« 2014年01月 | メイン | 2014年03月 »

2014年02月27日

炭カル登攀


The cockroach which climbs calcium carbonate.


炭カルも,薄くムラなく塗るのが理想だが,そうも行かない時もある.

sfqw%20%281%29.JPG

sfqw.JPG


するとこうなる.

sfqw%20%281%29-1.jpg


拡大すると,厚く塗られた凸に足をかけて登っているのがわかる.

2014年02月26日

縞々バナナローチ


Striped Panchlora nivea

RIMG1548.JPG

ljgh.JPG

羽化不全で稀に古い外皮が残って縞模様になる個体が見つかる.

過去に,オガサワラゴキブリで確認した.

%5B%40pihy.JPG


相変わらず綺麗なゴキブリだ.

2014年02月25日

Archiblatta hoevenii孵化


Archiblatta hoevenii
hatching

%3Bl%3B.JPG

少しづつではあるが,孵化している.

1月に1個程度だろうか.

最近,よく食べるキノコを発見.

次回お楽しみに.

2014年02月24日

ヒメマルゴキブリの飼育


Breeding of Trichoblatta pygmaea

ゴキブリを飼育し始めの頃は,ヒメマルゴキと言えば,超ビップ待遇で飼育していた.

RIMG1545.JPG

dfdg.JPG

現在は,このような水,餌,コルク破片,落ち葉2枚の簡単セットで飼育も出来ている.
これで約半年経過.

dfdg%20%281%29.JPG

dfdg%20%282%29.JPG

脱皮も順調で,そろそろWF1が成虫になると思う.
飼育室に置いているとなかなか日常の風景は見れないが,卓上にあると,常時観察できる.

2014年02月21日

餌に群がるDeropeltis paulinoi


Deropeltis paulinoi around food.


dsfilsfj%20%281%29.JPG

餌が切れていたので,追加した直後の状況.

昔は入手しても,すぐに死んでしまう個体が多かった.

それから思えば,夢のような光景だ.

2014年02月20日

ヒメクロゴキブリ続々羽化


The larva of Chorisoneura nigra is growing wings one after another.


hikhygt%20%281%29.JPG

加温していたら成虫となっていた.

当り前と言えば当り前だが.

hikhygt.JPG

とりあえず今回は,成虫が沢山いる.

羽化時期が一緒.

事から,なんとなく期待している.

2014年02月18日

観察トンネルの経過


Progress of an observation tunnel.

217.JPG

片方のトンネルは埋められてしまった.

217%20%281%29.JPG

もう片方は成虫が3匹確認できる.
まだまだ,改善の余地は十分ありそうだ.

2014年02月17日

マルゴキブリ新成虫


A new imago of Trichoblatta nigra

fdmsdnytrhur.JPG

雄の新成虫.

fdmsdnytrhur%20%281%29.JPG

この次期でも成虫が羽化するようになり,齢数も様々な状態がそろっている.

2014年02月14日

冬にガガンボ?

Tipulidae of winter ?


RIMG1559%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

雪の降るこんな寒い日に,建物内とは言え,飛んでいる虫がいるとは驚いた.
ガガンボだと思い,写真撮るだけで,後で調べたがさっぱり分からない.
ネットをぐるぐる回って,やっとこれにたどり着いた.

ウスモンガガンボダマシ Trichocera maculipennisだと思います.

l%3B%5B.JPG

ガガンボダマシ科は,冬に発生するそうだ.

io.JPG

外はこんな状態なのに.

冬の自然下で活動する昆虫を見るのはうれしいですね.

2014年02月13日

ヨロイモグラゴキブリの1齢幼虫の脱皮


A molt of first instar of Macropanesthia rhinoceros


yuiorguyi.JPG

脱皮が始まってました.
ギリギリのところでマットから穿り出してしまったようです.

yuiorguyi%20%281%29.JPG

急いで足場の良いマットを引いた容器に移し,乾燥防止で霧吹きご,カップで蓋.
6分後.

yuiorguyi%20%282%29.JPG

12分後.

yuiorguyi%20%283%29.JPG

16分後.

yuiorguyi%20%286%29.JPG

22分後.

yuiorguyi%20%2814%29.JPG

30分後.

yuiorguyi%20%2815%29.JPG

52分後.
無事生還したようです.

2014年02月12日

ヨロイモグラゴキブリのシェルター


The shelter of Macropanesthia rhinoceros

床換え.

poiuy.JPG

今回は,観察し易いようにケース下面にシェルターを入れてみる事にする.

poiuy%20%282%29.JPG

横から見た状態.
この中に入ってくれると,親子で暮らす様子が観察できる.

poiuy%20%2810%29.JPG

掘り出して出てきた幼虫.
そろそろケージが狭くなる頃だろう.

poiuy%20%289%29.JPG

昨日,生まれた幼虫.
1匹,おかしな形になっている幼虫が.

脱皮直前でした.
どうなったかは,明日.

2014年02月10日

雪とワモンゴキブリ


Snow and Periplaneta americana

週末の雪は凄かったですね.

qwet%20%282%29.JPG

スカイツリーも雪でかすんでいます.

qwet%20%281%29.JPG

そんな中,ワモンゴキブリ.

qwet.JPG

数秒で動きが止まりました.

まあ,雪の中で活発に活動できるゴキブリはいないと思いますが.

2014年02月07日

Breeding of Rhabdoblatta guttigera

klhjgdthh.JPG

大型ケージに入れて,さらに増え続けている.
マダラゴキブリの様に,幼虫が水中を好む種の飼育は,プールを作るが,これが環境を高湿にするため,ひとつ間違うと,悪臭のカビだらけになり易い.

klhjgdthh%20%283%29.JPG


多分,飼育自体は難しくないのだろうが,世話が小まめに出来ないと,上手く行かないグループだろう.

klhjgdthh%20%284%29.JPG

klhjgdthh%20%286%29.JPG

本種にとってプールは,排泄,脱皮?などの憩いの場となるのか,水中には糞,脱皮しかけて死亡した死骸などなど,堆積している.

klhjgdthh%20%287%29.JPG

プールを交換し,

klhjgdthh%20%288%29.JPG

枯葉をいれ完成.

2014年02月06日

Archiblatta hoevenii調子の良いケージ

The breeding cage of Archiblatta hoevenii in good condition.

dghj.JPG


このケージの雌の産む卵鞘は,比較的孵化率が高い.
また,孵化幼虫の死亡も今の所少ない.

2014年02月05日

Archiblatta hoevenii F3が鬼門


F3 of Archiblatta hoevenii is an omen.

F2の孵化率が相当悪い.
性格に数えていないが,1割未満のようだ.

%E9%AC%BC%E9%96%80%20%281%29.JPG

5個目の孵化.
F3を乗り切ると,先が見えそうな感じだが.


2014年02月04日

イエゴキブリ弱体群

The weak group of Neostylopyga rhombifolia

sfjktyrwyt.JPG

毎年代を重ねているが,一向に危機的な状況は変わらない.

sfjktyrwyt%20%281%29.JPG

卵鞘も過去にお見せしたままの状態が続いている.

原因は未だ不明.

2014年02月03日

ドワーフヒッシングコックローチ


Elliptorhina chopardi.


数年前は,餌・ペットとして良く見かけたが,最近お目にかからなくなった.

良く増え,長子良い飼育状況だが,以前入手した個体は,全然繁殖しなかった.

系統なのか,飼育数が少なくてもこの類は,増え無い事が多い.

jh%20%281%29.JPG


床換え後.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.