« 2016年02月 | メイン | 2016年04月 »

2016年03月31日

Archiblatta hoevenii 孵化しない2

The oothecal of the Archiblatta hoevenii does not hatch. Part2

全数数えた訳ではないが,産卵鞘数は,50個を超えていると思う.

しかし!
全く幼虫が出てこない.

%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%283%29.JPG

何となく,キノコ疲弊していたのだが,まだ,こんな良い感じの卵鞘産んでいる.
そこで,別の容器に入れ替えることにした.

選ばれたのは,ホラアナゴキブリ.

%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%281%29.JPG

ホラアナマットは土のみを使用しているため,キノコやマットの菌まみれになる事は無い.

%E3%81%82%E3%81%82%E3%81%82%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%282%29.JPG

孵化して欲しいものだ.

2016年03月30日

床換え頻度が高い種

High frequency species of the cleaning of the breeding case

kh7565%20%281%29.JPG

イエゴキブリだが,ケージがすぐ汚くなる.
原因は,脱皮殻を食わない為だが,それだけでは無い気がしてきた.
今度,イエゴキの生態を書いた本(たぶんあったと思う)を読み直そうと思うが,脱皮間隔が短いとか,脱皮数が多いとかあるのではないだろうか.

kh7565%20%282%29.JPG

当面掃除するが,していて思うのは,殻(空)なので,掃除機の吸引口を近づけると,殻だけ吸えないかと思う.

kh7565%20%283%29.JPG

たぶん吸えるが,初令は間違いなく殻とともに吸われそうだ.
初令のいない時期なら出来かもしれない.

2016年03月29日

トコジラミの飼育

Breeding of the bedbug

RIMG1392-3.jpg

餌やり中.
この絵柄は中々使いづらい.
が,緊急避難的に仕方がない.

2016年03月28日

キチャバネゴキブリ最近の居場所

Recent place to stay of a larva of the Symploce japonica

hhy7tr56j.JPG

いつもは,探さないと見つからないが,ここ1週間ほどいつ見ても場所にいる.

脱皮が近いのかもしれない.
楽しみである.

2016年03月25日

Panchlora spのダニ駆除


The mites extermination of the Pancclora sp.

以前,ダニが入らないように,選りすぐり,2ケースも無ダニケースを作ったつもりだったが,ダニ侵入.

どこかに付いていたのでしょうが,簡単には行かせてくれない.

どうも原因は,成虫?
どんなに綺麗に見えても,翅の下などに潜んでいるか,下手すると翅の下に産卵している可能性も考えられる.
オガサワラゴキブリは幼虫のみ同様に実行して,今のところ成功しているので多分うまく行くと思うのだが.

645ljh%20%281%29.JPG

幼虫と成虫を新しいマットに移し,2日間飼育.
成虫は,水洗いをする.

645ljh%20%282%29.JPG

成虫ケース.

645ljh%20%283%29.JPG

幼虫ケース.

2016年03月24日

Elliptorhina chopardiの異変

Accident of the Elliptorhina chopardi

rg58j%20%281%29.JPG

妙に死骸が目立つ.

rg58j%20%282%29.JPG

よくない知らせかと思い,床換えしたが死骸は成虫ばかりであった.
幼虫が混ざると対策が必要になると思うが,とりあえず大丈夫のようだ.

rg58j%20%283%29.JPG

交換後.

Elliptorhina chopardi(ドワーフヒッシングコクローチ)は,過去に一度全滅させたことがある.その時の系統は,ほとんど幼虫を生むことがなかった.皆さんのところの系統は健康でしょうか.

2016年03月23日

ねずみ駆除協議会

Japanese Association of Commensal Rodent Control.

KKRホテルにて,ね協研究会が開催されました.
開会の挨拶をする谷川委員長.

私も,今回は発表者として話しをしました.
内容は,殺鼠剤を使った場合,ネズミはどこで死ぬのかを,調べた内容です.

hdhgktai%20%281%29.JPG

行政含め,100名以上の方が参加していただき,大盛況に終わりました.
都市のネズミ問題は,ビルから高齢者住宅にシフトしています.
関係者一丸となって取り組まないと解決しない問題です.
ね協としても,その中心となれるよう,活動しなければいけないでしょう.

hdhgktai%20%282%29.JPG

そして,先日娘からもらったネズミタイピンのデビュ~.

2016年03月22日

Princisia vanwerebecki の床換え

Cleaning of the breeding case of Princisia vanwerebecki

前回行なったのが昨年7月.

やっと床換えする気になった.
その間,全く何もしていなかったかというとそんな訳は無く,虫体が大きいので,スコップのようなもので糞を定期的に集めて捨てていた.

88338p%20%281%29.JPG

しかし,さすがに半年以上換えないと,炭カルも落ち,スッピン状態.
よく紙を食い破って逃げ出さないと思うが,心優しいのかな.
糞も猛烈にたまり,臭いはさほど無いが良い環境でないことはわかる.

88338p%20%282%29.JPG

交換後.

卵シェルターを使い回したので,強烈な爽快感は無いが,清潔になった.


2016年03月18日

オガサワラウスヒラタゴキブリの初齢幼虫

First instar of the Onychostylus pallidiolus boninensis

5ijn%20%281%29.JPG

5ijn%20%282%29.JPG

ダニ駆除時に数を減らして再スタートした脱ダニケージ.
今のところ再発もせず,初齢幼虫が出始めている.

再発はぽつぽつ確認できており,現在グリーンバナナが問題.
他,4種類ほど.

2016年03月17日

ゴキブリの保○園


Nursery school of the cockroach

wertyk%20%281%29.JPG

Deropeltis sp.の初齢幼虫.

通常,幼虫から成虫は様々な齢がまんべんなく同所に集まるのだが,この種は,初齢幼虫ばかりがこのように集合する.

何かこうなる事の意味があると思うが,飼育下では分からない.

wertyk%20%282%29.JPG

中央の大きめの個体がこのグループの最年長だろう.

2016年03月16日

憩いの場

My oasis

%40plk5%20%282%29.JPG

一度紹介したが,ゴキ仲間に海洋堂産クロゴキを入れたら,グッとグレードアップしたと思っている.

%40plk5%20%281%29.JPG

少し寄って.

%40plk5%20%283%29.JPG

満足.

2016年03月15日

ダニ発見のポイント

Point of the mite discovery

根絶を目指している例のダニ.
最近暖かくなって,発見するには良い時期となってきた.
この時期に,一気に根絶を目指すべく,目視による確認をケース1つずつ行っている.
ちなみにこのケースはPhoetalia pallida

gaag%20%282%29.JPG

見るポイントは給水容器の下.

gaag%20%281%29.JPG

移動させた後,このゴミの中を動くものがいないか目視にて観察.

チャタテムシは大きさと動きで分かる.
一日に確認できるのは,約36ケース.
ここしばらく見つかっていなかったが,硫黄島産Pycnoscelus surinamensisのケージで発見.
これは前回駆除を実施したはずだが,再発した.
だが,先は見えてきたので,夏までには片をつけたいと思う.

2016年03月14日

ムカデも活動開始

The centipedes starts activity, too

dgf5%20%284%29.JPG

トビズムカデ.
冬の間ほとんど餌を食べていないはずだが,パチンパチ.

dgf5%20%282%29.JPG

西表のムカデ.
今まで,シェルターに篭り餌を食っている様子もなかったが,外に出ていたのでコオロギを入れるとすぐに食いついた.

ムカデ達は,先週の野外性ゴキブリより温度の高い場所においているが,体内時計のなせる業か,冬は活性が落ちるのだろう.
本当はもっと気温の低い場所に置き,冬眠させたほうが良いかもしれない.
次シーズンは検討しようと思う.

それにしても今日は寒かった!

2016年03月11日

ヒメクロゴキブリも活動開始

The Chorisoneura nigra starts activity, too

冬の間,いつ見ても表面に出ている虫体はいなかった.
潜んでいる個体を探しても,多い感じはしなかった.

やはり,暦は良く作られています.

RIMG1511%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

昨日のキスジやキチャバネ同様,本種も活動開始したようだ.

RIMG1512%5D.JPG

ヒメクロをこんなに長い期間飼育出来たのは始めてである.

2016年03月10日

カナダ経由シアトル土産

Souvenirs of Seattle

%3Blh5%20%285%29.JPG

娘の土産.
こんなに沢山.
うれしいです.
左はゴムのネズミ.
クマネズミだと思うが,日本のものに比べ目の出来が良い.

%3Blh5%20%284%29.JPG

%3Blh5%20%281%29.JPG

ゴキブリは,裏に吸盤があり,このように貼る事が出来る.
分離できるので,パッケージを壊さずに外す事が出来ていい.
どれも日本では買えないだろう.

%3Blh5%20%283%29.JPG

ネズミのタイピン.
今月,ねずみ駆除協議会の研究会が開催され,私も壇上に立つ予定なので,このタイピンをして行きたいと思う.
有難う!

2016年03月09日

キスジゴキブリ羽化

Emergence of Symploce striata Striata

6fd45g%2B6eg%20%281%29.JPG

キチャバネ同様,本種も室内でも寒い下段に置いていたが,羽化していた.

6fd45g%2B6eg%20%282%29.JPG

前胸背板の黄色いラインが綺麗です.
♂.

まだ,他は幼虫で沢山いるので,繁殖はできると思う.
関東で採取した個体は,冬寒くしたほうが調子良さそうだ.

そういえば,先週末は啓蟄だったんですね.
さあ,これからゴキブリシーズンがまた始まります.

2016年03月08日

キチャバネゴキブリ羽化

Emergence of Symploce japonica

asdghe.JPG

室内でも寒い下段に置いていたが,羽化していた.
♀.
♂はこの個体より1月半ほど前に羽化し,死亡していた.

寿命があるうちに,新規♂を捕まえないと.

2016年03月07日

Aeluropoda insignis床変え

Cleaning of the breeding case of Aeluropoda insignis

RIMG1526.JPG

久しぶりの掃除.
炭カルが薄れて,蓋がなければ大脱走の状態.

jo%3B58.JPG

さすがに汚い.

RIMG1531.JPG

後.
シェルターを使いまわしたので,あまり変化がない.

2016年03月04日

祝10回目の脱皮

The 10th molting anniversary

fd258j58%20%282%29.JPG

最初の脱皮からちょうど3年目.
10回目の脱皮となりました.

前回の脱皮が昨年12月だったので,まだしないだろうと油断して脱皮シェルターをいれ忘れました.

fd258j58%20%283%29.JPG

まだらに残っています.

fd258j58%20%284%29.JPG

上半部が残り易いですね.

fd258j58%20%285%29.JPG

という訳で,恒例の温浴人力脱皮.
普段あまり接してあげられないので,楽しいですね.
(ヘビは楽しくないのかな?)

一人でやるので,状況写真が撮り難いですがこんな感じ.

fd258j58%20%287%29.JPG

首元が剥がし難い場所です.
こんなに嫌がっていますが,咬もうとはしないところが扱い易いし可愛いところ.

fd258j58%20%281%29.JPG

終了.
この後,乾燥をかねて,しばらく体に巻いていました.

餌食いが悪くなって,脱皮頻度が高くなりました.
拒食ではないようなので,そう心配はしていませんが,隣のシマヘビは与えれば毎回食べるのに比べると,寂しいです.

2016年03月03日

Archiblatta hoevenii 孵化しない

The oothecal of the Archiblatta hoevenii does not hatch.

1月はじめに取り出した卵鞘ですが,全く孵化しないですね.

wef4j%20%281%29.JPG

出てくるのはキノコばかり.

wef4j%20%283%29.JPG

wef4j%20%284%29.JPG

放置すると黒い胞子を落とすので,すぐに抜くのだが.
卵鞘の栄養を吸って生長しているキノコもあるだろう.

他のケージも孵化せず,これはここで累代止まりそうな気配濃厚.

2016年03月02日

カイコのチョコレート


Silkworm-shaped chocolate

RIMG1538.JPG

富岡製糸工場からのお土産で頂きました.
S川所長有難うございます.

87gff.JPG

葉の部分には,桑の葉のパウダーが練りこまれているそうです.

カイコには,カイコのパウダーを練りこんでくれると尚いっそう良かったかも.

味は,葉はチョコ味.
確かに,何か苦味のような物が混ざっている.
カイコは、クッキーか何かの固形物が入っており,食感を葉と区別しているあたりは良く考えて作っている.

説明書にも,「考案」とあったが,その通りでした.

2016年03月01日

クマネズミの睡眠

Sleep of the roof rat

gj5ujy%20%282%29.JPG

可愛い寝顔である.
が,ラベルのテープが邪魔.

gj5ujy%20%283%29.JPG

ゆっくりと剥がすといい感じ.

gj5ujy%20%284%29.JPG

あっ起きた.

gj5ujy%20%281%29.JPG

あああ....

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.