« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月28日

マダラサソリ産仔

Offspring of Isometrus europaeus.

前回生んでから約2ヶ月.

RIMG0802.JPG

雌の腹が大きくなっていたのでもしやと思っていたが,産みました.

RIMG0804.JPG


数えると16匹ほど確認できる.

ヤエヤマサソリは,仔と親を同一ケージで飼育しても,壊滅的な仔喰いはしないが,マダラサソリは大概残さず食べる.

前回生んだ仔達は移してあり,いまのところ少し欠けたが元気で成長している.

2013年06月27日

Drymaplaneta semivitta の交尾

Mating of Drymaplaneta semivitta


RIMG0731.JPG

ちょっと忙しい今日この頃.

2013年06月26日

ヨロイモグラゴキブリ床換え


Cleaning of the breeding case of a Macropanesthia rhinoceros

RIMG0767.JPG

個体数が増えると同時にマットの劣化が早くなった.
と同時に餌の消費も多くなってきた.

RIMG0768.JPG

現在,
Adult ♂4,♀5.
中齢  ♂2,♀1.
若齢  ALL 8.
合計すると20匹になった.
昔あこがれていた頃から考えると,夢のようです.

やはり,ユーカリが良いのかもしれない.

RIMG0771.JPG

と思っていますが,今回交換した新マットに菌糸が生えたマットも混入させたところ,猛烈に食いついている.

RIMG0769.JPG

一応完成.
         

2013年06月25日

Pseudophoraspis sp 羽化&擬死


Emergence & Cataplexy of Pseudophoraspis sp.


gifdgjidfgfd%20%283%29.JPG

早い個体は羽化始めた.

gifdgjidfgfd%20%281%29.JPG

終齢に近い幼虫.

gifdgjidfgfd.JPG

幼虫の姿勢がこのようにそり気味になりながら,葉上などに張り付くように静止する.

gifdgjidfgfd%20%282%29.JPG

手の上に乗せるとこのように死んだ真似をし,動かなくなる.

gifdgjidfgfd%20%284%29.JPG


ついでに床換え完了.

2013年06月24日

オガサワラウスヒラタゴキブリ床換え


Cleaning of the breeding case of a Onychostylus pallidiolus boninensis


RIMG0633.JPG

ミズゴケは乾き,シェルター各種糞で薄汚れてきている.

RIMG0634.JPG


死骸も沢山ある.
野外種で,この状態は経験上「滅びのスイッチ」が入りやすい.

RIMG0635.JPG

久しぶりの床換え.

現段階での床換えは問題ない.

2013年06月21日

シロアリの脱皮姿勢


The posture of a ecdysis of Termite

シロアリが脱皮をすることは当然のように知っていたつもりだが,脱皮の姿勢までは想像した事がなかった.

RIMG0752.JPG

いたって普通.

RIMG0758.JPG


シロアリの巣内は広い空間が無いと思っていました.
したがって,脱皮も腹ばいのまま行われるイメージがあったのですが・・・.
野外の巣ではどのように行われているのでしょう.

ちなみに,ネバダオオシロアリZootermopsis nevadensis

2013年06月20日

チャバネゴキブリの群れ

The group of a German cockroach.


RIMG0734.JPG

餌が切れて,しばらく放置してしまった後の餌食い.

申し訳ない.


2013年06月19日

網戸にヒメイエバエ

Fannia canicularis which invades into there being a screen door.


fddshfjklj%20%281%29.JPG

網戸をしてあるにもかかわらず,侵入する双翅目.
今日はヒメイエバエ.

このフロアーも昆虫(害虫)を飼育している為,殺虫剤は使えない.

fddshfjklj%20%283%29.JPG

これが便利.

fddshfjklj%20%282%29.JPG


ニクバエ クラスでも,しつこく追えば仕留められる.


2013年06月18日

親ゴキの上に仔ゴキ


The child cockroach on a parent cockroach.

RIMG0775.JPG

親と1齢幼虫.


RIMG0777.JPG


ほほえましい.

2013年06月17日

ネズミ剥がし

Rescue of a black rat.


実験で使うクマネズミを採集してきました.

都内で捕獲された,殺鼠剤抵抗性個体と考えられる個体群から.

egh%20%283%29.JPG

egh%20%284%29.JPG

粘着についた状態.
毛が抜けている個体は,過去に粘着から逃れた名残だと思われる.

egh%20%289%29.JPG

剥がす時はこんな感じ.

egh%20%285%29.JPG

幼獣とはいえ,噛み付いてくる.

egh%20%2812%29.JPG


その後に小麦粉まぶしにして,ポリブデンを無効化する.
感覚は,てんぷらに衣をつけている感じ.

egh%20%2814%29.JPG

その後は,玉になるので除去したり,水を飲ませたり.

大変面倒な作業だが,この粉まみれは,大概の外部寄生虫を落とすようで,毛が生えかえると,イエダニも落ちている.


こう書くと簡単のようですが,実は大変な作業です.

くれぐれも,良識のある方は真似しないで下さい.
これは,駆除に役立てる為の特殊な作業です.
咬まれます.

2013年06月14日

ツゲノメイガ成虫


The imago of a Glyphodes perspectalis


tughjdglkfd.JPG


事務所5階階段室壁に1日中とまっていた.


tughjdglkfd%20%281%29.JPG

口吻を伸ばしている様子はまるで蝶のようだ.

それにしても,蛾類成虫を同定する際,利用するのが図鑑であるが,図鑑の写真(絵)は,羽を広げて展翅(当然だが)しているので,蛾類の多くが生存時に見せる形態と違ってしまい,大変見ずらい.

こういった状態の図鑑は作れない物だろうか.
か,もしかしたらすでに存在するかもしれないので,ご存知の方は教えて下さい.

tughjdglkfd%20%282%29.JPG

初齢幼虫.

2013年06月13日

Therea regularis雌&卵鞘


The msel & Ootheca of Therea regularis

RIMG0779.JPG

雄ばかり先行して羽化し,1匹もの雌は羽化不全で★.

累代が危ぶまれたが,雌も羽化し,卵鞘も生んでくれた.

状況から,有精卵と判断しても良さそうだ.

約半年後に期待.

2013年06月12日

オオモリゴキブリ!!

Symploce gigas gigas!!

増えていたので気を抜いた.

fklu.JPG

生気のある卵鞘はこれのみ.

fklu%20%281%29.JPG

ケージも縮小.

2013年06月11日

ムカデ脱皮

Centipede molting.

RIMG0679.JPG

大型のムカデは,飼育していると,小さくなっていく気がしてしょうがない.

が,こうして脱皮をしてくれると,心なしか成長を感じ取れる.

2013年06月10日

ヤマトゴキブリ山形産新顔

Periplaneta japonica born in Yamagata prefecture.

埼玉県入間産が根絶しました.

理由は不明.
現象としては,雌成虫の翅が縮むような個体が現れ,卵鞘も白化や,縮れ化が起り,孵化しなくなった.

飼育して10年以上経過した群れであった.

気を取り直し,K田君採集の山形産.

RIMG0717.JPG

ふ節が取れたり,しかし,wildはそんな事ではびくともしない.
不思議ですね.

RIMG0718.JPG

卵鞘も素晴らしい.

2013年06月07日

ヨロイモグラゴキブリ摂食スピード

Speed which Macropanesthia rhinoceros eats.


421.JPG

約1ヶ月前の餌やり直後の状態.


526.JPG

昨日の様子.


RIMG0688.JPG


そして追加.

オーストラリアの大地で,こんなのがウヨウヨいるのであれば,ユーカリの落葉の分解者として,重要な位置を占めているであろう事がうかがえる.

2013年06月06日

Archiblatta hoevenii幼虫脱皮と餌

A self-renewal of the larva of Archiblatta hoevenii, and the food of a larva.

gjfhljarchii.JPG

3,4齢の脱皮は,平地でも問題なし.

gjfhljarchii%20%283%29.JPG


餌は,たまに自然発生する小型のキノコは見向きもしない.

過去に,乾燥しいたけ,キクラゲ乾燥戻しなど,保存がきくものを試したが,全く食わなかった.
今のところエノキが№1.
次にシメジ.

2013年06月04日

ワモンゴキブリ孵化

Hatching of Periplaneta americana

卵鞘観察を5年以上ほぼ毎日行っているが,孵化の瞬間にははじめて立ち会った.

RIMG0545.JPG

RIMG0552.JPG

見ていると,全然進展がないので目を離す.

RIMG0549.JPG

とこんな状態になっている.

決定的な脱出風景を取りそこねる.

いつもの事ですが,自分の気の短さに呆れてします.

RIMG0556.JPG

数十分待っても今度こそ進展がないので,卵鞘をバラスとこんな感じ.

もう少し頑張れば出れたと思われる個体がいる.


2013年06月03日

カラスの仔


A juvenile of a crow

kadhjuasfsd.JPG


麻布大学某研究室からの眺め.

kadhjuasfsd%20%281%29.JPG


kadhjuasfsd%20%282%29.JPG


ブトかボソの確認しなかったので,うちの鳥博士に聞いたところ,嘴が細い事と,額の盛り上がり方からハシボソガラスとの返答があった.

巣材からボソっぽかったが,やはりボソでした.

毎度の事であるが,カラスのたくましさには驚かされる.


Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.