« 2015年07月 | メイン | 2015年09月 »

2015年08月31日

グリーンバナナ Giant 床換え

Panchlora sp."Giant"

これはPanchlora nivea よりふた回りほど大きくなる.
Panchlora属は南米を中心に49種記録され,前胸背板に斑紋が出る種もあるようです.

RIMG0865.JPG

ラベルを見ると6月に実施している.
2ヶ月間隔は平均的な間隔ですね.

RIMG0866.JPG

順調に飼育できているとこのような感じです.

RIMG0867.JPG

緑が映えます.

今後,Sp.はすっきりしないので.
こういった不明な種は,同定を始めたいと思います.

2015年08月28日

Panchlora sp. "Costa Rica "


Panchlora sp
. "Costa Rica "

itr.JPG

黄色い個体が出る種.

このケージも,今年の3月からケージ交換していなかった.

RIMG0861%20%28314x236%29.jpg

ラベルは役に立ちます.

2015年08月27日

ヒメクロゴキブリ累代

Eon breeding of Chorisoneura nigra

fdgjg.JPG

羽化ラッシュ.

fdgjg%20%281%29.JPG

小プラケでは次期世代が発生した時,ケージ交換が大変になるため,早めに移行.

fdgjg%20%282%29.JPG

あまり変化ないが,中プラケです.
小型種のケージ交換は,タイミングが難しいですね.

2015年08月26日

大きくなったトビズムカデ


The Scolopendra subspinipes mutilans which greatly grew up

jgihgj.JPG

本当は,網越しではなく手に乗せたいのだが.

これで体長は14cm程度.
それでも,太っているので大きく見える.

前にも書いたが,ピンクを与えなくなって,突然死が無くなった.
さて,どこまで大きくなるか,楽しみである.

2015年08月25日

イエシロアリ乱心


Insanity of the termite.

RIMG0878%20%28314x236%29.jpg

4年目を迎えたイエシロアリの飼育ケージ.

突如,天空蟻道を作ってくれました.

防虫紙穴あき,この状態だと近いうちに餌の追加をしないともっと暴れまわった後,壊滅なんて事に成りかねない.

2015年08月24日

木曽の生き物2015

Creature of Kiso of the summer 2015

夜,腹ごなしに散歩に出たが,相変わらずゴキブリを見かけない.
クワガタやカブトムシもいない.

RIMG0884.JPG

が,毎年のことだがツバメのねぐら.
「ツバメ」って正式な和名だったんですね.
学名はHouse(Barn) Swallow
「ゴキブリ」のような通称だと思っていた.
これだけいるのであれば,餌になる昆虫類は多いのだろう.

RIMG0885.JPG

1匹だけで,手の届きそうな軒下にいた個体.
翌日はいなくなっていたので,皆に合流したのでしょう.

RIMG0919.JPG

駐車場にいた,カマドウマの一種.
捕まえてきて,同定すればよかった.

RIMG091jh1.JPG

モコモコの蛾幼虫.
久しぶりに疾走しているのを見ました.
スジモンヒトリの幼虫でしょうか?

今年は,粘着トラップを設置したので,冬か来年の夏に確認したいと思います.

2015年08月21日

Lucihormetica verrucosa羽化

Newly‐emerged cockroach.

sdfd%20%281%29.JPG

ゴキブリっぽくないですね.
この状態のままだと,謎の生き物です.

2015年08月20日

Hemithyrsocera histrio床換えのタイミング

Timing of the cleaning of the breeding container of the Hemithyrsocera histrio.

luiol8y.JPG

以前も書いたかも知れないが,記録をとるのは大事です.
採集個体であればそのデータ.
ブリード個体であればそれの分かるだけのデータ.
入手した日や入手先.

luiol8y%20%281%29.JPG

見た目それほど汚くないが,床変えした履歴を見ると,3ヶ月前.

よく見ると汚い.

luiol8y%20%282%29.JPG

実際の汚れ.
丈夫な種だが,油断すると痛い目にあうのが常.
ゴキブリと言えど侮れない.
大事な種はこまめに観察しましょう.

luiol8y%20%283%29.JPG

清掃後.

2015年08月19日

Archiblatta hoevenii F3新成虫の誕生

Emergence of F3 of the Archiblatta hoevenii

reghtty.JPG

続々羽化が始まっている.
少しの刺激で,例の体液を分泌するため,多頭飼育は出来そうにない.
そこで,中プラケに成虫を移動.

reghtty%20%283%29.JPG

ヤシガラと,腐葉土を混ぜ合わせ,水とシェルターを設置.

reghtty%20%284%29.JPG

餌を設置して完了.
まとめ飼育が出来ないと,ケージばかり増えて大変なことになりますね.
何か考えないといけません.

そういえば,100均のヤシガラ圧縮用土が絶版になったと聞きました.
入手難しそうです.
見つけたらとりあえず,入手したほうが良いかもしれません.

2015年08月17日

ヤエヤマサソリ新子

The larva which just hatched of the Liocheles australasiae

fgrt.JPG

ほかのHPでも,孵化した記事が載ってますね.
今頃が旬なのかもしれません.

これだけいて,餌も結構与えているつもりでも,いつの間にか2~3匹に減っています.
手前の茶色は餌ゴキ.

全てを成虫にするには,広いスペースと強い意志が必要です.

2015年08月14日

鹿児島県その他の生物in 2015夏

2015 Kagoshima other creatures collection in summer.

ゴキブリを探す過程でそそられた生き物たち.

%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87%20%282%29.JPG

暑い夏といえばクマゼミ.
東京でも鳴いているようだが,未だ聞いたことがない.

%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87%20%283%29.JPG

コガタアカイエカ.
だと思う.

%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87%20%281%29.JPG

抱卵中のトビズムカデ.
かなり大きな個体だったが,仔がいたので採集せず.
しかし,刺激したので食った可能性大.
ムカデの幼体は沢山見つかりました.
今頃仔ムカデが出る時期なのでしょう.

%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87%20%285%29.JPG

排水側溝内.

%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87%20%284%29.JPG

アシダカグモ成体が等間隔に張り付いていました.

%EF%BD%93%E3%81%BD%E3%81%B5%E3%81%83%E3%81%82%E3%82%92%E3%81%88%E3%81%86%EF%BD%94%EF%BD%87%20%286%29.JPG

ヤモリ集団産卵場所.
未孵化卵がまだいくつもありました.
孵化ベビーはアシダカに見つかったら一発で餌食でしょう.

2015年08月13日

鹿児島県ゴキブリ採集in 2015夏

2015 Kagoshima cockroach collection in summer.

8年ぶりの鹿児島.
しかも,フタホシモリゴキブリを採集した指宿.

RIMG0879.JPG

開聞岳が目の前に大きくそびえている.
標高924m.
日本百名山のひとつらしいです.
確かに綺麗な形をしており,南硫黄島のような雰囲気があります.

RIMG0173%20%28314x236%29.jpg

ちなみに,こちらが南硫黄島.

さて,今回は野外の「ゴキブリ採集」の仕事.
人目はばからず,地表に顔を押し付け夢のような仕事でした.
とはいえ,山中には入れなかったので,目標は漠然と5種と定めました.
まず1種.

RIMG0860.JPG

サツマゴキブリ.

RIMG0839.JPG

ヒメチャバネゴキブリ.

RIMG0878.JPG

そして,フタホシモリゴキブリ.
前回採集したときは冬だったのですが,今回は真夏.
動きが素早く,採集する気がなければただの虫として気にも留めないでしょう.
こんなにいるのに今まで誰も見つけていないとは不思議です.

小さくて写真は取れませんでしたが,これ以外にツチゴキブリと思われる初齢幼虫.

ここでは,4種止まりとなりました.

%EF%BD%8B%EF%BC%A0%E3%81%8A%EF%BD%90.JPG

しかし,帰り道で訪問した施設のトイレ床にてチャバネゴキブリ幼虫発見.
これにて5種達成.

心残りはオガサワラゴキブリ.

ワモンゴキブリ
クロゴキブリ
も狙いたかったが,今回は日中の作業が過酷で,宿に帰って寝るだけ.
でも,久しぶりに楽しいひと時を過ごした.

2015年08月12日

ヒメクロゴキブリ新成虫誕生

The adult which just emerged of the Chorisoneura nigra

RIMG0945.JPG

今年孵化した個体が早くも成虫となった.

屋外では年1回,室内では年2回の発生以上はしそうだ.

2015年08月11日

大阪のミドリガメ

Trachemys scripta elegans of Osaka prefecture.

RIMG0845%20%28314x236%29.jpg

関西支社に向かう途中の橋の上から.

大川の一部が囲われ池のようになった淀みにて.

RIMG0846%20%28314x232%29.jpg

甲羅にコケが生え貫禄十分.
日本の亀はこの先どうなってしまうのだろうか.

2015年08月10日

クマネズミの壮絶排除

Fierce struggle of the roof rat.

RIMG0746%20%28314x236%29.jpg

繁殖を開始しない雄2,雌1の大型飼育ケージに,現状打破の為,雄1を入れたのだが,3時間後に見に行ったら死亡していた.

攻撃される場所は下半身に集中する.
新参者が受けいれられる確立は低い.

2015年08月07日

鞄にチャタテムシ

The book louse which attached to a bag.

RIMG0846%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

最近出張が多い.
搭乗待ちをしていたら,動くものが.

RIMG0847%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

良く見るとチャタテムシ.
会社から持ってきたか,電車で移ったか.
いずれにしろ1匹なので,つぶして完了.

チャタテムシでよかったが,トコジラミの現在の広がりを考えると,どこにいても不思議ではない.
皆さん気をつけましょう.

2015年08月06日

Gyna lurida

The yellow type of Gyna lurida

grryty.JPG

綺麗.
丈夫.
よく増える.
よく飛ぶ.

四拍子揃った良いゴキブリである.

2015年08月05日

トコジラミ整列


Standing in line of the bedbug

RIMG0761%20%28314x232%29.jpg

1列に並んだ卵と,そこに集合した1齢幼虫.

集まってくるようです.

RIMG0766%20%28314x232%29.jpg

いつもの発言ですが,幼虫は可愛く見える.

話し変わりますが,8/9(日)放送のTVに出演します.
スカパーなので,見られる方は少ないかもしれませんが,こちらに少し写っています.
http://www.bs-sptv.com/monokurabe/

面白い番組です.

2015年08月04日

山形のヤマトゴキブリ

The Periplaneta japonica which I found in Yamagata

最近出かけることが多く,慌しい毎日です.

sfrerhty%20%281%29.JPG

木造の建築物内にいたヤマトゴキブリ.
雌です.
卵鞘をつけています.
この個体は,この後私の手のひらに納まりました.

こちらでは,クロゴキブリよりヤマトが主流のようです.

sfrerhty.JPG

ムシヒキアブの交尾.
双翅目の中でも大好きなグループ.
この2種で私がどこに行ったか分かった人はすごい.
PCOになりましょう(笑).

2015年08月03日

ど根性アブラゼミ


Gutsy large brown cicada

本日,スカイツリーの展望台に上りました(虫が出たとかではありません).

RIMG0837%20%28314x236%29.jpg

いつも見上げている事務所を,今日は見下ろして写真を撮ったり一般の人同様の楽しみ方をしてきました.
中央の建物が私が常駐している建物です.

が,やはり見る場所が変.

RIMG0843%20%28314x236%29.jpg

RIMG0842%20%28314x236%29.jpg

鉄塔にしがみついているアブラゼミ発見.
こんな高いところまで飛んでくるのですね.

高層ビルなどでは,外壁に風が当たり,ビル風に乗って,様々な昆虫類がビルの屋上に飛来します.
とはいえ,日本一のビルはあべのハルカス300m.
ここは,第2展望デッキ350m.
しかも,構造は風が抜けるような鉄骨.

ど根性ですね.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.