« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月31日

Archiblatta hoevenii F2産卵


Laying eggs of Archiblatta hoevenii of F2.


RIMG0976.JPG

F2が産卵を始めた.

この後の累代に繋げるのは当然この世代だが,最初から歪な卵鞘に少し不安がよぎる.

2013年07月30日

マダラサソリの繁殖について


About breeding of Isometrus maculatus

最後のペアに願いを託した結果,2度無事に出産した.

後は,幼体の管理だが,どうも上手く行かない理由に,親との同居を指摘され,今回は別居させた.

その結果,飼育ケースは増えたが,個体数は一気に2桁キープできている.

sdfgdtp9.JPG

そんな中の脱皮.
最初は,共食いにあったと思ったが,綺麗に抜けて殻だけ残っていた.

肉食系の幼体管理は,面倒だが単独飼育が今の所無難のようだ.

2013年07月29日

Archimandrita marmorata

Archimandrita marmorata

wefjs.JPG


幼虫だそうです.
Archimandrita属は,未だに2種のみの記載にとどまり,もう一種はご存知,Archimandrita tessellata.

しかし,The Natural History Museum, Londonの写真を見る限り,A. marmorataA. tessellata の形態に似ている.

wefjs%20%281%29.JPG

羽化してからの楽しみにしておこう.

2013年07月26日

マダラゴキブリ幼虫63匹


The larva of Rhabdoblatta guttigera is 63 animals.

RIMG0931.JPG

念願のマダラゴキブリを入手しました.

RIMG0932.JPG

♀成虫1匹だけでしたが,生まれたての子供サービスつき.
63匹確認.
ヤエヤママダラもおそらく同程度の産卵をしているはずだが,飼育していると,もっと少なく思える.

マダラゴキブリ類を何種も飼育してみて分かったが,累代を重ねても全くブレない種と,少しの環境劣化で,急激に弱くなる種があると思われる.

やはり,ゴキブリといえど野外種は飼育法の分からない種が沢山あるようだ.


2013年07月25日

クマネズミ社会の1つの出来事


One occurrence of black rat society.


クマネズミを飼育していると,たまに群れから追われる個体を見かける.

そのきっかけが,何にあるのか分かっていないが,追われる対象は雄が多いと思っていた.

しかし,今回は雌雄各1匹が確認できた.

fhyikguou.JPG

♂.
追われて起きる症状は,この尾.

齧られて短くなったり曲がったりしている.

fhyikguou%20%281%29.JPG

♀.
むごいですね.
拡大の写真も撮りましたが,酷過ぎて使いませんでした.
この後どうなったかは,ご想像に任せます.

2013年07月24日

ウルシゴキブリ復活

The reproductive success of Periplaneta japanna.

sdsgtjuhkio.JPG

産卵しても孵化せず,成虫もどう見ても短い寿命で終わっていく.
幼虫も,成虫になれずに死んでいく.

残り数匹まで減り,諦めていたが,孵化していた.

sdsgtjuhkio%20%281%29.JPG


この水容器にコルク材は,野外種には人気のようで,良く産卵し,
また,卵鞘にも良いらしく孵化することが多いようだ.

ダメになったイエゴキブリもこれで復活した.


差し替えました.

2013年07月23日

ドブネズミ

Rattus norvegicus.


gdfj.JPG


ドブネズミも,こうして「じっ」としていると可愛.

ラットの原形だけあって,飼育していると人間の手から餌を食べるようになる.
そういった面から見ると,クマネズミよりも飼育し易いのかもしれない.

しかし,ドブネズミはクマネズミに比べ,寄生虫や感染症を保有している可能性が高く,素人が扱えるほど安全ではない.

ご注意下さい.

gdfj%20%281%29.JPG

2013年07月22日

コワモンゴキブリのオモチャ

Toy of the Periplaneta australasiae.

週末,川口のイオン○川町に行った際,購入した.

RIMG0962.JPG

お店はこちら.
最近,リアル害虫系はこの店で見つけることが多い.

RIMG0958.JPG

アリとゴキブリ.

RIMG0959.JPG

雰囲気は出ています.
クリーピーアンツが商品名.

RIMG0957.JPG

こんなパッケージ.
ネットで調べると少し見つかります.

RIMG0956-1.jpg

本命ゴキブリ.

前胸背板に紋の細工がしてある.
紋といえばワモンゴキブリのはずだが,コワモンゴキブリに見える.

RIMG0966.JPG

で,コワモンと比べようと思ったが,ちょうどワモンがいたので,こちらで比較.
似ているといえば似ている.
嫌いな人から見れば,ゴキブリでしょう.

裏には磁石が付いており,

RIMG0954.JPG

こんな感じで楽しめる.

2013年07月19日

クロゴキ再来


The appearance of the 2nd times of Periplaneta fuliginosa.


fgdghrdhjgj%20%281%29.JPG

幼虫は1匹も見たことなかったが,成虫がこれで2匹目.
またしても♂.
♀の場合,室内のどこかにすでに産卵している可能性が高くなるので,あまりうれしくは無いが,色気が無い.

ゴキブリの嫌われる要因に,簡単に人に接してくること.
靴を履いているからいいようなもの,素足だったら気持ちのいいものではない.

fgdghrdhjgj%20%282%29.JPG

逃げるクロゴキ.
ピントが合わなかっただけだが,逃げ足もカブトムシに比べると明らかに速い.

2013年07月18日

ワモンゴキブリ脱走阻止

The moment of preventing desertion of Periplaneta americana

orterkdffsdfs.JPG

脱走の瞬間,蓋で抑えたら挟まった.
私も慌てましたが,この個体もビックリしたでしょう.

orterkdffsdfs%20%281%29.JPG


上手く挟まり記念写真.

orterkdffsdfs%20%282%29.JPG


その後は,何事もなかったようにケース内に逃げ戻った.

2013年07月17日

粘菌,その後の恐怖


Slime mold, subsequent fear.


fhggfjhnytrhg.JPG

数日後.


fhggfjhnytrhg%20%283%29.jpg


カサカサに乾いている.
指で押すと,やはりカサカサ.

fhggfjhnytrhg%20%282%29.JPG

汚い.

流しで洗おうとして,水に当てた途端大煙幕地獄に.

余りのすごさに写真も撮らず,鼻で息をして一気に洗ったが,しばらく咳が続いたのはこいつのせいか?
多分この凄さを知っている人だけしか分からない恐怖.
皆様,お気を付け下さい.

2013年07月16日

ワモンゴキブリの産卵間隔


The laying-eggs interval of Periplaneta americana


kljkbgcdgj.JPG

下に見える短い卵鞘は昨日産下されたもの.
卵数にしておそらく7~8個.
その成果,翌日すでに産卵を開始している.

まれにこう云った時短産卵を見かける.

2013年07月12日

父島産ムカデのハンティング


The centipede collected by Chichijima Island.


GVJHYKHOKJL.JPG

いつ見てもムカデの餌捕りは見入ってしまう.

まだ10cmを少し超えたばかりだが,迫力は十分.

GVJHYKHOKJL%20%281%29.JPG

そういえば先日,会社の仮眠室に泊まっていたら,体(腹あたり)にするする滑る動く物の感触に目が覚めた.

最初は気のせいかと思ったが,やはり何かいる.
服を脱いでびっくり.アオズムカデだあった.
良く咬まれなかったと思ったが,採集して様子を見ていたら,ぐったりしている.
水や餌を与えたが,2日後に★になった.
侵入原因は特定できなかったが,渇きに耐えれなかったのだろう.
良く,寝ている時にムカデに咬まれる話を聞くが,その感触はなんとなく経験できた気がする.

2013年07月11日

ヒメマルゴキブリ予想外の減少

Unexpected reduction of Trichoblatta pygmaea

最後に床かえを行ってから半年以上過ぎていた.

RIMG0911.JPG

一時期のような,沢山いる状態ではなくなっていた.

餌もなく,水も切れ,気づくのが後1週間遅れていたら,壊滅していたかもしれない.

RIMG0912.JPG

シェルター下面も死骸や脱皮殻が詰まり,カビが発生している.

飼育者失格ですね.

RIMG0913.JPG

ケースに残った残骸.

RIMG0915.JPG

とりあえず完了.

2013年07月10日

リュウキュウクチキゴキブリと粘菌


Salganea taiwanensis ryukyuanus and slime mold.

RIMG0949.JPG

何かの拍子に,突然湧き出す粘菌.

RIMG0952.JPG

ケース蓋に立ち上がる太粘菌.

RIMG0950.JPG

マット表面にも這い回っている姿が見られる.

RIMG0953.JPG

写真が悪くて申し訳ないが,ゴキブリは至って平気.


2013年07月09日

Archimandrita tesselataの食欲

Appetite of Archimandrita tesselata

毎度の事ではあるが,気持ちの良い食いっぷりである.

djhgfjkdghfgkjfhkgdf%20%281%29.JPG


幼虫.
身体の大きい種は数あれど,見ている前でこれほど食べてくれる種はあまりいない.

djhgfjkdghfgkjfhkgdf.JPG


成虫もしかり.

2013年07月08日

ドブ?クマ?


A brown rat or a black rat


外部寄生虫を採取した後の状態.

どちらが何ネズミかわかりますか?

答えはこちら.

↓↓↓↓↓
↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓


↓↓↓↓↓


両方ともドブネズミ.
どちらも,同じ場所で採集された個体ですが,上はクマネズミに見えます.

しかし,形態的特長はドブネズミ.


2013年07月05日

老衰クマネズミ


A natural death of a black rat.


RIMG0756.JPG


生後830日.
♀.
MAX体重は120gほどになったが,死亡時は75gまで痩せていた.

カラスの針金


Wire which the crow used on the material of the nest.

RIMG0764.JPG

この針金は,以前はクリーニング終了時に付いてきた物だが,最近はプラスチックに変わりつつある.

良く集めた物だ.


今後はプラ製が増えるのだろうか.

2013年07月03日

クロお~


Smoky-brown cockroach Owoooo.


dsfdjkkoritr%20%281%29.JPG

久しぶりの対面.
それもかなりの近距離.

dsfdjkkoritr.JPG

良い写真が撮れた.

dsfdjkkoritr%20%282%29.JPG

dsfdjkkoritr%20%283%29.JPG

雄なので,この写真を撮った後,放置していたらどこかに消えていった.

2013年07月02日

Polyphaga saussurei 雌雄


The difference in the form of a sex of Polyphaga saussurei


RIMG0613.JPG

多分♀.

RIMG0615.JPG

多分♂.

2013年07月01日

湯沸し場のヒメイエバエ

Fannia canicularis of a office kitchenette.

いろんな虫が集まる我が給湯室.

ghfhgfghfghfgh%20%281%29.JPG

今回はヒメイエバエ.

ghfhgfghfghfgh%20%282%29.JPG

くつろいでいるが,油断するとどこかに飛び去ってしまう.

どこからともなく,見事に侵入してくるこの手のハエ類.

ghfhgfghfghfgh%20%283%29.JPG

ジッとしていてくれると手を出すことは避けたいが,事務所内に入ると面倒なので,エタノールの餌食となってもらった.

ghfhgfghfghfgh.JPG

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.