« 2014年12月 | メイン | 2015年02月 »

2015年01月30日

アミメヒラタゴキブリ終齢幼虫と成虫


The adult and last inster larva of Onychostylus notulatus.

bghbghb.JPG


普通種になった感のある本種.
飼育していても,他の野外種に比べケージ内が汚く見える.
しかし,単独で見ると幼虫も色彩に特色があり,興味尽きない種である.

2015年01月29日

フタテンコバネゴキブリの産卵場


The place where Lobopterella dimidiatipes lays eggs

フタテンコバネゴキブリの飼育は,チャバネゴキブリと同じ仕様だが,給水器にはミズゴケを置いている.

degt%20%282%29.JPG

理由としては,Periplanetaに比べ卵鞘の殻が薄く見えるため,孵化率をあげる目的だが,やはり湿度の高い場所が良いようで集中して産卵されている.

degt%20%281%29%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

水を追加する為,容器の蓋を開けたが1匹逃げない個体がいた.

degt.JPG

終わって元に戻しても,まだ何かしているので良く見ると卵鞘を配置しようとしているようだ.
どこも同じ様だが,何か違うのだろう.
他の卵鞘より環境の良い場所を考えているのだろう.

2015年01月28日

与論島のEucorydia Sp.

Eucorydia Sp. of the Yoronjima Island.

gklfjgkhkkk.JPG

悪石島よりオレンジは少ないが,ルリ色は強い.

2015年01月27日

ヒメクロゴキブリ入荷


Arrival of Chorisoneura nigra.

qwed.m%20%281%29.JPG

E藤君から京都土産に頂きました.

樹皮下に沢山いたとの事で,沢山頂きました.
最近,自力採集が無いので頑張らねばと思います.

さて,今回で3度目のチャレンジでしょうか.
初冬に採集された前回の個体より今回のような,春直前の個体の方が,越冬から目覚めさせるにはちょうど良いかもしれません.

qwed.m.JPG

大体失敗するポイントはつかめているので,頑張らねばなりません.

2015年01月26日

ハエどまり


HAEDIMARI (The place at which a fly stops)

週末,鶴岡出張でした.
合間を見て旧青山本邸を見学.
北海の漁業王と呼ばれる青山留吉の故郷青塚にある巨大な屋敷です.

建築もさることながら,都会では見ることが少ない変わったものをいくつか見つけました.

fipgtjitr%20%283%29.JPG

fipgtjitr%20%287%29.JPG

こちら,題にある「ハエどまり」というもの.
少し異様な雰囲気がありますが,ハエを天井に留まらせない為の物.

ハエが白い物に止まる習性を利用したもののようです.

fipgtjitr%20%286%29.JPG

普通の折鶴が,糸で吊るしてあります.
昔の人はいろいろな事を良く知っていましたね.

2015年01月23日

マダラゴキブリ終了

Rhabdoblatta guttigera total destruction

wetrtr.JPG

不気味な静けさ.
半年前の予言が当ってしまった.

wetrtr%20%281%29.JPG

原因は分からないが,調べるとマグロのように何か分かるかもしれない.

2015年01月22日

悪石島のEucorydia Sp.


Eucorydia Sp. of the Akusekijima.

gjjty.JPG

gjjty%20%281%29.JPG

腹部と翅にオレンジのスポットが入り綺麗だが,ルリ色は目立たない.

2015年01月21日

Corydiinae科繁殖の難しさ.


Difficulty of breeding of the family Corydiinae.

今まで何気なく累代出来ていたが,最近この科の卵鞘が孵化しない?

qwertuio.JPG

そんな中,Therea grandjeaniが孵化していた.

qwertuio%20%281%29.JPG

最近は,オアシスを湿らせて入れている.
これが本当に必要なのか.
孵化までの期間や乾燥にどれだけ耐えるのかナゾが多すぎる.
しかし,よくよく考えると,クロゴキブリの卵鞘も乾燥した場所で普通に孵化している.

それほど神経質になる必要は無いかもしれない.
暇見て調べましょう.

2015年01月20日

Pseudophoraspis sp.完全復活.


Full revival of Pseudophoraspis sp

昨年12/17のその後の状況.

ksjdjdjer%20%281%29.JPG

とりあえず,1回目の産卵は成功した.
初齢幼虫が沢山居る.

ksjdjdjer.JPG

水中に潜る幼虫.
水中にも死骸はなし.

雌も異常なし.
2回目の産卵も期待できそうだ.

2015年01月19日

トコジラミ樹脂標本

Resin specimen of the bedbug.

%EF%BD%92%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%84.JPG

社内外勉強用に作らせたトコジラミ入り樹脂標本.

国外のメーカーが作成した.

%EF%BD%92%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%84%20%281%29.JPG

全て実物が入っており,良く造ったと思うほど細かい仕事だ.
これは雌雄成虫.

%EF%BD%92%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%84%20%282%29.JPG

1齢幼虫.

ゴキブリやシミ,貯穀害虫があっても良い.

2015年01月16日

ワモンゴキブリの繁殖力

Propagative power of Periplaneta americana

asddfghjkl.JPG

昨年5月末に沖縄で捕獲した雌成虫1匹が,現在こんな状況.
まだ個体数は数えていないが,写真を数えただけでも200以上いる.

asddfghjkl%20%281%29.JPG

凄い繁殖力です.
これでは,あちらこちらの場所で捕獲されるのが良く理解できます.
今回採集した雌は,交尾済みだったようだが,未交尾でも結構な確立で卵鞘は孵化するので,大型のゴキブリの割には世界に広く分布する理由が良く分かる.

2015年01月15日

隠れたつもり


The hidden intention.

edgfk.JPG

樹皮窪みに潜むEucorydia sp.幼虫.

小さい割には動きが俊敏.
この動きはやはりゴキブリかな.

2015年01月14日

ペストコントロール必携


SERVICEMAN‘S MANUAL

kokoko.JPG

O方先生から頂いたSERVICEMAN‘S MANUAL.
日本語訳は以前に頂いた本があったのですが,原著ははじめて見ました.
こうして比べると,良く出来ています.

kokoko%20%281%29.JPG

内容も写真を日本で撮り直してあります.
あらためて,当時制作に取り組まれた先生方の熱意を垣間見ることが出来ました.

2015年01月13日

Eurycotis sp. コントラストが綺麗

The contrast of Eurycotis sp.

雌1,雄2まで減ってしまった.
原因不明だが,このグループではたまに体験する.
が,3個体は欠ける事無く成虫になったので,産卵さえしてくれるなら期待できる.

lljkhf.JPG

シェルターに頭から突っ込み,隠れたつもりの個体.
胸部側面の白帯の白と,体色の赤が綺麗に納まった.

2015年01月09日

マダラサソリ幼体


Immature of the Lsometrus maculates

erthy.JPG

まめに餌を与えると,どんどん大きくなる.
特に,幼体はこのように張り裂けそうなくらい太る.
健康そうな状態は,見ていて和みます.

2015年01月08日

グリーンアノール寝姿

The figure which is sleeping of the Anolis carolinensis.

飼育には許可を得るため特殊な部屋を作っています.

qqqqdf%20%281%29.JPG

その中で寝るアノール.
こちらを睨んでいます.

qqqqdf.JPG

好みの場所は,枝とかよりも床面や垂直面.

2015年01月07日

セズジシミ間一髪

Narrow escape of Ctenolepisma lineata

昨年末にK田君から頂いたセスジシミ.
年明けに飼育タッパーを見ると内部で結露している.

fiwergtj%20%282%29.JPG

確認すると中のティッシュがカビだらけ.

fiwergtj%20%281%29.JPG

中を確認すると,本当に間一髪でやばそうな状態.
成虫もカビの中でよたっている.

fiwergtj%20%283%29.JPG

幼虫もかろうじて生存していた.

fiwergtj%20%284%29.JPG

何をさて置き,通気の良いタッパーに移すことに.
水加減が難しい.
狭い飼育環境は,一歩間違うと逃げ場のない単一な悪劣環境に変化する.
害虫と言えど,飼育するとその難しさが良くわかる.

2015年01月06日

Gyna caffrorum羽化

Emergence of Gyna caffrorum

aerttttt.JPG

♀.

aerttttt%20%282%29.JPG

♂.
前方に初齢,中齢,終齢がそろって顔を出している.

2015年01月05日

太陽の様なDeropeltis erythrocephala

Deropeltis erythrocephala larva such as the morning sun


dfgerww.JPG

めでたい景色.

脱皮直後の幼虫は白色から有色(大体は黒褐色)に変化する時,中間色になるが,本種は形態が丸いので余計赤丸に見える.


2015年01月01日

2015年 明けましておめでとうございます

I wish you a Happy new year 2015

RIMG0073-2_edited-1.jpg

RIMG0108-2_edited-1.jpg

RIMG0104-2_edited-1.jpg

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.