« ゴキブリの病気   |   メイン   |   ゴキブリ採集 »

2017年05月11日

水容器の構造

Structure of water supply container

給水容器に関して質問があったので説明します.

P5110021.JPG

材料.
左から,中央に穴を開けた樹脂カップの蓋.樹脂カップ.ガーゼを適当な大きさに切った物.切る前のガーゼ(gauze).

P5110022.JPG

樹脂カップ拡大.

P5110024.JPG

蓋の穴にガーゼを通したところ.

P5110025.JPG

P5110026.JPG

左が完成.
右は水入れる前.

RIMG0143.JPG

RIMG15455.JPG

で,このようにゴキブリは水を飲みます.

2017年05月01日

ゴキブリにキャベツ

Cabbage to cockroaches

4月の日本衛生動物学会で,N野さんから,Periplanetaはキャベツを好む可能性があると伺い,小笠原出発前に購入し,クロゴキブリやワモンゴキブリに与えておいた.

P4180031.JPG

P4180032.JPG

マダラゴキブリ

P4180034.JPG

クロゴキブリ.

食べるといいな~と期待しつつ.

P5030088.JPG

P5030089.JPG

帰ってから見ると,みな乾燥してなんだか分からん状況になっていた.
よくよく考えたら葉っぱなんだから,すぐ乾燥する.
少しは食べたと思うが,乾燥した葉が残っているのでは,完食したとはいえない.
もう一度やってみよ.

2017年03月15日

新しい床候補

New bedding suggestions

P3070042.JPG

こちら,ネズミ飼育に使用している床敷き.

P3070041.JPG

Elliptorhina davidiの床換えをしようと思ったが,立ち上げがうまくいった1つの要因と考えられる木チップが劣化し,糞と混ざり合い,再利用不可能な状態.

本来の目的は,初齢幼虫の乾燥保護なので,ヤシガラなどでも良かもしれないが,ヤシガラも,加水を怠ると余計に水分を吸収しかねない.また,マダゴキはマットに潜ることはしないようなので,シェルターをかねる事が出来る素材が良いと考えている.

そこで,身近にあり安価な床敷きを使って見ることにした.

P3070046.JPG

結果よければ,オガサワラゴキブリのようにマットにもぐる種にも広げようかとも考えている.
写真には,若干古いチップも混ざっていますが,初齢幼虫が古いチップにまぎれていたので一緒にすくって混ざった程度のものです.

2017年01月30日

フルーツの利用

Efficacy of fruits related to cockroach health

8i87iih%20%282%29.JPG

普段は果物を買って食べようとはあまり思わないが,ゴキブリのためと思い購入した品.
100円ショップで購入.
ミカンなどスーパーでは2個売りはあまり見たことがない.
リンゴも,100円では売っていない.

味は食べていないのでコメントできないが,非常に便利である.

8i87iih%20%281%29.JPG

種によるが,ミカンを良くたべる種もあり,今までマダラ系だけと思っていたが,調子の悪い個体群には順次与えて行こうと思う.

2016年12月06日

希少種の維持

Maintenance of rare species

今年は,国内採集した小型野外種がいくつか飼育失敗しました.
その原因は,水切れ,餌がカビによる餌切れ.
などが多かったと思う.

特に,水切れは,短期間で不調になり,その後立て直しが出来なくなる.

解決策としては,こまめな世話に尽きるのだが,なかなかそうも行かない現実がある.
今年も,肺炎で緊急入院してしまい,約10日間管理不能になった.
部下に指示は出したが,なかなか思うようにいかず,少しダメになった.

そこで,前から希少種はケージを増やしているのだが,うまく増えていると実行しない.
が,また,いつそうなるか分からないので,少しずつ行おうと思っている.

54%EF%BD%87%EF%BD%865%EF%BD%844%EF%BD%87%20%282%29.JPG

今回は,オガサワラウスヒラタゴキブリ.

54%EF%BD%87%EF%BD%865%EF%BD%844%EF%BD%87%20%281%29.JPG

増やすと同時に,ケージを置く場所も分けることにより,リスクを減らす.

2016年12月01日

12月

December

あっという間に12月.
これからの時期は空気が乾燥するので,水容器の水量も減りが早くなります.
小型の野外種は,乾燥に弱いので注意しましょう.

ムカシゴキブリ科の卵鞘は乾燥に強そうですが,孵化率が低い場合があります.
特に,虫体のステージが単一になると,一時期卵鞘だけの時期があります.

私のところでも,現在Therea regularis がそんな状態.
卵鞘のみで,動くものがありません.

RIMG2234.JPG

そこで,給水する虫体もいないので,給水容器に卵鞘とともにマットを盛ってみました.
うまく孵化すると良いですが.

2016年11月22日

ルリゴキブリ飼育


Breeding of the Eucorydia sp.

hshhyew%20%281%29.JPG

今のところ,マダラゴキブリよりも容易である.

hshhyew%20%282%29.JPG

卵鞘はマットにも産むが,このように湿った場所にも好んで産むようだ.

2016年11月16日

樹皮の再利用

Reuse of bark

オオゴキブリなどの床換後に発生する樹皮.

56fg465fd%20%281%29.JPG

熱湯で殺虫し,軽く水洗いを行い,乾燥.

56fg465fd%20%282%29.JPG

野外性のゴキブリのシェルターに使える.

2016年11月15日

ホラアナゴキブリとハエトリ

Nocticola uenoi uenoi and Jumping spider

室内の害虫に対しては可愛い殺し屋だが,ホラアナゴキブリのケージに侵入したら,恐ろしい殺し屋になる  ところだった.

yh58s%20%282%29.JPG

加水しようと思い,蓋を開けたら何か小さな物がケースの中に落下した.

最初は,ホラアナゴキブリの有翅虫が飛んだのかと思ったが,ハエトリの幼虫だった.

これは想定していない事態.
たぶん,ハエトリにとっては適当なサイズの虫が走り回っているケージにしがみ付き,虎視眈々と狙っていたのだろう.

yh58s%20%281%29.JPG

気が付かなかったら,丸々太ったハエトリの飼育ケージに変わっていただろう.
防虫紙を挟んでいて本当に良かった.

皆さんもさまざまな異物侵入回避のために,防虫紙(新聞紙でも問題なし)を挟みましょう.

2016年11月02日

ホラアナゴキブリの新飼育法

New breeding method of the Nocticola uenoi uenoi

本種の採集場所として,シロアリの巣内を聞いた記憶がある.
今の飼育も,ケージ下部に紙質のシェルターを入れているが,その中に入っていることをよく見かける.

そこで,ちょうど今は,数が安定しているので,同じような環境と思われる,シロアリの巣に数匹投入した.

hj%3Bklifd%20%281%29.JPG

右はネバダオオシロアリ.左ゴキブリ.

hj%3Bklifd%20%282%29.JPG

シロアリの巣に降り立ったホラアナゴキブリ.

hj%3Bklifd%20%283%29.JPG

早速,暗い穴の中に消えていった.
雌雄は確認していないが,1ペアは揃っていると思う.
さてさて,巣内でシロアリと共生している姿が見られるだろうか?

2016年01月08日

落ち葉の管理

Killing insects of fallen leaves

dfgh%20%284%29.JPG

正月に採集してきた落ち葉の雑虫処理中.
大体1分くらいで熱々になる.

dfgh%20%283%29.JPG

dfgh%20%285%29.JPG

その後,通気口の開いた,ケースに入れ,室温の高い棚上で保存.
この量で,2年程度十分使える.

dfgh%20%281%29.JPG

こちらが採集した山.

dfgh%20%282%29.JPG

栗も落ちていたので,野鼠の餌様に採集.
久しぶりに山歩きをしましたが,楽しいですね.

dfgh%20%286%29.JPG

こちらはトチの実.
子供の頃,秋になると拾ってきて,穴を開け,中をくりぬき,トチ笛を作り遊びました.
こんな事を懐かしむようになるとは.
少し歳をとりすぎたかな.

今回,写真を大きくしてみました.
問題なければ,今後このサイズに変えます.

2015年09月14日

Drymaplaneta semivittaの飼育について


qwweer%20%283%29.JPG

About breeding of the Drymaplaneta semivitta

RIMG0941.JPG


死骸の状況が水っぽい.
これは,多種ではあまり望まない状況である.

qwweer%20%282%29.JPG

が,初齢幼虫は普通に孵化し,幼虫死骸もあまり見ない.

qwweer%20%284%29.JPG

卵鞘の産み付け方も特徴があり,密集した場所に,卵鞘の短辺を貼り付けるため,ごつごつ飛び出して見える.

qwweer%20%281%29.JPG

清掃後.
そんなわけで,このケージのメンテサイクルは短い.

2015年07月10日

Cabinet

RIMG0695%20%28314x236%29.jpg

大体多い日は,この棚4つ分のケースをいじる.
全景は,今度TVに出る予定(カットされなければ).
詳細はっきりしたら,この場でお知らせします.

2015年06月23日

樹皮・木片

The bark and chip of wood

khjhg.JPG

オオゴキブリ類の飼育をしていると発生する樹皮や,食いそびれた木片は,野外性のゴキブリ飼育には欠かせない小物である.

2~3cmの物でも,保存しておくと結構役に立ちます.

簡単に水洗いをおこない,乾燥させて保存しておきましょう.

2015年03月23日

 新規ミズゴケの使用準備


Safe confirmation of the sphagnum to use for the first time


RIMG0288%20%28314x236%29.jpg

初めて使うメーカーのミズゴケを購入したので,ゴキブリに対して安全なのか試した.
製品は圧縮された板状のもので,保管場所もとらず,水に戻した感じもよさそうである.が大量に沢山作らなければいけないのが面倒といえば面倒.

RIMG0295%20%28314x236%29.jpg

お試しとして,カップにミズゴケを入れ,中に薬剤に対して抵抗性などなさそうな,Schultesia lampyridiformisの初齢から成虫までを投入し,一晩放置.

RIMG0264%20%28314x236%29.jpg

結果はgood.
これで,様々な野外性のゴキブリに使用できる.

2014年11月06日

防虫シートの穴


Pinhole of paper which prevents insect invasion.

今夏は,ノミバエ侵入があまりにも多かった.
そのため,ゴキブリの世話の都度,シートの穴チェックを始めた.

dfjkqqq%20%282%29.JPG

すると,結構あることがわかった.

dfjkqqq%20%283%29.JPG

裏面.

dfjkqqq.JPG

普通のセロテープにて補修.
表裏から貼るとなお良い.
これで,1年以上もつのだが,本当は新品に換えた方がいい.

dfjkqqq%20%281%29.JPG

Blaberus giganteus は,駆除成功し今の所発生無し.

2014年06月16日

飼料にカビ

It molds and generates in feed.

梅雨いりしました.

気温も暑い日,涼しい日と,エアコン設定が難しい時期です.

餌として与えている固型飼料もこの時期は小まめに交換しないとこうなります.

dgdjlk%20%284%29.JPG

カビ①

dgdjlk.JPG

カビ②

dgdjlk%20%282%29.JPG

カビ③

dgdjlk%20%283%29.JPG

カビは少ないが,ダニが湧いた飼料.
周りの粉状のものがダニ.
こうなると,食べることが出来ないようで,下手すると全滅します.
気をつけましょう.

2014年05月30日

飼育環境の異常?


The abnormalities of breeding environment?


bdfklauqweio.JPG

普段はマット中に潜っていて表面には出ていない種が,こうして徘徊していると「??」となる.

「おお.元気だ」
との見方も出来るが,オオゴキブリやクチキゴキブリのように普段表面を徘徊しない種が,歩き回っていると,その後ろくなことがない.

bdfklauqweio%20%281%29.JPG

よく見ると,マットも普段より水分が多い.
蒸れているのが嫌なのか,個体密度が高くなったのか,聞いて見なければ分からないが,処置をした方が良さそうな状態と判断.

床換えすることに.

bdfklauqweio%20%287%29.JPG

中齢,初齢合わせて結構な数が,前回埋めた地下シェルター内に詰まっていた.
成虫サイズが地表を徘徊していたようだ.

bdfklauqweio%20%282%29.JPG

前回同様,シェルターを入れ今回2ケースに分けることとする.

早くも6月を迎えます.
クロゴキも1齢幼虫がちらほら見られるようになり,ワモンも屋外で活動する時期となりました.

都会から出る時間が少ない人でも,身の回りのゴキブリ観察は出来ます.
他の害虫も結構面白い種がいます.

これから来る暑い夏を十分楽しみましょう.

2014年05月19日

給水器の穴

The hole of a water supply machine.

今までは,カッターで適当な大きさの△穴を開けていたのだが,穴の大小により,差し込んだガーゼが水を吸わなくなる事による渇水が発生していた.

fhrgtoru.JPG

トラブルの出ない大きさの穴面積を計算したら,直径8mmの円と同等と分かったので,ポンチを購入した.

fhrgtoru%20%282%29.JPG

叩いて開ける物や,このように歯が回転して開けるものがあり,なかなか便利な事が分かった.

fhrgtoru%20%281%29.JPG

左が旧△穴.
右がポンチで開けた穴.

しばらく様子を見る.

2014年04月30日

ヤシガラ


Coconut husk.

ywdwf%20%281%29.JPG

使用前.

100均で購入.
物によって,倍になる物と,1.5倍程度の物がある.

ywdwf%20%282%29.JPG

水で戻す際は,これも100均で購入した食パンを保存するプラタッパーにいれ,水を容器半分ほど入れる.

ywdwf%20%283%29.JPG

後はラップをかけ,一晩置く.
ラップをかける理由は,戻し中に別の生き物が入りにくくするため.
これで使用可能.

ただし,戻し直後は結構な確立で独特な臭いがするので,ほぐして別の容器に入れ空気に触れさせると,1~3日で臭いは無くなる.

ywdwf.JPG

その後,使用することにしているが,臭いがある状態で使っても,ゴキブリが死亡することは今の所経験していない.

2014年01月22日

給水容器


The container of water supply.

毎日,メンテをする必要があるので,水容器は作りだめしてある.

%E3%81%A3%E3%81%93%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%91.JPG

こんな感じ.
ラップをはさみ,積み重ねている.

2014年01月09日

Gyna caffrorum 飼育状況


The breeding situation of Gyna caffrorum


jfdkgifkughf%20%281%29.JPG

リクエストのあったGyna caffrorumの飼育状況です.
中プラケを使用し,左餌.
右水.

jfdkgifkughf%20%282%29.JPG

ついでなんで交換と補充.

jfdkgifkughf%20%283%29.JPG

餌はネズミ用固型飼料.

jfdkgifkughf%20%284%29.JPG

マットは,ヤシガラ用土.
幼虫が徘徊しているのが分かるでしょうか.

jfdkgifkughf.JPG

厚みはこんな感じ.

jfdkgifkughf%20%285%29.JPG

成虫と幼虫.

飼育は簡単な種だと思います.

2013年11月21日

ミズゴケの処理


The processing method of sphagnum moss.


何気に使っているミズゴケですが,ゴキブリに使う際は,細切れが使い易い.

RIMG1505.JPG

その為,水でほぐした状態にしておき,ハサミで細切れにしてある.


こうすると,必要量だけ摘み上げることが出来,作業性が良い.

2013年05月17日

炭酸カルシウムの刷毛塗り

Brush coating of calcium carbonate.

RIMG0500.JPG


水とエタノールで希釈した状態.

RIMG0497.JPG


水だけだとプラスチック表面でははじかれる為,エタノールを入れる.

入れるとはじかず綺麗に塗れる.
また,飼育中の容器でも,殺菌効果があると思い,ガンガン使っている.

2012年11月09日

アマミモリゴキブリの床換え その2

Cleaning of the breeding case of a Episymploce amamiensis. Part 2.


dfgdfhfjh.JPG

色合いがしらけて具合が悪そうです.
一目で汚いと分かります.

dfgdfhfjh%20%281%29.JPG

dfgdfhfjh%20%282%29.JPG

シェルターの落ち葉や,ケージ下部に堆積した糞からは白いカビが発生している.
死骸も黒ずんだ嫌な色をしている.

dfgdfhfjh%20%283%29.JPG


掃除後.

dfgdfhfjh%20%284%29.JPG

これまた綺麗な幼虫である.

2012年11月07日

ゴキブリ用ピンセット


Tweezers for cockroaches.


ピンセット(Pincet)はオランダ語だったんですね.
英語ではTweezers.

fopui%2C.JPG

ゴキブリを掴む時に使うピンセット.
すでに10年以上使用している.
先端の曲がりや角は,ゴキブリを傷つけず,かつ逃がさない様な微妙な摩擦が加わるようになっている.
上の紙ヤスリで定期的に調整して使っている.

fopui%2C%20%281%29.JPG

こちらは,最近買った同一の物と初齢や若齢を捕まえる為の物(右).
どちらも実態顕微鏡下で,ヤスリで先端や角をチューニングしてある.
右は,まだグリップのゴムが付いた状態.

使っているといずれ取れてしまうが,その方が使い易いかもしれない.

たまに床に落として,先端から落ちようものなら深いショックの谷間にはまり込み,動けなくなってしまう.

%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B2%E3%82%B8.JPG

生き物の写真が無いのも寂しいので,昔撮ったオオゲジ.
しびれますね.

2012年08月22日

マルゴキブリ床換え


Cleaning of the breeding case of a Trichoblatta nigra

約10ヶ月ぶりの床換え.

gfdgfd.JPG

前.

gfdgfd%20%286%29.JPG

汚れている様に見えませんが,シェルターをどけるとこの通り.
本種は,脱皮殻を食べないらしく,また,厚みもあるようで分解されずに艶々と残っている.

gfdgfd%20%288%29.JPG

死骸からは黄色いカビが生え,おかしな状態になっている.

gfdgfd%20%283%29.JPG

シェルター内は大小さまざまな大きさの幼虫が詰まっている.
目だって見えるのは,メス.

gfdgfd%20%287%29.JPG

こちら雄.

gfdgfd%20%284%29.JPG

横から見ると薄っぺらいですね.

gfdgfd%20%289%29.JPG


完成.
あまり変わったようには見えない?

2012年07月25日

マットにキノコ


The mushroom which grew on the mat to use for cockroach breeding.

ゴキブリ飼育用マットに使っているのが,木食いのゴキブリ類(オオゴキ・クチキ)の食い散らかし後のマット.

gfhgert.JPG

これをいったんプールするのがこの大型タッパー.

なにやら変な立体感があるので開けたらびっくり.

gfhgert%20%281%29.JPG


立派なキノコが・・・.
毒もなさそう.

3本ぐらい生えたようで,古いキノコはとろけて腐敗して悪臭を放っている.
しかもマット上には黄褐色の胞子が散乱している.

2012年06月26日

炭カルの代用品 結果


The experimental result of calcium carbonate.


tasdkfsdfd%20%287%29.JPG

約1週間後.
ゴキブリは蓋まで到達していない.

tasdkfsdfd%20%285%29.JPG

頻繁に登ろうとした所はタルクが落ちている.

tasdkfsdfd%20%284%29.JPG


しかし,登攀阻止性能としては使えると思う.

1㎏500円(送料別)なら安いし,100ケージ1年以上でも使えるだろう.

2012年06月18日

炭カルの代用品


The substitute of calcium carbonate.

問い合わせが多い炭カル購入方法.

いろいろ調べたが普通では難しい事が良く分かった.

代用品としては「タルク」が一般的だが,試薬のタルクはどうにも使えなかったのでネットで購入できる物で試した.

tasdkfsdfd.JPG


商品がこれ.
1㎏483円.
FRPの材料として販売していた物だが,早速実験.


tasdkfsdfd%20%281%29.JPG


エタノールに溶いた状態.

tasdkfsdfd%20%282%29.JPG


塗った状態.
むらができ易いが,まあそれっぽく見える.

tasdkfsdfd%20%283%29.JPG


後はチャバネゴキブリを入れ様子を見る事に.
次週結果報告予定.


2012年05月24日

炭カルの上塗り

Glazing of CaCo3.

%E3%81%88%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86.JPG


垂直面を上るゴキブリは,炭カルにて脱走防止をはかっているが,飼育密度が高かったりすると,すぐにこんな状態になる.

%E3%81%88%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86%20%281%29.JPG


こうなると床換えのタイミングなのだが,忙しい時は上塗りし,急場をしのぐ.


%E3%81%88%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%86%20%282%29.JPG


見た目は綺麗ではないが,効果は変わらない.

エタノールで溶くと,プラケに対して付着が良く,壁に付いた糞等の殺菌が出来る.
と思っている.

2012年03月22日

Blattellidae spec. Mauritius飼育


Breeding of the Blattellidae sp. Mauritius.

最初,容姿から判断してマットレスの状況で飼育していたら,滅んだ.

motrkeri.JPG

そこで,国内野外種のように,マットを入れたら増え始めた.

2012年03月08日

ユーカリ


The eucalyptus found at the roadside.

昨日,車で新木場駅に向っていて気がついた.

RIMG0427%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg


道端にユーカリが無数に植林されている.
写真では分からないが,葉は丸い形をしているようだ.

遠めに見て,ユーカリと判断する特徴は,樹皮が白っぽく見える事.
そして,樹高が高い事.
百日紅なども,つるんとしていて同じ様な印象がある.

RIMG0421.JPG

私が使っている葉は細長い.

今度拾ってきて,使ってみようと思うが,農薬,放射能,好みに関しては未調査なので,使う際は,自己の責任において使って下さい.

2012年02月20日

アマミモリゴキブリの床換え

Cleaning of the breeding case of a Episymploce amamiensis

床換えにおいて,飼育環境に土壌を使用する種は,その中の卵鞘や,初齢幼虫の「拾い」が大変な為,飼育ケースは掃除しても,マット自体までは,簡単には掃除できない.

したがって,2009年7月に親を入手してから一度も交換していなかった.

amasddffj%20%283%29.JPG

マットは死骸や古い卵鞘や死んだ卵鞘の残骸が溜まっている.

amasddffj%20%286%29.JPG

カビ卵鞘.

amasddffj%20%288%29.JPG


多分生きている卵鞘.

確かめるには,10cm程の高さから硬いテーブルの上に落としてみると,中が詰まった「コツン」と言う音がする.
孵化卵鞘,もしくは死亡卵鞘は,音が聞き取れないような軽い音がするので生死の有無はこのポイントで判断している.

amasddffj.JPG

作業中.

amasddffj%20%281%29.JPG

カビが発生したり,死骸や糞が付着したミズゴケや落ち葉.


amasddffj%20%2810%29.JPG

総交換後.


極力全ての虫体を拾う様に行なったが,やは生体の数は予想より多くはなかった.

飼育開始から約2年半だが,MAXに増えていたのは1年後位だった気がする.

野外種で,マットを使う種の場合,マットの更新は1年サイクルがベストだろう.

2012年01月05日

ミナミヒラタゴキブリ床換え


The cleaning of the breeding case of the Onychostylus vilis.

mifjskdf.JPG

「種」自体が小さいので,出るゴミも小さい.

プリンカップに入っているミズゴケも乾燥と汚れで固まっている.

mifjskdf%20%281%29.JPG

本種は,炭カルが少しでも劣化すると,1,2齢幼虫はグングン登りつめる.

mifjskdf%20%283%29.JPG


ミズゴケもほぐし,汚くなった素材は処分する.

mifjskdf%20%284%29.JPG

ダンボールのシェルターにも抵抗無く住み着くが,天然素材のほうが見てくれも綺麗.

2011年12月16日

アミメヒラタゴキブリ飼育

Breeding method of the Onychostylus notulatus

野外に生息し,色彩も綺麗なゴキブリであるが,飼育はあまり気をつかった事がない.

asdmjwe%20%281%29.JPG

普通の飼育.
餌は固型飼料.
水皿に念のためミズゴケを配置するが無くても良さそう.

asdmjwe%20%282%29.JPG


ただ,固型飼料はダニ(ケナガコナダニ+ツメダニ)が出易いので,ダメな人はやめたほうが良いだろう.
雑食なので,何でも食べます.

でも,本当は植物などを配置した生息環境に近いレイアウトで飼育したいですね.

2011年10月05日

Blaberus giganteus 飼育

ブラベルス ギガンテウス飼育.


gigasiku.JPG

大きいだけで,特別癖があるようには見えない.

ただ大きいので,羽化時に翅バカが生じる.
そこで,コルクマットを丸め入れてある.

幼虫から成虫まで,コルクの内側に張り付いている.

他の土中性に見える種も,こうしたレイアウトをすると,張り付く状態を好む種がいくつもいると思う.
順次,導入していければと思う.

2011年08月25日

Paratemnopteryx couloniana 飼育

コロニーローチ.

特別コツがあるわけではない.

koronijoi.JPG

チャバネゴキブリと同じ環境で飼育できている.
良く増える.

koronijoi%20%281%29.JPG

特徴といえば,糞がカンザイシロアリのように乾燥していて,高密度で飼育していても臭いは少ない.

2011年08月19日

オガサワラウスヒラタゴキブリ飼育

内地に分布するウスヒラタゴキブリは,2回飼育して失敗している.

島嶼の亜種として,こちらの方が癖がありそうな感じだが,ダニ大発生や放置による大干ばつにも耐え復活している.

野外種は,一度減少傾向に向かうと再生が難しいが,本種は何とかいけている.

RIMG0155.JPG


湿地帯を設け,餌は固型飼料.
炭カルもミナミヒラタゴキブリほどは登らない.

2011年08月08日

ノミバエの脅威

昆虫飼育室が今の場所に移転し,約1ヵ月.
室内の捕虫器にノミバエが少しだが捕獲されていた.
気にはなっていたが,忙しさに追われ,原因究明をせぬまま放置していたが,やっと原因が分かった.

nomkgr.JPG

タイ産のPeriplaneta属ケージを掃除しようとしたら,わっと出た.
あわてて蓋をして屋外に.

nomkgr%20%282%29.JPG


良く見ると,水容器の中に幼虫.

nomkgr%20%281%29.JPG

防虫紙の内側に無数の蛹.

nomkgr%20%283%29.JPG


さらにシェルターにも蛹.

nomkgr%20%284%29.jpg

良く見ると,シェルター隙間内に成虫がジッとしている.
気がつかずにシェルターを使いまわしていると,いつまでたっても駆除できない.

侵入した原因は,防虫紙に1mmほどの穴が開いていた.
そこから侵入,脱出していたのだろう.

ゴキブリ飼育をしていると,ノミバエの発生は良く耳にしたが,まさか自分の所でも出てしまうとは思わなかった.

ゴキブリ飼育している施設をたまに見るが,防虫紙を使っていない.
ゴキブリ同士のコンタミ防止と,雑虫侵入防止に防虫紙は欠かせない.

目指せ根絶!

2011年07月07日

飼育道具


supure%20%281%29.JPG

マットを加湿する際に大変重宝している.

supure.JPG


ポイントは噴口部分.
これは正規品にはついていない噴口.
ホームセンターとか行くと,別売りでいくつか売っているので,用途に合わせカスタムすると使いやすくなる.

2011年05月23日

飼育用天然素材

害虫種のゴキブリ飼育には使う事は少ないが,野外種の飼育には使う事が多い.

tennrnnn.JPG


この手の材料は一度使用すると不衛生になりがちで,使い捨てが理想と思うが,定期的に,必要なサイズが,必要数入手できるほど,予算と出物が少ない為洗って再利用している.
殺菌は始めのうちは,レンジでチンをしていたが,殺菌しすぎると,使いはじめに必ずカビが大量に発生する.
新品の素材のほうが最初のカビカビが多い気がする.

カビカビはあきらめていたが,レンジが面倒になり,乾燥だけで再利用すると,意外と使い始めのカビカビが少ない.
変に全ての微生物を処理すると,環境中に含まれる発育の早いカビなどが真っ先に出るだろうか.

といったわけで,最近は天然素材が必要な大事な種には新品を使わず,古いものを優先的に使うようにしている.

なんとなく汚い話になったので,私はこうしているという事で.
生き物を扱った後は,ちゃんと手を洗いましょう。

2011年05月17日

逃亡防止素材

tahhanja.JPG


こちらが使用している炭酸カルシウム.
左はタルク.
タルクは昔から使われている素材らしいが,私はあまり使わない.

理由としては,縫った後の見栄え.

tahhanja%20%282%29.JPG


こちらが炭カル.

tahhanja%20%281%29.JPG

こちらがタルク.

粉っぽく,綺麗に塗れない.
多分タルクにもさまざまな製品があり,もっと綺麗に塗れる製品があると思うのだが.

性能はどちらも同じだと思うが,処理後の耐久性は炭カルに分がありそうだ.

2011年05月16日

意外な餌

先週のなぞの餌ですが,ご質問が少しあったので改めて取上げました.

himituiutr.JPG


こちらがそれ.
ペットネズミのおやつ的な商品.
多分,どのゴキブリに与えても食べると思うが,常食として与えるには高価なので,固形飼料を食べてくれる種には与えたことが無い.

固形飼料を好まない種には与えてみたのだが,食いつきの良い種もある.
これのどこが良いのか?
もしかしたら,ベビーでなく生のコーンの方が良く食べるかもしれない.
シーズンになったら与えてみようかと考えている.

本製品.
一つ気がかりが.

himituiutr%20%281%29.JPG

何を食べるか分からん種には,煮干やら犬の餌やら雑多をミックスして与えているが,この写真のように,みなカビが発生する中で,元気にカビる事無くあり続ける姿.
頼もしいと言うか,恐ろしいと言うか.

マルゴキに関してはまだ変な影響は出ていない事だけお伝えしておきます.

2011年05月06日

Panchlora sp."Giant" 飼育

皆様,連休は如何でしたか?
あ,まだ休みの方もいらっしゃるかも知れませんね.
この陽気では,ゴキブリシーズン開幕です.
頑張って採集しましょう.

私はというと,全日会社で仕事をしていました.
おかげで,論文の検索や取り寄せが一気に片付きました.


さて,本題 Panchlora sp."Giant"の飼育.

banasii.JPG

通常のPanchlora nivea と全く同じで問題は起きていない.
タッパーの中はヤシガラと腐葉土のハーフ&ハーフ.
全マットの時は,マット乾燥が致命的になったと記憶しているが,この飼育に変わってからは,タッパー内マットが結構乾燥していても,深さがあるせいか危うい状態になった事は無い.
しかし,乾燥させない事に越した事はない.

餌は固型飼料.
たまに昆虫ゼリーを与えると,瞬く間に食べきるので,無理して与える必要は無いと思う.ただし,水場を常設していての事である.

2011年03月28日

ヤエヤママダラゴキブリ 飼育

日本産3種
外国産3種を飼育した中で,水に対して最も依存性が高いと思われる.

yaemada.JPG


餌は固型飼料.
落ち葉.
たまに昆虫ゼリー・ニンジンを与えているが,別に必須ではないと思う.

yaemada%20%281%29.JPG


いつ見ても何匹かは水中に没している.

卵胎生で幼虫は腐葉土ケースの中に潜り込んでいる.
成虫はシェルター外部にいることが多い.

2011年03月10日

チャオビゴキブリ飼育

日本国内における本種の分布は,今のところ小笠原に限定されている.

tooooooooe%20i.JPG

飼育自体はチャバネゴキブリと変わらない.

なぜ分布が広がらないのか.
今のところ良く分からない.

2011年03月03日

ビートルローチ飼育

RIMG0231.JPG

餌は草食系げっ歯類の固型飼料を与えている.
飼育ケージ内が干草の臭いがする.
水と餌とシェルターだけでたくましく殖えている.

2011年02月10日

イエゴキブリ 飼育

過去に全滅危機を乗り越えた系統.

ieiei.JPG

やはり何かの加減で卵鞘の孵化率が異常に低いケースがある.
今回,放置(餌・水は切らさないように)してみたらちゃんと幼虫がいるではないか.
ということで,飼育に関してはこれでよいのかと思う.

産卵場所として,コルクボードを入れておくと,好んで産卵する.

ひとつだけ注意として,高密度飼育はあまり良くない気がする.

2011年02月07日

コンタミ

Pseudomops septentrionalis 
眺めていると,成虫より大きな幼虫がいる事に気づいた.

maziri.JPG

いくらなんでもでかすぎる.
飼育者の中には,何種も混ぜ合わせて飼育している人もいるようだが,それはそれで管理された混合飼育であれば,熱帯魚なども中の良い異種同士を入れ,観賞するから良いのだが,これは少し困る.

見たところ1匹だけ.
幼虫から推測するに,ハイイロゴキブリに見えるが成虫になるまで放置することにする.
問題は,いつどうやって混入したか.
ハイイロであれば,現在ハイイロと本種は別の棚にケージが入っており,自力で混ざることは考えにくい.
入手時にすでに混ざっていたと考えるのが自分的には納得できる.

まあ,良くある事と言ってしまえば良くある事かもしれない.

2011年01月06日

昆虫ゼリー

昆虫の飼育餌といえば「昆虫ゼリー」.
ムカデやハチといった毒虫までカバーする万能餌.

ゴキブリの飼育にも最近良く使う.

RIMG0722.JPG

ヨロイモグラがゼリーを食べる様子.
もちろん,飲み水は基本であるので入れている.

食性がわからない種にはとりあえず使う.
しかし,無くてはならない物でも無さそうであるが・・・.

いろいろ使ってみたが,乳酸系はゴキブリには人気なし.

意外と○○タンパクゼリーとかより,安価な単味の物の方が好む気がする.

2010年12月27日

デュビア 飼育

アルゼンチンフォレストローチ.

餌ローチの代表格.

deligua.JPG

餌切れ,水切れにも強く,よく殖える.
何と言っても幼虫が強い.
糞も乾燥しており,飼育していて臭いがほとんど感じられない.

2010年12月24日

冬場の温度管理

事務所が移転して初めての冬を迎えている.

以前居た所は,空調管理されたビルの中であったので,室温や湿度の管理はあまり気を使わなかった.

今の場所は,暖房は入っているが隙間風がどこからともなく入ってきて,温湿度管理が大変である.

onndok-.JPG

棚の最上部に置いた温度計.
上は28℃.
湿度23%.

onndok-%20%281%29.JPG

下はこの位置で23℃.

上下の高さは約180cm.

現在,棚の高さ(温度)により,低温に強そうな種と,弱そうな種を分けて置いている.

2010年12月10日

飼育ケージ

ゴキブリの飼育ケースは,主にプラケ中を使っている.
しかし,プラケといっても様々な種があり,どれを使うかは個人の自由.
私の場合,いろいろなメーカーを使った結果,今の2種に落ち着いている.

ke-zzi.JPG

メーカー名は写真から推測してもらうとして,この2種何が良いかというと,四角い.
重ねるのに便利だし,変に膨らんでいないので,収納にも場所を取らない.
熱湯を入れてもひびが入りにくい.
蓋の密閉度は左はきつめ,右は余裕がある.
キツイと言っても,ダニや小型幼虫が逃げ出しても嫌なので,紙タイプの防虫シートを入れている.

ke-zzi%20%281%29.JPG

防虫シートもそれぞれ違いがあり,左の蓋とケースの隙間が少ない場合は薄めのシート.
右のケースは隙間が少しあるので厚めのシート.

ちなみに炭カルを使っていても逃げる幼虫はミナミヒラタゴキブリなどの小型野外種.
余裕で登ってくるので,そういった種を飼育する場合は,左のキツメで飼育する.
同種産地違いが結構あるので,絶対に逃げない,逃げても入らない.
の2重のコンタミ対策である.

2010年11月25日

クロゴキブリ飼育

kpro.JPG

室内で加温飼育していても,冬になると成虫は少なくなり,幼虫が主となる.
累代を重ねると家畜化され,この辺の越冬メカニズムが狂うと聞くが,体に記憶されたリズムはそう簡単には狂わないのだろう.

飼育に関しては,熱帯種とは違い,室内であれば加温なしで越冬するであろう.

2010年11月04日

ウルシゴキブリ飼育

屋外種,ウルシゴキブリ.

ururu.JPG

しかし,その飼育は簡易で他のゴキブリ属と同様に飼育できる.

餌は固形飼料のみ.

野外種なので,床材や天然素材のシェルターを入れてもいいが,管理が大変になるのと,それがゴキブリのために快適かは別のような気がする.

2010年11月01日

トビイロゴキブリ飼育

ゴキブリ科の他種同様,飼育しやすい.
飼育方法も同じ.

toobo.JPG

その割には,国内の分布は広くなく,
茶系ゴキブリ科 3種の国内生息割合は,今の個人的な想像では,
№1 ワモン
№2 コワモン
№3 トビイロ
こんな順位.
トビイロの生息を確認したら是非教えてください.

今週,ペストロジーで発表します.

2010年10月29日

 ゴキブリの餌付け

水を替えようと思ったら,餌が全く入っていなかった.

tekaraesa.JPG

餌容器に餌を入れるとたちまち群がったので,手で与えてみると,予想通り皆集まってくる.

tekaraesa%20%281%29.JPG


持ち上げても一心不乱に食事をするトビイロゴキブリ♀成虫.
よほど腹が減っていたのだろう.
手から餌を採るようになるのは,ペット飼育でも重要な要素だと思う.

2010年09月29日

スカンクローチ飼育


sukansi.JPG

ワモンゴキブリやクロゴキと一緒.
増え始めると,餌の消費がバカにならない.
そして臭い.

2010年09月21日

コワモンゴキブリ 飼育

チャバネゴキブリやワモンゴキブリと同様の仕様.

kownamn.JPG


給餌・餌水に関しては常時摂れるようにしているが,これだけ増えると1週間程度切れても適当に補給するようで問題ない.

ダンボールのシェルターはチャバネの5mm幅ではなく10mm幅が使い易い.
掃除前なので少々汚い.

2010年09月03日

Henschoutedenia flexivitta 飼育

外見はNauphoeta cinerea に良く似ている.

Henschoutedenia%20flexivitta.JPG


飼育に関しても同じ.
乾燥,絶食に強く,卵胎生でよく増える.

2010年08月27日

ヒメチャバネゴキブリ 飼育

RIMG0254.JPG

モリチャバネゴキブリと同様のセット.

乾燥にも比較的強く,モリチャバネより容易.

2010年08月20日

サツマゴキブリ飼育

satumasii.JPG

本種も飼育は比較的容易である.
野外での生息環境は水分の多い環境が多いようだが,私の個体群は,写真のようなマット無しで飼育が可能である.
特別なシェルターとして,木の皮を2枚ほど入れている.
餌は固型飼料のみ.

2010年08月19日

ワモンゴキブリ飼育


wamosi.JPG

ワモンゴキブリなどの国産Periplaneta属は飼育が簡単である.
少数の採集個体から飼育を始めると,初めはゆっくり,F1が卵を産み始めると爆発的に増える.
そうすると餌と水の消費が増え,手間がかかりだす.
冬の温度管理だけ気をつければ飼育できる.

2010年08月12日

かぼちゃの嗜好性

ゴキブリの実験材料に「かぼちゃ」をもらった.

kabotyagui%20%281%29.JPG

余ったので,大型種のケージに入れて見た.

kabotyagui%20%285%29.JPG

Archimandrita tesselata.

kabotyagui%20%286%29.JPG

よく食べてくれる.
数時間後見ると,潜って食べている.
野外でも様々な果実を食べているのであろう.
大型種なだけにかぼちゃが良く似合う.

kabotyagui%20%282%29.JPG

Blaberus giganteus .

kabotyagui.JPG

Aeluropoda insignis.

kabotyagui%20%283%29.JPG

Princisia vanwerebecki.

kabotyagui%20%284%29.JPG

Gromphadorhina oblongonota.

どの種も,皮まで残さず無くなっていた.
家庭から出る生ゴミも少量であれば処理してくれそうだ.

ただし,一つ気になった事は,種によって糞が黄色くなり,人の糞の様相を呈することが分かった.

2010年08月04日

オガサワラゴキブリ飼育


ogggad.JPG

右が水,左は固型飼料.
たまにおやつでニンジン.
マットは朽木や腐葉土,ヤシガラ適当ミックス.
最初は湿っているが,そのうち乾燥してくるがそのまま.
個体数が少ない場合は加湿したほうが安定するが,増えたら乾燥のままでどんどん増えている.
本種もケースを登るので,炭カルは必須.

2010年07月26日

Aeluropoda insignis 飼育

mdamdams.JPG

マダゴキ系は,小さな幼虫が潜伏出来る隙間を作るのが良さそうである.
こうしてから,初齢幼虫の生存が良くなった.

2010年07月08日

モリチャバネゴキブリ 飼育

モリチャバネゴキブリの飼育は,産地により難易度が違うような気がする.
累代するのであれば,暖かい地方の個体群をお勧めする.

morityasiiki.JPG

餌は固形飼料.
水場にミズゴケを置いているが,南の個体群は必要ないことが多い.

2010年06月29日

ヒメマルゴキブリ飼育

hi9mwemarusiiku.JPG

現在,こんな感じで普通に増えている.
手入れは1~2ヶ月に一度ほど(これは中のゴキブリ数により前後すると思う).
増えてくると,餌の消費が早く餌だけはもう少し短い間隔であげている.

密度が高くなるほど飼育が安定するようだ.

2010年06月14日

ワモンゴキブリ床換え

wamonntoko.JPG

大型で成虫になるまで時間のかかる種も,増えたら当然ケージは汚れる.

wamonntoko%20%282%29.JPG

死骸と生体,卵鞘が混在している.

wamonntoko%20%281%29.JPG

水容器も汚れがひどい.
ガーゼを齧るのでもう少し放置すると,ガーゼが落ちる.
落ちると蓋のヘリを齧りだすので,「ぺチン,パチン」といった不気味な音を出し始める.
逆にその音がすると,「水無いな」と分かるしだい.

wamonntoko%20%283%29.JPG

交換後.
だいぶすっきりしましたが,一月もすると元の状態に戻る.

2010年04月30日

ゴキブリのえさ

RC4.JPG

現在,この2種を使っている.
左がお馴染みのO酵母製 MF
右が同じく O酵母製 RC4 これは以前ハタネズミを飼育していた際使用していた物で,草食動物用の固型飼料.

MFに比べ緑色をしており,臭いも葉の臭いがする.
これを良く食べるのが以下の種.

Oxyhaloa deusta
Diploptera punctata
Phoetalia pallida

easaa%20%281%29.JPG

写真はPhoetalia pallidaにあげたときの写真.
ニンジンなども良く食べるが,この飼料も見事に平らげる.

2010年03月08日

アイスポットローチ 床換え

family Blaberidae
subfamily Blaberinae
genus Lucihormetica Zompro & Fritzsche, 1999
species Lucihormetica subcincta(Walker,1868)

本種の繁殖にやっと成功したので,飼育方法としての柔軟性がまだ分からないので,とりあえずオガサワラゴキブリのように飼育をしている.

食性は朽木も齧るし,マウス固形飼料も良く食べる.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88.JPG

マット飼育をしていると,床の交換時が分かりにくいが,マットの総量が3割ほど減ったので交換することとした.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%283%29.JPG

篩にて幼虫を拾う.
幼虫が小さいと,篩の目から落ちるので,篩を使った手抜き選別は幼虫の大きさがポイントとなる.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%284%29.JPG

♀成虫と幼虫.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%286%29.JPG

♂成虫.
変わったゴキブリである.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%287%29.JPG

このように集まる.

%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%288%29.JPG

新しいケージ.
古いケージと視覚的に違うのは水容器が綺麗なところだけ.

2010年02月24日

ゴキブリ飼育資材

マダラゴキブリ類には必ず水が入ったプール状の容器を入れている.
また,部分的な湿地帯を作る時に重宝する.

%E3%81%8B%E3%81%88.JPG

これがストック状態.
ケージの大きさや,生体の大きさなどを考慮し,様々なサイズを使い分けている.

%E3%81%8B%E3%81%88%20%281%29.JPG

これは,そのタッパーなどに入れるマット類.
左はヤシガラマット.
右は落ち葉.
通気は維持して,雑虫が入り難いように防虫シートを蓋の開口部に貼り付けている.

%E3%81%8B%E3%81%88%20%282%29.JPG

開けるとこうなっている.

%E3%81%8B%E3%81%88%20%283%29.JPG

下が土,上が朽木マット+
これも通気は維持して,雑虫が入らぬように防虫シートを貼っている.

2010年02月23日

マダラゴキブリ床換え

一見綺麗に見えるが,昨年夏より飼育を始めて初めての床換えである.

madara%20%E6%8F%9B%E3%81%88.JPG

madara%20%E6%8F%9B%E3%81%88%20%281%29.JPG

水容器のガーゼは腐敗によりカップの内外で分裂.
上に水苔が残っているので乾燥を見落としにくい.

madara%20%E6%8F%9B%E3%81%88%20%282%29.JPG

タッパー内の落ち葉は良く食べられ,その下のマットは糞が堆積している.

madara%20%E6%8F%9B%E3%81%88%20%284%29.JPG

左から右へ生体を移す.
左のケース底には,丸い独特の糞に黴が生えたまっていた.

2010年01月05日

Macropanesthia rhinoceros ユーカリ

餌は,ユーカリの枯葉を,ジッパーつきのビニール袋に詰め込み,
加湿して嫌気的に腐葉土を作るように保存.
目的は雑虫を殺す事.

%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%A9%E6%80%A7%E5%B7%AE%20%284%29.JPG

ビニール越しに生き物が見えなくなったら,上記写真のように乾燥保存.

%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%A9%E6%80%A7%E5%B7%AE%20%285%29.JPG

与える前に再度通気できる袋に加湿して保存している.

2009年04月02日

ホタルゴキブリ床換え 後編

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%283%29.JPG

シェルターの底も糞で詰まってしまっている.

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%285%29.JPG

再利用するときは,ピンセットを差し込んで糞をかき出す.

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%286%29.JPG

シェルターを移動した後に残った糞の山.

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%287%29.JPG

作業後.
綺麗になりました.

2009年04月01日

ホタルゴキブリ床換え 前編

ホタルゴキブリ床換え.

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88.JPG

作業前.
本種は壁面を非常によく登る.

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%282%29.JPG

登攀防止に塗っている炭カルもこのようにすぐに落ちてしまう.

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%281%29.JPG

糞も同サイズのチャバネゴキブリに比べ粉っぽく,
溜まると湿度がたまりカビが出やすい.

2009年03月04日

コワモンゴキブリ床換え

本種も床換えの多い種である.
訳は限られたスペースの中に高密度で飼育していても,
減らずに増えていく性質にある.

交換前.

%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%284%29.JPG

水場のガーゼが食べられ少なくなっている.
登攀防止の炭カルも侵食が進んでいる.

%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%8C%E7%B5%B5.JPG

いつものように,横に新しいセットを準備し,シェルターごと虫体を移す.

%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%281%29.JPG

%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%283%29.JPG

また1ヵ月後には同じような作業が待っている.

2009年03月03日

ゴキブリの餌

たまに聞かれるのが,
「屋外性の特に小型ゴキブリは何を食べるのか良く判らない」
といった事.
要するに 様々な餌を与えてみても食べた痕跡が見られない.
餌が減っていない.
そんな事象がこういった疑問に繋がるようだ.
実際,私も新しい種を導入した際は,餌に何が良いか少しは検討する.
この時導入した個体数が沢山いればいいのだが,
大概は数個体がいいところ.
そんな数個体が喫食する量なんて高が知れた物である.
まして小型の種や,幼虫ともなればその喫食量は微々たる量である.
ちなみにワモンゴキブリの成虫の1日の喫食量は約130㎎といわれる.
それしか食べないのに,マットを入れ2,3種類の餌を置いたら,
彼らは雑食が基本であるので.マットの中の物や,
何種類も置かれたものを少ししか食べない.
まして,気になるから毎日観察する.
恐らく食べていてもそれに気が付く前に餌が腐敗して交換したりしているのだと思う.
ヒメマルゴキブリを例にとると,
私も導入直後は何を食べるか判らず,キノコが良いとか,青海苔だとか.
いろいろ与えてみたが食べている痕跡はあまり判らなかった.
個体数が増えてわかったが,沢山いると餌の消費はちゃんと判る事.

%E3%83%92%E3%83%A1%E3%83%9E%E3%83%AB%E9%A4%8C.JPG

このように固形飼料が見る見る無くなっていく.

2009年02月06日

ヤエヤママダラゴキブリ 床換え その2

まずはいつものように隣に新しいケージをセットし,並べておく.

%E6%BA%96%E5%82%99.JPG

黒いものが入っている容器はヤシガラの上にミズゴケをのせている.
透明な容器は水にミズゴケ.
餌はいつものネズミの固形飼料.

古いケージの中の各容器を撤去する.

%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%80%8B%E4%BD%93.JPG

この時,容器内に残っている個体を新しいケージに移すのであるが,
1齢などがマットの隙間に潜んでいる為,
探して移すのは,細かい作業となり大変である.

%E9%80%94%E4%B8%AD.JPG

内部容器を移し終えた状態.
大量の糞が溜まっている.
水場を入れるので,どうしても湿度が高くなり,汚れやすくなってしまう.

2009年02月05日

ヤエヤママダラゴキブリ 床換え その1

国内最大種のヤエヤママダラゴキブリ.
試行錯誤の飼育の末,だんだん増えてきた.
それに伴いケージも大きくなってきている.

%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88.JPG

掃除前の状況.
汚れているように見えないが,中はこんな状態に.

%E7%B3%9E%E3%81%AE%E5%B1%B1.JPG

糞の山.

%E6%B1%9A%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%B0%B4%E5%A0%B4.JPG

汚れた水場.
水の中にも大量の糞が沈んでおり,野外では水中で脱糞する事が多いと思われる.
いろいろ飼育しているが,本種ほど水中に没している種は他にいない.

2009年01月23日

ヤマトゴキブリ 床換え

ヤマトゴキブリ床換えを久しぶりに行った.
なぜ久しぶりかと言えば,本種は通常屋外で越冬しながら,
成長する種であるため,室内で飼育しても冬期に成長がストップし,
脱皮や産卵が少なくなる.
その為,成長に伴う脱皮殻や死骸が,他の熱帯性のゴキブリに比べ少ない.
クロゴキブリもその傾向にあり,死骸が出るのは主に秋~冬に集中する.
そんな訳で,チャバネゴキブリなどの寿命の短いたえず繁殖する種は,
1ヶ月に1度ぐらいしないと糞と死骸の山になってしまうが,
本種は年に1度か2度程度でもそれほど汚れない.
(飼育密度が多くなればそれに比例して汚れやすくはなるのだが)

%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88.JPG

汚れた状態.

%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%281%29.JPG

となりに新しいケージを置き,シェルター内のゴミを落とした後,
ゴキブリが入った状態のままシェルターを移す.
このシェルターはもう1年以上使用している.

%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%284%29.JPG

次に古いケージに残った個体を移す.
この個体群は野外から採集してきてすでに数年経過している為,
この時期でも成虫がいるが,齢の構成は季節により偏る.

%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%285%29.JPG

これで完了.
綺麗になった.

2008年12月24日

サツマゴキブリ床換え その2

ダンボールのシェルターも齧られてボロボロ.
餌もちゃんと与えていて,ここまで齧る種はそう見当たらない.

%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%283%29.JPG

本種と同じマダラゴキブリ科であるヤエヤママダラゴキブリも,
落ち葉を好んで食べるので,植物繊維で出来ているダンボールも,
嗜好的に合うのかもしれない.

%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%284%29.JPG

手で移動できる物は移動し,最後に古いケージに残った個体を移す.

%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%285%29.JPG

こんなに沢山の糞や死骸が溜まっていた.

2008年12月09日

チャバネゴキブリ 床換え その3

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%287%29.JPG

シェルターを移し終えた状態.
左の古いケージにはまだゴキブリが残っている為,
生きている個体のみ移してやることとします.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%288%29.JPG

写真のように古いケースをあてがい,
傾けると元気のいい個体は走り出てきて下に落ちます.
このときいつも不思議に思うのは,コオロギでもそうですが,
下に逃げる個体と,上に逃げる個体がいること.
何度やっても最終的に,傾斜の上方に逃げる個体が残ります.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%289%29.JPG

そんな感じで,終了.
へそ曲がりは古いケースと共に洗ってしまいます.
洗浄に関しては,以前説明したように,洗剤で殺虫するか,
熱湯で殺虫します.
くれぐれも「かわいそうだから逃がす」事はやめましょう.

2008年12月05日

チャバネゴキブリ 床換え その1

世界で最も多く飼育されていると思われるゴキブリ.
チャバネゴキブリBlattella germanica(Linne).
その為,飼育方法は様々な方法がそれぞれの施設で行われており.
これが一番正しいという方法は今は判りません.
目的が何であるかにより,レイアウトに変化を持たせればよいと思います.
屋外種飼育に木の枝や落ち葉を入れるのであれば,
チャバネゴキブリは厨房機器のミニチュアなんてのも有りかもしれません.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88.JPG

交換前.
餌はカスばかりとなり,水容器のガーゼは糞や脱皮殻で汚れています.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%281%29.JPG

登攀防止の炭カルもゴキブリの執拗なアタックにより薄くなっているところがあります.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%E5%BA%8A%E6%9B%BF%E3%81%88%20%282%29.JPG

水容器に使うガーゼは事前に必要な大きさにカットして準備しておきます.

2008年11月10日

ミズゴケについて

%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%B4%E3%82%B1.JPG

キョウトゴキブリの飼育に際して,水容器にミズゴケをのせていたが,
ミズゴケにもゴキブリに対して相性があるような気がする.
この辺は,何も検証していないので,あくまで「気がする」だけであるが,
私はこだわって商品を選ぶようにしている.
一番優先するのは,農薬等が入っていそうな物,処理されているものは避ける.
農薬等に関しては,野菜などを餌として与える際は,極力注意している.
ミズゴケのランクはAAAやAAなどAが増えると高級になるようである.
はじめの内は何が何でもAAAを探していたが,
あたり前だが,AAAだからゴキブリに相性が良いとは限らないようだ.
細かい事を書くと混乱するので,
現在の選ぶポイントを.
①100円均一の商品は,作り溜めするとカビが生えやすかった.
(カビが生えやすいのは逆を言えば何も添加されていなくて,良いのかもしてないが)
②パッケージされたミズゴケの色が,白か茶色の2色しかないものを選ぶ.
(赤く見えるのは??である.)
③Aにはこだわらない.
④加水した際,変なにおいがしない(苔の臭いはする).

という事で,現在近くの店に売っていて,あまり問題が出ていないのがこちら.

%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%B4%E3%82%B1%20%281%29.JPG

%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%B4%E3%82%B1%20%282%29.JPG

どうでも良い事であるが,私のこだわりである.

2008年11月07日

キョウトゴキブリ床換え

床換えである.
本種はチャバネゴキブリのようにサイクルが短くないので頻繁には交換しないが,
排泄物にはアンモニア臭のような特殊な臭いがあり,今回写真を撮ったついでに,
交換した.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88.JPG

する前.
特別なセットで飼育しているわけではない.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%281%29.JPG

ケースの下に堆積した排泄物.
他種に比べて白っぽくなる.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%282%29.JPG

さらさらしているので,これだけ捨てる手抜きも出来ないではないが,
衛生状態を考慮すると,たとえゴキブリでも清潔にして悪い事は無いと思う.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%283%29.JPG

これは,新しく準備したケースに,古いケースに取り残されたゴキを移しているところ.
ここで溜まった糞や,死骸を除去する.

%E3%82%AD%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%88%E5%BA%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%20%284%29.JPG

そして,完成.
綺麗.

2008年10月28日

ヤエヤママダラゴキブリ脱皮失敗 その2

こちらはもう少しと言うところで力尽きた個体.

%E3%83%A4%E3%82%A8%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9%E7%BE%BD%E5%8C%96%E5%A4%B1%E6%95%97%20%281%29.JPG

この個体も♀.
原因として脱皮のときの湿度かと思うのだが,まだ良く判らない.
対策として,原因が判らないので取りようが無いが,
累代飼育を継続させるだけであれば,発生率は50%いかないと思うので,
多頭飼育すれば何とかなると思う.
♂ではほとんど起こらない.
従って,野外採集個体は比較的簡単に多数の子供を産むので,
それをいかに終齢まで維持するかがポイントとなる.

2008年10月22日

ゴキブリ飼育ケージ内に発生するダニ 原因と対策

特にジャイアントウットローチを飼育していると発生する特別なダニではなく,
またマットに発生しているわけでもない.
餌として使用している固形飼料が原因で発生している.
それが湿ったマットにふれ,程よい湿度と餌に恵まれ大発生してしまう.
実体顕微鏡で拡大してみると,これはこれで生き物だなと思えてしまう.
正体はケナガコナダニ.

%E3%82%B1%E3%83%8A%E3%82%AC%E7%B2%89.JPG

考えてみれば,本種も実験のために飼育していた事もあるので,
大切な実験動物であるのだが・・・.

子供の時にミルワームを放置していたら,机の上が白く粉を噴いたようになり,
驚いた事があるが,結構普通にいる種である.
防除は比較的簡単で,まず発生源を処分.
周りにいるダニは水洗いで流してしまうか,掃除機などで吸い取ってしまう.
吸血性のダニに比べれば対処は簡単である.
殺虫剤などには感受性が低いとされるので,使用する必要は無いと思う.

2008年10月21日

ゴキブリ飼育ケージ内に発生するダニ

ジャイアントウットローチArchimandrita tesselata (Rehn)の幼虫を飼育しているケージにダニが異常発生していた.

%E3%81%A0%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88.JPG

ケージに白く無数についているのがダニ.
まあ,たまに起こる事なので驚きもしないが,気持ちのいい物でもないので掃除する事となる.

%E3%81%A0%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%20%281%29.JPG

ケージと蓋の間にコバエ侵入防止シートを挟んでいるので,
ダニは外にはあまり出てきてはいないが,シートを外すと堰を切ったように出てくる.
オレンジ色に見える部分がダニが溜まっているところ.
このシート,完全に外部からの侵入者を遮断するわけではないが,かなり有効である.

%E3%81%A0%E3%81%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%20%282%29.JPG

シートは水洗の後乾燥させ,マットはレンジで「チン」でも良いが,捨てる事とする.

%E7%B6%BA%E9%BA%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88.JPG

綺麗になった状態.
ゴキブリ達もうれしそうである.

2008年08月21日

ミナミヒラタゴキブリ 飼育法

飼育状況.

%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%92%E3%83%A9%E3%82%BF%E5%B7%A6%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%8F%B3%E6%AF%8D%E5%B3%B6.JPG

右が石垣産,左が母島産.
同じ環境のつもりなのだが,石垣産は中々殖えない.
水容器にはミズゴケを乗せ,小さい幼虫の潜み場所や産卵場所とし,
シェルターと落ち葉はそれ以上の成長した個体の潜み場所にしている.
今のところ,産卵は乾燥した場所に多くする.
もう一つのカップは,ヤシガラ半分上にミズゴケ.
高湿環境が必要な個体もしくは成長過程で潜り込める様にしている.
飼育温度は冬でも20℃を切らないようにしている.

2008年08月12日

ゴキブリの床替え方法 その5

最後に古いケージの洗浄です.
生きている個体を新しいケージに移した後,洗剤を入れ水を入れます.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%287%29.JPG

こうする事で,残っている可能性のある,生きている個体も卵鞘も,処分できます.
卵鞘がある場合は,しばらく(半日)放置した方が良いでしょう.
すぐ洗いたい場合は,熱湯を入れます.
すると生きている個体がいても,瞬時に死んでしまいます.
ただし,熱湯はプラケの種類(メーカー)により細かいひび割れを起こす可能性があるので,注意が必要です.
実際,私もいくつもやりました.
完全に使えなくなるわけではないですが,がっかりします.
熱湯を入れるまでは大丈夫でも,その直後,容器が熱いうちに水を入れても同じようなことが起こります.
何をやっても割れない容器もあります.
大事に使いたい人,容器の耐久性がわからない人は,洗剤+水を使った方が無難でしょう.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%288%29.JPG

放置した後,流しに100円均一で買ってきたゴミ受けをセットし,洗います.
そのまま流すと,2度とその流しは使わせてもらえなくなります.
ゴキブリの破片は残らず回収.
ゴミ受けと共に捨て,容器を殺菌し,終了となります.

2008年08月11日

ゴキブリの床替え方法 その4

綺麗になりました.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%286%29.JPG

ゴキブリ達も喜んで?いるようです.
今回はシェルターの交換はしませんでした.
シェルターには卵鞘が付着しており,また段ボール紙の目の中には,
小さな幼虫が入っています.
ダンボールの代わりにベニヤ板も検討しているが,幼虫のことを考えると,
未だにふみきれない.

2008年08月08日

ゴキブリの床替え方法 その3

準備が出来たので,古い容器から新しい容器に移します.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%283%29.JPG

汚いですね,しかし,何ヶ月も手入れせずにいてこの程度ですから,
他の生き物の世話の頻度からすると,少ない方でしょう.
ゴキブリの移動はシェルターごと行います.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%284%29.JPG

移す方法は手です.
万が一逃走した個体がいても捕まえやすいのが理由.
それとシェルターの湿り気などから取替え時期を考える上で素手が一番.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%285%29.JPG

こんな感じで二つのケージを並べて行います.
左の古い方の炭カルの状態に注意.
ゴキブリガの登ろうとして場所によりとれているのが判ります.

2008年08月07日

ゴキブリの床替え方法 その2

新しいケージに入れる飲み水と餌の準備.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%282%29.JPG

この容器は大切な種ほど再利用した物を使用している.
再利用に当たっては,綺麗に洗浄後,ハイター等の殺菌剤で殺菌処理している.
新品を使用しない理由は,
・新品の表面には,洗えば落ちる程度ではあるが,正体の判らぬ油の様なものが付いている.
・餌容器は,固形飼料を使っているが,餌が食べられて減ってくると,粉状のカスが出る.このカスが初齢ゴキブリの体に付着し,餌容器から脱出できず,死んでしまう経験をした.また,トルキスタンゴキブリのように壁面を登れない種は新品の餌容器も上手く登れない.
等が理由である.
従って,餌は粉状のものは与えた事が無い.

2008年08月06日

ゴキブリの床替え方法 その1

どんな生き物でも,飼育環境の掃除は必要となる.
汚れる原因は,死骸が溜まってくる事が一番.
従って,掃除の頻度が高いのは繁殖力が高く,
寿命の短い種がどうしても早く汚れる.
その代表種は世界の害虫であるチャバネゴキブリであろう.
その次がワモンゴキブリ・コワモンゴキブリ,トビイロゴキブリあたりだろうか.
今回は上記種を掃除した後であった為,ウルシゴキブリを取り上げた.
基本的には,「逃がさない・生きたまま捨てない.」を厳守して行っている.
特に本種のように卵鞘を産む種は,注意したい.
過去のブログでも,各論的なことは紹介しているのでそちらも参照してほしい.
まず,新しいケージの準備から.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5.JPG

写真のように水に溶いた炭酸カルシウムを筆でケージ上面に塗りつける.
主に使用しているサイズは中プラケである.
このとき新しいケージだと,炭カル水をはじいて上手く塗れない事がある.
その場合はエタノールや洗剤を少々入れるとはじかず上手くぬれるが,
エタノールは乾燥するときに塗り面がはじいてしまう為,
炭カルを濃い目に溶く必要がある.
私は多少傷が付くがごしごし根気よく塗っている.

%E5%BA%8A%E3%81%8C%E7%B5%B5%20%281%29.JPG

これでケージは完成である.

2008年05月27日

餌皿の卵鞘

ゴキブリ飼育の際,餌を写真のようなプリンカップに入れて与えている.
餌のカスが飛び散らず,交換が簡単に出来るのでほとんどの種に導入している.
この餌皿に卵鞘を産み付ける種がいる.
主にPeriplaneta属に見られる.

%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3.JPG

これはコワモンゴキブリ.
餌を食べつくした後,卵鞘がゴロゴロ現れる.

%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E3%83%AF%E3%83%A2%E3%83%B3.JPG

これはワモンゴキブリ.

%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%A4%E3%83%AD.JPG

トビイロゴキブリ.
全く産んでいない.
餌の近くに産み付けるのは,
孵化した1齢幼虫がすぐに餌を食べる事が出来るようにとの,母の思いやりであろうか.

2008年01月17日

グリーンバナナ飼育法

飼育温度は20℃を割らないように心がける(最低温度はチャレンジしていない).
生息地であるテキサスからメキシコあたりの気温はモントレーで最低気温8℃らしい.
とするとかなりの低温にも耐えると考えるが,
ペットローチにそんな仕打ちをしてもしょうがないので,高めに設定しよう.
先にも書いたが,幼虫は乾燥を嫌うので湿潤な環境を作ってやる.
飼育している過程(風景)を楽しむのであれば,
昨日のトカゲを飼育するような形が良い.
しかし,マット交換をする際,1齢幼虫を探し出すのは大変である.
そこで,今回のセットとなる.
banana.JPG
右からシェルター.水容器の上に水苔をのせ,広葉樹の樹皮をかぶせた物.
ヤシ殻マットを半分ほど入れ,その上に水苔をかぶせた物.左下も同じ.
植物は特に必要ないと思う.
banana%20%281%29.JPG
現在1齢幼虫はこの様に水苔の中や樹皮の裏,ヤシ殻マットと水苔の隙間に潜んでいる.
見た目は悪いが利点として,
①死亡した個体の回収や,大掛かりなマット交換をしなくて済み,餌もカビる事無く,管理し易い.
②プリンカップ内はケースにマットを敷き詰めるより表面積が狭く乾燥しにくい.
③まだ生態がよく判らない面もあり,万が一多様な環境を好む場合,
選択肢が広がり絶滅は免れる可能性が高い.
④コバエ(クロバネキノコバエ類)が発生しにくく,発生しても処理しやすい.

なお,以上の事は全て私見であり,実行して,死滅しても責任は負えません.
そこをご理解の上,参考程度に活用下さるようお願い申し上げます.

2008年01月16日

グリーンバナナ飼育 言い訳

幼虫と成虫の好む環境が違うらしい事はすでに述べた.
飼育に関してもその様な環境を作って維持していけば,
飼育はそれほど難しくはないと思えるようになった.
一番手っ取り早いのは,クワガタ成虫やトカゲ類の飼育するセットで良いと思う.
GB%E9%A3%BC%E8%82%B2.JPG
上はトカゲ用.
しかし,前回その様なセットで全滅させた.
原因はマット全体が加湿してあるので餌がカビやすくなる.
そこで適度な湿潤状態で維持しようとする.
維持出来れば良いのだが,うまく行き始めると手を抜き初める.
成虫は乾燥しても元気なのでケージを外見で眺めて成虫が沢山元気でいる.
うまくいってると思いこんでしまう.
ある時中を覗くと,実は乾燥のため幼虫は全滅.
そうこうしているうちに成虫も産仔せずに死に絶え,終わり.
となる訳である.

2007年09月27日

炭カルの欠点

炭酸カルシウムをゴキブリ登攀防止に良いといったが,一応重大?な欠点もある.
1.高密度で飼育している場合や,垂直面を登りたがる種の場合,こまめに見ていないと写真の様に炭カルがすれて無くなり,すごい事となる.
%E7%82%AD%E3%82%AB%E3%83%AB%E6%AC%A0%E7%82%B9.JPG
写真正面のケージ内面に塗った炭カルが全て落ちており,そこより天井面に這い上がってしまった.
2.ケージ内が炭カルにより白くなり,見た目が汚くなる.
%E7%82%AD%E3%82%AB%E3%83%AB%E6%AC%A0%E7%82%B9%20%281%29.JPG
それでもやはり油系の物より良いと思う.

2007年09月12日

クロゴキブリ飼育方法

本種の飼育もゴキブリの中では簡単である.しかし,ワモンゴキブリなどの休眠しない熱帯産は1年もしないうちに色々なステージが一ケージ内に混生する様になるが,本種は加温して飼育しても休眠による成長が滞る時期があり,長く室内で飼育していると全ステージが揃うそうだが,私の手元にいる個体群は,春先は成虫がいなくなる.滅びるわけではないため,良いのだが,一年を通して成虫をストックする事はまだ難しい.
しかし,クロゴキブリ飼育の良いところは,言い換えればワモン・コワモン・トビイロ・イエ(スズキはまだ飼育した事がない)などの熱帯性のゴキブリに比べ成長に時間がかかる為,ゴキブリ飼育にはつきものの淘汰をする回数が少ない点である.

%E3%82%AF%E3%83%AD%E9%A3%BC%E8%82%B2.JPG
シェルターは成虫が入れる為,幅10㎜以上あった方がよい.
床替えは3,4ヶ月に1回やれば十分である.

2007年08月24日

ワモンゴキブリ 飼育方法

以前も少し紹介したが本種は昆虫の中でも大きさがあり,飼育も簡単である為,世界中で研究用として飼育されている.従って様々な飼育方法があると思うが,その一例として当社で行っている方法をご紹介する.
餌,水,シェルターは以前ご紹介した通りである.
特別な事として,シェルターは幅が広くないと,成虫が入れない.
餌を大量に食べるのでこまめに補給する.しかし,1週間ぐらいは無くなっても問題ない様である.
%E9%A3%BC%E8%82%B2.JPG
チャバネゴキブリの様に一生が短くない為,死骸が溜まらない.
よって床替えは3,4ヶ月に1回やれば十分である.

ワモンゴキブリ 飼育方法

以前も少し紹介したが本種は昆虫の中でも大きさがあり,飼育も簡単である為,世界中で研究用として飼育されている.従って様々な飼育方法があると思うが,その一例として当社で行っている方法をご紹介する.
餌,水,シェルターは以前ご紹介した通りである.
特別な事として,シェルターは幅が広くないと,成虫が入れない.
餌を大量に食べるのでこまめに補給する.しかし,1週間ぐらいは無くなっても問題ない様である.
%E9%A3%BC%E8%82%B2.JPG
チャバネゴキブリの様に一生が短くない為,死骸が溜まらない.
よって床替えは3,4ヶ月に1回やれば十分である.

2007年07月11日

脱走防止処置

多くのゴキブリ類は6本の肢の跗節の先の爪の間に爪間板(Arolium)と呼ばれる部位が発達しており,これを使用して垂直なガラス面等を自在に移動する事が出来る.
この様な生き物を脱走させずに飼育するには,その壁面登攀能力を阻止しない事には,世話をする度に脱走される事になり,おそらく大問題になると考えられる.
そこで飼育容器壁面上部に幅5~10㎝に以下のものを塗りつけると滑って登れなくなり,蓋を開けても壁を伝って逃亡する個体はいなくなる.

トビイロゴキブリ(Periplaneta brunnea Burmeister)の爪間板
%E7%88%AA%E9%96%93%E6%9D%BF.jpg

バター(マーガリン)
炭酸カルシウム(私が現在行っている方法で水に溶かし,筆で塗りつける)
ワセリン:流動パラフィン(1:1)(学会出版センター昆虫実験法より)
ワセリンのみ

炭酸カルシウムの良いところは,油系のものより洗うのが楽な事.

%E7%82%AD%E9%85%B8%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%A6%E3%83%A0.JPG

しかし,この方法でもミナミヒラタゴキブリ初齢幼虫は登る事が出来る.

2007年07月10日

ゴキブリのシェルター

シェルターはゴキブリが落ち着いて暮らせる様に,狭く暗くを考え作る.
以下がうちで使っているシェルターである.
現在,土中に潜らない種は殆どこれを使っている.
幅のある物は国産ではヤエヤママダラゴキブリ(Rhabdoblatta yayeyamana Asahina
)外国種ではブラベラス属などの厚みのある種に使用している.

材料は以下の通り.殺虫剤や忌避剤等が使用されていない物を選ぶ.
割り箸(100均)
ボール紙(出来れば昆虫資材を購入した時の物を使用)
のり(でんぷん糊)

%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC.JPG

2007年07月09日

ゴキブリの飲み水

ゴキブリは種類によってはかなりタフな生き物で,うっかり水をきらしても,それが原因で殺すようなことはあまり無い.しかし,屋外性のゴキブリ類は結構弱い者もいる.気を付けて飼育した方がよい.

では給水の方法である.調べると色々有るようだが,私がやっているのはプリンカップフタ中央に穴を開け,ガーゼを適当な大きさに切り,水を吸い上げる方法.
プリンカップは何度も洗って穴があくまで使用する.
水が飛び散らないため,飼育ケージ内を乾燥した状態で維持しやすい.

%E6%B0%B4.JPG

他の方法として
・ 野菜,果物を与える.
・ 三角フラスコに脱脂綿を浸して入れる.(学会出版センター昆虫実験法より)
・ ネズミ用やニワトリ用小型給水器を使う. (学会出版センター昆虫実験法より)
等がある様だ.

2007年07月06日

ゴキブリの食事

様々なゴキブリ飼育情報を見ると,ゴキブリの餌には皆さん様々なものを与えていらっしゃるようです.原則雑食なので人間が食べる物はおそらく何でも食べると思われます.リンゴ等のフルーツ,野菜,腐葉土,種によっては朽ち木等.
私が与えているのはネズミ飼育用の固形飼料と水のみ.飼育種の9割近くはこれだけで飼育が出来ています.たまに生け捕り用のスペシャル練り餌をお裾分けすると,瞬く間に完食するところを見ると,本当は色々なものが食べたいのかも知れません.

O酵母工業㈱製実験用動物飼料

RIMG0035.JPG

写真の様なプリンカップに入れて与えると,ダニ(ケナガコナダニが多い)が湧いてもすぐに捨てる事が出来管理しやすい.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.