« 2016年04月 | メイン | 2016年06月 »

2016年05月31日

マウス

Mice

thh.JPG

数えたら36匹いた.
1雄2雌なので,2雌が同時に産んだのだろう.
にしてもすごい数.
何かハエの幼虫に見えました.

2016年05月30日

タカラダニまだまだ発生中


Balaustium murorum is occurring still more

最近,忙しすぎてヤマトシロアリの羽蟻や,本種に関してすっかり忘れていた.

ふと,会社の屋上を見ると,偶然目に飛び込んだ.

RIMG1521%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

いるいる.

RIMG1527%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

こっちも.
激しく動き回っていた.

hjj59.JPG

動き回るくせに,意外とカメラ写りが良い.
肉眼でこれだけ鮮明に見えるダニはそうそういない.
赤く動きが早いので,気持ち悪がられるが,面白い生き物だと思う.

2016年05月27日

アオダイショウあらわる

Elaphe climacophora appears

grfg47ol%20%281%29.jpg

六本木で捕獲された.

grfg47ol%20%282%29.JPG

数年前にも,あのあたりの緑地帯で相談を受けたことがありました.

grfg47ol%20%283%29.JPG


体長は約170cm.
クマネズミに負けず劣らずすごい場所を平気で登ります.

2016年05月26日

マルゴキブリ大清掃

General cleaning of breeding case of the Trichoblatta nigra

546hgh6%20%282%29.JPG

2008年より飼育を開始して,ケージの清掃はしたが,シェルターは変えていなかった.

546hgh6%20%283%29.JPG

ユーカリの樹皮

546hgh6%20%285%29.JPG

糞が大量に付着して,樹皮を覆ってきている.

546hgh6%20%286%29.JPG

新規のケージには,清掃の簡単な樹皮状の素材を多くした.
念のため,古いものも少し混ぜておく.

546hgh6%20%288%29.JPG

幸いなのか,繁殖が止まっているのか初齢幼虫はほとんどいない.

546hgh6%20%281%29.JPG

これでうまく行けば,掃除の面倒な筒状シェルターは使わなくて良くなる.

2016年05月25日

スズメトリノミ

Ceratophyllus farreni chaoi

uo852o4%20%281%29.JPG

珍しいものを採集した.
次回,プレパラート標本をつくりお見せします.

2016年05月24日

キスジゴキブリ羽化

Emergence of a Symploce striata striata

eter85%20%282%29.JPG

昨年幼虫にて採集された個体群.

eter85%20%284%29.JPG

eter85%20%283%29.JPG

気が付けばほとんど羽化して卵鞘まで産んでいた.

eter85%20%281%29.JPG

こちらは新成虫.

2016年05月23日

オガサワラゴキブリの産仔場所

Spawning groundsof the Pycnoscelus surinamensis

%4087%3B8.JPG

産んだ直後.
このように,水容器のガーゼ上で産仔しているのは良く見かける.
しかし,この場所が産仔ラッシュにはならないのは,乾燥マット内でも生んでいるのだろう.
野外では最も適した場所を親が捜していると思う.

2016年05月20日

やっぱり可愛いハエトリグモ

Attractive Jumping spider

ojfd8ds52%20%281%29.JPG

昨日の個体かは分からないが発見.

ojfd8ds52%20%282%29.JPG

ちょうど,別のクモ用に用意したゴキブリ初齢がいたので与えてみる.

ojfd8ds52%20%283%29.JPG

ojfd8ds52%20%284%29.JPG

見事.
こんな小さなクモが,自分の手から餌を捕ってくれると言うのは何時やっても感動である.

しばらくして同所を探したが消えていた.


2016年05月19日

Blaberus discoidalis 床換え

Cleaning of the breeding case of the Blaberus discoidalis

fdg45e4g%20%283%29.JPG

8ヶ月ぶりの床換え.
水容器と餌皿を取り除いた様子.
死骸と脱皮殻と糞,のマットに潜って良く分からない状態だ.

fdg45e4g%20%284%29.JPG

幼虫の選別は,手を混合マットに突っ込み,手に付いてくる個体を新しいケースに移す.
人を人と思わず,すぐ数匹乗ってくる.

fdg45e4g%20%281%29.JPG

左が選抜組.

Blaberus属は多数種飼育しているが,丈夫さでは№1だと思う.
また,最も有名で古典的な種.
好きである.

2016年05月18日

クマネズミ

Rattus rattus

htli.JPG

小型ケージで飼育している個体は,毎日観察している.

昼は寝ている個体が多いが,起きる個体もいる.
また目が合った.
本当に目をそらさない.
私が何か悪意のある行動をしたら,すぐに逃げる体勢をとっている.
そんなことはしないので,結局根負けして私が目をそらす事になるのだが.

2016年05月17日

ハエトリ出現

Jumping spider appearance

どこで越冬していたかわからないが,室内に姿を現した.

55%20%281%29.JPG

ちょうど餌が無かったので,探していたら消えていた.

55%20%282%29.JPG

この部屋に出現する小型昆虫は,最近ではイエカ類・シバンムシがごく僅か.
餌捕れているのだろうか?

2016年05月16日

シマヘビ逃げた

Elaphe quadrivirgata escaped

mijon65%20%282%29.JPG

蓋が開いていた.

mijon65%20%281%29.JPG

逃がすのはダメだが,一応防衛線は張っている.

で,事なきを得たが,ヘビってゴキブリトラップに捕まるのですね.

これは新しい発見.

ヘビ飼育用のケージの蓋は,開閉鍵がスライドして物理的に閉まるタイプではないと,逃げる可能性があることを勉強しました.

2016年05月13日

ダニの残党発見

Remnants discovery of the mite

frghgjk25875uy%20%281%29.JPG

例のダニのチェックを毎回行っている.
コワモンゴキブリは,成虫の寿命がワモンゴキブリに比べて短いので,ケージがすぐ汚れてしまう.
そんな訳で,床を換えようと思ったらいる!

frghgjk25875uy%20%282%29.JPG

チェックポイントは,水容器を持ち上げた時,その下の様子をジッと観察する.
動くのは,チャタテムシかダニ.
写真には写っていないが,この部分を数秒間凝視.

で,見つけてしまった.

frghgjk25875uy%20%283%29.JPG

コワモンはバンバン増えるのと,実験では使わないので,小数残し淘汰する.
はたして,根絶宣言を出せるのはいつになることやら.

2016年05月12日

ヒメクロゴキブリ羽化開始

Emergence start of the Chorisoneura nigra

354grtg%20%281%29.JPG

冬の間,一番温度の低い場所に保管していたが,早々と羽化が始まっていた.

354grtg%20%282%29.JPG

354grtg%20%283%29.JPG

チャバネの様な勢いはないが,何とかつなげられている.

2016年05月11日

イエカまた侵入

A culex invades it again

また飛んでいた.

RIMG1407.JPG

備えあれば憂いなし.

erger.JPG

お見事.

2016年05月10日

キチャバネゴキブリ終齢幼虫急死

Sudden death of the last instar larva of the Symploce japonica

RIMG1475.JPG

ここの所,いつもこの水容器に入っていた.

脱皮が近いと期待していたが,そのままの状態で死亡していた.

最近も,同じ飼育条件で,脱皮間近の終齢幼虫が死亡した.

いずれも,南の離島産であった.
単純に管理方法が適当でなかったのか,
地域性によるものか,個体数が少なくまだ分からない.

2016年05月09日

ボールパイソンの拒食について思う事

Think about Feeding Problems of the Ball python

5456%EF%BD%87%EF%BD%86%20%282%29.JPG

5456%EF%BD%87%EF%BD%86%20%283%29.JPG

この分野の専門ではないので,勝手に思ったことである.
また,専門書には書かれている事かもしれないので,あしからず.

このボールパイソン,最近餌食いが悪いと思っていた.
私的には拒食に首突っ込んでいるイメージ.
しかし,ピンクの生きたものは良く食べることがわかった.
最初は,やっと食いが戻ったと思い,生ピンクの後に,解凍ヤングを与えたが全く食わない.
解凍ピンクはどうかと思ったが,これも食わない.
で,また,直後に生ピンクだとバクバク食べる.

で,調子に乗って,白黒生ピンクを与えたが,これは食わない.

結局のところ,現在のこのボールは,ハツカの「生ピンク~少し毛がはえ」は大変嗜好性が高いが,それ以外は全く受け付けない.

多分,本当の拒食は,何やっても食わないのだろうが.
で,結論.
食わないときは,でかいヘビでも生ピンクは食べる可能性あり.

5456%EF%BD%87%EF%BD%86%20%281%29.JPG

6年前の写真.

2016年05月06日

野鼠

Field rodent

fb85j85%20%281%29.JPG

入間で捕獲された野鼠.

まだ幼獣で,ビンに入れられて輸送されたので,少しやつれている?

fb85j85%20%283%29.JPG

むくんでいて,幼獣だとヒメネズミに見えるが,尾の長さからハツカネズミと思われる.

野外のハツカは繁殖できていないので,追加を期待したいのだが,捕ろうと思うとそう簡単に行かない.

2016年05月02日

Polyphaga saussureiの行動


Unexpected action of the Polyphaga saussurei

kp654.JPG

先日,床換えし快適に暮らしているかと思ったがなんか変な状態.
水容器をひっくり返し,ケース内のマットが半分ほど湿っている.
その上に亀の甲羅干しごとく折り重なって集合している.
で,湿ったところは,マットにもぐりこんでいる個体もいない.

今まで見たことの無い行動である.
生物飼育で「今まで見たことの無い行動」は結構ヤバイと記憶しているので,何か手立てをと考え,マットを乾燥したものにと考えたが,ちょうど切らしていて無い.
死亡する個体もなく,思うに水分たっぷりな状態は嫌いなのかもしれない.
嫌いな状態=弱る では問題だが,様子を見ることにする.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.