« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月30日

マダラサソリの給水

Scorpion's water supply

マダラサソリの給水は,容器を置かず,霧吹きで行っている.

しかし,水をかけても飲んでいるか良く分からなかった.

g%20%281%29.JPG

が,今日は散水すると初齢サイズの個体が無数に湧いてきた.

g%20%282%29.JPG

出てきて静止するので,水を飲んでいるのだろう.
良かった良かった.

この後,ヤエヤマと同じゴキブリを同じ手法で給餌した.

2016年11月29日

ヤエヤマサソリの餌やり

Scorpion feeding


以前,ヤエヤマサソリの餌はSymploce pallensの初齢はゴマ粒より小さく,小型サソリの初齢の餌に最適.と紹介したが,実際の与え方をご紹介.

RIMG2160.JPG

こんなに小さい個体が大発生.

しかし,いつもイエコ初齢は準備が大変である.

RIMG2163.JPG

そこで,Symploce pallensの幼虫.

RIMG2164.JPG

固形飼料に群がるので,これを長ピンセットでつかみ,ケースの角でトントンと叩くと幼虫だけが落下する.

RIMG2165.JPG

こんな感じに落ちる.
ただし,このゴキブリはケースを登るので,炭カルなどを縫っておかないと脱走する.

それさえしておけば使いやすいですよ.

2016年11月28日

Gromphadorhina oblongonotaのダニ検査

Gromphadorhina oblongonota tick test

rth58.JPG

10/19にダニ検査を実施後2度目の検査.
今日のところは,発見できなかった.

先日,本種を飼育している人と話をしたが,やはりこのダニには困っているとの事だった.

さて,うまくいくだろうか.

2016年11月25日

解毒

Detoxification

694oij%20%281%29.JPG

納豆.
私の夜食である.

本日,夜遅く,現場で捕獲されたドブネズミをもらった.
しかし,この現場は殺鼠剤を使用しており,過去に同じ現場で捕獲された2匹のドブネズミは,2~3日の内に死亡している.

これもダメだろうと思ったが,クマリン系殺鼠剤の解毒には,ビタミンKを投与する.
毎度同じ事をしていても進歩がない.
どうせ死ぬのなら,夜食の納豆と,たまたま冷蔵庫にあったサラダ油をダメもとで与えることとした.

694oij%20%282%29.JPG

だが,はたして納豆やサラダ油のようなべたつく物を食べるだろうか?

2016年11月24日

Hemiblabera tenebricosa脱皮

Molt of a Hemiblabera tenebricosa

RIMG2077.JPG

綺麗です.

2016年11月22日

ルリゴキブリ飼育


Breeding of the Eucorydia sp.

hshhyew%20%281%29.JPG

今のところ,マダラゴキブリよりも容易である.

hshhyew%20%282%29.JPG

卵鞘はマットにも産むが,このように湿った場所にも好んで産むようだ.

2016年11月21日

やはりマダラゴキブリは苦手

I am not good at breeding the Rhabdoblatta guttigera

hg5%20%282%29.JPG

F1だが,未収納の卵鞘が散乱している.

hg5%20%281%29.JPG

ここにも.

hg5%20%283%29.JPG

以前は,F3くらいまでは累代出来ていた気がするが,ここの所全くうまくいっていない.
傾向として,増えてくるとダメになる傾向が見られる.
かといって,死んできて個体数が減っても立ち直りはしない.

2016年11月18日

プチ小笠原


Petit scene of Ogasawara

pfiog.JPG

ガジュマル.
数年前は100均の大きさ.
外で越冬させ始めてからたくましくなった.

2016年11月17日

ワモンゴキブリのホワイトアイ

White-eyed Mutant in Periplaneta americana

re68g645gf%20%282%29.JPG

re68g645gf%20%281%29.JPG

状態が悪い.
幼虫が全然でない.
ここの所,毎回繋げているのは卵鞘1個分.
今回は,まだ幼虫が出ない.

社内でも同種を飼育している者がいるが,めちゃ増えているとの事.
なぜだろう.

そのうちクロゴキの白眼と交換してもらおう.

2016年11月16日

樹皮の再利用

Reuse of bark

オオゴキブリなどの床換後に発生する樹皮.

56fg465fd%20%281%29.JPG

熱湯で殺虫し,軽く水洗いを行い,乾燥.

56fg465fd%20%282%29.JPG

野外性のゴキブリのシェルターに使える.

2016年11月15日

ホラアナゴキブリとハエトリ

Nocticola uenoi uenoi and Jumping spider

室内の害虫に対しては可愛い殺し屋だが,ホラアナゴキブリのケージに侵入したら,恐ろしい殺し屋になる  ところだった.

yh58s%20%282%29.JPG

加水しようと思い,蓋を開けたら何か小さな物がケースの中に落下した.

最初は,ホラアナゴキブリの有翅虫が飛んだのかと思ったが,ハエトリの幼虫だった.

これは想定していない事態.
たぶん,ハエトリにとっては適当なサイズの虫が走り回っているケージにしがみ付き,虎視眈々と狙っていたのだろう.

yh58s%20%281%29.JPG

気が付かなかったら,丸々太ったハエトリの飼育ケージに変わっていただろう.
防虫紙を挟んでいて本当に良かった.

皆さんもさまざまな異物侵入回避のために,防虫紙(新聞紙でも問題なし)を挟みましょう.

2016年11月14日

ネズミネクタイ

Mouse patterned necktie

fiugra%20%281%29.JPG

昨日のペストロジー学会でS生さんより頂きました.
ありがとうございました.

fiugra%20%282%29.JPG

次回のネズミ駆除協議会に締めて行きたいと思います.

2016年11月11日

ナゾゴキの幼虫 1

Mysterious cockroach larvae 1

kp%20%281%29.jpg

餌入れにしているサンプル瓶の蓋の中にトビムシとは違う生物発見.
幼虫のようである.
やはりあのサイズで成虫のようだ.
とりあえず,増え始めてくれたようで一安心.
親もまだ健在なので,もう少し増えてくれるでしょう.

kp%20%283%29.JPG

それにしても小さい.

kp%20%282%29.JPG

トビムシとそれほど変わらない大きさ.
餌は,固形飼料も食べるようだ.

2016年11月10日

日本ペストロジー学会宇都宮大会

The 32th Japanese Society of Pestology Utsunomiya meeting.

6gh4kjjk%20%282%29.JPG

昨日から今日まで,宇都宮市にて日本ペストロジー学会大会が開催されました.
私も,シンポジウムと一般講演の2演題発表してきました.
http://www.pestology.jp/
↑↑↑↑↑↑↑↑ 内容はこちらを参照.

6gh4kjjk%20%281%29.JPG

懇親会も大変盛り上がり楽しい時間を過ごせました.
皆様ありがとうございました.

6gh4kjjk%20%283%29.JPG

来年は,東京で開催されます.
学生の参加も大歓迎です.
懇親会でお話しましょう.

2016年11月09日

ヤエヤマツチゴキブリ順調

The breeding of the Margattea ogatai is going well

efrwg%20%281%29.JPG

たまには,うまく飼育できている種.

efrwg%20%282%29.JPG

シェルターの裏には幼虫・雌雄成虫が均一にいる.
ツチゴキブリは結局絶えてしまった.

同じ種でも,熱帯に生息している系統のほうがうまくいく様な気がする.

2016年11月07日

展翅

Spreading wings

日本産直翅類標準図鑑に掲載されているゴキブリの展翅写真.
実に見事である.

昔は私もモリチャバネゴキブリとか,小型の希少種などよくやったが,あれほど綺麗にできないし,現在は老眼でとてもやる気になれない.

RIMG2123.JPG

たまたま水を張ったバケツにはまったBlattella sp.
後翅は逆に展開しているが,自然に行われた形としては良くできている.
雄だとすぐわかる.

2016年11月04日

路上のクロゴキブリ

Periplaneta fuliginosa of the road

思えば,今年の夏はクロゴキネタが少なかったように思う.

RIMG2133.JPG

久しぶりに見たのがこちら.
つい先ほど踏まれた感じ.
昼間に出歩かなくても良いものを.

2016年11月02日

ホラアナゴキブリの新飼育法

New breeding method of the Nocticola uenoi uenoi

本種の採集場所として,シロアリの巣内を聞いた記憶がある.
今の飼育も,ケージ下部に紙質のシェルターを入れているが,その中に入っていることをよく見かける.

そこで,ちょうど今は,数が安定しているので,同じような環境と思われる,シロアリの巣に数匹投入した.

hj%3Bklifd%20%281%29.JPG

右はネバダオオシロアリ.左ゴキブリ.

hj%3Bklifd%20%282%29.JPG

シロアリの巣に降り立ったホラアナゴキブリ.

hj%3Bklifd%20%283%29.JPG

早速,暗い穴の中に消えていった.
雌雄は確認していないが,1ペアは揃っていると思う.
さてさて,巣内でシロアリと共生している姿が見られるだろうか?

2016年11月01日

クモ 2

Spider 2

hghyguol%20%283%29.JPG

またまた見慣れないクモの来机.
とりあえず,喉が渇いているだろうと給水.
飲んでる隙に撮影.

小さいので幼体かと思いきや,触肢が膨らんで見えるのでオスのようだ.

hghyguol%20%281%29.JPG

結構綺麗なクモなので,同定を試みたが,1時間ほど格闘しgive up.
こんな写真では分からないかも知れませんが,お分かりの方いましたら,ご教示ください.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.