« 2016年08月 | メイン | 2016年10月 »

2016年09月30日

ウスヒラタゴキブリ減少

Megamareta pallidiola decreased

RIMG1929.JPG

昨年春に採集したウスヒラタゴキブリ.

一度水不足でクラッシュして,2ケージに分け,復活していたのだが,今日見るといない.

新ケージに移してみると,幼虫7個体のみ.
その間はトラブル無かったと思ったのだが,サツマツチといい,気難しい種である.

2016年09月29日

カーテンのシミ

The stain on the curtain

g58kjl85%20%281%29.JPG

飼育室のカーテン.

g58kjl85%20%282%29.JPG

広げるとこのようなシミが付いている.
ホテルの客室であれば,ほぼ間違いなくトコジラミの糞.

この室でトコジラミも飼育しているので,最初は逃げたと思ったが,よく調べると正体はコオロギ.

g58kjl85%20%283%29.JPG

このときは,それを餌として狙っていたのか,ハエトリの仔が潜んでいた.
最近,個人住宅でトコジラミの発生が増えている.
カーテンにシミが付いていたら正体をはっきりさせないと,後々大変な事になる可能性があります.
要注意.

2016年09月28日

ヨロイモグラゴキブリ ケージ移し

Movement to a new breeding cage of the Macropanesthia rhinoceros

hj54%20%281%29.JPG

最近,この2匹が潜らずに地表に出たままになっている.
見るとペア.
恐らく地中が過密になり,追い出されたと思われる.

hj54%20%284%29.JPG

掘ると同じようなサイズの個体が出る出る.
これでは,住みにくいだろう.
しかし,なぜこのペアだけが追い出されたのだろうか.

クマネズミでも,排除される個体が出るが,それは力関係だと思う.
本種は地中組みにいじめられている様子も無く,もしかしたら力のある個体がこういった行動をとっているのかもしれない.

hj54%20%282%29.JPG

という訳で,2匹分けることにした.
中プラケに移したのだが,小プラケに見えてしまう.

hj54%20%283%29.JPG

仕上げにユーカリを入れたらモリモリ食べ始めた.
固型飼料をこのように食べてくれると楽なのだが・・.

2016年09月27日

アゲハ幼虫

Swallowtail larvae

RIMG1926.JPG

屋外に置いてある,何でも植える鉢に蒔いたミカン類の小さな苗木にアゲハ類の幼虫が付いていた.

子供の頃は蝶に凝っていたのでうれしいことである.
色合いと地域と樹からナミアゲハかなと思うが,最近は当時見られなかった熱帯の種が分布を広げていると聞くので,昔見たことの無い終齢幼虫になるかもしれない.
が,こんな小さな樹に2匹も付いて果たして蛹まで成長できるのだろうか?

2016年09月26日

ナガコガネグモ

Argiope bruennichi

RIMG1912.JPG

龍ヶ崎にある研修センターに所用で立ち寄った際見つけました.
都内ではあまり見ないクモですね.

RIMG1914.JPG

正面からの写真を後から見て気がついたのだが,向かって左,眼の横に水滴のような物が確認できる.
なんだろうと思い全体を見ると,歩脚の数が1つ足りない.
多分探し物中にやってしまったのだろう.
この程度では,支障は無いと思うが,悪い事をした.

それにしても,このクモを見ると秋を実感します.
結構寒くなるまで,見ることが出来ます.
来年この場所に来れば,この個体の仔供に会えるだろう.

2016年09月23日

タイのゴキブリ

Cockroach from Thailand

8ty7j98yt%20%282%29.JPG

8ty7j98yt%20%283%29.JPG

2010年に入手当時は,普通に増えていたが,ここ1年ほど卵鞘の孵化率が下がる状態になっており,壊滅寸前.

8ty7j98yt%20%285%29.JPG

8ty7j98yt%20%281%29.JPG

生き残りは4ペアのみ.
まともな卵鞘もない.

果たしてどうなるか?
まだ同定も済んでいないのに.

2016年09月21日

脱出

Escape

RIMG1887.JPG

ちょうどコクゾウムシがビニール袋に穴を開けて脱出しているところ.

検体で預かっていたが,忙しくて少しの間このまま置いておいたら脱出している事が判明.

RIMG1888.JPG

簡単に抜け出すのでピントを合わせる隙が無く,折角のチャンスがピンボケとなった.


はたしてハエトリの餌になるのか.

そういえば,室内では最近ハエトリの姿を見なくなった.
この餌を目当てに戻ってくるのだろうか.

2016年09月20日

クモ

Spider

i5iuiuyg%20%281%29.JPG

見慣れないクモが机の上に出現.

i5iuiuyg%20%282%29.JPG

噛まれたら痛そうな黒い牙をしている.
その特徴で,原色日本クモ類図鑑で調べたがさっぱりわからない.

ネットを眺めた結果,ナガイヅツグモではないかと思うが,写真だけでは限界がある.
また,幼虫っぽいので余計無理?

ハエトリのように餌を与えようと思ったが,スルスルと消えていった.


2016年09月16日

アダンソンハエトリ ♂

Male of a Hasarius adansoni

gh75%20%281%29.JPG

社内といたるところで目撃するようになってきた.

そんなに餌は無いはずなのだが.

gh75%20%282%29.JPG

今回は屋上.
ここの方が餌はあるだろう.

2016年09月15日

チャオビゴキブリ交尾

Mating of Brown banded cockroach

oijf09%20%282%29.JPG

oijf09%20%281%29.JPG

薄茶色が♂.
濃赤茶が♀.
本種も最近噂をよく聞くようになりました.

2016年09月14日

キョウトゴキブリ終齢幼虫他

Last instar larva of the Asiablatta Kyotensis and so on

fd9j23nf%20%282%29.JPG

fd9j23nf%20%284%29.JPG

昔の比べ,発生の報告を聞く事が多くなった.
社内でも,たまに連絡が来る.

チャオビやキチャバネなど,マイナーな種の報告も聞かれ始め,PCOの活躍が今後も重要になりそうです.

fd9j23nf%20%281%29.JPG

2016年09月13日

小笠原帰路

A return journey from Ogasawara Islands

4684sd8fg%20%282%29.JPG

最後まで良い天気でした.

4684sd8fg%20%281%29.jpg

戦跡の穴に根を張った植物が幻想的な色を見せていました.

4684sd8fg%20%283%29.JPG

日没.
グリーンフラッシュが見れるかもしれないといわれ,船上から見ていたのですが,残念ながら見ることは出来ませんでした.

4684sd8fg%20%285%29.JPG

翌日,東京湾は曇り雨でしたが,旧おが丸が沖に停泊していると聞き,見るとはるか遠くに確認できました.
多分見納めでしょう.

2016年09月12日

小笠原3日目

The third day of Ogasawara Islands


母島に渡りました.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2873%29.JPG

おがさわら丸同様,ははじま丸も新しくなり,天気も上々.
過去2回訪れた事があるのですが,2日とも雨.
生き物をあまり見ることは出来ませんでした.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%28103%29.JPG

が,さすが天気が良いとオガサワラトカゲがあちこちで駆け回っているのが観察できました.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%28106%29.JPG

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2898%29.JPG

メグロも初見.

%EF%BE%98%EF%BD%AD%EF%BD%B3%EF%BD%B7%EF%BD%AD%EF%BD%B3%EF%BE%91%EF%BE%97%EF%BD%BB%EF%BD%B7.JPG

たぶん,リュウキュウムラサキだと思いますが,飛び回っていました.

5時間ばかりの滞在でしたが,いろいろ楽しむ事ができました.

2016年09月09日

小笠原2日目

The second day of Ogasawara Islands

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%E5%88%9D%E6%97%A5%20%2824%29.JPG

まじめに仕事しすぎて,ムカデのみ.
父時までは久しぶりに遭遇したオオムカデ.

本当に父島では,オオムカデを見ることが少なくなりました.
オオヒキガエルが食べている影響とも考えられますが,寂しい限りです.
一般の人にとっては有難い事だと思いますが.

2016年09月08日

小笠原初日

The first day of Ogasawara Islands

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2822%29.JPG

翌日は台風圏外となりよい天気となりました.
昨日は早々にデッキへ出ることが禁止されたのですが,今日は雨と波に洗われ綺麗なデッキになってます.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2824%29.JPG

日中は仕事でしたのでお見せできるのはこんな写真.
クマネズミの干物.

夜は,大神山公園へ散歩.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2833%29.JPG

定番のワモンゴキブリ.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2836%29.JPG

コワモンゴキブリ幼虫.

%E7%AC%AC1%E4%BE%BF%20%2846%29.JPG

樹上で目が合ったクマネズミ.
今回一緒に来た若集は,目と勘が鋭いようで,クマネズミの良い写真が撮れました.
この一連の写真はこれから様々な場所で使えそうです.

2016年09月07日

新おが丸

New Ogasawara Maru

本日より父島に出張となりました.

おが丸が今年の7月に新しくなり,初めての乗船です.

RIMG1828.JPG

まず驚いたのが,乗船券.
今までは,住所氏名を記入していたのですが,それが無くなり,バーコードで読み取り式となりました.
また,座席も全て指定となり,過去の開放が無くなりました.

%EF%BD%92%EF%BD%88%EF%BD%99%EF%BD%92%EF%BD%99%EF%BD%8B%EF%BC%95%EF%BC%97%EF%BC%94%EF%BD%99%20%283%29.JPG

%EF%BD%92%EF%BD%88%EF%BD%99%EF%BD%92%EF%BD%99%EF%BD%8B%EF%BC%95%EF%BC%97%EF%BC%94%EF%BD%99%20%287%29.JPG

今回は,2等寝台を予約しましたが,全て個室?でコンセント完備.

%EF%BD%92%EF%BD%88%EF%BD%99%EF%BD%92%EF%BD%99%EF%BD%8B%EF%BC%95%EF%BC%97%EF%BC%94%EF%BD%99%20%285%29.JPG

案内所も今風なデザインとなり,

%EF%BD%92%EF%BD%88%EF%BD%99%EF%BD%92%EF%BD%99%EF%BD%8B%EF%BC%95%EF%BC%97%EF%BC%94%EF%BD%99%20%288%29.JPG

エレベーターも設置されていました.

%EF%BD%92%EF%BD%88%EF%BD%99%EF%BD%92%EF%BD%99%EF%BD%8B%EF%BC%95%EF%BC%97%EF%BC%94%EF%BD%99%20%2814%29.JPG

途中,台風で少し揺れましたが,新しくなった船は快適でした.

2016年09月06日

ダニ残っていた

A mite lived

kjfkojd%20%281%29.JPG

沖縄の種名のわからない小型種だが,肉厚でグラマラスな形態をして気に入っている.
餌を与えようと良く見ると例のダニが爆裂.

kjfkojd%20%282%29.JPG

小型容器に緊急収容.

kjfkojd%20%283%29.JPG

ダニは有無も言わさずケースごと熱湯直行.
まだ気を抜いてはいけないようだ.

2016年09月05日

クロゴキブリの嫌われる理由

The reason why Periplaneta fuliginosa is disliked

R0012394.JPG

R0012398.JPG

ネズミ飼育室にクロゴキ侵入.

R0012399.JPG

ピンセットで室外退去して貰ったが,明るい場所に放つと暗い場所に逃げ込もうと身近な影に突進してくる.

R0012400.JPG

この時の状況は,私の靴影以外近距離に影が無かったため,猛烈な勢いで私に向かって突進し,靴の陰で停止した.

この現象が自分に向かってくるように感じ嫌われる原因となる.

実際は,体には登ってこない.はず・・.

R0012402.JPG

ゴキブリは,人が好きではなく,必死に隠れようとしているだけだと思う.

2016年09月02日

Princisia vanwerebeckiの卵鞘卵数 3

The number of the egg intrathecal ootheca of Princisia vanwerebecki, 3

RIMG1783.JPG

卵数.
奥の卵鞘は完全ではないと思うのでパス.

初回の観察は45個.
2回目は48個
今回,54個.

これも,左端部は千切れているように見えるので,全容を見ればまだまだ増えそう.

2016年09月01日

ナゾのゴキブリ 2

Mystery cockroach 2

5%EF%BD%87%EF%BD%8848%20%284%29.jpg

ユニオンアイランド産のナゾゴキ成虫?.

5%EF%BD%87%EF%BD%8848%20%282%29.jpg

ルリゴキsp. 幼虫.

腹端部を見る限り,オオゴキブリ科の一種ではないかと思うが,全体の雰囲気ではルリゴキブリの幼虫にも良く似ている.
しかし,単為生殖するとすればやはりオオゴキブリ科.
まさか翅が生えてくる事は無いと思うが.

今のところまだ,ナゾ2なゴキブリだ.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.