« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月28日

Polyphaga saussurei 孵化

Ootheca of Polyphaga saussurei hatched.

gfhdf.JPG

本種に関しては,成虫の雌雄が判別できていない.
また,未交尾産卵するのかも分からない.

そして,卵鞘が全く孵化しない.
以前も,10個以上抜き出し,内部の発育状況を見たが,卵割している卵はなし.
卵鞘の孵化に要する日数.
乾燥状態で良いのか.
ないないづくし.

kokook%20%281%29.JPG

なので,最近は半ば諦め,成虫が死んだらおしまい.
と思っていた中での幼虫発見.
1齢幼虫と思われる.

kokook%20%283%29.JPG

2齢幼虫.
これが育ったら,雌雄の判定をキッチリしてみます.

2014年11月27日

ネバダオオシロアリ羽アリ

Winged ant of Zootermopsis nevadensis

nebadaioasdfjk.JPG

飼育を始めて2年と半年.
初めて羽アリの発生を確認しました.

巣の中を1匹だけが巣の中を徘徊しています.

その後,しばらく観察しましたが,確認できたのはこの1匹だけ.

マット外にも出ている個体はなく,これから大発生する前兆か?
個体密度も高くなってきており,床換えをしなければいけないのかも知れません.

2014年11月26日

Archiblatta hoevenii とエリンギ


Archiblatta hoevenii and a king oyster mushroom

RIMG0460.JPG

現地ジャングルでもこんな感じでキノコを食べているのだろうか.

捕りに行きたい(キノコじゃないよ).

2014年11月25日

マルバネゴキブリの床換え2

Cleaning of the breeding case of a Hebardina yayeyamana.2.

htfs%20%282%29.JPG

適当でも増えている.
前回の床換えは3月.

htfs%20%283%29.JPG

最近使う頻度が大きくなった種蒔き用ポット.
ハサミで加工でき,素材が植物質なのでゴキブリの定着も良いようだ.

htfs%20%286%29.JPG

尾突起が確認できる.
よって♂.

htfs%20%288%29.JPG

2014年11月21日

ハグロケバエ集団越冬?

Group hibernation of Bibio tenebrosus

少し古い話となってしまうが,お蔵入りさせるのも勿体ないので登場.

006.JPG

当社鳥害担当のI井さんが埼玉の自宅周りで発見した虫.
発見日は2014年10月26日.
ネットで調べると,「地獄虫」と呼んでいる地方もあるらしい.
なんとナイスな呼び名.
道端で遭遇したら「ぞっ」としそう.

確かに,いきもの嫌いな人が見たら,そのものでしょう.

正体は成虫にしてみないと確定できないが,情報を集めてみるとハグロケバエの幼虫の可能性大.

%EF%BE%8A%EF%BD%B8%EF%BE%9E%EF%BE%9B%EF%BD%B9%EF%BE%8A%EF%BE%9E%EF%BD%B4Bibio%20tanebrosus%20Coquillet.JPG

こちらは,過去に撮影した成虫.

dfksfjsd.JPG

dfksfjsd%20%281%29.JPG
dfksfjsd%20%282%29.JPG

採集もして来てくれたので,記念撮影し,土に潜らせベランダの日陰にて越冬させてみる事にする.

2014年11月20日

Archiblatta hoeveniiの分泌液


The liquid which Archiblatta hoevenii secretes.

klnjhvgfftrcdrxe.jpg

床換えの時,移動させようと持ち上げたら見事にくらいました.
が,この液体.
透明とばかり思っていたが,白いことが発覚.

khtfdrdede.JPG

本人は平気のようだが,どこから分泌されるのかいまだに不明.

klnjhvgfftrcdrxe%20%281%29.jpg

早めに手洗いで落とさないと最低1日は,臭いが落ちないのだが,写真とっていたら透明になった.

で,臭いも残った.

2014年11月19日

ハエトリグモの給餌 3

Feeding of jumping spider 3.


fjhwe%20%281%29.JPG

小型のゴキブリを透明カップ内で飼育している.
その容器に,中のゴキブリを食おうと常連のハエトリグモが徘徊.

fjhwe%20%282%29.JPG

前回失敗しているので,そっとピンセットで持っていく.

fjhwe.JPG

と今度は成功.

確かに,この時期事務所内は餌昆虫も少ないだろう.

2014年11月18日

ブドウトリバ


Nippoptilia vitis

trhgfjuol.JPG

事務所内侵入昆虫.

屋外ではたまに見た記憶があり,「変な形」とぐらいでしか感じていなかったが,室内にいると正体を調べたくなるもので調べました.

まあ,蛾の一種とはすぐに分かる.

が,検索キーが上手く的中せず,形態の写真で調べたので手間取った.

日本にいる蛾の種類は4,500種もあり,どうしても毒蛾などのマイナスイメージと毛虫が嫌われ,子供受けは良くないようだ.
私も,子供のころは蝶には興味があったが,蛾は興味が無かった.

trhgfjuol%20%282%29.JPG

だが,本種のように綺麗とかではなく,「不思議な形」が面白いと思うようになってきた.

2014年11月17日

黄色いイエゴキブリ


Yellow Neostylopyga rhombifolia

kgirtre.JPG

脱皮直後の白い個体は良く見るが,黄色くなるのはイエゴキ特有?

kgirtre%20%281%29.JPG

綺麗な色ですね.

2014年11月14日

保護されたハツカネズミ幼獣

Protected mouse cubs

fkdfgjkdfjkjd%20%282%29.JPG

現場から届いた衰弱したハツカネズミの幼獣2匹.
都内では,ハツカネズミの生息はほとんど確認されておらず,この個体は物に紛れて持ち込まれたと考えられます.
眼は落ち窪み.毛が逆立ち,1匹は餌を自力で摂る力が無い状態であった.

fkdfgjkdfjkjd%20%281%29.JPG

現在やっと自力で餌を摂れるまで回復した.

fkdfgjkdfjkjd.JPG

可愛いですね.
雌雄を確認したらちょうどペアだったので繁殖させて実験に使う予定.
殺す実験ではありません.念のため.

2014年11月13日

卓上Zooのヒメマルゴキブリ成虫の羽化


Emergence of the imago of the Trichoblatta pygmaea of desk Zoo

ghshgr%20%281%29.JPG

この小型ケージで飼育を始めて1年以上経過したが,問題なく飼育できている.

ghshgr.JPG

雄羽化直後.

本種は激しく飛ぶこともなく,動きも早くない.

臭いもなく,餌はマウス飼料のみ.
これほど飼い易い昆虫も珍しいのではないだろうか.

2014年11月12日

Anallacta methanoidesの立ち姿

Posture of the Anallacta methanoides

rtodi.JPG

rtodi%20%281%29.JPG

シェルターに隠れる個体もいるが,害虫種に比べケージの壁面に張り付いている個体も多い.その為か,炭カルが早めに削り取られる.

で,前から気になっていたが,素早い割には蓋をあけると全員動きを止め,「達磨さんが転んだ」の状態になる.

rtodi%20%282%29.JPG

幼虫.

rtodi%20%283%29.JPG

成虫.

他のゴキブリは,蓋を開けようが,何をしようがお構いなく動き回るが,本種は静止する.たまにゆっくりと動き出す.

その姿勢は「気をつけ」状態に見える.

2014年11月11日

クサビノミバエ

Megaselia scalaris

gfhjiodgtihj%20%281%29.JPG

今回,コワモンゴキブリのケージに侵入していたノミバエはクサビノミバエでした.

今まで発生していた種が本種なのかは不明ですが,多分そうでしょう.

gfhjiodgtihj.JPG

背面より.

gfhjiodgtihj%20%282%29.JPG

蛹.
検索すると,ゾンビマシーンのような記事が見受けられます.
ゴキブリもそうなるのか?
しばらく観察しようと思います.

2014年11月10日

Henschoutedenia flexivitta の交尾

Copulation of Henschoutedenia flexivitta

ハイイロゴキブリNauphoeta cinereaを大きくした様な種.

hjy%20%281%29.JPG

卵胎生.外観.丈夫.糞の性状など良く似ている.

hjy.JPG

その割には属が違う.

2014年11月07日

日本ペストロジー学会新潟大会


The 30th Japanese Society of Pestology Niigata meeting.

今年の大会は新潟で開催.
近年,世界でも家屋内侵入や,疫学的にも注目を集めてきている種である,オガサワラゴキブリの幼虫期の雌雄判定に関して発表しました.

特別講演は今年話題になったデング熱を中心に国立感染症研究所の澤邉先生から「衛生害虫の最新情報と動向」についてお話しがありました.
このスライドに使われている写真は,ベクターコントロールが行われた後のジャングルらしいです.
日本では見ることの出来ない貴重で綺麗な写真でした.

groilotrh.JPG

で,懇親会です.
毎回思うのですが,これが結構盛大です.

groilotrh%20%282%29.JPG

今年はこんな感じ.
これだけでも,学会に入る価値有?(笑)

groilotrh%20%281%29.JPG

新潟といえば,昨年の岐阜大会でも書きましたが,キョウトゴキブリ.
また,最近ではカエルの新種(少し古い)が見つかったり.
まだまだ珍しい生き物がいそうです.
今回は,ハードスケジュールで,散策する余裕はありませんでしたが,一度ゆっくり夏に来たいですね.

次回は宮城県で開催です.
興味のある方は参加下さい.

2014年11月06日

防虫シートの穴


Pinhole of paper which prevents insect invasion.

今夏は,ノミバエ侵入があまりにも多かった.
そのため,ゴキブリの世話の都度,シートの穴チェックを始めた.

dfjkqqq%20%282%29.JPG

すると,結構あることがわかった.

dfjkqqq%20%283%29.JPG

裏面.

dfjkqqq.JPG

普通のセロテープにて補修.
表裏から貼るとなお良い.
これで,1年以上もつのだが,本当は新品に換えた方がいい.

dfjkqqq%20%281%29.JPG

Blaberus giganteus は,駆除成功し今の所発生無し.

2014年11月05日

クマネズミに食われたクロゴキブリ


Periplaneta fuliginosa eaten by the black rat.

クロゴキブリの死骸を見ることも少なくなってきました.
冬はそこまで来ています.

逆に,クマネズミの家屋内侵入が急激に増える季節です.
クマネズミ侵入の初期の場合は,簡単な対処で追い払うことが出来ることがあります.
餌を求め侵入して来るため,餌を摂れないようにする.
また,安住の地を与えないことです.

hufqer.JPG

さて,成虫死骸です.
この時期路上で早朝によく見かけます.
これは外階段で.

hufqer%20%281%29.JPG

久しぶりに見かけたので,よく見ると頭部がありません.

ここは,クマネズミの通り道になっており,おそらくクマネズミに食べられたのでしょう.

ネズミのゴキブリ食いは業界では良く聞かれることですが,あまり研究されていません.
是非やってみたい課題です.
もっとゴキブリと時間を!

2014年11月04日

標本の整理


Arrangement of a specimen

huiyiu%20%282%29.JPG

これから乾燥する季節.
標本箱を開けるには都合の良い時期となる.

huiyiu%20%281%29.JPG

半年以上収納できなかった標本を整理した.

huiyiu%20%283%29.JPG

このオオムカデはこうして見てもその巨大さが分かる.

愚痴ではないが,ピンクなど与えなければ良かった.
機会があれば再チャレンジしたくなる.

huiyiu%20%284%29.JPG

で,外国種も数々あるが,最も気に入っている箱がこれ.

国内でもレアな採集場所の個体が詰まっている.
また,個体変異も見る事が出来る.

もう1つ,全国のモリチャバネを集めた箱も重要な箱の1つ.
産地により,前胸背板の黒状斑の形が違うのが一目でわかる箱.

まだまだ集めてみたい山地が沢山ありますね.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.