なミドリガメが日光浴をしていた.

子供の頃なら,喜んで捕りに行ったと思うが,今は喜ぶ気持ちにはなれない.
それにしても肥えすぎだ.
餌が心配だが,たぶん餌も外来種だろう.

2015年04月22日

沖縄出張2

Business trip to Okinawa 2

両生爬虫類.

RIMG0426%20%28314x236%29.jpg

名護市にて.
同行したk田君によるとヒメアマガエルだそうです.
かわいいですね.
なんでも飼育派としては,採集したかったのですが我慢しました.

RIMG0459%20%28314x236%29.jpg

RIMG0467%20%28314x236%29.jpg

こちらは,がじゃんびら公園で見つけたブラーミニメクラヘビとヘリグロヒメトカゲ.
沢山いました.
これまたかわいいですが,ブラーなどは飼育始めたら同時に餌シロアリ探し地獄が始まるので我慢我慢.
それにしてもこの公園,初めて来ましたが,まだまだいそうですね.A○Cレンタカーから歩いて行けますので,ここから車借りた人は,時間があったら行って見るといいです.

2013年08月14日

アズマヒキガエル


Bufo japonicus.

hsdfjkgfasdjkfkd.JPG

現場から回収されてきた個体.

hsdfjkgfasdjkfkd%20%281%29.JPG

上野界隈は本種が多く生息する場所があり,意外な場所でお目にかかることがある.


私は,カエルに関してはあまり興味がなくスルーしていた.
が,これは結構いけるかもしれない.

持った感じが水っぽくなく,動きも少ない.

手に持っても手が暖かいのかジッとしている.

hsdfjkgfasdjkfkd%20%282%29.JPG


餌食いも良い.
食うときの音も「ペタペタ」と面白い.
良く見ると顔も愛嬌がある.
大きい.

カエルが好きな人の気持ちが1mmほど分かった気がした夕方であった.

2008年09月10日

長野のアマガエル

今年のお盆は,仕事の為帰省出来なかったので,日をずらして行ってきた.
夕食後,ふらふらと足湯を見学に.
理由はこれ.

%E5%B8%B0%E7%9C%81%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB%20%281%29.JPG

2年前よりアマガエルの生息を確認していたが,今年もいました.
はたして同じ個体なのか?
生息数はいつも1匹だけなので,同じと信じたいが・・・.
寿命をインターネットで調べると,8年以上などがあるので,
同じ可能性は確かにある.

%E5%B8%B0%E7%9C%81%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB.JPG

こちらは,道の駅の田んぼの近くに居た個体.
居るところには沢山居るが,この足湯は街中にあるので,
生息数が多い場所ではない.

2008年07月15日

小笠原の生き物 夏編その9 悪顔オオヒキ

夜,羽アリの飛翔を見ようと亜熱帯農業センター前の外周道路で見つけた.
いまさらオオヒキガエルはパスしようと思ったが,
あまりの悪顔の個体がいた.

%E6%99%AE%E9%80%9A%E9%A1%94%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%92%E3%82%AD.JPG

こちらが普通のオオヒキガエル.

%E8%B6%85%E6%82%AA%E9%A1%94%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%92%E3%82%AD.JPG

そしてこちらが何とも目つきの悪いオオヒキガエル.
こんな顔の個体は見たことが無かった.

2007年10月29日

長野の生き物  ニホンアマガエル

先週末,長野市で開かれた第23回 日本ペストロジー学会に出席した.
沖縄の時と違い,今回はちゃんとした仕事である.
行く途中にある博物館の雑木林のなかでゴキブリを探しているときに見つけた.
子供の時はアマガエルも普通にいる生き物と思いこんでいたが,東京に暮らしてみると珍しい生き物の仲間に入る.
%E8%91%89%E4%B8%8A%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%AC.JPG
沢山いた.
何処にいるかわかるだろうか?
%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%93%AC%E6%85%8B.JPG
見事な擬態である.

2007年08月31日

今年も出会えたニホンアマガエルHyla japonica(Günther,1859)

毎年,夜一杯やった後,木曽川沿いの足湯に出かけるのだが,去年夏来たとき,外灯のかんばん裏にカゲロウなどの飛来昆虫を目当てにアマガエルが来ているのを見つけた.街中で見かけるのは珍しいので良く覚えていたのだが,今年もいるかと思い覗いてみると,なんと同じ場所にいるではないか.
%E9%9B%A8%E8%9B%99.JPG
はたして去年と同じ個体なのかはわからないが,妙に再会が嬉しく写真に納めた.
感動の再会である.
来年もまた会える事を期待する.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.