« 2013年12月 | メイン | 2014年02月 »

2014年01月31日

広野のクモ

The spider found in Hirono.

detarrtrtrt.JPG

真冬なのに,昨日死んだような状態のオニグモ.

寒さのため,そのままの状態で保存されていたのだろう.

detarrtrtrt%20%281%29.JPG

広野の町.
遠くに海が見える.

2014年01月30日

アルメニア産 Polyphaga sp. 床換え

Breeding of the Polyphaga sp. from Armenia.

jfkjghut.JPG

記録を見たら,前回の床換えは,ちょうど一年前だった.

jfkjghut%20%282%29.JPG

水容器のガーゼが脱落.

jfkjghut%20%283%29.JPG

移動中.

jfkjghut%20%284%29.JPG

後.
ここまで増えると,1年放置は無理そうだ.

2014年01月29日

講演

Lecture.

昨日,某新年会で,マンションに発生し易い害虫類の話をしました.

fgfjhgjkhj%20%282%29.JPG

こういった写真は,自分で撮る訳にもいかず.
撮っていても,貰う事が無いので珍しい.

fgfjhgjkhj%20%284%29.JPG

暗がりだと,普通に見えるし,珍しく作業服でない.

2014年01月28日

ヨロイモグラゴキブリ1月の産仔

Laying eggs in January of Macropanesthia rhinoceros


wetry.JPG

最近生まれたと思われる,1齢幼虫.
2匹.
ここの所多忙で,何匹,どのような齢構成でいるのか全く確認できていない.
が,産んでいて一安心.

しかし,マットの劣化も進んでいそうなので,近々に床換え予定.
乞うご期待.

2014年01月27日

ドバイ産Blattella sp.繁殖


Breeding of the Blattella sp. from Dubai

RIMG1579.JPG

ケージ自体は特別汚れが酷くない.

RIMG1580.JPG

しかし,炭カルの消耗が激しい為,交換実施.

jgyuftyft.JPG

後.
小型で繁殖力が強く,2年以上トラブルが無い種は,世話の頻度を下げる上で,思いきった淘汰が必要である.

2014年01月24日

イエゴキブリ床換え途中


The middle of cleaning of the breeding case of Neostylopyga rhombifolia


fdsfh.JPG

途中.

fdsfh%20%281%29.JPG

同じ種とは思えない繁栄ぶり.

2014年01月23日

PCOが興味を持ったアメリカの生物


The American living thing in which PCO got interested

昨年,N課長がアメリカを旅行した際,見つけた生き物たち.

%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%80%E5%B7%9E%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F10%EF%BC%8F7.jpg

小笠原で繁殖しているグリーンアノールの原産地フロリダ,マイアミにて.

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%EF%BC%88%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%80%EF%BC%89%20%284%29.JPG

さらに,フロリダ,オーランドにてブラウンアノールとおぼしき個体.

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%EF%BC%88%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%80%EF%BC%89%20%282%29.JPG

デュラップの色がグリーンアノールに比べ鮮やか.

%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%90%E3%83%8D%EF%BC%88%E3%83%90%E3%82%B9%E4%B8%AD%EF%BC%89%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%80%E5%B7%9E%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%9F1007.jpg

フロリダ,マイアミのバス車内にいたというチャバネゴキブリ幼虫.
靴についているのがすごい.

%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%8A%E5%B7%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BA%20%281%29.JPG

ニューオーリンズ路上でワモンゴキブリ死骸.

%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%8A%E5%B7%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BA.JPG

雄でした.

%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%B8%E3%83%A9%E3%83%9F%EF%BC%88%E9%83%A8%E5%B1%8B%EF%BC%89%20%281%29.JPG

そして,アメリカといえばトコジラミ.
やはり,結構な数のホテルで,トコジラミを見たそうです.
PCOじゃなかったら,お持ち帰りしていたことでしょう.

2014年01月22日

給水容器


The container of water supply.

毎日,メンテをする必要があるので,水容器は作りだめしてある.

%E3%81%A3%E3%81%93%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%91.JPG

こんな感じ.
ラップをはさみ,積み重ねている.

2014年01月21日

コスタリカ産 Panchlora sp. 危うし


The crisis of extinction of Costa Rican Panchlora sp.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93.JPG

水が切れているのに気がつかなかった.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%281%29.JPG

「カラッカラ」
冬はすぐにこの様な常態となる.
ミズゴケを上に置いているのも,乾燥を速める原因となっていると考えられるが,外す気に離れない.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%282%29.JPG

幼虫はマットに潜っているので,大丈夫と思ったが,2匹だけ.

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%284%29.JPG

%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%87%EF%BD%8A%EF%BD%8B%E3%81%BB%EF%BD%8A%E3%81%93%20%285%29.JPG

雌成虫がまだ数匹いるので何とか立て直し,黄色いバナナを再生したい.

2014年01月20日

逃走ワモンゴキブリ


Periplaneta americana find which had escaped

RIMG1559.JPG

何かいると思ったら,ワモンゴキブリでした.

RIMG1560.JPG

とりあえず撮影し,御用となりました.
この辺でもうオスだと分かります.

RIMG1562.JPG

間違いないですね.
羽化中にトラブッタようです.

gf.ll%3B%3B.JPG

捕獲.

成虫は逃がした記憶がないので,幼虫が育ったのでしょう.
決してここで繁殖しているわけではないですよ.

2014年01月17日


Bathing 2 of Rhabdoblatta guttigera

fgfdh.JPG

マダラゴキブリ飼育風景.

落ち葉を良く食べます.

fgfdh%20%283%29.JPG

また,水にも良く入ります.

fgfdh%20%282%29.JPG

後.

2014年01月16日

Archiblatta hoeveniiF2孵化


Hatching of F2 Oothecaof Archiblatta hoevenii

%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BC%9B%E3%81%86.JPG

孵化率はやはり悪い.

雌成虫らは,卵鞘を産み続けているが,形が歪んでいるものが多い.

孵化した卵鞘は5個目.

前回と同じ様な軌跡を辿り始めている.

%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BC%9B%E3%81%86%20%281%29.JPG

卵鞘内の未成熟卵.

%EF%BD%94%EF%BD%88%EF%BC%9B%E3%81%86%20%283%29.JPG

このままの状態で成長してくれると良いのだが, なかなか・・・.

2014年01月15日

Hemithyrsocera histrio 成虫・幼虫


The adult and larva of Hemithyrsocera histrio

%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%86%20%284%29.JPG

ちゃんと生きています.
相変わらず綺麗な黄色と,幼虫の赤.

2014年01月14日

緑ミナミヒラタゴキブリの乾燥後


After dryness of the green individual Onychostylus vilis.


%EF%BD%8D%E3%81%A2%EF%BD%86%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%84%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%8A%20%281%29.JPG

約一週間後.
前胸背板の色は消えて,茶褐色となっている.

背面から見て,緑色が分かるのは脚ぐらいだろうか.

%EF%BD%8D%E3%81%A2%EF%BD%86%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%84%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%8A%20%282%29.JPG

脚.

%EF%BD%8D%E3%81%A2%EF%BD%86%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%84%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%8A%20%283%29.JPG

腹面.
顔面も緑色していたが,いわれて分かる程度まで消えている.

脚の緑色は比較的多く残っている.

結果的に,乾燥標本にすると,腹面から観察される部位には緑色が残るが,それ以外は退色が激しく,1年以上保存すると,もっと解りづらくなりそうだ.

2014年01月10日

ヒメクロゴキブリ2014年越冬幼虫

The larva of the Chorisoneura nigra which is passing the winter of 2014.


%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%86%20%281%29.JPG

E藤君よりヒメクロゴキブリ幼虫を頂いた.

採集地である奈良県には,結構普通に見られるらしく,この個体もケヤキの樹皮下より採集された.

%EF%BD%93%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%87%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%86.JPG

一緒に入っていた樹皮に付着した黒い粒.

%EF%BD%84%EF%BD%87%EF%BD%86%EF%BD%84%EF%BD%86%EF%BD%88%EF%BD%86%EF%BD%8A%EF%BD%88%EF%BD%87%EF%BD%8B%20%281%29.JPG


良く見るとササラダと思われるダニの集団.
越冬している所を起こされたのだろう.

%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%82%BE%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%82%B7.JPG

アカアシノミゾウムシらしき甲虫も同居.

自然界では,様々な生き物が肌を寄せ合い,辛い冬をやり過ごそうとしている.
ほほえましい光景です.


飼育セット.
ヒメクロゴキブリは,過去にも失敗しているので,今回は何とかコツを見極めようと思う.

2014年01月09日

Gyna caffrorum 飼育状況


The breeding situation of Gyna caffrorum


jfdkgifkughf%20%281%29.JPG

リクエストのあったGyna caffrorumの飼育状況です.
中プラケを使用し,左餌.
右水.

jfdkgifkughf%20%282%29.JPG

ついでなんで交換と補充.

jfdkgifkughf%20%283%29.JPG

餌はネズミ用固型飼料.

jfdkgifkughf%20%284%29.JPG

マットは,ヤシガラ用土.
幼虫が徘徊しているのが分かるでしょうか.

jfdkgifkughf.JPG

厚みはこんな感じ.

jfdkgifkughf%20%285%29.JPG

成虫と幼虫.

飼育は簡単な種だと思います.

2014年01月08日

アマミモリゴキブリはニンジンがお好き


Episymploce amamiensis likes a carrot.

ゴキブリの餌として重宝するのがニンジン.

だが,これも好む種と好まない種がいるようだ.

マダラゴキブリ類は,落ち葉を良く食べるせいか,ニンジンも好んで食べる.

アマミモリゴキブリには,初めて与えてみたが,瞬間的に幼虫が食いついてきた.

RIMG1551.JPG

まあ,こんなものだろう.

2014年01月07日

カビの発生した老ワモンゴキブリ

Mold generated for the body surface of the old Periplaneta americana

RIMG1571.JPG

成虫になって1年強で死亡した個体.

昆虫類は,一般的に生きているうちは自分で自分の身体をクリーニングする為,体表にカビなど発生しないと思っていたが,ワモンゴキブリは1年以上生きた個体は,このようにカビが付着する個体が多くなる.

これは,表皮に直接発生しているのではなく,体表に付着した物質にカビが付くのが原因.
しかし,若い個体には見られ無い.
老化と共に体表のワックスが薄くなり,ゴミが付着し易くなり,また,活動も少なくなる為,付着物が剥がれ落ち難くなることから,こうなるのではないかと思う..

RIMG1573.JPG

腹面.
ここにも,黒班が発生している.
真相は?

2014年01月06日

ミナミヒラタゴキブリ緑色個体の標本後の変化

The green individual of Onychostylus vilis before the specimen.

RIMG1552.JPG

標本にしても体色はそのままか?
の質問に答える為,標本にしてみました.

dgfhgkhjljuty.JPG

先ずはする前の状態.

dgfhgkhjljuty%20%281%29.JPG

緑です.

乾燥後に,状態をお見せします.

2014年01月01日

2014年 新年


We look forward to working with you this year.

RIMG1540.JPG

明けましておめでとうございます.

fgjkkk.JPG

本年もよろしくお願いします.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.