« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月29日

オガサワラウスヒラタの床換え 続


Cleaning of the breeding case of Onychostylus pallidiolus boninensis.


早いもので3月ももうすぐ終わり.
この調子だと,あっという間に秋になりそうな.
そんな訳で,夏に向けて飼育が忙しくなる前に,いくらかメンテを.

ogdfjkudgfg.JPG


水も乾き,餌皿内の固型飼料も粉状になっている.

ogdfjkudgfg%20%281%29.JPG


ogdfjkudgfg%20%282%29.JPG


ウスヒラタゴキブリは毎回F1が出ず失敗するが,小笠原産は順調.

ogdfjkudgfg%20%283%29.JPG


これで半年はもつはず.

2013年03月28日

Archiblatta hoevenii来て半年


Archiblatta hoevenii
was bred and half a year passed.

afsdfgdsgdfh.JPG

引き続き Archiblatta hoeveniiネタを.

すでに手元に来てから半年が経とうとしている.
だが,いまだに卵鞘を産んでいる.

afsdfgdsgdfh%20%281%29.JPG

これも,いい感じの産み方.

2013年03月27日

Archiblatta hoevenii孵化幼虫

The larva immediately after hatching of Archiblatta hoevenii.

RIMG0857.JPG


体長は11mm前後.

RIMG0862.JPG

数時間後.
2期の孵化幼虫が混ざっているようだ.
シェルターが入れてあっても,こうしてケージの隅に群れている群れがある.
身を潜めることより,風通しの良い場所を好むのかもしれない.

2013年03月26日

久しぶりの白クマネズミ出産


The albino of the roof rat was born after a long absence.


クマネズミは,ドブネズミやハツカネズミと違い,近交系やクローズドコロニーはできないらしい可能性が高いようだ.

とすると,このコロニーも近いうちに崩壊する可能性がある.

sfdy.JPG


そんな状況の中,この一匹は励みになる.
成長する事を祈らないではいられない.

2013年03月25日

マルゴキブリ♂終齢幼虫


The last instar larva of the male of Trichoblatta nigra


dfsfiefnmdas%20%281%29.JPG


中・後胸背板後側縁が,鋭角に尖って見える.
これが,成虫に加齢した際,翅として発達する.
雌幼虫はこんなに鋭角でない.

dfsfiefnmdas.JPG

腹面腹端部も,9節まで確認できる.

2013年03月22日

最近見なくなった種 2

Species which no longer attracts attention 2


RIMG0896.JPG

Gromphadorhina oblongonota.

RIMG0898.JPG

Eublaberus distantii


RIMG0899.JPG

Blaberus craniifer


RIMG0901.JPG

Byrsotria fumigata

どれも丈夫で飼いやすい種である.

2013年03月21日

アメリカカンザイシロアリ床換え


Cleaning of the breeding case of Incisitermes minor.

RIMG0872.JPG

三年ものの兵蟻.

ハワイシロアリ同様に,乾燥した環境で飼育が出来るが,定期的に水は与えたほうが○.

RIMG0873.JPG


今回はハワイ同様,ケージのサイズアップと,餌に垂木とデバイスを半々入れた.

給水に関しては,このケージとは別に,野外採集材があるのだが,こちらは年数回の,思い出したら給水サイクルでも糞を出し続けている.
コロニーがでかくなると,かなりの脱水に耐えるようだ.

2013年03月19日

ハワイシロアリの床換え


Cleaning of the breeding case of Incisitermes immigrans

シロアリ類の飼育は,採集後1年ぐらいはなんとなく生きている.
そして,いい気になっていると,いつの間にかいなくなっている.

そんな事で,今回一斉に床換え実施.

まずはハワイシロアリ.
3年目のコロニー.

gdfkhjhj%20%281%29.JPG

餌はデバイスをホチキスで繋げて転がしてある.

今回は,垂木を水に付けて湿らせた物と,デバイス乾燥物を半分ずつ入れる.
ケースもサイズアップした.

gdfkhjhj%20%283%29.JPG

木と木の移動はこのように小さな穴のみで繋がれている.

gdfkhjhj%20%282%29.JPG

gdfkhjhj%20%284%29.JPG


減ってはいない様子.

gdfkhjhj.JPG

完成.
今年は羽アリの発生を目指す.

2013年03月18日

Elliptorhina laevigata卵鞘内卵数


The number of the eggs in ootheca of Elliptorhina laevigata

rasgfl.JPG


雄成虫.

rasgfl%20%281%29.JPG


卵鞘.
片側27卵合計54卵.
卵鞘を産みつける種に比べ,3倍近い数が入っている.
産卵間隔はオガサワラゴキブリでは,50日前後.
卵鞘を産み落とす種は間隔はもっと短いので,総合すると同じぐらいの数になる.
良く出来ているものですね.

2013年03月15日

地下鉄のネズミ


The rat seen by subway.


dgfhjdghj.JPG


久しぶりに地下鉄でネズミを見た.


dgfhjdghj%20%281%29.jpg

拡大.
幼獣が2匹ほどじゃれ合う感じで排水口の中を覗いているようでした.

地下鉄の線路で見かける種は何でしょうか.
クマネズミ,ドブネズミどちらの説もあるようですが.
地下鉄につながるビルを建てると,クマネズミが出ることが多いです.
であれば,クマなんでしょうが,この写真はドブのようですね.

今度は成獣の写真を狙います.

2013年03月14日

最近忘れ去られた種少し 1

Several sorts of cockroaches that of popularity lost recently.


RIMG0888.JPG

Blaberus sp. Pantanal.
幼虫.

RIMG0889.JPG

♀成虫.

RIMG0892.JPG

Princisia vanwerebecki.

RIMG0893.JPG

Blaberus giganteus.

RIMG0894.JPG

憧れの種でしたが,今では騒がれなくなりました.
続く.

2013年03月13日

オナガシミ復活

Revival of Ctenolepisma longicaudata


RIMG0863.JPG

ダメかと思ったが,復活してきた.

絶望の淵からの復活.
よかったー.

2013年03月12日

TV出演

It appeared on television.

VR_MOVIE_1.wmv_000130109.jpg

月曜日早朝のTV東京の天気枠に出演しました.

ここのところのぽかぽか陽気で,今年の害虫はどうなる?

のような事のコメント.

TVでは,私一人でしたが,わざわざ会社まで狩野アナに来ていただき,たくさん話が出来ました.

RIMG0844.JPG

写真撮影や,ブログ使用に関しても快く許可頂き,何より私のようなゴキマニアと普通に話してくれたことに感謝感激.

たまには虫の出ない日もいいかな.

2013年03月11日

イエシロアリ飼育

Coptotermes formosanus breeding situation


昨年採集した4ペアがあったが,今日確認したら全て消滅していた.

焦り,2011年6月に採集した新成虫ペアの床換えとなった.

gf%20%281%29.JPG

小プラケをひっくり返すとなにやら怪しい感じが.

見たところいない.

gjuhgjhgkjl%20%281%29.JPG

デバイスを割るとどうにか動いているシロアリの確認ができた.

予想より全然コロニーが大きくなっていない.

gjuhgjhgkjl%20%282%29.JPG

今回は,垂木の破片なども混ぜ埋め戻す.

gjuhgjhgkjl.JPG

完成.
イエシロアリは,重要な家屋害虫なのだが,飼育となるとこんな感じ.
飼育下でも,頑張ってほしい.

2013年03月08日

Archiblatta hoevenii 初齢幼虫


Instar of Archiblatta hoevenii

RIMG0847.JPG

動かなくなっていた幼虫.

雌雄を確認しようと,腹面腹端部を見たが,良く分からず,断念.

RIMG0849.JPG

しかし,背面を見る限り雌のようにも見える.
標本にしたので,もう少しサンプルが取れたら,再比較します.

こうして撮影すると,小さく見えないが,

RIMG0851.JPG

実はこのサイズ.

2013年03月07日

ホタルゴキブリの交尾


Copulation of Schultesia lampyridiformis


過去に本種の交尾をお伝えしたが,その時は普通の状態であった.

しかし,なんとなくDiploptera punctataに雰囲気が似ていると思っていた.

thkjfhl%3Bo.JPG

が,これを見て納得.

卵胎生をする種は,雌の羽化直後交尾が当り前なのかもしれない.


thkjfhl%3Bo%20%281%29.JPG

雌の翻弄される雄.

2013年03月06日

Archiblatta hoevenii の餌

Feed of Archiblatta hoevenii

gfjgy.JPG

例のハムスター用ベビーコーンを食べる初齢幼虫.

gfjgy%20%281%29.JPG


エノキに齧り付く成虫.
新鮮でないと食いつきが悪い.
頭部の目のように見えるのは触角の付け根.
こちらをにらんでいる様に見えて面白い.

2013年03月05日

Pseudophoraspis sp 幼虫の成長


Nymph of Pseudophoraspis sp.

milu.JPG


やっと10mmを越えはじめた幼虫.
横に初齢幼虫が隠れている.

milu%20%281%29.JPG

2013年03月04日

ワモンゴキブリの脚の再生


Reproduction of the leg of Periplaneta americana

fdsg.JPG

終齢幼虫らしき個体を発見.

背面より見るとこんな感じ.

fdsg%20%281%29.JPG

腹面.
右後脚ふ節欠損.
触角欠損.
左中脚の基節より先端欠損.
左後脚の基節の先端,またそれより先端も欠損.

fdsg%20%282%29.JPG

脱皮後.
成虫になると思ったが,また幼虫であった.
ゴキブリ類は,欠損具合いが激しいと,幼虫齢期を増やし,健全な状態で成虫となれるよう,調整する事がある.この個体も,そう判断したのかもしれない.

結果は,
右後脚ふ節完全復活.
触角50%復活.
左中脚の腿節,頚節,ふ節が全て50%のサイズで再生.
左後脚の基節再生.

2013年03月01日

Morphna dotata 脱保育嚢


Prolapse of Morphna dotata‘s genital recess

RIMG0715.JPG

ついに起きてしまった.
こうなると見込はない.

余生をまっとうさせ,腐る前に標本にするだけだ.

本種の一齢幼虫は,大きく,黒地に白いスポットが入るかわいいやつなのだが.

次回,チャンスがあればリベンジします.

Copyright©2007 CIC Inc All Right Reserved.