« マダガスカルゴキブリElliptorhina laevigata   |   メイン   |   爬虫類 »

2010年07月20日

その後のヤマビル

先週末まで生きていたと思ったが.

hirugo.JPG

ダメな様である.
卵もいまだに孵化せず,大自然の生物を育む力には脱帽.
それとも,人の血液では無理なのか?
はたまた私の血液がまずいのか?

hirugo%20%282%29.JPG

卵が孵化したらまたご報告します.

2010年06月22日

ヤマビル 卵3

2個目を産んだのを確認して以来,放置していた.

kabbi.JPG

最初に産下された卵に,カビのようなものが生えている.
ちょっと意外な状態.
簡単に孵化すると考えていたが,雑菌だらけの手で触ったのがいけなかったのだろうか?

kabbi%20%281%29.JPG

親はまだ腹一杯の状態で,吸血行動に出る気配は無い.

2010年06月07日

ヤマビル産卵2

2個目を産んでいた.

2kome.JPG

右が前回.
左が土曜日に発見した卵.
約1週間間隔で産んでいる事になる.

2kome%20%281%29.JPG

親はまだ活発に動く事はなく,ジッとしている.
この感じだと,まだ2卵は楽に生みそうである.

2010年05月31日

ヤマビル 卵

yamatama%20%281%29.JPG

吸血後約20日で産卵.

yamatama.JPG

産後の親ヒル.
縮んでしまったかと思ったが,まだ十分太い.

yamatama%20%282%29.JPG

透明ケースの上で拡大.
綺麗ですね.
しかし,知識無しに山で拾ったら,この得体の知れぬ物体は不気味かもしれません.

この中に何匹か入っているのだろうか?
見た目では1個の卵にしか見えないが.
数匹出てくるのか?
お楽しみに.

2010年05月24日

ヤマビルその後

yana.JPG

吸血後,プリンカップで保管.

yana%20%281%29.JPG

現在,吸血したあのままの状態で動けない様子.
うまく産卵するのか,このまま動かなくなるのか.
出来ればあのガラス細工のような卵塊を見てみたい.
で, 増えたらどうしよう・・.

2010年05月12日

ヤマビル 吸血

多少気持ちが悪いが,吸血されてみたい願望も少しある.

と言う訳で,手に乗せてみました.

%EF%BC%90%E5%88%862.JPG

ヒルにつかれても,痛みが無く気が付かないと聞きますが,手の場合は痛いです.
剃刀で切られている感じ.
「チリチリ」傷みます.

%EF%BC%93%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

3分後.
まだほっそりしています.
%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%88%86%E5%BE%8C%EF%BD%8C.JPG

15分後.
膨らんできました.
じっと見ていると,気持ち悪さはどこかに消え,何か禁断の感情(笑)が・・.
ドラキュラに血を吸われるのもこんな感じでしょうか.

%E3%81%97%E3%81%94%E3%81%A8.JPG

時間がかかりそうなので,仕事をしている振りの様子.

%EF%BC%93%EF%BC%98%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

40分後.
もうパンパンです.
ヒルの体からは透明な液体が流れ出てきます.

%EF%BC%94%EF%BC%90%E5%88%86%E5%BE%8C.JPG

そろそろコロンと落ちそう.
と思ったら落ちました.

klyuu.JPG

容器に戻し,産卵を待つ事にします.

ヤマビルは感染症等の媒介例は無いそうですが,良いこの皆さんは真似しないで下さい.

2010年05月11日

ヤマビル

いつもゴキブリなどを捕ってきてくれるK田君がヤマビルを捕って来てくれた.

%EF%BC%90%E5%88%861.JPG

Haemadipsa zeylanica japonica Whitman

元気な個体です.

%EF%BC%90%E5%88%86.JPG

伸びますね~.
Wikipedia で調べたら何と硫黄島にイオウジマヤマビル H. zeylanica ivosimae がいるらしい.

大型哺乳動物が生息しない島で何を吸血源としているのだろう.
人か?オオコウモリか?ネズミ類か?
現地でもそんな話は全く聞いた事がない.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.