« Drymaplaneta semivittaの飼育について   |   メイン   |   イエシロアリ大暴れ »

2015年09月15日

Gromphadorhina oblongonotaのダニ駆除完了


The mites extermination of the Gromphadorhina oblongonota is finished.

永く続いた本種のダニ駆除が完了を迎えようとしている.

過去に
2010年1月8日
2011年1月19日
と洗浄による駆除を行なったが,完全駆除は出来なかった.

以前どこかで聞いた,初齢幼虫にはダニが付いていない.

poiouiyuy%20%282%29.JPG

の情報を思い出し,初齢幼虫ばかり抜き出し,個別飼育したケージ.

poiouiyuy%20%281%29.JPG

いない.

poiouiyuy%20%283%29.JPG

これもいない.
これは大丈夫かもしれない.

これで二度とこのダニにお目にかかれないとなると,少し寂しい気がする.
このダニをどう生かすか.
少し考えます.
とりあえず,「初齢幼虫にはダニが付いていない」.
は,正解.

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cic-net.co.jp/mt/mt-tb.cgi/2042

コメント

マダゴキ飼育時、デュビアのケージを隣に置いていたのですがデュビアにも移ってしまい困っています。大きさが大きさですし、どうにもならない気がしてますがこちらも初齢幼虫の隔離飼育をはじめてみようと思います。参考になりました

こんにちは.
デュビアにも寄生するとは知りませんでした.
ゴキブリ飼育で,困るのはダニとノミバエです.
ケースにはシートをはさみ,脱出と侵入を防止しています.

コメントする

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.