« 2015年06月 | メイン | 2015年08月 »

2015年07月31日

Archiblatta hoevenii野生キノコ食い2

Eat a wild mushroom 2.

dsgerwshg.JPG

都内某所よりまたまた採集してきました.
都会のど真ん中でもこれだけのキノコが採集できるとは驚いた.

dsgerwshg%20%281%29.JPG

試しに少量ずつ投入.

dsgerwshg%20%282%29.JPG

翌日.
いい感じで食べられているが,右上のいかにも美味しそうなキノコは全く手をつけていない.
もしかしたら猛毒?.

dsgerwshg%20%284%29.JPG

全部投入.

dsgerwshg%20%285%29.JPG

食いつきは良い.

dsgerwshg%20%286%29.JPG

が,日持ちしないようだ.
萎れてしまった.

2015年07月30日

クマネズミ幼獣ケージの床換え

Cleaning of the breeding cage of the puppy roof rat.

RIMG0796.JPG

RIMG0797.JPG

生後50日のクマネズミ.
まだピンセットで移動が出来る.

2015年07月29日

ネバダオオシロアリ羽アリ


Winged termites of Zootermopsis nevadensis

RIMG0814.JPG

通常1匹単位でしか現れないが,今回はじめて大量に発生していた.

RIMG0817.JPG

コロニーが手狭になったのかもしれない.
床換えの時期だろう.

2015年07月28日

ミドリガメ

Trachemys scripta elegans

RIMG0786.JPG

上野公園不忍池.

RIMG0787-1.jpg

巨大なミドリガメが日光浴をしていた.

子供の頃なら,喜んで捕りに行ったと思うが,今は喜ぶ気持ちにはなれない.
それにしても肥えすぎだ.
餌が心配だが,たぶん餌も外来種だろう.

2015年07月27日

はがしヤモリ回復


The gecko which I rescued recovered from a trap

weilrqerjiotioer%20%282%29.JPG

剥がしてから10日.
数日前は,指もバラバラな感じで,無理に剥がしているので,骨折くらいしていてもおかしくないと思っていた.
が,今日見ると見事指が均等に開いて体を固定できている.
餌として入れたコオロギ3匹も完食.
しかし,ろくに運動できないカップでは腹も減らないのか,3日に1匹の割合.

weilrqerjiotioer%20%285%29.JPG

だが,激痩せウィキ個体よりぜんぜん健全などで本日,再放飼.

weilrqerjiotioer%20%283%29.JPG

粘着式トラップは全て回収し,ビン式に変える.

weilrqerjiotioer%20%287%29.JPG

置く場所はとるが仕方ない.
これなら,万が一ヤモリが侵入しても,救出は簡単.

2015年07月24日

ゴキブリの個性

Personality of the cockroach.

最近また,ワモンゴキブリの個別飼育を始めた.

そんな中,気が付いたワモンゴキブリの個性.

同じ種でも,外敵から身を守るのが得意な個体や,雌とすぐ交尾できる個体などがいるのではないかと思う.

これは,ワモンゴキブリの固形飼料の食べ方と,給水時に容器に保水目的でミズゴケを入れているが,それをバラバラにする個体差.

8%EF%BC%8F13.JPG


8/13の個体は,餌もばら撒かず,平穏な暮らしをしている.

4%EF%BC%8F13.JPG

4/13の個体は,ミズゴケが好きなのか,引っ張り出す.

1%EF%BC%8F13.jpg

残り,1/13の1個体は,ミズゴケは引っ張り出さないが,餌はバラバラに食い千切っている.

このタイプが一番嫌い.

2015年07月23日

Paratemnopteryx colloniana手を登る

It looks like Paratemnopteryx colloniana climbs the arm.

RIMG0691.JPG

糞は白くサラサラ.
床換えしなくとも,飼育環境は劣化しない.

さらに,初齢幼虫は適度に小さく,固形飼料に絶えず群れているので,ヤエヤマサソリやマダラサソリの幼体の餌にちょうど良い.
私的には,レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)より餌ゴキブリとして活躍している.

RIMG0693.JPG

しかし,平気で人にまとわり付く習性はちょっと困る.

2015年07月22日

野生キノコ食うか?

Eat a wild mushroom?

rytr%3B%20%281%29.JPG

現場から採集してきました.
美味しそうなキノコです.

が,人が食べるには危険なので,Archiblatta hoeveniiに.

rytr%3B%20%282%29.JPG

エリンギにと合わせて配置.

rytr%3B%20%283%29.JPG

翌日.
結構食べてます.

rytr%3B%20%284%29.JPG

その翌日.
1個は跡形も無くなくなり,もう1つもこんな感じ.
人食用の販売されているキノコで,エリンギ以外はあまり食わないが,もしかしたら野生のシイタケやエノキは食べるのかもしれない.

2015年07月21日

クロゴキブリまた出た

Periplaneta fuliginosa re-haunting

wepwpw%20%281%29.JPG

会社で夜シャワーを浴びようとシャワー室に行くと1匹発見.

wepwpw%20%282%29.JPG

急いでカメラを取りに行き,戻ってきてもまだそこにいた.

wepwpw%20%283%29.JPG

飛翔直前のポーズ.
この直後見事に飛ぶ.

wepwpw%20%284%29.JPG

そしてこの位置に.

wepwpw%20%285%29.JPG

クロゴキは本当に良い被写体である.
素早い割には,カメラを忌避することなく,収まってくれる.

wepwpw%20%286%29.JPG

その後,囚われの身となり,実験に供されたのであった.

2015年07月17日

ヤモリはがし

Rescue from the roachtrap of the gecko

RIMG0669%20%28314x236%29.jpg

先日放したヤモリだが,嫌な予感がしてローチトラップを調べたら予感的中.

元居たネズミ室も同様のトラップが設置してあり,そこで生き残っていたのだから,ゴキブリ室でも大丈夫と思ったがダメであった.

しかし,まだ生きている.

RIMG061%20%28314x236%29.jpg

手近にあった炭カルを振り掛ける.

%EF%BD%87%EF%BD%88%EF%BD%84%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%88%20%282%29.jpg

ゆ~くりとはがし,はがれた隙間に炭カルを押し込んでいく.

%EF%BD%87%EF%BD%88%EF%BD%84%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%88%20%283%29.jpg

%EF%BD%87%EF%BD%88%EF%BD%84%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%88%20%284%29.jpg

も少し.

%EF%BD%87%EF%BD%88%EF%BD%84%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%88%20%285%29.jpg

取れました.
自分で言うのも何ですが,お見事!

%EF%BD%87%EF%BD%88%EF%BD%84%EF%BD%92%EF%BD%94%EF%BD%88%20%281%29.jpg

しかし,指があっちこっち向いているので,しばらく飼育して回復を待ち,ローチトラップは破棄して,再度放そうと思います.

注:商品名「ごきぶりホイホイ」に捕まった場合は,この方法で剥がせないと思います.

2015年07月16日

モリチャバネゴキブリ

Blattella nipponica

RIMG0677%20%28314x236%29.jpg

壱岐で採集された個体群.
すでに5年になるが,全く頑健.

RIMG0678%20%28314x236%29.jpg

餌がカビてもガンガン食って増えている.

RIMG0679%20%28314x236%29.jpg

清掃後.
前回は3月末に換えているので,次は11月ころで良いだろう.

2015年07月15日

クマネズミ親子

Parent and child of the roof rat

RIMG0624%20%28314x236%29.jpg

そろそろ子供を親から引き離す時期が来る.
その前のショット.

親は警戒.
仔は興味津々といったところ.

2015年07月14日

ニホンヤモリ出現


Gekko japonicas appearance

RIMG0697%20%28314x236%29.jpg

ネズミ室の整理をしていたら,落ちてきた.

ゴキブリを食べているのか栄養満点な状態.

日本のヤモリは,本種とオガサワラヤモリ・ホオグロヤモリしか飼った事は無いが,本種は,動きはゆっくりでそれなりに扱いやすい.

RIMG0698%20%28314x236%29.jpg

オガサワラが最もスロー.

ゴキブリ室に放すこととした.

ちなみに,ウィキペディアに使われている個体は,見るからにやせ細り,ちょっと可愛そうな感がある.

2015年07月13日

Henschoutedenia flexivittaの卵嚢


Ootheca of Henschoutedenia flexivitta

RIMG0686%20%28314x236%29.jpg

ハイイロゴキブリに外見はよく似ている.
本種も,卵胎生である.

RIMG0687%20%28314x236%29.jpg

卵嚢が縦になっているので,現在産卵中.

片側で15卵以上数えることが出来る.

2015年07月10日

Cabinet

RIMG0695%20%28314x236%29.jpg

大体多い日は,この棚4つ分のケースをいじる.
全景は,今度TVに出る予定(カットされなければ).
詳細はっきりしたら,この場でお知らせします.

2015年07月09日

ヒメチャバネゴキブリ全滅?


Blattella lituricollis is exterminated?


いつもの言い訳だが,ここの所大変忙しく,しばらく放置気味だった.

RIMG0668%20%28314x236%29.jpg

丈夫だが繊細なことはわかっていた種だが,今日見たら激減していた.
原因は,餌がカビて摂食不能になっていたからだと思う.

RIMG0670%20%28314x236%29.jpg

死骸がカビている.

RIMG0671%20%28314x236%29.jpg

シェルターもかび臭いので,全て解体し中の幼虫を全て救出.
まだ生きている個体がいた.

RIMG0672%20%28314x236%29.jpg

いつもはやらない1齢幼虫も含めた全数移し.

RIMG0674%20%28314x236%29.jpg
中プラケから小プラケへ縮小したが,まだ復活可能と思われる数が残っていた.

ヒメチャバネなどまた捕ればと思うだろうが,この系統は二度といけない場所の子孫.
何が違うというわけではないと思うが・・・.

2015年07月08日

Archiblatta hoevenii孵化卵鞘

Ootheca of the Archiblatta hoevenii which hatched

RIMG0649%20%28314x236%29.jpg

飼育ケージの交換を行った結果,かなりの卵鞘が出てきた.
左は孵化したと思われる卵鞘.
右はまだ.

RIMG0650%20%28314x236%29.jpg

平均的な大きさの卵鞘内の様子.
片側約11卵.
合計約20~22卵.
この卵鞘は孵化率100%のようだ.

2015年07月07日

車にチョウバエ

The sandfly which came flying to a car


ついでに車ネタをもう一つ.

asrwqeq.JPG

ドアに付着したチョウバエ.
飛ぶ虫の中では殆ど警戒心が見受けられない種だ.

結構接近しているが,逃げようとする素振りを見せない.
ハエトリグモなどの格好の餌になりそうだが,本種が大量に飛んでいる汚水層室などではハエトリは見たことがない.
良く見るのは,巣を張るひょろ長いクモ.
良く考えたら何のクモか知らない.
調べてみます.

2015年07月06日

ハト糞爆弾


Pigeon droppings Bomb

近くのスーパーの駐車場に車を止めようと空きを探していると,1箇所良い場所に発見.

車を止め,降りてみると鳩糞が散らばっている.

ihueroiut%20%281%29.JPG

上を見ると予想的中.

ihueroiut%20%282%29.JPG

すごーく嫌な状況に立たされたと,移動を考えた瞬間「ドッカン」

もう如何でもよくなって,1時間ほど止めておいたが,計3個やられた.
2度と行かないと心に誓うのであった.

2015年07月03日

♂同士

Male × Male

RIMG0596%20%28314x236%29.jpg

飼育ケージ内ではよく見かける光景.

野外では交尾行動すら見る機会が無いが,起きているのだろうか.

2015年07月02日

Archiblatta hoevenii幼虫雌雄

The larval sex of the Archiblatta hoevenii

njyfo.jpg

虫齢幼虫であるが,このサイズになると,雌雄が背面からの形態でわかり易くなる.
上が♂.
中胸の翅芽が腹部に伸びている.

下2匹が♀.
♂の様にならず,すでに♀成虫の形態をしてきている.

2015年07月01日

ゴキブリ採集結果

As a result of having captured Periplaneta fuliginosa

早くも7月に入りました.
クロゴキブリのシーズン到来.
先日仕掛けたトラップも驚きの成果が.

RIMG0608%20%28314x236%29.jpg

こんなに成虫がいたとは思いませんでした.
あまりの結果にちょっとビックリ.

RIMG0609%20%28314x236%29.jpg

笑えませんな.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.