« 2017年11月 | メイン | 2018年01月 »

2017年12月28日

Polyphaga saussurei孵化ラッシュ

Concentration of hatching

PC170245.JPG

都度の回収が間に合わなくなった.

PC170243.JPG

もうしばらく続きそうなので,一旦集めて飼育容器に移した.

PC170242.JPG

第1容器.

第2は来年だろうか.

という訳で,今年もこれでおしまい.

見てくださった方,ありがとうございました.
振り返ると,いくつか珍しい種が入手できたことと,小笠原にずいぶん関わるようになったt年だったと思います.
年末に今年最後のゴキブリ採集に行く予定です.
結果は来年.

それではよいお年をお迎えください.

2017年12月27日

Pacific beetle cockroach

Diploptera punctata

PC160259.JPG

唯一,胎生といわれているゴキブリ.
ミルクを体内で卵に与えるらしい.

PC160263.JPG

翅が特徴的で,後翅中間部から先を内側に折れ曲げて収納する.
飼育している人も多いでしょうから,翅を広げてみてください.
少し感動します.

PC160266.JPG

卵鞘も変わった形をしている.
普通,卵型の中に目などができるが,本種は目が飛び出ている.

2017年12月26日

ヘビたち

Snakes

シマヘビ

PC170257.JPG

PC170258.JPG

PC170260.JPG

ボールパイソン.

PC170264.JPG

PC170261.JPG

PC170262.JPG

ついでに体長を測ったら160cm程あった.
最近はマウスのリタイヤサイズも食べるようになり,世話がなくなった.

2017年12月25日

ワラジ結果

Result

結果はあまり取れない.

PC170248.JPG

よく考えたら土が大きな粒子となって玉になっているので,100均篩で篩ってみた.

PC170252.JPG

細かい土とともに,ワラジが落ちた.

今のところの結論は,マットが玉になるまで飼育して,篩いで回収が簡単だとわかった.

ひとつ,課題は根本的なところで,玉になる前の,必要なときに回収する方法.

2017年12月22日

シロワラジ回収

Sow bug collection

増えたのはよいが,回収が大変.

PC130283.JPG

そうこうしている内にマットは劣化してダマになってくる.

以前きゅうりを置くと下に集まると聞いてやったが,いまいちだった.

PC130284.JPG

そこで,身の回りにある材料で超簡単ツルグレンもどきを作って試した.
製作時間30秒以下.

PC130285.JPG

プリンカップの間にトリカルネットを挟んだだけ.

PC160230.JPG

ただセットするだけで,ネットから落ちたわらじは回収された.
この後どうなるか?

2017年12月21日

Gromphadorhina oblongonotaのダニ駆除のその後

After the extermination of ticks parasitic on Gromphadorhina oblongonota

PC130275.JPG

初齢幼虫からスタートしているので,いまだに大型の♂がでない.

PC130280.JPG

PC130281.JPG

ダニはどうかというと・・・・いない!
よかったよかった.

2017年12月20日

ヨロイモグラゴキブリの繁殖

Breed the Macropanesthia rhinoceros

PC130270.JPG

昨日,雌雄を3:3と前胸背板だけで判断していたが,腹端みたら♂:♀は2:4であった.

PC130273.JPG

仕方ないので,2ペアと♀2の3ケージにとりあえずセットした.

PC130274.JPG

いずれにせよ,交尾を開始するのは春過ぎだと思われるので,相性をこれで見ることにする.

2017年12月19日

Blaberus giganteus

Blaberus giganteus

PC130282.JPG

ブラベルス属の中でも大型種.
改めて眺めると,翅が伸びた個体は大変きれいである.
ペットローチの代表種です.

2017年12月18日

12月のクロゴキブリ幼虫

Periplaneta fuliginosa larvae witnessed in December

PC140286.JPG

避難階段脇に置いてあった長靴の上を歩いていた.
1齢幼虫ですね.
さすがに12月の日陰では寒いらしく,動きが遅い.

PC140289.JPG

こんな時期でも,外をうろつくとは.
数時間後に行ってみたらいなくなっていたので,越冬場所に潜り込んだのでしょう.
めでたしめでたし.

2017年12月15日

ハイイロゴキブリ亜科

Oxyhaloinae

資料集めをしていて気がついた.

マダゴキシリーズと餌ゴキのハイイロゴキブリが同じ亜科に含まれていた.

PC160248.JPG

これらは,今いる中で,各属の代表種.
左から

Princisia vanwerebecki
Aeluropoda insignis
Elliptorhina davidi
Rhyparobia maderae
Henschoutedenia flexivitta
Nauphoeta cinerea
Oxyhaloa deusta

これらに共通する特徴は中後脚腿節前下縁に棘列がないこと(ただし,この特徴はオオゴキブリ亜科やオガサワラゴキブリ亜科,マルゴキブリ亜科にも共通することだが).

PC160277.JPG

そして♂肛下板の形態(Rhyparobia maderae).

PC160279%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

端部先端両端が同様な鍵状になっていること(赤矢印).
また,尾突起も左右同様のサイズと形であること(青矢印).
この形態は,当然小型のOxyhaloa deustaも同じ形をしている.

ゴキブリの世界も深いですね.
それにしても,こういったことって,実際にゴキブリを見てみないとわからない.
色んな種を飼育していると,このような時にも大変便利ですね.

2017年12月14日

イエローバナナローチ 2

Yellow banana roach 2

PC110245.JPG

現在の出現率は30%程度.

なぜこうなるのか興味がある.
現地でもそうなのか?

ペットとして考えればGyna luridaのように黄色だけ集めて,黄色系統を作るのも面白いかもしれない.

2017年12月13日

夜行性

Nocturnality

PC130267.JPG

21:00頃突然電気をつけたらシェルターから出ていた.
やはり夜行性なんですね.

たまに昼出歩いているのをみますがあれは何をしているのでしょうか.

PC090228.JPG

2017年12月12日

ホラアナゴキブリの木製シェルター失敗

Wooden shelter fail of the Nocticola uenoi uenoi

PC090230.JPG

PC090229.JPG

前回の床換えで,耐久性を良くする為に,紙のシェルターから木に換えたケージを小と中プラケで作り,ゴキブリを放ったのだが,内部に発生した緑のカビが消えず,中プラケは放った虫体も消えた.

PC090238.JPG

全く動くものがいない中プラケ.

PC090237.JPG

PC090235.JPG

逆に,紙シェルターケースは,朽ちてきたが爆発的に増えている.
有翅も数匹確認できる.

PC090231.JPG

で,良く見るとタマヤスデが結構増えている.

PC090233.JPG

カタツムリも.
これは入れた覚えが全く無い.

どうも,ヤスデ類と相性が良いのか,ヤスデが環境悪化を防いで知るのか?
しかし,大型のヤスデは糞だらけにするので,タマヤスデサイズがいいとこなのかもしれない.

2017年12月11日

Eurycotis opaca

Breeding case cleaning of the Eurycotis opaca

PC090239.JPG

順調に累代出来てはいるが,観察は怠っていない.

PC090241.JPG

特に卵鞘の孵化具合.
初齢幼虫の発生状況.
卵鞘の中には変形した物が多く見られる.

PC090240.JPG

ちょうど成虫が産卵終わり,幼虫に代替の時期となっている.
本当は全ての齢が交じり合うと良いのだが,まだそうなっていない.
この,種苗シェルターは,ダンボールシェルターに入れない大型種には重宝している.

PC090242.JPG

本種には大プラケがちょうど良いようです.

2017年12月08日

単為発生ワモン幼虫F9

F9 larva of a parthenogenetic Periplaneta americana

PC090227.JPG

孵化してちょうど4ヶ月.
中齢幼虫まで育った.
前胸背板にきれいな黄色斑が出た良い幼虫だ.
あと,2~3ヶ月で成虫になるだろう.
クロゴキブリはこうはいかないが,熱帯原産のゴキブリは環境がよければドンドン成長する.

2017年12月07日

ヨロイモグラゴキブリ3ペア

3 pair of the Macropanesthia rhinoceros

PC090246.JPG

この仔達は,記録によると2008年に幼虫で入手した個体から生まれた子供のようだ.
やっと成虫になった.
しかも,ちょうど♂3,♀3.
それにしても,増やすのがいかに時間かかるか良くわかる.

PC090247.JPG

いつまで同居させるか考えたが,全個体マットには潜らず,糞だらけなので,マットの準備が出来次第ペアを組んで分けようと思う.

2017年12月06日

麻布せんべい

Azabu Rice cracker

PC010844.JPG

昨日,T先生にいただきました.
今このような商品があるみたいです.

PC010845.JPG

時代は変わりました.
おいしくいただきました.

2017年12月05日

Polyphaga saussurei孵化

Hatch of the Polyphaga saussurei

PC050844.JPG

続々孵化が始まった.

PC050845.JPG

が,幼虫の管理環境が良くわからない.
意外と深い.

2017年12月04日

ウェストフレテレン

Westvleteren

残念ながら新しいゴキブリの名前ではありません.

PC040844.JPG

ベルギービールです.
ブリュッセルで研究をしているU田さんのお土産.
超貴重品.
以下Wikipediaより抜粋.
・ベルギーのシント・シクスタス修道院で醸造されるトラピストビールの銘柄.
・販売は不定期.
・販売場所は院のみ.
・販売方法は,院の前に小さい看板を出して販売を告知する.
・噂を聞きつけた購入者が車で来院するため,周辺では順番待ちの行列が出来る.
・販売はドライブスルー形式で「車1台につき1日1ケース(1ケース24本)」.
・車のナンバーを控えられるため,同じ車で並び直しても当日再購入は出来ない.
・「僧院にある販売所では随時購入できるが 「Niet verder verkopen(転売しないこと)」と印刷された紙を手渡される。」
とあるが現在は,飲むことは出来ても,通常は随時購入も運しだいとのこと.
そのため,外国の人が入手する事は,殆ど無いとされるが,修道院修繕等で資金が必要なときは臨時販売があり,流通するという.

日本の販売記録では,2012年9月頃に販売されている.この頃臨時販売があったようだが,これを最後にほとんど記録がありません.

PC040846.JPG

王冠も貴重らしいです.

2017年12月01日

Periplaneta banksiケース交換

Exchange for new cage of Periplaneta banksi

PB290846.JPG

ネットを張ったら不思議と炭カル突破するまでの時間が以前より延びた気がする.

PB290849.JPG

体がデカイぶん糞の量もすごい.

PB290848.JPG

交換後.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.