« 2016年12月 | メイン | 2017年02月 »

2017年01月30日

フルーツの利用

Efficacy of fruits related to cockroach health

8i87iih%20%282%29.JPG

普段は果物を買って食べようとはあまり思わないが,ゴキブリのためと思い購入した品.
100円ショップで購入.
ミカンなどスーパーでは2個売りはあまり見たことがない.
リンゴも,100円では売っていない.

味は食べていないのでコメントできないが,非常に便利である.

8i87iih%20%281%29.JPG

種によるが,ミカンを良くたべる種もあり,今までマダラ系だけと思っていたが,調子の悪い個体群には順次与えて行こうと思う.

2017年01月27日

Elliptorhina属

genus Elliptorhina

この属は,マダガスカル島にだけ分布し,現在10種が記録されている.
私のところにも4種いるが,最近お伝えしているElliptorhina davidiが不調であったり,何か気難しいグループのような気がする.
今回はE. chopardi(ドワーフヒッシングローチ).
この名前も,1種だけなら問題なかったが,これだけ複数の種が輸入されると皆ドワーフヒッシングになって区別つかない.

で,E. davidiが不調であったように,今度はこれが不調.
何がと言うと,幼虫が出ない.

したがって増えない.

65p%2C%20%285%29.JPG

成虫のみで,それより若い個体がいない.
しかも,どの個体も触覚が切れ切れ.
と書いていて,思ったのは個体密度が高くなるとダメなのか?
しかし,マダゴキ類ほど1ペアで増えた記憶がない.

65p%2C%20%286%29.JPG

結局,飼育ケージを小さくして様子見となった.

65p%2C%20%283%29.JPG

ちなみに,こちらは最近のE. davidi.

2017年01月26日

ホラアナゴキブリの卵鞘

Ootheca of the Nocticola uenoi uenoi

ktpt6t4%20%281%29.JPG

枯葉の裏に産み落とされていた.
卵鞘の竜骨部に大きさの割には広い縁が見える.

P1280008.JPG

触っていたら葉から簡単に脱落したので,ミズゴケの上に移動.
クロゴキブリのように物に貼り付けたりはしないようだ.
こちらから2卵見える.

P1280010.JPG

反対側.
こちらも2個?
する多くても5卵程度しか入っていないようだ.
道理で増えない訳だ.

ktpt6t4%20%282%29.JPG

スッキリとした♀.
カメラのせいか以前よりホラアナの写真が綺麗に撮れるようになった気がする?

2017年01月25日

シマヘビ早くも脱皮

The Elaphe quadrivirgata shed off the skin for the 4th

liy8p%20%282%29.JPG

1ヶ月前に脱皮したばかり.

liy8p%20%284%29.JPG

前後どちらでしたか分からないが,糞臭いので温浴.

liy8p%20%281%29.JPG

2017年01月24日

ホラアナゴキブリ産卵

Oviposition of a Nocticola uenoi uenoi

P1220042.JPG

久しぶりの卵鞘.

P1220058.JPG

よく見ると卵鞘の端部を腹端で保持しています.
面白いですね.

opp%5B.JPG

この個体は,手元で観察しようと思います.

2017年01月23日

ヘビの糞

Snake feces

hewfiaeghi%20%281%29.JPG

ここの所食が細いと思っていたら,DEKAFUN.

hewfiaeghi%20%282%29.JPG

以前から人並みだと思っていたがこうして見ると,やはりでかい.
公園に落ちていたら犬か人の糞と思う.

hewfiaeghi%20%283%29.JPG

方付け終わり,スッキリ!

2017年01月20日

Hypercompsa sp. 腹面

Ventral view of the Hypercompsa sp.

fu5olokmen%20%282%29.JPG

fu5olokmen%20%281%29.JPG

この属は,現在南アフリカから5種が知られているが,アリの巣から得られるようで,どれも単為生殖をするようです.

2017年01月19日

年越したシマヘビ


Elaphe quadrivirgata who did not hibernate

kregepp25%20%282%29.JPG

結局冬眠しなかった.
しかし,餌は良く食べる.
隣のボール君とは大違いだ.

kregepp25%20%281%29.JPG

最近は,シェルターに入らず,床紙の下にすぐにもぐりこむ.

2017年01月18日

マルバネゴキブリ予備軍

Reserve Hebardina yayeyamana

marugsg89%20%282%29.JPG

滅んだら再入手まで時間のかかりそうな種は予備ケージを作るようにしているのは以前にもお伝えしましたが,このケージも予備だが成長がおかしくなってきたので再出発させた.
まだまだ,元気そうな幼虫が表面上は確認できる.

marugsg89%20%283%29.JPG

しかし,マットは変質(乾燥とカビ跡と残骸の固着).

marugsg89%20%284%29.JPG

よく見ると,幼虫の状態で死に始めている.

marugsg89%20%285%29.JPG

これも,生きているが仰天し,起き上がれない.
ベイト剤を食ったときのようだ.

marugsg89%20%281%29.JPG

完成.
これで,幼虫が死ななければ良いのだが.

2017年01月17日

Pycnoscelus indicusの難しさ

Difficulty of the Pycnoscelus indicus

オガサワラゴキブリは単為生殖するので,1個体いれば増えていくが,雌雄必要なリュウキュウゴキブリはそうはいかない.

今日も様子見たら幼虫がいない?
水餌は入っているが,いつの間にかかなり減っていた.

P1150007.JPG

幼虫が数個体と成虫が数個体.
どうも,このように,マットが乾燥していても個体数が多いと,お互いの出す水分で安定するが,そのバランスが崩れると,乾燥が進み,1齢幼虫が死ぬようだ.

P1150008.JPG

そこで,全てを密閉できる小型のプリンカップに移し,餌を固形飼料からニンジンに切り替えて再立ち上げを企てた.

P1150009.JPG

これは,徳之島のPycnoscelus indicus.

今回この他にも1ケースあったので,Pycnoscelus属は見直しをかける予定.

2017年01月16日

白眼クロゴキのF2

White-Eyed Mutant in Periplaneta fuliginosa 4

P1090020.JPG

ついにF2が孵化し始めました.
今のところ,確認できる個体は全て白眼です.

P1090028.JPG

さて,ここでメンデルを少し復習しましたが分からない.
も少し観察することとします.

しかし,ここのところ超忙しい.

2017年01月13日

アダンソン2017

Jumping spider,2017

P1070010.JPG

PCの周りに出現.
いつも思うのだが,この寒い時期に何食べているのだろう.
ゴキブリなら,腹が減れば何でも食べて命をつなげるが,昆虫食のクモはそう簡単ではないだろう.

P1070014.JPG

それとも,クモってもともと絶食に強いのだろうか.
良い感じで透けているアダンソン.

P1110031-1.jpg

先ほどまで福島にいました.
仕事を終え,宿舎に戻る途中の月.
綺麗だが寒かった~.

2017年01月12日

オパカ繁殖

Breeding of Eurycotis opaca

PC270045.JPG

今ではこのような状態まで増えてきた.

PC270046.JPG

何が良かったのだろう.
このように,復調する種もいれば,人知れず消えている種も実はある.

2017年01月11日

ヤエヤマサソリ 床換え

Cleaning of the breeding case of the Liocheles australasiae

%40oo%20%282%29.JPG

昨年秋に,例のダニの発生を確認したが,ゴキブリを優先し今年まで持ち越していた.寒いせいかいつの間にかダニがいなくなっている.
本当にいなくなっていれば良いのだが,冬のため個体数が少なくなっている可能性もあり,このケージが最後なので床換えも合わせて実施した.

%40oo%20%281%29.JPG

上の小プラケは,熱湯が入っており,シェルターを再利用する際,ダニをこの部屋より出さないためその場で殺虫する目的.

%40oo%20%284%29.JPG

こんな感じ.
長ピンで押さえて湯没させる.

%40oo%20%283%29.JPG

全て出し終えると結構いましたね.
ゴキブリもそうですが,単為生殖する生物は繁殖が比較的容易である.

%40oo%20%285%29.JPG

ついでに撮影.

%40oo%20%287%29.JPG

終了.

2017年01月10日

ナゾゴキの正体

Real nature of the mysterious cockroach

fjifj%20%281%29.JPG

やっと正体が少しわかりました.
Hypercompsa sp.
とりあえず属まで.
種名までは不明.
この卵鞘の保持の仕方は,ルリゴキなどとよく似ていますね.

fjifj%20%282%29.JPG

しかし,卵鞘の表面は全く違っています.
中の卵数は5~6でしょう.

fjifj%20%283%29.JPG

大きさは2mm無いですね.

2017年01月06日

アマミモリゴキブリ

Episymploce amamiensis

PC270034.JPG

カメラを変えて以前より綺麗な写真が撮れるようになった.
翅バカの♀だが,動かない個体は深度合成が出来る.

PC270043.JPG

♂.
頭頂の黒筋も写っている.

このゴキブリの飼育は結構長く出来ており,リュウキュウモリゴキブリも含め,ホソモリゴキブリ属は,同じ野外にいる茶系のモリゴキブリ属に比べ,多少のアクシデントでも乗り越えられるタフさがあるように思える.

2017年01月05日

フルーツの喫食状況

The eating situation of the fruit

マダラゴキブリ類や産んでほしい種には,Invertebratedudeさんより教えていただいたように,フルーツ系を与えるようにしている.

PC280003.JPG

今回,リンゴとミカンを入手したので早速与えた.
リンゴは過去にも与えたことはあったが,ミカンは初めて.
同時にサツマイモ,ニンジンも入れてみる.

PC300001.JPG

ミカン.
結構食べるもんですね.

PC300007.JPG

リンゴ.
食べている.

PC300004.JPG

サツマイモは人気無.
ニンジンは食べるときは食べる.

さてさて,無事に幼虫を生んでくれるだろうか?

2017年01月04日

落ち葉拾い

Pick up fallen leaves

P1020022.JPG

長野に帰省した際,餌の落ち葉を拾いに行きました.

この辺もクマやサルが出没するようになり,1人では山奥まで入る度胸が無くなりました.
幸い,木曽ではゴキブリは山にいないので,ゴキブリ探すなら町中で十分ですが.

P1020016-1.jpg

その途中お寺の塀に張り付いていたカワゲラの一種.
冬なので動かないだろうと油断したら動きが早くピンボケとなる.

2017年01月01日

2017年 明けましておめでとうございます

Happy new year 2017

PC270003-1%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg


PC270018-1%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

本年もよろしくお願いいたします.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.