« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月30日

Pseudopboraspis nebulosa 産仔

Pseudopboraspis nebulosa produced a larva.


特別,難しい感じはしていなかったが,ポコポコ産むタイプではないようだ.

RIMG1196.JPG

やばいかと思っていたら,幼虫発見.

%5Dl%5B%40.JPG

ケージをしまい,他のケージと思ったら脱走していた.
本種は良く飛び,掴み難い.
無理してつかむとメスは卵鞘吐き出すし,結構厄介なのが分かった.

2013年09月27日

ドブネズミ24日齢


24 days old of Brown rat.

RIMG1241.JPG

離乳直前で雌親が死亡し,生命力の強い2匹が生き残った.
性別は1:1.

RIMG1242.JPG

このペアを元手に,繁殖させ実験を再開する予定.

RIMG1237.JPG

いずれにせよ,可愛い.

2013年09月26日

2013年 秋 クロゴキブリ


The corpse of Periplaneta fuliginosa found in autumn of 2013.

2013年もいつの間にか秋となりました.

毎年この時期は,物悲しい気分にさせられます.

sfdggtewr.JPG

毎年のことではありますが,今年もクロゴキブリの死骸が出始めています.

sfdggtewr%20%281%29.JPG

雌雄の確認をしようとしたら,腹部が無いですね.
他個体に食べられたのでしょうか.

sfdggtewr%20%284%29.JPG

と,一段下の踊り場に卵鞘発見.

sfdggtewr%20%283%29.JPG

こんな転がし産卵するんですね.

来年まで放置して様子見ます.

2013年09月25日

Polyphaga saussurei卵鞘


Ootheca of Polyphaga saussurei.

RIMG1217.JPG

これだけ中が透けて見えると,幼虫の成長も観察できそう.

顕微鏡で確認したが,まだ,眼も出来ていなかった.

しかし,何卵あるかはすぐに分かる.

これは,18卵.

これ見ていたら,「スケルトンマン」を思い出してしまった.

2013年09月24日

ウルシゴキブリ復活の兆しに翳り

It darkens in a sign of Periplaneta japanna revival.


RIMG1252.JPG

幼虫はとれたが,状況はあまり改善されていないようだ.

RIMG1253.JPG

フレッシュな死骸.

・・・・・・・.

ちなみに,ウルシゴキブリを翻訳機にかけると「Lacquer tree cockroach」となった.
逆引きするとちゃんと「ウルシゴキブリ」となる.

2013年09月20日

Archiblatta hoevenii ついに逝く

It dies to Archiblatta hoevenii.

RIMG1246.JPG

ついに★となりました.

次は,F1に頑張ってもらわなければいけない.

2013年09月19日

ホリカワクシヒゲガガンボ


Ctenophora (Pselliophora) bifascipennis


Ctenophora%20%28Pselliophora%29%20bifascipennis.JPG

給湯室床に転がっていた.

Ctenophora%20%281%29.JPG

摘むと,まだ身体は柔らかかったので,軽く展足したところ.

触角から♂なのが分かる.

Ctenophora%20%2814%29.JPG

ガガンボにしては,「綺麗」である.

最近は,虫類の「綺麗」を理解出来る人が少なくなった気がする.

害虫でも,綺麗な箇所は綺麗なのだが.

2013年09月18日

オナガシミ復活2


Revival of Ctenolepisma longicaudata.Part2.

今年,3月に復活したオナガシミ.
順調に成長,繁殖している.

RIMG1209.JPG

乾燥を好む種は,湿度は苦手のようだ.
かといって,適度な霧吹きも必要.

RIMG1202%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg

成虫と共に,銀白色の幼虫(赤矢印)が美しい.

2013年09月17日

クマネズミAなんとなく元気なし,心配.


The black rat of hand riding is depressed.
It is anxious.

RIMG1200.JPG

生後803日.

唯一,人間に慣れ,素手で触っても,お互いの痛みを理解してくれているかのような行動をする♀成獣.

RIMG1201.JPG

最近体重が減ってきている.

RIMG1197.JPG


血尿も出ており,少し心配している.

2013年09月14日

アダンソンハエトリ何食べてるの?

What is Hasarius adansoni eating?

飼育棟階段に,最近ハエトリが多く見られる.

普段,餌になるような物をあまり見かけた記憶がない.
しかし,クモが増えるには餌が必ずある.

RIMG1204.JPG

撮った写真は,たまたま餌を食べている時だった..

RIMG1207.JPG

何かくわえていると思ったが,写真を拡大して分かった.

タバコシバンムシ.

で,もう少し調べたら,階段に保管したZFからタバコシバンムシが発生していた.
納得.

2013年09月12日

ムカデの床と脱走防止


The breeding floor of a centipede, and the prevention from desertion.

過去に,無数のオオムカデ類を飼育してきたが,以下のセットが今の所一番良いように思える.

dgfhfgykjerttrhjg%20%282%29.JPG

床:ミズゴケたっぷり.
給水器:陶器の水入れ.
ケース:コバシャ.
添加剤:トビムシ.
餌:ピンク,イエコ.(ゴキブリ類は反応弱し.これはオーナメンタルPoecilotheria regalisも同様).

dgfhfgykjerttrhjg%20%285%29.JPG

コバシャでも,天窓はステンメッシュの網を入れないと,この容易登って逃走しようとする.

dgfhfgykjerttrhjg.JPG

入れておいて良かったステンメッシュ.

2013年09月11日

Archiblatta hoevenii 終焉


The end of Archiblatta hoevenii


昨年の11月に入手して以来,合計26個の卵鞘を生んでくれた.

RIMG1195.JPG


後半の数個は,形もおかしくなり,孵化していないが,自然環境化では孵化していたかもしれない.

1卵鞘22の卵があったとすると,572匹の幼虫が孵化した事になる.

自然界では,600匹以上の幼虫が,1匹の雌より生まれた事になる.

しかし,現地では多くは見かけないらしいので,捕食者や病気などが数をコントロールしているのかもしれない.

RIMG1212.JPG

RIMG1211.JPG

この雌は,腹端部が変形してきており,これ以上の産卵は望めそうに無い.

ワモンゴキブリも,成虫になってから1年以上生きるが,産卵は1年以内に衰えてくる.
老後の時期を迎えているのだろう.

2013年09月10日

ドブネズミの発育経過


Growth progress of a brown rat.


20130828.JPG

8月28日に生まれたてのドブネズミの子供.
毛は生えていない.
約11匹確認できる.

20130903%20%283%29.JPG

生後6日後.
うっすら毛が生え始めている.

20130905.JPG

生後8日後
全身毛が生え,ピンクから鼠色になってきている.

20130910%20%282%29.JPG

生後13日後.
今日の様子.
走り出しそうなまで成長した.
ドブネズミは,この時期多少いじっても,育児放棄等しないが,クマネズミは簡単にはいかない事が多い.

2013年09月09日

タヌキモ


Lentibulariaceae

tajkfsjdgdfsi.JPG


タヌキモの名前や,簡単な生態は知っていたが,今日まで興味の対象ではなかった.

食虫植物は元々好きで,子供の頃は,ハエトリソウ(Dionaea muscipula)や,サラセニア(Sarracenia)を,毎年育てていた.大人になっても,毎年秋の投売りで,一株100~300円で販売されているウツボカヅラ(Nepenthes alata)などを買い,育て楽しんでいたが,タヌキモは一般的には流通していない為,忘れかけていた.

tajkfsjdgdfsi%20%281%29.JPG


ひょんなことから近くの水たまりに発生していたサンショウモ(Salvinia natans)を採集した際,その中に紛れているのを発見.
良くみると,変わった植物である.
皆さんも,意外と身近に生息しているかもしれません.
探してみてはいかがでしょう.

2013年09月06日

Therea regularis 卵鞘


Ootheca of Therea regularis

RIMG1030.JPG


RIMG1029.JPG


やっと産み始めた.
卵鞘の外観は,他のTherea属と変わらない.

2013年09月05日

クマネズミの身体能力

Physical strength of a black rat.

RIMG1150.JPG

RIMG1151.JPG


クマネズミの殺鼠剤抵抗性個体たち.

1ヶ月殺鼠剤のみを食べさせても,全く動じない者たちである.

RIMG1153.JPG

2013年09月04日

右曲がりの卵鞘


Ootheca of the Periplaneta americana curved on the right

昔,こんな感じの漫画があったのを思い出した.

は,さておき.

RIMG1118.JPG


右曲である.
どんな物にも,例外,変異はある.
ワモンゴキブリの卵鞘だって,あるはずだ.
しかし,そんな物をいちいち観察している人間など世界的に見ても多く無いと考えている.

RIMG1121.JPG

そんな訳で,これもあまり見ない画だと思うが,ゴキブリを貴重と考えない人にしてみると,全くありがたくないシーンだろう.

2013年09月03日

卓上トカゲの様子

Appearance of a desk lizard breeding case.

餌をゴキブリ初齢,

デザートに日光で,現在のところ丸々太っている.

RIMG1128.JPG

色彩も綺麗だ.

2013年09月02日

アミメヒラタゴキブリという和名

The Japanese name called Onychostylus notulatus.


asdsdd%20mirwer.JPG

こうして良く見ると,アミメとは良く付けたものだと思う.

asdsdd%20mirwer%20%286%29.JPG

これは,卓上Zooの状態.
アミメヒラタは伊平野産.
奥に隠れているのは沖縄本島産ヒメマルゴキブリ.
現在,アミメは産卵し,孵化待ち.
ヒメマルゴキブリは気がついたら産仔していた.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.