« 2017年03月 | メイン | 2017年05月 »

2017年04月28日

いつもの居酒屋での出来事

Events at usual Japanese Pub

前回はチョウバエでした.

P4210043.JPG

取り皿に黒い物.

P4210041.JPG

今回は,こちら.
チャバネ 1齢幼虫.
瀕死だが動いている.
写真撮って喜んでいる,変態グループです.
皿は端に寄せておきました.

2017年04月27日

ネバダオオシロアリその2

Breeding of the Zootermopsis nevadensis, Part 2.

P4270240.JPG

投入してから約1ヶ月.
状況変わらず.
卵のようなものは位置が変わって存在.
孵化日数は1ヶ月~のようなので,もしかしたら半月もすれば幼虫が見られるかもしれない.

2017年04月26日

小笠原4月 その3

The Ogasawara Islands of April,Part 3

P4250150.JPG

今日は,小笠原を立つ日だが,天気は最後まで気持ちよく晴れなかった.

P4260198.JPG

デイゴ.
私の好きな花です.
終わりの時期のようでしたが,綺麗に開花していました.

P4250139.JPG

合間を見てアノール釣り.
1人でやっていると,なかなか写真取れないのですが,まあOKでしょう.

P4260216.JPG

過去に10回以上この見送りを経験していますが,今回初めて見送っていただきました.
いつもは,この景色をただ眺めているのですが,今回ははじめて手を振りました.
A沢さん滞在中も含め,ありがとうございました.

2017年04月25日

小笠原4月 その2

The Ogasawara Islands of April,Part 2

今日も朝からどしゃ降り.
午後は少し良くなりましたが青空は見れませんでした.

P4240114.JPG

P4240118.JPG

夜も寒く,いたのはアフリカマイマイをまとったヤドカリとオオヒキガエル.

P4240119.JPG

クマネズミもいましたがカメラには写りませんでした.

2017年04月24日

小笠原4月 その1

The Ogasawara Islands of April,Part 1


昨日より仕事で1航海父島に来ています.
気温上がらず,生き物の活動も見られません.
ゴキブリは,オガサワラゴキブリの初令を1個体発見.

P4240097.JPG

P4240096.JPG

合板剝がすと,ハナムグリらしき幼虫と,オカヤドカリ小型.

P4240107.JPG

アノールも活動はしているが♂ばかり.

寒いので,軽く一杯.

P4240125.JPG

T田さんから推薦の旬の亀レバー.

P4240127.JPG

P4240126.JPG

ついでに亀三昧で煮込みと刺身.
レバーは初めて食べましたが,哺乳類の物よりはるかに美味しいと思いました.

明日は気温が上がると良いですが,小笠原の天気は気まぐれなので天気予報をどこまで信じるか.

2017年04月21日

ハエトリ in 冷蔵庫

Jumping spider in fridge

P4160025.JPG

何かいる.

P4160028.JPG

何でこんな中に.

P4160030.JPG

動きは緩慢だが,痩せておらず水を飲むと消えていった.

2017年04月20日

ハカラメ開花

Kalanchoe pinnata blooming

P4190043.JPG

P4190044.JPG

やっと咲きましたが,なんか地味?
記憶では,もっと派手だったと思うのですが.

P4190046.JPG

いずれにしろ,東京の屋外の寒さを耐え開花したのだから良し.

2017年04月19日

ホラアナゴキブリのシェルター

Nocticola uenoi uenoi shelter

P4130023.JPG

このタイプのシェルターを使い始めて,良かったこと.
1.ケースの交換頻度が減った.
2.観察がしやすくなった.

爆発的に増えはしないが良い方法だと思っている.

2017年04月18日

長崎のゴキブリ

Cockroach in Nagasaki Prefecture

IMG_0512.JPG

会場の近くの路上にサツマゴキブリの死骸があると聞き探しに行った.

IMG_0510.JPG

♀成虫.

IMG_0513%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

IMG_0514.JPG

ここにも♀成虫の死骸.

IMG_0517.JPG

この下が怪しいので,簡単に移動出来そうな左の赤い容器と,中央の蛍光管入の下を見たが発見できず.

IMG_0519.JPG

力持ちのA立さんがコンクリート台座付き看板を持ち上げてくれ,裏を見ると♂成虫発見.
スマフォしかなくピント合わず.

IMG_0524.JPG

発見した台の上にそっと置き,記念撮影直後元の場所に逃げていった.
長崎は始めて来たのだが,鹿児島県以外はゴキブリが多いイメージは無かった.
しかし,長崎は街中に森などが適度に配置され,うわさではワモンなども普通に見ると聞く.
鹿児島県などは,種数は多いが街中では見つけにくかった.
それに比べると,長崎は夜間街中を中心に少し散歩するだけで東京では普段見ることの出来ない種に出会えるかもしれない.

毎晩飲んだくれていたのが少し後悔された.
次回来たときはゆっくり探したいと思う.

2017年04月17日

第69回日本衛生動物学会

The 69th Annual Meeting of the Japan Society of Medical Entomology and Zoology

先週の金,土,日と長崎大学にて開催された.

私も,トコジラミの近況と,ゴキブリの新種発表をしてきました.

IMG_0480.JPG

その懇親会.
本学会の懇親会は,比較的質素に営われることが多いのですが,今回は「世界モスキートデイ」のPRにヒトスジシマコさんが登場.
会場を賑わせてくれました.
酔っ払い相手に快く対応いただきありがとうございました.

IMG_0484.JPG

その後,さらに「変面」と呼ばれるショーが行われました.

IMG_0485.JPG

IMG_0491.JPG

IMG_0501.JPG

IMG_05504.jpg

踊っていると,様々な顔に変化する芸.
最後に驚いたのは,男性だと思っていた役者が女性.
しかも可愛い高校生.
普段は,ゴキぶりやネズミにしか感動を覚えない変人ですが,久しぶりに正気に戻った思いでした.
いや~よかった.

2017年04月14日

ネバダオオシロアリ卵

Zootermopsis nevadensis eggs

P4130006.JPG

先週羽アリを分けたタッパーの様子.

P4130014.JPG

1つ目は,集団で活動している.
ペアを作ると思ったが,何なんでしょう.

P4130008.JPG

写真撮った後に気が付いたが,中央に写っている楕円形の白い物は卵ではないかと思う.

P4130019.JPG

2つ目.
こちらは変化無.

この違いは何でしょうか.
この先が楽しみ.

2017年04月13日

ハカラメ咲きそう

Bryophyllum pinnatum is likely to bloom

P4130005.JPG

ここのところ暖かいので数日か明日?には満開になるかもしれません.
が,明日から日本衛生動物学会長崎大会に参加のためこの続きが観察できない.
日曜に帰社するので,その時どうなっているか.

2017年04月12日

Gromphadorhina oblongonotaのダニ駆除のその後2

Current of the parasitic situation of mite 2

P4080005.JPG

P40804007.JPG

慣れたもので,片手で押さえ付けられる様になりました.

P4080008.JPG

もう大丈夫でしょう.
駆除のポイントは,「ダニを甘く見ない」ですね.

2017年04月11日

野生ゴキブリの繁殖力

Fertility of wild cockroaches

P4080002.JPG

2月に頂いた野生ミナミヒラタゴキブリ♀から生まれた1齢幼虫.

野外個体の生命力はすごいですね.

これは,ゴキブリに限った話ではないと思いますが,卵鞘5個も産めば,5×25匹であっと言う間に100匹超えです.

さすがゴキブリ!

2017年04月10日

卓上Zoo状況

Desktop Zoo situation

P4080003.JPG

Hypercompsa sp.(左)とホラアナゴキブリ(右).

P4080007.JPG

両方とも1月に産下しているが全く孵化しない.

P4080006.JPG

Hypercompsa sp.は卵期間が長い可能性があるのでまだ可能性あるが,ホラアナは無理だろう.

そろそろ長期出張も入りそうなので,セット解消しようと思う.

2017年04月07日

ハカラメの蕾

Bryophyllum pinnatum buds

春なので花.

P1300019.JPG

これは今年1月の蕾.

毎年,2月頃の大寒波で枯れ落ちる.

P4080009.JPG

今年は少し膨らんできて咲きそうな感じです.
なぜかこのカメラ,手前の蕾に焦点合わない.

忙しいので,この辺で諦め.
咲いたら綺麗に撮ります.

それにしても,今週は忙しかった.
昨年の年度末も激忙しく,それが原因かわからないが,肺炎で入院.
昨年の今頃,病室の窓から浅草寺に咲く満開の桜を見ていましたのを思い出します.

2017年04月06日

Deropeltis erythrocephala危機

Crisis of the Deropeltis erythrocephala

P4080014.JPG

2009年から飼育しているが,初めての危機.
卵鞘が孵化していない.

P4080011.JPG

P4080020.JPG

気が付くと♂1,♀1,卵鞘数個.

湿り気を与えただ見守るのみ.

2017年04月05日

ネバダオオシロアリの繁殖

Breeding of the Zootermopsis nevadensis

P4020015.JPG

4月になり,桜は満開.
シロアリも羽蟻シーズンとなりました.

P4030066.JPG

せっかく沢山出ているので,newコロニーでも作ろうと思い,ケース内で飛ばして小型パックに投入しました.

P4020010.JPG

自切している個体.

P4020007.JPG

翅の落ちた個体を数匹プリンカップへ.
1ペアぐらいは出来るでしょう.

2017年04月04日

ホラアナゴキブリ若齢幼虫

Young instar of a Nocticola uenoi uenoi

P4010004.JPG

P4010008.JPG

現在床換え進行中.

幼虫拾いが大変.
卵鞘は見つからないので,はじめてから数ヶ月は古い床も維持しないと拾いそびれる.
卵期間がわかればよいが,1月に産下された卵鞘は未だに孵化しない.

2017年04月03日

水は命

Water is life

P3260010.JPG

まめに世話している様だが,このような状態まで気が付かない事が未だにある.

P3260013.JPG

単為生殖はよいのだが,両性生殖は数の減少が命取りになる.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.